戻る

シルフィード

これは、かりんさんのサイト「Polyphonia」での合作企画に参加するために、書き下ろしたものです。
ベースになっているのは、かりんさんの創られた一篇の美しい詩。それに基づいて、この小説は創られました。
風の精、シルフィード・・・イメージをかき立てられるモチーフです。私は、時に優しく、時に荒々しく、さまざまに姿を変える「風」が大好きです。「旋風」は、風の荒々しさを採り上げた作品ですが、「シルフィード」では、風の優しさを採り上げました。
優しい言葉を紡ぐことは、今の社会ではとても難しいことだと思います。けれどもそれは、最も必要とされていることなのではないでしょうか。ともあれ、楽しんでお読みいただければ幸いです。
なお、MIDIはC−KOMさん、CGはテツカさんが、制作されておられます。詳細については、「Polyphonia」でご覧下さい。

前編をHTML形式で読む
後編をHTML形式で読む
ダウンロードする
(LHA形式)
○圧縮前サイズ(51KB)
text形式(前編27KB・後編24KB)
○圧縮後サイズ(24KB)
LHA形式(lh5)