戻る

夏色の時


by Woodnote

 ある朝、僕がいつものように風になって飛んでいたら、野原の真ん中で何か光るものがあるんだ。
 僕たちの一吹き一吹きに、さあっ、さあっと、まるで緑色の波みたいに、草原全体が大きく揺れているような、そんな感じの野原の真ん中でさ、時折ちかっ、ちかっと・・・いや、きらっ、きらっと、かな、いやいや、もっと何かこう、乾いたような感じなんだけど、とにかく何かが光ってるんだ。そして僕が、夏の気配を原っぱ中の草たちに吹きつけるたびに、それが、ふっ、と隠れるんだよ。僕は、ひどく好奇心をそそられて、『そいつ』が何者なのか、ひとつ確かめてやろうって気になったんだ。
 そこで、胸いっぱいに吸い込んでた今日の分の『夏』を、半分くらい吐き出しちゃってさ、その光るもの目がけて、ぐんぐん降りてった。
 勿論、僕は、それが何であれ、僕のワクワクしてる『知りたがりの心』を満足させてくれることを期待してたんだ。けれどもどうだい、何てこった。せっかく夏草たちのハミングに合わせて、今夜の演奏会の練習をしていた虫たちを驚かしてまで、ここに降りて来たってのにさ、その『光るもの』の正体を見たとき、正直言って、僕はがっかりしたね。
 なぜかって、そいつはただの古ぼけた緑色のビンだったんだから。
 弾んでた心が急にしぼんじゃってさ、僕はどうしようもなくイライラして、それからちょっぴり悲しくなって、そのビンの周りをぐるぐると回ったんだ。

 それは、ごくありきたりのウイスキーのビンで、ところどころに埃がこびりついてた。中には何も入ってなかったし、ラベルもフタもついてなかったけど、それは確かにウイスキーのビンだった。でも、口のところに耳を当ててみると、とても不思議な音がしてくるんだ。
遠い昔にいなくなってしまった、水晶色の瞳の動物が、子供に呼びかけるときのような、もの悲しい、せつない音が、渦を巻くように、ビンの底の方から湧き上がって来るんだ。
 何て言ってるんだろう?何を言いたいんだろう?
僕は、じっと耳を澄まして、考え込んでた。

 そうしたら、そのうちに、そのせつないつぶやきに混じって、切れ切れに、何か他の音が聞こえてきた。
 「あれ?ちょっと違うぞ。」
 僕は、思わず、ぐっと身を乗り出したよ。だって、今までの音と違って、その音は、「生きている」んだもの。
 そうさ、間違いなくそれは、生き物の声だった。どこかに生き物がいて、その声が、僕の仲間のマントに乗って、聞こえてくるんだ。
 ビンの中に反響して、変なふうに聞こえるけど、虫の声なんかじゃない。もっと大きな生き物が、誰かを呼んでる声だよ。
 おいで、さあ、こっちへおいで!
 僕は、心の中で叫んだ。この光のサインが見えるかい?おいで!僕はここだよ!

 やがて、夏草を押し分ける音が聞こえ、それが草を踏みしだく音になり、突然、目の前に、壁のように立ちはだかっていた草のカーテンが、真っ二つに分かれて、『それ』は姿を現わした。
 真っ黒い濡れた鼻が、それから、くりくりっとしたこげ茶色の瞳が、僕の視界に飛び込んできたとき、僕にはすぐに、こいつが仔犬だってことがわかったよ。
 それがまた、何ともいえず可愛らしいヤツなんだ。麦茶色の毛糸玉のように、ふわふわとしていて、ビンを見つけると、耳をピンと立て、尻尾を千切れるほど振り、鼻をひくつかせながら、そのそばに駆け寄ってきた。そして、大きな目玉を、可笑しくなるくらい寄り目にして、この『奇妙なもの』を見つめるのさ。
 うん、そうだ。まず、じっと見る。それから、フンフンと匂いをかいでみる。匂いがないことがわかると、今度は桃色の舌でペロッとなめてみる。うえっ!仔犬は、しかめっ面をして、今度は、ちょっぴりかじってみる。・・・こいつは食えない!
 それを実際に確かめると、前足でポンとビンを弾いた。

 その途端、緑色のビンは、光の欠片を、花びらみたいに、ぱっ、ぱっと振りまいて、ころころっところがった。仔犬の驚いたことったら!僕はもう、笑いころげちまったよ。
 もうすぐお昼だってこともわかってたし、お日さまが頭の上に来たら、『風の船』に戻って一休みしなくちゃならないってこともわかってたけど、僕は、この仔犬のことを好きになりかけてたし、お昼にはまだ、ほんの少し間があったんで、もうちょっとこの情景を楽しんでいくことにしたんだ。

 仔犬は今、どうしてるかっていうと、2本の前足で、ビンにのしかかるようにして、それを何とか咥えて、自分の隠れ家へ運んで行こうとしてる。
 勿論、仔犬の口は小さくて、とてもじゃないけど、そのビンを咥えるなんて芸当はできやしない。やつがその試みをあきらめるまで、10分ぐらいかかったかな。とにかく、一生懸命なんだもの、僕もついつい釣り込まれて見てたけど、仔犬は、ぺたんと地面に座り込んじゃってさ、さあて、これからどうしようかなんて具合に、首をかしげて考え込んでるんだ。

 そのうちに仔犬は、ビンに映ってる自分の顔に気づいたんだろうね、しきりにビンの中(それとも表面かな)を覗き込むんだ。
 僕は、後ろからそうっと近づいてって、仔犬の肩越しにそれを見た。いや、まったく!僕は危うく体の中に残っていた『夏』を、すっかり吐き出しちゃいそうになったよ。
 ビンの表面に映った仔犬のひしゃげた顔の面白いこと!
 ほら、ゴム風船に絵を描いてさ、それをいっぱいに膨らましたり、膨らんだやつを、ぐいぐいひしゃげさせてみたりしたような、まったくデッサンの狂ったマンガみたいな顔なんだ。僕は、最初それを見た時、仔犬のやつが、怖がって逃げちゃうんじゃないかと思ったけど、逆にすっかり気を惹かれたみたいでさ、『食い入るように』っていう言葉がピッタリなくらい夢中になって、・・・うん、そうだ、夢中になって、見入ってるのさ。

 仔犬のヒゲは、ピクピクと震え、尻尾はパタパタと地面の上を目まぐるしくはたいてる。こげ茶色の瞳は、キラキラ光って、さっき僕が空の上から見た、あのビンの光みたいだ。仔犬の顔が、驚きに、喜びに、くるくる動く。それにつれて、ビンの表面の顔は、大きくなったり、小さくなったり、横にひしゃげたり、縦につぶれたり、まるで、水面に映った月みたいだ。
 笑った顔、怒った顔、困った顔、優しい顔、怖い顔、可愛い顔、憎たらしい顔・・・。仔犬の表情は、一時もじっとしてないので、ビンに映った顔も、目まぐるしく変わる。
くるくる
くるくる

 仔犬は、面白がって、ぴょんぴょん跳ね回る。草が揺れる。空が回る。雲が踊る。地面が跳ねる。緑と青と、白と茶色が、仔犬の麦茶色とごちゃまぜになって、くるくる回る。

くるくる
くるくる

仔犬は笑う、仔犬は踊る。
バネでも呑んだみたいに
羽でも生えてるみたいに
軽やかに、伸び伸びと
愛らしい仔犬は光と踊る。
ホタル色の光の束が
仔犬の体をふんわり包む。

きらきら
きらきら

仔犬の体は光に溶けて
優しい色に光り出す。

きらきら
きらきら

仔犬の周りで
陽炎が燃える。
光の中の
たまらなくいとおしい
不思議なひととき・・・。

 僕は、思わず目を細め、仔犬と一緒に体を揺らす。
 光の笑い声がする。
 目を凝らして見ると、誰かが仔犬と踊ってる。

誰だろう?
誰だろう?

 仔犬の周りで手をつなぎ、光を散らして、誰かが笑う。

くすくす
くすくす

誰かが笑う。
仔犬の影が長く伸びて
光の中でゆらゆら揺れる。

ゆらゆら
ゆらゆら

 そうして、はっと思った時・・・
 仔犬も、光も、ふっと消えてしまって、後にはくすんだ緑色のビンがころがっているばかり。

 僕は、目をこすって立ち上がった。
何も見えない。何も聞こえない。
 僕は、あたりを見回し、耳を澄ました。
すると、始めはかすかに、やがて、だんだんはっきりと、虫たちの声が聞こえてきた。
 草の影が、地面に長く落ちてる。
僕は突然、『風の船』に帰らなくちゃならないことを思い出した。
 ゆっくりと、残っていた『夏』の気配を吐き出すと、僕は、その代わりに周囲のひんやりした空気を胸いっぱい吸い込んで、空高く飛び上がった。

 もう、光は見えない。夏草たちも踊らない。野原は、野原に戻ってしまった。
僕は、もう一度そっちの方を見ると、鈍く輝くお日さまの方へ飛んで行った。


終わり

戻る