戻る

冬の夜

1.しんしん雪が降る夜は
  こんこん子狐冷たかろ
  山の向こうの洞穴で
  優しい大きな母さんの
  胸にふっくら包まれて
  春の野山を夢見てる

2.しんしん雪が降る夜は
  こんこん風邪ひき切なかろ
  いろりの傍で温(ぬく)まって
  優しい母さん手作りの
  けんちん汁を食べながら
  春の訪れ待っている


お山の雪はしんしんしん
屋根に降り積むこんこんこん
みんな静かに待っている
町で働く父さんと
春が帰ってくる日まで
しんしん静かに待っている

戻る