戻る

青色廃園

君が生まれる以前から
私はこの日を心待ちにしていた
健やかに成長した君に
お祝いの言葉を添えて
この物語を贈る日を
君だけのために書かれた
連作小説
その中で 君は主人公となり
いくつもの出会いを重ねて
成長していく
『青色廃園』という空間を通じて
私は君と語り合い
時を共有したかった

しかし その想いは
叶わなかった
君は 手の届かぬ世界に去り
私たちは かけがえのない
宝石を喪った
今日 この日を迎えたのに
君はいない
想いは行き場を失い
悲しみだけが残った
逝ってしまった君
残された物語
その中で君は
生き生きと 輝いているのに

今日からまた
私はこの物語を
書き継いでいく
伝えたい想い
言い尽くせないものが
私にペンを取らせる
いつかまた
君に会う日のために
この電脳の森で
私は書き続けよう
決して終わることのない
君のための この物語を

戻る