戻る

広島2008

サムネイルをクリックすると、
800×600ピクセルのサイズで
ご覧いただけます。

 
東京駅7:30発の「のぞみ9号」で、
一路広島へ。
広島までは、4時間7分です。
JR広島駅です。
以前ここを訪れたのは、1984年。
名古屋に勤務していた時でした。
6歳からファンだった広島東洋カープが、
セ・リーグで優勝した年です。
駅と、その周辺の佇まいの変化は、
びっくりするほどでした。
市内を走っている路面電車です。
料金は、全線一律150円。
一日乗車券は、600円でした。
車両は、全国から集められたもので、
塗装も色とりどり。
1両編成も2両編成もありました。
面白かったのは、どの車両にも、
3つ以上の両替機がついていること。
ワンマン運転なので、前から降りる際に、
お釣りがないようにとの工夫でしょう。
世界遺産の、原爆ドームです。
外壁は痛々しく焼け爛れ、内部は瓦礫の山。
爆発の凄まじさに、思わず声を呑みました。
無残な建物の姿。
核兵器の恐ろしさと、平和の大切さを、
切々と語りかけているように思えました。
広島ファンの聖地、広島市民球場です。
原爆ドームの、道を挟んだ向かい側にあります。
2009年には新球場が竣工するため、
ここでカープの試合を見られるのも、
今年が最後です。
私が今回、広島を訪れた目的も、
市民球場で、カープの試合を観るためでした。
球場の内部です。
1塁側内野A指定席から撮影しています。
この日の観客は2万人。
空席は、殆どありませんでした。
カープのマスコット、スライリーです。
お尻を振り振り、ユーモラスなパフォーマンスで、
私たちを楽しませてくれました。
広島城です。
毛利輝元によって築かれ、関が原の戦い以後は、
福島正則、そして浅野家12代の居城でした。
広島城は、別名を鯉城(りじょう)といい、
ここから「カープ」の名がつけられました。
市民球場からは、歩いて10分ほどの距離でした。
城の南側にある大手門です。
外国の様々な観光客が、記念撮影をしていました。
内部は5層で、博物館になっています。
毛利、福島、浅野、それぞれの統治時代に分けて、
鎧・兜・刀剣類・馬印・しゃちほこ・設計図・屏風等、
さまざまな物が展示されていました。
 

戻る