戻る

クリスマス物語

by Woodnote

<1>

 ドン・キャラダインは、含み笑いをしながら、背中にしょった重い袋を揺すり上げ、きょろきょろとあたりを見回して、誰もいないのを確かめると、薄暗い路地をゆっくりと出て来ました。

 『落ち着け、落ち着け』ドンは、呪文のように口の中でつぶやいていました。唇の動きに合わせて、つけ髭がもそもそとうごめきます。次第に心が静まってきました。足取りもゆったりとしています。表情も、歩くにつれてだんだん穏やかなものになってきましたので、普通の人が見たら、やっぱり彼のことが普通の人に見えたでしょう、たった一つの点を除けば。

 たった一つの点―――それは、ドンの服装でした。

 白い縁取りとボンボンのついた真っ赤な三角帽子、胸元まで届く白い髭、帽子とおそろいの、白い縁取りのついた真っ赤な服、黒いベルトに黒いブーツ、そして、白い大きな袋。

・・・そう、ドンは、サンタクロースの格好をしていたのでした。

 今日は、12月24日です。ですから誰が見ても、彼がクリスマスケーキか何かの宣伝をしているサンドイッチマンだと思ったことでしょう。

 けれども本当は、ドン・キャラダインは泥棒だったのです。そして、背中に担いだ袋の中には、今しがた大金持ちの兄さんの家から盗んできた高価な物が、ぎっしりと詰まっているのでした。

 町は、クリスマスに満たされていました。

 あちこちで「良いイブを!」という声が交わされ、コートやオーバーを暖かそうに着込んだ幸福そうな人たちが、七面鳥やケーキの入った大きな箱を抱えて、家族の待つ我が家へと急いでいます。ゆっくりと歩くドンの傍らを、カップルが、笑いさざめきながら追い越して行きます。そんな人々の流れの中を、背中を丸めるようにして、ドンは歩いて行きました。

<2>

 ドンは、不運な男でした。真面目に20年も勤め上げて、小さいながらも家を買い、さあこれからというときにリストラで会社を追われ、わずかばかりの退職金を元手に商売を始めたものの、実の兄に騙されて膨大な借金を抱え込み、家も蓄えも全て失ってしまったのです。そして、ドンを破滅に追い込んだ兄マイケルは、彼の苦悩をよそに、高利貸しで雪だるま式に財産を増やし、今や町一番の大金持ちになっていました。ドンは、そんなマイケルのもとに何度も足を運び、お金を貸してくれるように頼んだのですが、いつもガードマンにつまみ出されてしまうのでした。

 毎日、足を棒のようにして職探しに歩いているものの、この不況の折、仕事などそう簡単に見つかるものではありません。ましてドンの年齢では、どこへ行っても相手にしてくれないのです。若い人たちでさえ、職にありつくのは難しいことなのですから。

 そして、いつも職探しに疲れたドンは、兄の屋敷の近くにある公園で、ぐったりとベンチに沈み込み、妻が作ってくれた弁当を食べることも忘れて、餌をついばむハトをぼんやりと見つめて何時間も過ごすのでした。

 今日も結果は同じでした。

 朝から20軒も職を尋ねて全て断られ、疲れ果てたドンは、いつものように公園のベンチでぼうっとしていましたが、もう一度兄に借金を頼んでみようと思い立ち、ふらふらと屋敷の前までやって来たのです。

 インターホンを通じて返ってきた兄の返事は、以前にもまして冷たいものでした。

「お前のような人間のクズに貸してやる金などない。今度やって来たら、警察に突き出してやるぞ。とっとと消えうせろ!」

ドンの顔から血の気が引きました。

こみ上げる怒りをこらえ、せめて年越しの費用だけでもと食い下がったドンを、ガードマンが邪険に突き飛ばしました。思わぬ乱暴に彼は大きくバランスを崩し、道路に尻餅をついてしまいました。

何か言い返そうとしたのですが、もう怒る気力もありません。よろよろと立ち上がって、ふと見上げた屋敷の窓に、マイケルの姿がありました。室内の暖かさで窓は曇っていましたが、ドンの目にははっきりと、兄の顔に浮かんだ冷ややかな笑いが見えました。

その瞬間、ドンの心に、激しい憎しみが湧き上がってきました。彼は必死にそれを抑え、ガードマンたちの笑い声から逃げるようにその場を離れたのです。

<3>

重い足取りで家路をたどりながら、ドンは、家族のことを思い浮かべていました。

失業したドンの代わりに、夜の明ける前から内職に精を出し、コンビニやスーパーのパートを掛け持ちして、綿のように疲れている妻。

育ち盛りなのに、いつも青黒くむくんだ顔をして、狭いアパートの部屋の片隅で膝を抱えてうずくまっている2人の息子たち。

一日中愚痴をこぼし、ドンをののしり続ける寝たきりの母親。

今日も職が見つからなかったと聞いたら、家族は何と言うでしょう。妻のミニーの稼ぎだけでは、一家5人の生活を支えるのが精一杯で、とても膨大な借金を返すことはできません。借金取りは毎日のようにやって来て、家具も寝具もめぼしい物を全て持って行ってしまいました。このままでは、とてもこの冬を越すことはできないでしょう。

ドンは、うつろな目であたりを見回しました。

不景気とはいえ、イブの町はそれなりの賑わいをみせています。クリスマス・ツリーのイルミネーションがまばゆく輝き、賑やかな音楽が町中にあふれ、買い物を楽しむ人たちが通りを行き来しています。ドンの目には、誰もかもが幸せで何の苦労もないように見えました。

それに引き換え、自分はどうだろう。ケーキやプレゼントどころか、毎日生きていくだけで精一杯ではないか。どうして自分だけがこんな不幸に遭わなければならないのだろう?自分が一体、どんな罪を犯したというのだろうか?

ドンは、兄を憎みました。自分をこんな目に遭わせて、窓の向こうで笑っていた兄を。

彼はまた、神様を恨みました。罪もない自分や家族たちを貧しさから救ってくれず、人を騙し、苦しめて、大金持ちになった兄を罰しない神様を。

そして彼は、世の中の人たち全部を呪いました。職を求める彼を冷たくあしらった人たち、通りを幸せそうに歩いて行く人たち、明りのともった暖かな部屋の中でプレゼントを交換し、ごちそうを食べている人たちを。

さまざまな思いが交錯し、ドンの足取りは次第に遅くなっていきます。もし、通りを向こうから歩いて来る人がよく見たら、彼の歩みが遅くなるのとは逆に、その表情がだんだん険しくなっていくのに気づいたかもしれません。

とうとうドンは、立ち止まってしまいました。通りを行く人たちは、そんな彼をよけて行きます。中には、邪険に突き当たっていく人もありました。

しばらく川の中洲のようにこぶしを握り締めたまま突っ立っていたドンは、やがて意を決したようにくるりと向きを変えると、肩を少し怒らせるようにして、今来た道をずんずん戻って行きました。

<4>

そして今、ドン・キャラダインは、兄の家から盗み出してきた物の重みを、ずっしりと背中に感じながら、イブに賑わう町の中央通りを堂々と歩いているのでした。

町外れにやって来たとき、もうここまで来れば大丈夫という安心感が、彼の緊張をふっと緩ませました。ドンは、家族にプレセントを買っていくのを忘れていたことに気がつきました。

―――そうだ、子供たちにおもちゃとケーキ、母親には薬と七面鳥、そしてミニーには、素敵なアクセサリを買って行ってやろう。

ドンは、ポケットをさぐりました。ぺちゃんこの財布が手に触れます。

妻のミニーが持たせてくれたわずかばかりのお金は、サンタクロースの衣装を借りるのに使い果たしてしまったので、ドンの財布はからっぽです。

彼は近くの薄暗い路地に入って行くと、袋の中から大きなワニ皮の紙入れを取り出しました。中にはぎっしりとお札が入っています。

少し後ろめたい気もしましたが、家族の顔が目に浮かぶと、罪悪感はすぐに消えてしまって、あとはプレゼントのことだけしか頭に残りませんでした。

―――そうさ、どうせ兄さんは悪人なんだ。これは悪いことじゃない。それに、クリスマスぐらい贅沢をしても良いじゃないか。誰だって幸せになりたいんだ。俺は悪くなんかないぞ。俺は正しいことをしているんだ。

ドンは、何度も自分に言い聞かせ、財布をポケットにねじこむと、袋を路地脇のゴミ箱の陰に隠し、また町の雑踏の中に戻って行きました。

おもちゃ屋でおもちゃとゲームをどっさり買い、お菓子屋で一番大きなケーキを、薬屋で値段の高い良く効く薬を、肉屋で七面鳥をまるごと一羽、そして宝石店でサファイアのイヤリングとブローチを買ってドンが戻って来たのは、それから1時間ほど後のことでした。

家族は、どんなに驚き、喜ぶことでしょう。それを思うと、ドンの胸はいっぱいになりました。けれども、やっぱり胸の片隅が痛むのです。心の中で、別の声がドンに話しかけてくるのです。

―――ドン・キャラダイン。たとえ悪人ではあっても、マイケルはお前の兄さんではないか。その兄さんから、お前は盗みを働いたのだ。お前も同じ悪人ではないか。どんなにきれいごとの理由をつけてみても、お前の罪が消えるわけではない。

―――ミニーが今のお前の姿をみたら、一体何と言うだろうか。盗んだ金で買ったプレゼントを、彼女が喜ぶと思うのか?家族に申し訳ないと思わないか?

―――こんなに生活が苦しくなったのも、元はといえば、お前がマイケルの口車に乗って、危ない商売に手を出したからではないか。その上さらに罪を重ね、家族を不幸にしようというのか。

胸の痛みは、次第に大きくなります。ふと、盗んだ物を兄の家に返してこようか、とも思いました。けれども、お金がなければ、一家はこの冬を越せません。今更ながら、借金の重さが心にのしかかります。ドンの脳裏に、疲れ果てたミニーの顔が、放心したような息子たちの顔が、そして苦しむ母親の顔が次々に浮かんでは消えました。

ドンは、何度も首を振ると、ケーキを片手に持ち、他の物を袋に詰め込んで肩に担ぎ、大またで怒ったように歩いて行きました。

<5>

ドンが町を出た頃、はるかに後ろの方で、パトカーのサイレンの音が聞こえました。

多分、兄が警察に電話したのでしょう。サイレンの音は、いくつにも分かれて、ジングルベルの音楽をかき消しつつ、町じゅうを走り回っているようです。もう盗んだ物を返そうと思ってもだめです。

どこかに隠れる所はないでしょうか。ドンは、星明りをたよりに、あたりを見回しました。周囲は一面に畑が続き、ずっと向こうに人家の明りが見えます。そして、ドンが今歩いている砂利道から分かれて、畑の間を縫うように一本の細い道が伸びており、その前方には黒々とした森が横たわっておりました。

ドンは、袋を揺すり上げると、森を目指して歩き出しました。

<6>

森の中は真っ暗で、鼻をつままれてもわからないほどでした。ドンは、袋の中から、盗んできた金のろうそく立てとろうそくを出し、ライターで火をつけました。まわりがほんの少しだけ明るくなります。

警察が動き出した以上、この袋をどこかに隠してしまわなければなりません。それに、この服をいつまでも着ていることは危険です。どこかで着替えないといけないでしょう。

ドンは、ケーキの箱を小脇に抱え、ろうそく立てを持って、歩き出しました。

盗んだ物を隠すには、やはり木の根元でしょう。ドンは、適当な木を探して、あたりを見回しました。何か特徴のある木でなければなりません。そうでないと、後で取りに来たとき、見つかりっこありません。でも、暗いせいか、どの木も全く同じように見えます。ドンは、へとへとになるまで歩き回りましたが、目印になりそうな木は見つかりませんでした。ドンは疲れ果てて、傍らの切り株に腰をおろしました。

もう、ろうそくも燃え尽きかかっています。なお悪いことに、雪さえちらついてきました。今はお金を使い切れないほど持っているのに、暖まることさえできません。ドンは、真っ赤なコートの白い襟を立て、また歩き出そうとして、ふと自分が道に迷ってしまっていることに気がつきました。森の出口さえ全くわからないのです。

ろうそくが最後の揺らめきとともに消えたとき、分厚いコートを通して寒さがしみ込んできました。暗闇が強い圧迫感をもって迫ってきます。ドンは、焦りと絶望感で、胸が締めつけられるようでした。

「ああ、俺はもうだめだ。」

ドンは、足を引きずるようにしてよろよろ歩きながら、そうつぶやきました。

<7>

と、その時です。前方にぽうっと明りが見えました。どうやら家があるようです。

 「おかしいな、こんな所に家なんかがあるはずもないし。」

ドンは、寒さで歯をがちがち鳴らしながらつぶやきました。もしかすると狐火かもしれない・・・。彼の頭の中に、子供の頃おばあさんから聞いた話が浮かびました。

しかし、ためらっている暇はありません。このままここでうろうろしていたら、明日の明け方には凍え死んでしまうでしょう。

「そう―――そう―――そう―――。」フクロウが、火の玉のような目を開けて鳴きました。ドンは思わず、ぞっと震え上がりました。

雪は、ますます強くなってきました。ドンは、心を決め、残っている力を奮い起こして、その明りの方へと歩いて行きました。

<8>

それは、幼稚園のような、ささやかな建物でした。緑色に塗られた一階建ての校舎らしきものがL字型に建っており、園庭のあちこちにブランコや滑り台などがひっそりと雪をかぶっていました。これも緑色に塗られた門の近くには、サザンカの木がぽつりと生えていましたが、その陰に、どこから来たのか一頭の雑種犬がうずくまっていました。

犬は、突然の訪問者の足音を聞きつけて、雪をかぶった茶色の頭をいかにも面倒臭そうにもたげ、低く唸りました。

ドンは、その犬には目もくれずに、まっすぐ歩いて行き、ペンキのはげかかった合板のドアをドンドンたたきました。

ほどなく、1人のシスターがドアの向こうから現れ、ちょっと驚いたようにドンを見つめました。

「あのう・・・すみませんが―――道に迷ってしまったらしくて・・・。外はすっかり暗くなってしまいましたし、雪も強くなってきました。・・・せめて、この雪がやむまで、休ませていただけないでしょうか?」

ドンが、寒さに震えながらそう言うと、シスターはにっこりとうなずき、彼を中に招き入れました。

「さあ、どうぞ。聖夜にここにいらっしゃったのも、主のお導きでしょう。少しですが、暖かい食べ物もスープもあります。ご一緒にこの聖なる晩を祝いましょう。」

<9>

ドンが、入口につるしてあるヤドリギの下で雪を払い落として奥に入ると、そこは小さな広間になっていて、部屋の真中に置かれたクリスマスツリーの飾り付けが、まばゆく輝いていました。暖かい空気が彼の凍えかけた体を包み、帽子や肩についた雪がたちまち溶けて、湯気を上げます。

ドンは、ほうっと息をつきました。しかし次の瞬間、彼は飛び上がるほど驚きました。

「あっ、サンタさんだ!」

小さな子供の声がしたかと思うと、部屋のあちこちで歓声が上がり、子供たちがドンの周りに駆け寄ってきたのです。

みんな、3歳から6歳の間でしょうか。色のさめた古い服を着ています。その貧しい服装を見たとき、ドンは家で待っている息子たちのことを思い出しました。でも、この子たちは、貧しくても明るくて、元気いっぱいです。子供たちにもみくちゃにされて、ドンはたちまち体中が暖かくなりました。

ふと部屋の隅に目をやると、そこには子供たちの作った切り紙や、ハシバミの葉に飾られた聖母マリア様の像と、粘土でできた小さな馬小屋がありました。わずか30センチほどの像ではありましたが、いかにもそれには真心がこもっているようでした。そして、それを見たとき、意外な言葉がドンの口をついて出たのです。

「やあ。」それは、快活で、年寄りのように重々しいしわがれた声でした。「あーむ・・・。坊ちゃん嬢ちゃんたち、この1年間良い子でいたかね?」

「うん!」「はい!」「はぁい!」

子供たちは目を輝かせ、頬をリンゴのように染めて、口々に答えました。

「はっはっはっ、そうかそうか。それじゃ、おじいさんがみんなにプレゼントをあげよう。」

「おじいさん、本物のサンタクロースなの?」と、赤いリボンをつけた3つくらいの女の子が尋ねました。「チップちゃんがね、サンタクロースなんていやしないって言うのよ!」

「おやおや。」ドンはにっこりして、真っ白なひげを手でしごきながら答えました。「あーむ・・・。サンタクロースはね、良い子には必ずプレゼントを持ってくるんじゃよ。」

すると、この子がチップでしょう、6つくらいの目の大きな子が、むきになって言いました。

「うそだい!サンタなんていやしないよ。そんなこと誰でも知ってるさ。もしおじいさんがサンタなら、トナカイのソリを見せてくれよ!」

ドンは、少し困ったように言いました。

「それがのう、トナカイとははぐれてしまったんじゃ。さっきもシスターに言ったんじゃが、わしは道に迷ってのう。」

「やっぱりそうだ!」チップは泣きそうな顔で叫びました。「こんな森の中のホームには、サンタだって来ちゃくれないんだ。あっちへ行け!サンタなんか嫌いだ!」

ドンは、しまったと思いました。チップは、顔を真っ赤にして、必死に涙をこらえています。小さい肩が、小刻みに震えています。涙がひとすじ、その頬を伝い落ちました。

ドンの心は、チップに対してすまない気持ちでいっぱいでした。ドンは、ゆっくりとかがみ込んでチップの肩に手を置き、その目をまっすぐに見つめて言いました。

「すまない、チップ。あーむ・・・。わしがここに来たのは、主のお導きじゃった。わしは、決してそれを忘れてはならなかったのに、このホームがなかなか見つからなかったものじゃから、すっかり忘れてしまっておった。あーむ・・・。さあ、わしからの贈り物を受け取っておくれ。」

ドンは、傍らに置いた袋の中を手探りしました。真っ先に指先に触れた物を取り出すと、それは手のひらに乗るほど小さなオルゴールでした。木の香りがするような美しい箱のそれぞれの面には、みごとなレリーフが刻まれています。『うん?こんな物を盗んだかな?』一瞬ドンは考えましたが、次の瞬間にはにっこり笑って、それを男の子に差し出していました。

「このオルゴールには、いろいろな人たちの想いが込められておる。・・・あーむ。満月の夜に、目を閉じて蓋を開けてごらん。君を見守ってくれている人たちの想いが伝わってくるじゃろう。あむ・・・。主は、いつも君のことをご覧になっておられる。君の傷ついた心はきっと癒され、君の夢は必ず大きな実を結ぶじゃろう。主を信じて、主とともにまっすぐ行きなさい。チップよ、君の上に主の祝福がありますように!」

チップは、もう泣いていませんでした。その大きな瞳には、強い光が宿っています。

すこしはにかんでオルゴールを受け取ったチップは、「ありがとう」と小さな声でお礼を言い、他の子供たちが見守る中を、シスターのもとへ走って行きました。

「さあ」と、ドンは他の子供たちを振り返って言いました。「みんなおいで。あーむ・・・。主の恵みを分かち合おう。」

わっと歓声が上がります。

ドンは、袋の中の物を次々に出して、子供たちに与えました。子供たちの数は思っていたよりずっと多く、袋の中身はどんどん減っていきます。とうとうドンが家族のために買ってきた物も、あげてしまいました。

でも、ドンはもう、後悔しませんでした。こんなにもたくさんの恵まれない子供たちがいることにも驚きましたが、その子たちが、彼の与えるプレゼントで喜ぶなら、きっと家族たちもわかってくれるだろうと思ったのです。

そのうちに、ドンは不思議なことに気がつきました。

袋の中身がどれほど配ってもなくならないのです。

これが最後の1個だと思っても、次に手を入れたとき、必ず指先が何かに触れるのです。

しかもそれは、ドンが兄の家から盗んだ覚えの無いものでした。そして、全ての子供たちとシスターにプレゼントを渡し終わったとき、袋はちょうどからっぽになりました。

 最後にドンは、ポケットから財布を出して、中のお金を全部寄付しました。そうしてしまうと、何だか身も心も軽くなったようでした。

 ―――ここを出たら、警察に自首しよう。ミニーたちには申し訳ないが、やはり盗みは盗みだ。でも、神様は、この不幸な子供たちへの贈り物を許して下さるだろう。

 ドンは、子供たちと遊びながら、そう思いました。

<10>

その時、広間の片隅で、「わあっ」という歓声とともに美しい光が流れ出しました。

ドンがびっくりしてそちらを見ると、チップが先ほどのオルゴールの蓋を開けたところでした。部屋中のみんなの視線がチップとその小箱に集まります。

オルゴールから、何とも言えず清らかで美しい音色が紡ぎだされてきます。これは一体、音楽なのでしょうか?いいえ、音楽以上の何かが、そこにはありました。そしてそれは、広間に集まっていた全ての人たちの心を強く捉え、大きな暖かいもので満たしてゆきました。ドンの心は、その妙なる調べに激しく揺さぶられました。胸の奥から、何かがこみ上げてきます。ドンは、涙があふれそうになるのを懸命にこらえました。

「おお・・・主よ!」シスターがひざまづき、つぶやきました。「ハレルヤ!」

 「ハレルヤ!」

 「ハレルヤ!」

 子供たちが口々に頌栄を唱えます。

 ドンは、自分の心が洗われていくように感じました。思わずひざまづいて指を組み合わせたとき、ドンの胸に清らかな声が響き渡りました。

『ドナルド・キャラダインよ、あなたの罪は許されました。』

「おお・・・!」ドンの目に涙があふれました。「主よ、ありがとうございます。」

ドンは、何度も何度も神様に感謝の言葉をつぶやきました。

<11>

もう、夜もすっかり更けました。

子供たちは、プレゼントのケーキと七面鳥でおなかいっぱいになって、あくびをしています。もう寝る時間が大分過ぎているのでしょう。

「おやおや」とドンは言いました。「シスター、子供たちをすっかり夜更かしさせてしまいました。雪もやんだようですし、そろそろわしはおいとま致しましょう。」

そして、子供たちの向かって、ウィンクを一つしてみせ、付け加えました。

「子供たち、さようなら。あーむ・・・。わしはこれから、ラップランドへ帰らなくてはならんのじゃ。君たちに主の祝福がありますように!」

ドンが、そう言って部屋を出ようとすると、子供たちは彼の周りに集まり、一途な目で見上げて、口々に言いました。

「サンタさん、ね、来年も来てくれる?」

「来てくれるよね!」

「絶対来てくれなきゃだめだよ!」

「お願い!」

ドンの瞳に、涙が浮かびました。そして彼は、思わず大きくうなずいていました。

「来るさ。必ず来るとも!それまで、良い子でいるんだよ!メリー・クリスマス!」

ドンを玄関まで見送りに出たシスターが、深々と頭を下げて言いました。

「どなたかは存じませんが、今夜はどうも有難うございました。お蔭様で、今年は素晴らしい聖夜が過ごせました。子供たちがあんなに喜んだのを見たのは、初めてですわ。」

「いいえ」と、ドンは答えました。「私の方こそ、感謝致します。私は今夜、子供たちから大切なことを教わりました。私もまた、あなたたちによって救われたのです。主の祝福がありますように!―――では、さようなら。またいつかお会いできるかも知れませんね。」

「あの・・・、せめてお名前なりともお伺いできませんでしょうか?」

ドンは、もう外に出ていましたが、その声に振り返って、空になった袋を高々と差し上げて叫びました。

「サンタクロース!サンタクロースですよ!」

<12>

ドンは、そのまますぐ警察に自首するつもりでした。今は、町までの道がはっきりとわかります。ドンは、白い息を吐きながら、その道をのっしのっしと歩いて行きます。

ドンの行く手には、ひときわ明るい星がまたたいています。その星に向かって、彼は祈りを捧げました。

「主よ、私は、この年になるまで、心からのお祈りをしたことがありません。でも今は、本当に心からお願いを致します。あの恵まれない子たちが幸せになれますように。・・・主よ、私はばかでした。目先のことばかり考えて、取り返しのつかない事をしてしまいました。私は、あの子たちを見たとき、自分が恥ずかしくなりました。ああ、主よ、貧しく、それにもかかわらず明るく正しく生きているあの子たちの上に、私はあなたを見たのです。私は、あの子たちの背に、淡く輝く翼を見たのです。主よ、あの子たちに祝福を。」

ふと、祈り終えたドンが目を上げると、そこには淡い光を身にまとった美しい人が立っておりました。その瞳は大きな慈愛に満ち、彼を優しく見つめているのです。

ドンは、思わずひざまづき、指を組み合わせました。

すると、その人は、右手をすっと上げて、一つの方向を指し示しました。そちらを見ると、ぽうっと明るくなっています。その光の中に、町の建物の姿が黒く浮かんでいます。風に乗って、焦げ臭い匂いが鼻をつきます。

「火事だ!」ドンは叫びました。「町が・・・!」

「お行きなさい、ドナルド・キャラダイン。」美しい人は、静かな声で言いました。「行って、あなたの成すべき事をなさい。」

ドンは、その声に弾かれたように立ち上がり、町の方へ走り出しました。

<13>

燃えていたのは、何と兄マイケルの屋敷でした。

火は既に建物全体に回っており、窓という窓からは、オレンジ色の炎が、まるでヘビの舌のようにちろちろとのぞいています。黒い煙がもうもうと立ち昇り、そのすさまじさに、人々はただ屋敷を遠巻きにして見つめるばかりでした。降り積もった雪も炎の色に染まり、見つめる人々の顔も真っ赤に燃えています。

ドンが駆けつけたとき、門の前にマイケルがぺたんと座り込み、大声で喚いているのが見えました。

「財産が!あぁ、わしの命が!―――誰か、誰か何とかしてくれ!わしの命、わしの全て!・・・わしは、わしはあぁぁぁぁぁぁぁっ!」

その傍らでは、マイケルの妻デールが、気違いのようになって泣きじゃくりながら、周囲の人たちにすがりついています。

「レイディ!私のレイディが!・・・誰か、誰かお願い!娘を助けて!!」

しかし、誰もごうごうと燃えさかる炎の中に飛び込んで行く勇気はありません。誰もがただ、困ったように顔をそむけ、消防車の到着を待っているしかないのでした。

ドンは、絶望して突っ伏してしまったデールのもとに駆け寄り、助け起こしました。

「姉さん、レイディはどこです?!」

すると、彼女は涙でぐしゃぐしゃになった顔を上げてドンにしがみつき、屋敷の一角を指差して、むせて咳き込みながら何か叫びました。涙があふれ、焦点が合っていない目が、すがりつくようにドンを見つめます。ドンは、大きくうなづくと、池の水を頭からかぶり、燃えさかる炎の中に飛び込んで行きました。

<14>

ごうっというものすごい音がします。何もかもが、熱気で揺らめいて見えます。ドンは、夢中で火の粉を払いのけ、崩れかけている階段を駆け上りました。

女の子の泣き声が聞こえます。ドンは、廊下の突き当たりまで、息を止めて駆け抜けました。

ドアノブは、炎にあぶられて、触れないほど灼熱していましたので、彼はドアに体当たりをかけました。熱で傷んでいたドアは、ばりばりと音を立てて裂け、ドンは部屋の中に転げ込みました。

窓際に小さな女の子がしがみついています。ドンは、思わず神様に感謝の言葉をつぶやきました。

「レイディ、おいで!」

「ドンおじちゃん!」

駆け寄ってきた体は、激しく震えていました。ドンは、女の子をしっかりと抱きしめ、戸口を振り返りましたが、彼の目に映ったのは、炎に包まれて崩れ落ちようとする廊下の天井でした。もう窓から逃げる以外にありません。ドンは、レイディを抱えたまま、窓枠に足をかけ、外にいる人たちに向かって叫びました。

「おーい!飛び降りるぞ!準備してくれ!。」

その声に応えて、やっと現場についた消防士たちが、大きなシートを広げました。

「よーし、飛び降りろ!」

「レイディ、目をしっかりつぶっているんだ、いいね?」

「うん、おじちゃん。」

レイディは、ドンの胸に、しっかりと顔を埋めました。

ドンは、掛け声とともに窓敷居を力いっぱい蹴りました。体が宙に浮いた瞬間、彼は自分の体が誰かに支えられたのを感じました。

次の瞬間、ドンとレイディは、羽毛のように軽やかに、シートの上に落ちました。

わあっと周囲から歓声が起こり、その人々の輪の中からマイケルとデールがころがるように駆け出して来ると、愛娘をしっかりと抱きしめ、ほおずりしました。

ドンは、抱き合って泣いている親子3人を、安全な場所まで避難させると、再び水をかぶり、今度は消防士たちに混じって、消火活動を始めました。

<15>

ドンたちの必死の消火活動も虚しく、火はその晩中燃えつづけ、クリスマスの朝早くにようやく消し止められました。そこにはもう、柱の1本も残っていませんでした。

誰もが、体中の力が抜けてしまったかのように、呆然と立ち尽くしています。ドンとマイケルは、充血して真っ赤になった目を見合わせました。

やがてマイケルが、少しきまり悪そうに、汚れた手をズボンの後ろで拭いてから、ドンの方に差し出しました。

「ドン、すまなかった。わしを許してくれるか?」

ドンは、一瞬とまどいました。あの傲慢な兄の言葉とは思えません。昨日窓越しに見た冷ややかな笑いが、ちらりと頭の中をかすめました。けれども、今の彼は、そんな兄を許せるような気がしました。

ドンは、煙で黒く汚れた顔でにっこり笑って、マイケルの手をがっちりと握り返しました。「勿論だとも、兄さん。」

マイケルは、ぎこちなくほほえみました。

そのとき、中庭の方で2人を呼ぶ声がしました。どうやらデールが、炊き出しをしてくれたようです。近所の奥さんたちが、鍋を持ち寄って、忙しく立ち働いています。その中には、ミニーの姿も見えます。

「どうだ、あったかいのを一杯やらんか?」

「いいね、いただこうか。」

ドンとマイケルは、肩を組み合って、中庭へ歩いて行きました。

<16>

「それにしても、良かったわね。」

家へ帰る道の途中で、ミニーがほっとしたように言いました。

「家は燃えてしまったけれど、義兄さんたち、命だけは助かったし。」

「うん、そうだね。兄さんとも仲直りできたし。」

「それに年を越すお金や新しい仕事まで・・・。本当に昨日までの兄さんとは人が変わったみたい。」

ミニーが、腕をからめてきます。ドンは、マイケルからもらった七面鳥とケーキを、あわててもう一方の手に持ち替えました。

「これで・・・新しい年が迎えられるわね。」

「うん、そうだね。」

「子供たちにも、お義母さんにも、おいしい物を買えるわね。」

「うん、そうだね。」

「ね、神様って、本当にいらっしゃるのね。私、今日は信じられるわ。」

「うん、そうだね。」

「・・・もう!」

ミニーは、ふくれてみせました。

「わたしの言うこと、聞いていないでしょう!」

「ああっと、ごめん。聞いてるよ。ちゃんと聞いているってば。」

「うそ。『うん、そうだね』ばっかりじゃない。」

ミニーは、ドンをつねろうとして初めて、サンタクロースの衣装に気がつきました。

「あなた、何でサンタクロースの服なんか着ているの?」

ドンは、ぎょっとしてたじろぎました。

「そりゃあ・・・、神様のお導きってもんだ。あーむ・・・。」

「えー、なにそれ?」

「なんでもない、なんでもない。」

ドンは、満ち足りた気持ちで、ほほえみながら言いました。

空を見上げると、日は既に高く昇っているのに、あの星がまたたいています。ドンの心に、暖かいものが広がりました。

『主よ、そこにおいでですか?』

ドンは、心の中でそう語りかけると、ミニーをぎゅっと抱きしめ、七面鳥とケーキの入った箱を高く掲げて、調子のはずれた声で賛美歌を歌いだしました。

その時、遥か上空を駆け抜けていった無数のソリと、トナカイを励ます赤い服を着た人たちの姿に気づいた人たちは、果たして何人いたでしょうか。澄んだ鈴の音をたてて、数え切れないほどのソリは、空を渡って行きます。ドンの目には、はっきりとそれが見えました。涙がとめどなくあふれ、ますます調子のはずれた歌を歌いながら、ドンは母親と息子たちの待つ家へとゆっくり歩いて行きました。

終わり

戻る