戻る

春の午後

 ケンちゃんは、ベランダに面した部屋で、うとうとしています。

 春のうららかな日差しに、いつとはなしに、まぶたがくっついてきます。インコのアスターも、窓際のかごの中でうつらうつらしています。

 もうそろそろ2時になるのでしょうか。ケンちゃんは、マーくんやロンちゃんのことを考えていました。

 本当なら、今頃は幼稚園でマーくんたちと遊んでいるはずなのですが、ちょっと熱っぽいので、お休みすることにしたのでした。

 それにしても、口の中の苦味が、まだなくなりません。さっきママに飲まされた薬が、まだ残っているのでしょう。ケンちゃんは、口の中であちこち舌を動かしてみて、ちょっと顔をしかめました。

 『ママったら、いつもこんな苦い薬ばかり飲ませるんだもの、寝られやしない。』

 こんなことなら、ママに頭が痛いなんて言わなきゃよかった、とケンちゃんは思いました。

 それは、今朝の9時半ごろのことです。いつもなら呼ばなくても部屋を飛び出して来るケンちゃんが、今朝はいくら声をかけても返事をしないので、ママは最初、ケンちゃんが仮病を使っているのじゃないかと思いました。

 「こらー、いつまで寝てんの?タヌキ寝入りなんかしてると、本当にタヌキになっちゃいますよ!」

 ケンちゃんは、布団からちょっと顔を出して、小さな声で「頭が痛いの」と言いました。よく見ると、火照ったような顔をしています。

 「まあ、大変!」ママはびっくりして、枕もとに座りました。そして、自分のおでことケンちゃんのおでこをくっつけて、「あら」とつぶやき、ちょっとまゆをひそめると、薬箱から体温計を取り出して、ケンちゃんのわきの下にはさみました。

ピッピッという音を待ちかねたように、体温計を抜き取って表示された体温を読み取ると、ママはさっきより大きな声で「まあ」とつぶやき、風邪薬のパッケージから包みをひとつ取り出すと、思い出したようにあわてて1階のキッチンへ走って行きました。

 ケンちゃんは、それをぼんやり見送ると、軽く目をつぶりました。まぶたの裏で、薄い緑色の光がぽうっと広がり、ゆっくり回っています。それをじっと見つめていると、ふっと眠りの中に引き込まれそうになります。

ケンちゃんが、その中に引き込まれかかったとき、パタパタと音を立ててママが戻って来ました。水の入ったグラスと、よく絞った濡れ手ぬぐいを持っています。

ママは、グラスを傍らに置くと、ケンちゃんを起こして服を脱がせ、汗ばんだ体を丁寧に拭いてくれました。それから、新しい下着とパジャマに手早く着替えさせ、布団の上に毛布を1枚かけてくれました。

最後に、ケンちゃんのおでこに、ひんやりするシートを貼ると、ママは言いました。

「ママは幼稚園の沢田先生にお電話してきますからね、それまでにちゃんとお薬を飲んでおきなさい。いいわね。」

「はぁい。」

でも、ママが行ってしまうと、ケンちゃんはその薬をポイと投げてしまいました。

「ふんだ、こんな薬!」

何てったって、とっても苦い薬なのです。ケンちゃんのお家では、熱が出たというといつもこの薬を飲ませるものですから、ケンちゃんも弟のシンちゃんも、その味をすっかり覚えてしまって、包みを見ただけで、梅干を100個も食べたような顔をして、逃げ出そうとするのです。

でもママは、断固として二人を追い掛け回して、部屋の隅に追い詰めると、実に鮮やかな手並みで、その苦い薬をさらさらと飲ませてしまうのでした。

「ママったら、ずるいや!」

「そうだよ、自分は飲まないくせに!」

二人の抗議を軽く受け流して、ママは言います。

「大人はいいのよ、玉のお薬を飲むんだから。健も慎も、玉のお薬を飲めないじゃないの。」

「でも、だって、そんなのひどいや!」

そしていつもママは、嵐のような非難を浴びながらも、まるで女王さまみたいに胸を張って、キッチンに行ってしまうのです。

でも、今日はそうはいきません。ママはここにいないのですから。ケンちゃんは、前から考えていたのですが、どうしてアスターは薬を飲まなくても良いのでしょう?

「鳥は病気にならないからよ」とママは言うのですが、アスターが2〜3度くしゃみをしたことがあるのを、ケンちゃんは見たことがあります。あれはきっと、風邪をひいていたに違いありません。それなのに、アスターだけが苦い薬を飲まなくてもいいなんて、不公平です。

そこで、ちょうどこのチャンスを利用して、試してみることにしました。ケンちゃんは、さっきの包みの中身をちょっとばかりアスターの水入れの中に入れてみたのです。好奇心の強いアスターは、すぐに寄って来て、その水をくいっと飲みました。

「あはっ。」

ケンちゃんは、吹き出してしまいました。アスターの顔ときたら!くしゃみをしながら止まり木を行ったり来たりしています。

「ね、やっぱり苦いだろ?」

アスターは、盛んに文句を言っています。「ひどいや、ひどいや」とでも言っているのでしょうか。ケンちゃんが笑っていると、ママが戻って来ました。

「健二!ちゃんとお薬を飲まなくちゃダメでしょ!」

「いけね、バレたか。」

「ばれたか、じゃありません!アスターがかわいそうでしょ!」

「アスターだってくしゃみをしてるよ。」

「お薬にむせてるの!さ、はやくこれを飲みなさい。ちゃんと寝てないなら、お医者さんでもっと苦いお薬をもらってきますからね!」

「うえー。」

「うえー、じゃありません!さっさとお薬を飲みなさい!」

それから5分後、ママは、ものすごい顔をしたケンちゃんを寝かしつけると、意気揚々と1階へ降りて行ったのでした。

『こんなことなら、ママに頭が痛いなんて言わなきゃよかった・・・。』

口の中いっぱいに広がる苦さを我慢しているうちに、いつしかケンちゃんはうとうととまどろみ始めていました。

アスターのおしゃべりが、遠のいたり近づいたりして聞こえます。

「チュル、チュル、キューキューキュー、ゲゲ・・・ゲゲゲ・・・チュル、チュル、チューチュー、キューイ、キューイ。」

誰とお話しているのでしょうか。その声を聞いているうちに、ケンちゃんのまぶたは、だんだん重たくなってきました。まつげにベランダから差し込む春の日差しがキラキラ光って、窓ガラスが虹色にぼうっとかすんで見えます。アスターのシルエットが、カーテンレールに吊り下げられたかごの中で、忙しく動いています。

ケンちゃんは、熱で頬を火照らせて、それをぼんやり見つめていましたが、やがて別の声が聞こえることに気づきました。

『何だろう?』じっと耳を澄ましてみます。

「チチッ、チチッ、チュチュ、ジャジャジャ、チュン、チュン、チュクチュク、チチチチ、チュカチュカチュカ、チッチッチッ、チュウン、チッチッ、チュチュ・・・。」

窓ガラスに、小鳥のシルエットが浮かび上がっています。ガラス越しに目をこらして見ると、2羽のスズメが、ベランダの手すりにとまっているのが見えました。

わずか10センチほどの幅しかない手すりの上を、2羽のスズメは、軽やかに跳ねて行き来しています。そのたびに、爪が手すりをこするタ、タ、タという音が、ごくかすかに聞こえます。まるで重さがないのではないかと思うほど、それは小さな音でした。

「チチ、チチ、チュク、チュク、チュン、チュカチュカ、チッチッチッ、ジューイ、チイチイチイ。」

一体何の話をしているのでしょう。2羽は、夫婦か恋人同士じゃないかと、ケンちゃんは思いました。

お天気は良いし、暖かいし、遊びに行けないのが、ちょっぴり残念です。熱が下がったら・・・、そう、まずマーくんやロンちゃんとたくさん遊ぶんだ。それから、・・・スズメたちにパンをあげてみよう。きっと2羽で食べに来てくれる。それから・・・それから・・・。

考えるスピードが、だんだん遅くなって、ケンちゃんの頭はまたぼんやりしてきました。まぶたが次第に閉じていきます。甘酸っぱい感じが体いっぱいに広がって、ケンちゃんは思わずにっこりしました。

小鳥たちのおしゃべりは、やがて限りなく優しい調べになり、高く・・・低く・・・、子守唄のように続いています。

おやすみ・・・

おやすみ・・・

やわらかな日差しの中にすうっと溶けていくように、ケンちゃんは、いつしかぐっすりと眠り込んでしまいました。

しばらくして部屋に入って来たママは、ケンちゃんのおでこに手を当てて、ほっと一息つくと、はねのけられた布団と毛布をきちんとなおして、またそっと出て行きました。

小鳥たちのおしゃべりは、まだ続いています。

暖かな春の午後のひとこまです。

終わり

戻る