戻る

潮来あやめまつり2006

サムネイルをクリックすると、
800×600ピクセルのサイズで
ご覧いただけます。

JR潮来(いたこ)駅前です。
水郷潮来は、川と掘割の町。
「関東のヴェニス」とも言われます。
花の盛りは過ぎていましたが、
それでも100万株の菖蒲は壮観でした。
<あやめまつり>といいますが、
実は、ここに咲いているのは全て菖蒲。
地元の人に聞いたところによると、
あやめが咲くのは5月だそうです。
あやめは、菖蒲より花が小さく、
葉の幅も狭いのだとか。
一見したところでは分かりませんでした。
あやめだけでなく、随所に咲いている
あじさいもまた、見事なものでした。
掘割を巡る遊覧船の乗り場です。
これは市営の遊覧船ですが、
反対側には民間の遊覧船もあります。
凛とした菖蒲の花。
いつ見ても美しいと思います。
遊覧船は、手漕ぎのものもありますが、
モーターをつけた屋形船型が主流です。
運賃は、5人一組で6,800円ですが、
乗り合いなら、1,360円で乗れます。
菖蒲の品種は、約500種もあるとか。
あやめ園の周辺では、鉢植えの販売も
行っていました。
橋、橋、橋。
あやめ園だけでなく、潮来には至る所に
橋が見られます。
その橋の一つから見た風景。
花の盛りには、一面紫色に染まります。
メインの掘割。
遊覧船発着場がいくつかあります。
左にあるのが、民間の乗り場です。
「十二橋めぐり」の最初の橋、
「思案橋」です。
舟はここから常陸利根川へ向かいます。
反対方向から来るのは、千葉県の舟。
佐原市営あやめ園の遊覧船です。
掘割から常陸利根川への出口です。
ここから2段階の堰を抜け、
舟は次の掘割へと入って行きます。
広々とした常陸利根川の佇まい。
川幅は350m。
海水は下流で堰き止められているため、
完全な真水だそうです。
常陸利根川と十二橋・新兵衛川を隔てる
「堰(せき)」です。
水位の違いが60cmもあるため、
堰には2つの閘門(こうもん)があります。
遊覧船には、約16人が乗れます。
今日ご一緒させてもらったのは、
東京から来た、社内旅行の人たちでした。
掘割の幅は、約10m。
2艘の舟がすれ違うのに、ぎりぎりです。
昔は道路がなかったため、地元の人たちは、
この水路を使って田畑へ出ていたそうです。
掘割の傍らには、売店があります。
お団子やお菓子、手拭やハンカチなどを
売っています。
これも十二橋の一つ。
昔は、この橋で、お向かいの家と
行き来していたそうです。
舟はエンジンを止めて、竿でゆっくり進みます。
十二橋を過ぎると、水路の幅が広くなります。
ここからが新兵衛川です。
両岸の廃舟は、プランター代わり。
中では菖蒲が栽培されています。
岸辺には、見事なアジサイの群落が、
そこかしこに見られます。
舟でお嫁に行く「潮来花嫁さん」は、
水郷ならではの風物詩です。
今年も何組かのカップルが、幸せな船出を
して行きました。

戻る