戻る

旋  風

By Woodnote

<1>

 その時、耳元で、どうどうと唸るような音が聞こえた。俺の体に力がみなぎってくる。

 うーん、いい気持ちだ。体が熱い。

 周囲がだんだん明るくなってきた。ゆっくりと目をあける。

 空だ。空が見える。ぬけるような空の青が、目の奥ににじむ。そして、空を包むように、大きな入道雲がいくつも盛り上がっている。まるで俺を手招きしているようだ。ここまで来れるかと、嘲っているようにも見える。俺は、そいつらを目がけて力一杯飛び上がった。

 体が、フワッと浮き上がる。海が、ざわざわと騒ぎだす。俺をよけるように、白い波頭が渦を巻いて俺の周りを回転する。海のざわめきは、やがてごおっという悲鳴になり、俺は水面から飛び出して、まっすぐに上昇した。

 沸騰しているように渦巻く波頭が、あっという間に小さくなる。目を転じると、入道雲が、見る見る視界を覆って来る。

              ズバッ!

 ものすごい音がして、目の前に白い世界が広がった。

 ふんぞり返って俺を見下ろしていた雲の巨人は、バラバラにちぎれて吹っ飛び、大気の中に消えて行く。俺は、少しばかり得意になって、それを見つめた。

 俺はその時、自分の力を自覚した。体の中心から尽きることなくエネルギーが湧き出してくる。それにつれて、腹の底から、何ともいえないおかしさがこみ上げてきた。俺は、その笑いをかみ殺して、空の真ん中で、うるうると回転した。

 さぁて、どこへ行こう?

 ぐるりとあたりを見回してみたものの、海、海、海、海ばかり。見渡す限り他に何にもない。ふん、これじゃしょうがない。よし、もっと上がってやれ。

 俺は、大きく息を吸い込むと、回転数を上げた。耳のそばで、ウォーンという音が高まった。体が、ぐいっと上昇する。行く手をふさぐ邪魔な雲が、ズタズタに千切れながら消えて行く。空気を吸い込むたびに俺の力は倍増し、スピードがぐんぐん上がる。太陽が、ギラギラと照りつける。俺は、有頂天になって叫んだ。

 「うおーっ!」

 遥か彼方にちっぽけな陸地が見えたのは、その時だ。そいつは、本当に一握りの島だった。波に洗われるように見え隠れしている。

 よーし、手始めにあいつを吹き飛ばしてやれ。

 俺は心を決めると、体をギシギシときしませながら、そちらの方角に向きを変えた。

 「どけどけ!もたもたしていると、バラバラにしてやるぞ!」

 海は、ざわざわと激しくおののきながら道を開けた。空気の悲鳴が聞こえる。雲のこげる匂いがする。俺は、グングンスピードを上げた。小さな島が、鯨の目ほどになり、太陽ぐらいになり、入道雲の頭ほどの大きさになった。

 木の実だろうか、香ばしい匂いがする。周囲を白く縁取られた美しい緑色の島が、眼前にそのパノラマを展開したとき、俺の心にどす黒い喜びが湧き上がってきた。

 俺は、ぬるんだ空気を胸いっぱいに吸い込むと、千切れんばかりに体の回転数を上げた。目の前の光景が、切れ切れになって、チカチカとまたたく。ウォーンという音が、耳をつんざくばかりに高まる。俺は、そのまま緑の島に向かって遮二無二突っ込んだ。

 島中の木という木が、俺に向かってお辞儀する。地面から激しく渦を巻いて褐色のホコリが舞い上がる。その中で、恐怖の叫び声を上げて逃げまどう、チリのような生き物がみえた。海の真ん中で生まれた俺にとって、それは初めて見るタイプの生き物だった。これが、西風の言っていた『人間』というやつらだろうか。連中は、木で作ったいくつもの箱の中に逃げ込み、入り口を硬く閉ざして、じっと息を潜め、俺を見つめている。俺は、その真っ只中へ突っ込んで行った。

 バリバリッという音を立てて木の箱が千切れ飛び、木っ端微塵になって俺の中に次々と巻き込まれる。箱の中にいた人間どもも、バタバタもがきながら俺の渦に吸い込まれる。俺は、たった1つの目で、じっくりとそのさまを見物した。

 何だかひどく愉快になって、じっとしてなんかいられない。ねっとりとした果物の香りが体中にまとわりついて、俺を酔わせる。俺は全身を揺すって、大声で笑った。

 三日三晩というもの、俺はその島で暴れまくった。そうして、何もかもが目の前から消え失せ、褐色の荒れ果てた大地だけしか目に入らなくなった頃、俺は、遥か上空を行く渡り鳥たちの群れを見かけた。

 V字型に編隊を組んだ灰色の鳥たちの群れ。俺の好奇心は、たちまちみすぼらしく変わり果てた島からそいつらに惹きつけられた。俺は、体にまとった木々や人間どもの残骸を振るい落とすと、土ぼこりを巻き上げて上昇し、整然と空を渡って行く旅鳥たちの方へと飛んで行った。

 しばらく、鳥たちは俺が近づくのに気づかなかった。しかし、リーダーらしい1羽が目ざとく俺を見つけて鋭く声を上げると、群れの中に大混乱が起こった。鳥たちは編隊を崩し、慌てふためいて、それぞれが思い思いの方向に散って行く。

 どいつもこいつも目を大きく見開き、胸も張り裂けんばかりに気ぜわしく羽ばたいている。けれど、俺からは逃れられっこない。1羽、また1羽と、俺の渦の中に巻き込まれて行く。千切れた羽毛が、まるで雪のように俺の周りで乱舞する。翼や首のねじれた鳥どもが、ぐったりとなって、俺の目の前をぐるぐる回る。

何と言う豪華な円舞曲!まったく、音楽がないのが残念だ。俺は、心の底からふつふつと湧き上がってくる喜びを抑えることができなかった。

 渡り鳥たちとの舞踏会は、4日ほど続いた。俺の体を飾る鳥たちの死骸は、日に日に増えていく。俺の目は、どす黒い喜びにますますギラギラ燃える。もう2・3日もあったら、哀れな鳥どもは、全て俺の周りでダンスを踊る事になっただろう。だが、楽しみは途中で中断された。

 もっと大きな獲物が現われたからだ。

 夢中でちっぽけな鳥どもを追い回していた俺の近くを、銀色にきらめく翼を持ったどでかい鳥が通り過ぎて行った。

 そいつは、まるで俺を挑発するかのように、キーンという鋭い音を残して飛び去った。その速いことといったらない。どんな鳥だって、これほど速くは飛べないだろう。しかもあいつは、羽ばたくこともなく、炎を噴いて飛ぶのだ。正直な話、俺は吐き気がした。

 あいつをバラバラにしてやったら、さぞかしスカッとするだろう。

 俺は、渡り鳥を追い散らすのをやめて、そいつの後を追った。だが、今度は少しばかり勝手が違った。この銀色の鳥は、いくら飛び続けても、全く疲れないのだ。スピードが全然落ちない。やたらと耳につくキーンという音を発しながら、どんどん俺を引き離して行く。俺がいくらムキになってみても、そいつとの差は開くばかりだ。見る見る遠ざかって行くその姿を、俺は、どうにも抑え切れない怒りをもって眺めているしかなかった。

 そいつが残していった耳障りな鋭い音は、俺の体中にこびりついて、なおさら俺を不愉快にした。俺は、1つしかない目をギラギラさせて、うるうると体を震わせた。すると、それまで俺の周りで踊り狂っていた死骸どもが、バラバラと遥か下の水面に落ちて行った。

<2>

 俺は、ちょっぴり自信をなくして、毎日太陽とにらめっこをしていた。

 いやまったく!考えてみたことがあるかい、だだっ広い所にひとりぼっちってのをさ。それが1週間も続いたんだ。俺はだんだんイライラしてきた。どこでもいい、どこかへ行って、手当たり次第に何もかもぶち壊してやりたい。そんな思いが体の奥底からふつふつ湧き上がってきて、俺の空っぽの腹をムズムズさせるんだ。

 それにしても、あの銀色の鳥ときたら!毎日毎日何十羽と、キンキン音を立てて俺の近くを通り抜けていくんだ。俺は、その度に待ち構えていて、襲いかかる。けれども、あいつらは、俺の渦の端っこがかするかかすらないかのうちに、さっとスピードを上げて、あっという間に雲の彼方に消えてしまう。俺はいつも、悔しさに体をギシギシいわせて見送っているだけだ。毎日がその繰り返しだから、俺はすっかり落ち込んでいた。

 そんなある日のことだ。いつものように、俺が今朝から7羽目の銀色鳥をつかまえそこなって、雲ひとつない空の真ん中でチリチリ太陽に焼かれていると、どこからか楽しげな音楽が聞こえてきたんだ。

 俺は、ちょうどムシャクシャしているところだったから、無性に腹が立った。どこのどいつだ、こんな時に歌なんか歌っている奴は?!俺はあたりをぐるっと見回した。

 そいつは西風だった。いつもへらへらして捉えどころがない、いやな奴だ。俺は、うるうるととぐろを巻いて叫んだ。

 「やい!俺がムカムカしている時に、へらへら歌なんか歌うんじゃねえ!」

 西風は、恐れる様子もなく俺のそばへやって来ると、ニタニタして言った。

 「よう、台風のあんちゃん。まだこんな所でうろうろしとったんかい。西へ行ってみな。お前さんの喜びそうな面白いもんがいっぱいあるぜ。ちったぁイライラもおさまろうかってもんだ。じゃあな。」

 「フン」西風が、やわやわと通り過ぎて行った後で、俺はつぶやいた、「いってみるか。ここよりはましだろうぜ。」

 もう、夏は終わろうとしている。大気の肌ざわりが微妙に変わってきていた。

<3>

 俺は、西へ西へと進んだ。退屈な時間がゆるゆると過ぎていった。

 西風は、毎日のようにやって来て、へらへらと俺をはやしたてた。

 「ホレホレ、もっと速く走れんかい。年を越しちまうぞ。遅い遅い、まるで這っとるみたいじゃねえか。へっへっへっ、そんなにのろのろ這いずっといて、よく恥ずかしくねえもんだ。―――おおっと、怒ったかい。もっと怒ってみな、ホレホレ。また明日来てやるから、それまでにちったぁ進んでおけよ。じゃあな。」

 俺は歯軋りをして、去って行く西風を睨みつけていた。何がへっへっへだ。いい気になりやがって。俺はカリカリになって、全速力で突っ走った。俺の周りで、空気がどうどうと鳴り、星がどんどん後ろへ流れて行く。俺は、わき目も振らずに、西へ西へと急いだ。もはや何も俺の気をそらすことはできない。俺は、西風の言葉になぶられて毎日カッカしていたから、ただもうひたすら進むことしか考えなかった。そうして太陽が俺の上を31回通り過ぎた。

 遥か水平線の向こうに陸地が見えた時の俺の喜びを察してくれ。ごうごうと黒煙を噴く山の姿を見た時、俺は嬉しさのあまり体をくねらせた。俺は、全身に力をみなぎらせ、猛然とその煙の只中に突っ込んで、思う存分暴れまくった。まるまる1ヶ月と1週間ぶりの快感!山の噴き出す炎や煙を吹き散らした俺は、このだだっ広い陸地を奥へ奥へと進んだ。

 川が渦巻いて氾濫し、その濁流が、俺の風圧にさらされて激しく踊り狂っている森の木々を、根こそぎ押し流す。鳥たちは逃げ惑い、南の島で見た「人間」とかいう生き物が、地面を無様に這い回る。建物が次々と吹っ飛び、地面からは砂埃が渦を巻いて舞い上がる。地面を走っていた色々な物が、横倒しになり、ひっくり返って、巻き上げられる。俺は、最高の気分だった。

 どこかでカーンカーンと音がする。ふと見ると、すぐ近くに立っている建物の上で、1匹の「人間」が必死に何かをたたいている。俺は鼻先で笑い、腕を一振りした。そいつは「あっ」と短く叫んで、泳ぐようにもがきながら、まっさかさまに落ちて行った。

 俺は、いくつもの山や森を崩し、「人間」たちを殺しまくった。雨雲たちがそれを見て、おべっかを使いながらすり寄ってきた。俺は、雨雲たちを周りに従え、思う存分暴れ回った。そして、あらゆる物を破壊し尽くすと、北に向きを変え、また海を渡った。

 そこはまるで楽園のようだった。

 見渡す限りの陸地!無数に集まった建物―――「人間」たちの巣―――の明り、明り、明り!そして、数え切れないほどの獲物!俺は狂喜した。体の回転を目一杯に上げて、その真っ只中へと突っ込んで行く。あらゆる物が俺の風圧に耐え切れず、悲鳴を上げ千切れ、砕けていく。俺の周りをそれらが飾り、目まぐるしく乱舞する。胸がスッとして、嬉しさでゾクゾクした。

 中でも愉快だったのは、俺をさんざんコケにしてくれた、あの憎んでも憎み足りない銀色の鳥どもの巣を見つけた時だ。俺は、地面に止まっている無力なそいつらを、片っ端から巻き上げて、バラバラにしてやった。わかってくれるかい、その時の俺の気持ちを?

 まだまだこれからだ。とことんまで行って、ありとあらゆる物を破壊し尽くしてやろう、俺はそう思った。

<4>

 俺は、行く手を阻もうとする山々と戦いながら、ますますスピードを上げた。

 俺の通った後は、文字通り根こそぎさ。何もかもが破壊され、廃墟のようになった陸地に、「人間」どもが呆然と寄り集まっているのが見える。俺の周りの雨雲たちが、それに追い討ちをかけるように、どっと雨を降り注ぐ。やつらは慌てふためいて、クモの子を散らすように逃げ回る。

 俺はもう、有頂天だった。暴れすぎたせいか、少しばかり体に勢いがなくなってきたし、あたりは大分寒くなってきていたけれど、そんなことはかまやしない。俺はなおも行く手にあるものを粉砕しながら突き進んだ。そうして、とうとうやって来たんだ、「人間」どものひしめく、この「大都会」って所にさ。

 さすがの俺も、度肝を抜かれたっていう感じだったな。どでかい建物が、まるでヤシの木のように、そこにもここにも突っ立っている。地面には、何かが無数に走り回っている。そして、光、光、光の洪水。耳障りな騒音。空気の中をひっきりなしに飛び交う電波。俺を押し戻そうとする、ぬるく澱んだ、油臭い空気。全てが、俺に吐き気を起こさせた。

 俺は一瞬ひるんだ。だが、ここまで来た以上、引き返せるものか。そうだろ?もう突っ込むしかないじゃないか。俺の勘は危険を告げていたけれど、俺はがむしゃらにこの巨大な生き物の中に飛び込んで行った、。

 それは、生まれて初めて味わった、こっぴどい敗北だった。

 俺の力は、「人間」どもが作った建物の壁にはね返され、あちこちで分断された。こんなはずではない―――俺は何度も体当たりを繰り返すが、埃だけがやたらと舞い上がり、俺の苛立ちを高めるだけだ。俺の闘志は虚しく空回りする。都会の毒気が、俺の体のすみずみまで染み込んで、体中を蝕み、ボロボロにしていく。

 俺は狼狽した。弱気になって、ここから何とか抜け出そうとした。ところが、どうしたことだ。北からやって来た冷気の塊に、俺の行く手は遮られた。

 この憎たらしい奴らは、仲間同士で手を組んで、俺を南へと押し戻そうとする。勢いの弱ってきた俺は、何度もその冷たい壁にぶち当たっては押し返された。俺は、焦りで狂ったようになって、めちゃくちゃに暴れ回った。しかし、奴らの壁は崩れない。そんな俺をあざけるように、中の一人が長い髭を揺すって言った。

 「小僧、こんな所をうろついとらんでさっさと帰んな。もうわしらの季節じゃで。」

 俺は悔しくて、歯ぎしりをした。全身が怒りでぶるぶる震える。しかし、どうなるものでもなかった。俺の今の力では、こいつらには勝てやしない。俺はあきらめて、向きを変えようとした。

 だが、そこには例の西風が来ていた。

 「よう、台風のあんちゃん。まだこんな所でもたもたしとったんかい。さあ、どいたどいた、俺たちの出番だ。これから北の奴らとひと勝負しなくちゃならねえ。ホレホレ、道を開けな。邪魔をすると、ひねりつぶすぞ。どこへでも行って消えちまえ。じゃあな。」

 俺は、腹が立った。こんな奴にまでバカにされるなんて、プライドが許さなかった。俺は、全身の力を奮い起こして、西風と戦った。

 しかし西風は、かつての弱々しい、へらへらした空気の流れじゃなかった。湿気をたっぷり含んだ、おぞましいなまぬるさの、ずっしりと量感のある空気の塊が、ずいっ、ずいっと押し寄せてくる。俺にはとても歯が立たなかった。思わず逃げようとしてまた方向を変えた瞬間、俺は先ほどの冷気の壁にぶち当たった。

 「小僧!」

 北風と西風にはさまれて、俺の体は歪み、押しつぶされ、悲鳴を上げた。俺の周りの渦が引き千切られて、そこから残ったわずかな力が流れ出していく。俺は、一気に全身が縮むのを感じた。もう少しそこにいたら、俺は完全に消滅していただろう。体が小さくなったのが幸いして、北風と西風のぶつかっている隙間からこぼれるように、俺は何とかその場を逃れた。

<5>

 俺は、ひどく弱っていた。この島へ上陸した時の自信は、跡形もなく消え失せて、どうしようもない敗北感だけが、心の中に沈殿していた。

 俺は死ぬ、…そう思った。

 死んでたまるか、そうも思った。

 そうさ、こんな所で消えるなんてまっぴらだ。俺は、どうしようもないほどに縮み、弱りきった体をひきずって、地面の近くをよろよろと飛び続けた。このままじゃいけない。陸地は、どんどん俺の力を吸い取っている。…そうだ。

―――海へ出よう。俺は、心の中でつぶやいた。

 だが、それから海を見るまでの道のりが、何とつらく長かったことだろう。エネルギーを失った俺の体はずっしりと重く、空気を掻き分けて進むのさえ容易じゃなかった。太陽は遥か上空にあり、嘲るように俺を見下ろしている。無数の光の矢がじりじりと降り注ぎ、容赦なく俺の体から水分を奪っていく。俺の周りを取り巻いていた雨雲たちは、いつの間にか消え失せてしまった。それでも俺は、太陽が西の空に傾く頃、ようやく海へ出ることができた。

 しかし、これが海だろうか?どんよりと濁って、どす黒いうねりを繰り返している、これが海なのだろうか?

 いや違う。俺が生まれ、駈け渡ってきた海は、もっと青くて、もっと生き生きしていた。こんなのが海であるはずはない。俺の海は―――

 ―――そうだ、故郷の海へ帰ろう。傷つき萎んだ俺を、故郷の海はきっと優しく迎えてくれる筈だ。そう思うと、無性に故郷が恋しくなった。

 俺は、疲れた体を引きずって、南へと向かった。

 しぶきをかぶりながら、俺は海面すれすれに飛んで行く。濁った海は、俺の巻き起こす風の渦に腹を立てているかのように、大きくうねり、さらに激しくしぶきを上げる。まるで俺を引きずり込もうとしているかのように。

 ふと見上げると、ちょうど真上を、北からやって来た白い鳥たちの群れが、ホーン、ホーンと鳴き交わしながら、ゆっくりと渡って行く。その向こうを、耳障りな音を立てて、銀色の鳥が飛んで行く。だが、今の俺には、そいつらにかまっている余裕などない。

 俺のスピードは、どんどん落ちていく。もう、さっきまでの高度さえ維持できない。海面は目の前に迫っている。それなのに、目指す故郷は、あまりに遠い。

 俺の腹が、海面をこすりだした。潮が引くように力が抜けていく。太陽は、すっかり水平線の彼方に落ち、周囲が黄昏れてきた。

 最後の金色の光が消えた時、俺の目の中で、空と海がゆっくりと回転した。最後に見上げた空に、もはや入道雲はなかった。代わりに、無数のいわし雲が、群れをなして空の真ん中を泳いで行くのが見えた。

 ああ、いいな―――俺は、不思議な充実感を覚えていた。

 泡立つ海水の中に吸い込まれて行きながら、俺は、いつか自分の周りで踊っていた鳥たちが、今また輪になって踊っているのに気がついた。それは、眠気を誘うようなゆっくりとしたリズムで、俺を招いているように、近づいたり離れたりしながら、どんどん数を増してくる。俺は、にやりと微笑んだ。

 体が分解し始めている。強い眠気が全身を覆う。鳥たちの踊りも、終わりに近づいたようだ。1羽、また1羽と、ひしゃげた頭をぺこりと下げて、俺の視界から消えて行く。

 ―――そうして、踊り手たちが全ていなくなると、静かに幕が降りた。

戻る