戻る

      <オタドンを恋ふる歌>    (詠み人知らず)

by Woodnote

去る一日、オタドンを求めて秋葉原を彷徨せるも、想いを遂ぐること叶わず、憤りを胸に帰宅し、茫洋たる窓外の佇まいを眺めつつ、春の夜長に無常を感じて詠める歌一首。ならびに、入浴後の爽快な気分の内に、忘却せる記憶が蘇り、新たな希望に胸の高鳴りを抑えつつ、高らかに詠める歌一首。


        1.昨日また秋葉原に行ったが
           お楽しみCDが見つからん
           僕の記憶に間違いなければ
           目当てのソフトは売り切れ
           帰ってざっと浴びる熱い湯
           湯上りに窓から眺める小川
           遠く霞む林の中の小さな社
           静かに自ら慰める春の夜長

   2.たかがソフトと言うなかれ
       がまん続けたこの2ヶ月間
       待てば待つほど想いが募る
       ストレスはますますたまる
       このうえ更に入荷を待つか
       わらえ、この女々しい僕を
       どうする事もできない僕を
       そのとき僕はふと思い出す
       そうさ、3号店にある筈だ
       間違いない!絶対に買える
       こんどの休みに絶対買うぞ

こんにちは、Woodnoteです。

今回は、詩を投稿してみました。え?詩になってない?(_)ドテッ

いーえ、ちゃんとなってますよ。1番目の詩は最後の列を、2番目の詩は3列目を縦に読んでみて下さい。d(^-^)!

僕なりにオタドンへの熱い想いを纏めてみました。

この想い、伝わったかなぁ。(^^ゞテヘヘッ

戻る