戻る

パートナーから一言

HTML形式で読む
TEXT形式で読む
全てダウンロードする

(テキスト形式は折り返しが設定してありません。HTMLで読まれるか、ダウンロードされることをお勧めします。)



 こんばんは、Woodnoteです。今回は、滅多に書かない、ミステリアスなお話をお届けします。
 この作品は、ちょっとしたいわくを持っています。
 当初、村上英樹さんの企画にお誘いを受け、前編を執筆してお渡ししたところで、企画が中断。ちなみに、この時のペン・ネームは「飯村 洋」を使っています。
 しばらく放っておいたところ、今度はT.ODAさんから、私の特集を「クレッシェンド・スペース」で組んで下さるというお話があり、これを機会に中断していた部分を加筆して完成させ、「クレッシェンド・スペース」で3回に渡って連載させていただきました。
 この時点で、ペンネームにハンドルを使用していますが、「森の家」のコンセプトとはあまりにかけ離れているので、「お楽しみCD」への投稿も「飯村 洋」のペンネームを使い、「クレッシェンド・スペース」のみの掲載とするつもりでした。しかし、「クレッシェンド・スペース」に掲載された作品を読み返すと、心配していたほどの違和感がないので、結局ハンドルのままで「お楽しみCD29」に投稿してしまいました(笑)。
 何とも落ち着かない話ですが、こうなると「森の家」にアップしてもいいんじゃないかと思うようになり、二転三転の末、ここに落ち着いたという次第です。
 さてさて、それほど私を迷わせたこの作品、できばえの方はいかがでしょうか。ではどうぞ、じっくりお読み下さい。

戻る