戻る

夢 十 夜

by Woodnote

夢。

眠りと覚醒の狭間で、脳が私たちに送ってくるメッセージ。
願望に過ぎないものから、予知夢、悪夢、そして白昼夢まで。
夢は驚くほど多種多様です。そして、それだけではありません。
夢と現実の境は、時に曖昧で、ひどく生々しいものがあります。
「これは現実に起こっていることなのではないのか?」
私たちは、しばしば自問します。

目覚めた時、私たちは「どちら側」にいるのでしょう?
もしかしたら、今の私たちこそが、「夢」なのかも知れません。
だとすれば、その「夢」に目覚めはあるのでしょうか。

この物語は、私の体験を元に組み上げたものです。
これを、単なる「夢」と言い切れるかどうか。
それは読者の皆さんにお任せします。
では、始めましょう。
長い夜になりそうです。

一括ダウンロードはこちらです
(圧縮後サイズ(LHA) 18.5KB/展開後サイズ(TXT) 38.2KB)
第一夜 笑う影法師
第二夜 赤く滴るもの
第三夜 見知らぬ町の見知らぬ家
第四夜 誰もいない丘の上
第五夜 悪夢へ続く扉
第六夜 訪ねて来た娘
第七夜 心臓ならここに
第八夜 仲間入り
第九夜 母の挨拶
第十夜 母の住まい

戻る