戻る

水戸偕楽園
梅まつり2007

サムネイルをクリックすると、
800×600ピクセルのサイズで
ご覧いただけます。

 
偕楽園に一番近い、市営の駐車場です。
入口から、わずか50m。
JR常磐線の臨時駅(偕楽園)よりも近く、
終日駐車で500円というのは格安です。
偕楽園のすぐ隣りにある、常磐神社です。
梅の季節には、参道の端から端まで、
参詣客が列を作ります。
常磐神社の境内です。
正面が本殿、右手に宝物殿、
左側には、社務所と東湖神社があります。
参道の両側は、屋台で一杯です。
常磐神社の境内にある、東湖神社。
ここには、幕末の学者である藤田東湖が、
祀られています。
東湖神社の脇を抜けると、すぐ偕楽園。
ここは、観光客等で最も賑わう、東門です。
東門を入ってすぐの風景。
気温は零下5度と、肌寒い日でしたが、
花は既に6分咲きでした。
右手には、売店と茶店があります。
煙るように咲き乱れている白梅の美しさ。
園内約3千本の梅が咲き誇るさまは、
実に幻想的です。
ほのかな梅の香りを楽しみながら、
梅林のそぞろ歩き。
景色が、極上のご馳走です。
冬空に映える梅の花。
凛とした美しさが、胸に沁みます。
珍しい、枝垂れ梅。
園内には、こうした珍しい梅もあれば、
名前のある立派な梅もあります。
接近して、1枚撮ってみました。
可憐で健気な風情が、とても素敵です。
偕楽園は、梅ばかりではありません。
この孟宗竹もまた、見事なものです。
竹林の奥には、今でも水が湧き出ている、
泉があります。
江戸時代、藩主が学者を招いて、
学問の講義を受けたという好文亭の入口。
ここだけは、拝観料(190円)が必要です。
 

戻る