戻る

メモリアル・カウント

「森の家」の10,000HITを自ら踏みし時、
管理人Woodnoteこれを大いに慨嘆し、
悔恨の情に苛まれるまま詠みたる詩一首。

1列目を、縦に読んでみて下さい。

原詩
祝いの時が暗転し
一瞬固まる自爆のアクセス
万感胸に迫り涙あふれ
唖然としてモニタを見つめる
悔やんでも時は戻らず
寂寥を抱きてたどる家路
過ぎて帰らぬ10,000HIT

書き下し文
いそいそと自分のサイトにアクセスしたら、何とキリ番であったことだ。
思わず(情けなさに)胸が詰まり、体が強張って悔し涙が出てきた。
しばし茫然としてモニタを見つめていたが、悔やんでもどうにもならない。
(私は)とぼとぼと家路をたどったことよ。

作者の気持ち
自分の詰めの甘さを悔やむ一方で、
サイトに訪れてくれる人々に対する
謝罪を伝えたかったものと思われる。

解題






祝いの時が暗転し
一瞬固まる自爆のアクセス
万感胸に迫り涙あふれ
唖然としてモニタを見つめる
悔やんでも時は戻らず
寂寥を抱きてたどる家路
過ぎて帰らぬ10,000HIT

戻る