戻る

僕は何故

 


僕は何故生きている?
みんな死んでしまった
父 母 叔父や叔母 兄たちに娘 そして妻
愛して止まなかった人たちは
ことごとく向こう側へ行ってしまった

なのに何故 僕はここにいる?
ただ一人取り残され
思い出にすがりながら
何故ぽつんとここにいる?
もう何もないのに

何もない何もない何もない
するべきことも生きる意味も
考えることも食べることも
息をするのさえ億劫だ

もう全部投げ捨ててしまおうか
向こう側へ行く途は ある
そうしてしまおうか
ネットで そんなサイトを見た
何だ 簡単じゃないか
そのことに たまらない誘惑を感じた

その時 息子が言った
「親父だけは死ぬなよ」と
馬鹿な私は そこで初めて気づいた

ああ まだ息子がいる
僕を頼りにしてくれる者がいる
僕が愛し、僕を愛してくれる
この息子がいる

僕が死んだら
彼は一人取り残されるだろう
まだ社会に出ていない彼にとって
孤独は余りに大きく
世間の風は余りに強い
僕が死ぬということは
そうしたものの只中へ
息子を放り出すということなのだ

まだ 生きなくては
僕が何故ここにいるのか
その意味が
少なくとも一つはあるではないか

力を出せ 立ち止まるな
前だ 前へ進め
その次の角まで とにかく歩け
お前を頼る者のために
僕は 自分にもう一度命じた

先は 全く見えない
足元すら定かではない
けれども もう一度歩き出さなくては
僕を見つめる
彼の眼差しのためにも


 

戻る