戻る

冬の梢



北風に 揺れる こずえ

しなやかさ 命そのままに

風を切りうたう こずえ

誰も知らない

冬の美しさ たたえ

光を散らす 木立ち

春を待つ 人たちの

はるか上を行く 雲たちが

優しく 舞い落とす

冬のたより

光の妖精を

ひときわ白く さえざえと

受け止める こずえ

ふくら雀の 群れ集う

暖かな 昼下がり

眠っている 街のただ中で

命の炎 きらめかせ

さわやかに踊る こずえ

戻る