戻る

沖縄2009

(石垣島・竹富島)

サムネイルをクリックすると、大きな画像がご覧いただけます。

 
ホテルのベランダから見た海です。
空と海の青さが、まぶしいほどの美しさでした。
夜は、ライトアップされた庭園が、
これもまた、何とも言えず綺麗でした。
手前に見えるのは、ホテルのチャペル。
滞在中に、ここで結婚式がありました。
私たちが宿泊した、石垣全日空ホテルです。
景色良し、食事また良し、サービスも良し。
お陰で、3泊4日を快適に過ごせました。
石垣島北西部にある、川平(かびら)湾。
ここの珊瑚礁の美しさは、まさに絶品です。
エメラルドグリーンの海、真っ白な砂浜。
まるで、この世の楽園のような所でした。
奥に見える黒い点は、真珠の養殖筏です。
湾内を巡る、グラスボートです。
船底に張ったガラス越しに、色とりどりの魚や
珊瑚を見ることができます。
グラスボートから見た海底の様子。
水深は4〜5メートルです。
シャッターチャンスを逃してしまいましたが、
実際は数え切れないほどの魚がいました。
砂浜が白いのは、珊瑚の死骸が粉砕され、
堆積したものだそうです。
白い砂、青い海。本当に美しい光景でした。
石垣島と竹富島を連絡する遊覧船です。
竹富島までは、わずか10分の距離です。
竹富島では、水牛観光を楽しみました。
水牛の引く客車に乗っての、集落一周。
徒歩より遥かに遅いのですが、これが楽しい。
八重山らしい、のんびりとした観光です。
客車には、20人ほどが乗れます。
重量は、満載時で約1.5トンとか。
それでも平気で引っ張るのですから、
水牛の力はすごいです。
ちなみに、私たちの客車を引いた水牛は、
「ちゅらくん」という名前だそうです。
両側の家並みは、昔ながらに保存されていて、
勝手に立て替えたりはできないそうです。
石垣は、一見もろそうに見えますが、
実は風に強いのだとか。
昔の人の知恵は、素晴らしいですね。
関東地方では冬。
気温が氷点下の日もありました。
ところが、ここでは、まるで春のようです。
気温は20〜22度。
あちこちで、南国の花が咲き乱れていました。
シーズンには海水浴客で賑わうという、
底地(すくじ)ビーチです。
海の色といい、空の色といい、
まるで別天地のようでした。
 

戻る