戻る

おやす山物語

by Woodnote



1.
 むかし、むかし、おやす山の山奥に一組の若夫婦が住んでいました。
 夫の与平は、夏の間は山の斜面にある段々畑で作物をこしらえ、冬になると毎日山で木を切っては窯に籠り、炭を焼いて暮らしを立てていました。妻のえみは、糸を紡ぎ、それで反物をこしらえて、ささやかな家計の足しにしていました。
 貧しいけれども幸せな暮らし。二人は人も羨むほど仲が良かったのですが、子供に恵まれず、いつも近くのお地蔵様に願掛けをしていました。
「神様、どうか私達夫婦に可愛いややをお授け下さい。」
 その祈りが神様に通じたのでしょうか。山が紅葉で美しく染まる頃、えみのお腹に、待ちに待った二人の赤ちゃんが宿ったのです。
 与平は大喜びです。まるで壊れ物を扱うようにえみを気遣い、生まれてくる子供のために、朝は早くから夜遅くまで、一生懸命に働きました。

2.
 けれどもその年の冬は、来る日も来る日も雪が降り続き、炭を焼くための木が殆ど手に入らなかったのです。与平は毎日、足を棒のようにして斧をかつぎ、山中を歩き回りましたが、木々はみな深い雪の下に埋もれてしまい、切り出すことができません。幸い食べ物は、秋の間に蓄えておいたので、飢えることはありませんでしたが、炭が売れなければ、生活必需品を買うことができません。えみの悪阻は、思っていたよりひどく、糸を紡ぐことも、反物を織ることもできない日が続いたのです。
 二人の住む家の周りにも、大人の背丈ほどの雪が積もる頃になると、とうとう与平はえみに言いました。
 「なあ、えみ。このままじゃ、暮らしはきつくなるばかりだで。明かりの油もなくなってくるし、お前にも生まれて来るややにも何もしてやれねえだ。きれいなべべも買ってやりてえし、ややにはおもちゃの一つも買ってやりてえだよ。おら、都さ出稼ぎに行こうと思うだ。都で春まで働いて、雪割草の花が咲く頃までには、暮らしの足しになるものをどっさり買って帰れると思うだ。したらお前達にも、もっと楽な暮らしをさせてやれるでなあ。」
 そうして与平は、わずかばかりの衣服と握り飯を持って、見送るえみに何度も何度も手を振りながら山を下って行きました。

3.
 それから毎日、えみは、夫の帰りを指折り数えて過ごしました。悪阻の重い日には、食べ物を求めて訪ねて来る森の動物達と、生まれて来る子のことを話して過ごし、悪阻の軽い日には、お日様の出ている間は糸を紡ぎ、日が沈むと、機に腰をかけて、せっせと反物を織り続けました。そして、台所の柱に刻み目を入れては与平のことを想い、手をふくらんできたお腹に当てて、子守唄を歌ったり、赤ちゃんに話しかけたりするのでした。
 月日は、もどかしいほどゆっくりと過ぎていきます。11月、12月、えみはひたすら与平の帰りを待ち続けました。柱の刻み目は日一日と増えていきます。山は雪に覆われ、時折一日中吹雪が吹き荒れました。夜中まで風が荒れ狂い、戸ががたがたと鳴り続ける夜には、えみはじっと息をひそめ、森中の動物達と同じように、春の訪れを待ちわびました。

4.
 そんなある日のことです。
 それは、ごうごうと風の吹き荒れる、とても寒い夜でした。えみは、囲炉裏に赤々と薪をくべ、小さな鍋でお汁粉を煮込みながら、紡ぎ車を回していましたが、ふと戸をたたく音を聞いたような気がして、せり出してきたお腹をかばいながら、土間へ降りて行きました。

 とんとん。とんとん。

 間違いありません。誰かが戸をたたいています。こんな夜に、一体誰でしょう?
 「あのぅ、ど、どなた?」
 えみは、ちょっぴり震える声で尋ねました。

 とんとん。とんとん。

 返事はなく、また戸をたたく音がします。しばらくためらった後、えみは思い切って芯張り棒をはずし、がたりと引き戸を開けました。

 ひゅう!

 肌を切るような冷たい風が吹きつけてきて、思わずぎゅっと目をつぶった時です。何かが風に乗って、えみの顔にぶつかってきました。
 「きゃあ!」
 あわてて顔に手をやると、毛むくじゃらの生き物が張りついています。えみは、ぞっとして戸をぴしゃりと閉め、両手でそれを引きはがそうとしました。けれどもそれは、しっかりとえみの髪にしがみついていて、いくら引っ張っても、なかなかはがれません。えみは、お汁粉の匂いを頼りに、よろよろと囲炉裏の方に歩いて行きました。熱い灰をかければ、それを引き剥がせると思ったのです。
 ところが、えみが囲炉裏端に座った途端、それはぱっと顔から離れて、お汁粉の鍋を吊り下げた鉤にしがみつくと、鍋の中に頭を突っ込みました。
 「ずるずる。ずずーっ。もぐもぐ。むしゃむしゃ。」
 えみは、あっけにとられて、それを見ていました。

5.
 その生き物は、やがてお汁粉の鍋の中で静かになってしまいました。えみは、恐る恐るそれをつまみあげ、囲炉裏端に下ろしました。
 「ぷはーっ。げほげほっ。くしゅっ。」
 どうも、お汁粉が鼻と口をふさいでしまい、息ができなくなってしまっていたようです。前足で顔にべっとりついたお汁粉を拭い取りながら咳き込んでいるその姿を見ているうちに、えみはようやく落ち着いてきました。
 その生き物は、丁寧に全身を舐め回し、毛を丁寧に撫でつけていましたが、ようやく見つめているえみに気づいたのか、ぺこりと頭を下げて言いました。
 「あ、どうもごめんなさい、突然お邪魔しちゃって。手袋を買いに山を降りて来たんですけど、この風でしょう。寒い上にお腹が空いて動けなくなっちゃって。・・・あのぅ、もう少しいただいてもいいですか?」
 それは、小さなたぬきの仔でした。よく見ると、とても可愛らしいのです。ふっくりと突き出た鼻といい、ぱっちりとした黒い大きな目といい、ふさふさとした尻尾といい、思わず抱きしめたくなって、えみはくすっと笑いました。
 「ああ、ええだぞ。たんと食べるがええだ。」
 鍋からお椀にお汁粉をすくってやると、たぬきの仔は、夢中で食べ始めました。
 「あっちっち。」
 「ほらほら、気をつけんと。ふうふうしながら食べんと、舌をやけどするだぞ。」
 「はぁい。ふうふう。もぐもぐ。ずるずる。ふうふう。もぐもぐ。」
 たぬきの仔は、ほっぺたを膨らまして答えました。
 4杯目のお汁粉を食べ終えると、やっと落ち着いたのか、たぬきの仔は、床にぺたんと尻餅をつき、ぷっくり膨らんだお腹をさすりながら、満足そうにため息をつきました。
 「ども、ごちそうさんでした。・・・あのぅ、もうちょっとあったまっていっていいですか?」
 えみは、にっこりとうなずきました。
 「そんだらいっそ、泊まっていくがええだ。もう遅いし、外は寒いで。一晩ぬくまって、明日ゆっくり帰ればええが。」
 「わあ、ありがとございますぅ!」
 こうしてたぬきの仔は、その晩、えみの布団で一緒に眠り、翌朝えみの編んだ手袋をもらって、何度も頭を下げながら山へ帰って行きました。

6.
 それからというもの、たぬきの仔は、毎日のようにやって来るようになりました。そして、えみが糸を紡いだり、反物を織ったりするのを、すっかり好物になったお汁粉を食べながら、一日中見つめているのです。えみは、そんなたぬきの仔に、都へ出稼ぎに行った夫の事、お腹の中の赤ちゃんの事を話して聞かせました。たぬきの仔は、えみのお腹に耳を当てては、不思議そうに首をかしげているのです。そのしぐさがまた可愛くて、えみは、ほんのりした優しさに包まれるのでした。
 雪の日も風の日も、たぬきの仔がいてくれると、与平がいない寂しさを紛らすことができました。そうしてまた、ゆっくりと冬の日々は過ぎていったのです。台所の柱の刻み目は、着実に増えていき、えみのお腹も次第に大きくなっていきました。冬はもうすぐ終わろうとしています。
 日一日とお日様の力が強くなり、日が長くなっていきます。雪解けの水音が聞こえる頃、えみは雪の間に姿を現した雪割草の蕾を見つけました。それは、重たくのしかかった雪をはねのけるようにして、けなげに小さな蕾をつけていました。この花が咲く頃、与平は都から帰って来るのです。えみとたぬきの仔は、顔を見合わせてにっこりしました。

7.
 穏やかな日々が続いたある晩のことです。森の小さな家は、季節はずれの吹雪に覆われました。風はうなりを立てて荒れ狂い、雪は、近づいてくる春の足音をかき消そうとするかのように、渦を巻いて吹きつけます。木々は激しく枝を震わせ、白く煙る森の家を守ろうとするかのように、ごうごうと吹きすさぶ突風の前に立ちはだかっていました。
 たぬきの仔は、この晩も、えみにもらった蓑と笠を身につけ、雪交じりの風に吹き飛ばされながら、ころがるようにやって来ましたが、いつものようにトントン戸をたたいても返事がありません。心配になって、縁の下から這い込み、床板を持ち上げて見ると、囲炉裏端でえみがお腹を押さえて苦しんでいます。
 「大変だ!」
 たぬきの仔は、あわてて蓑と笠を脱ぎ捨てると、えみの傍に駆け寄りました。
 「えみさん、えみさん、しっかりして!」
 すると、えみは、うっすらと目を開けて言いました。
 「あ、たぬきさん。ややが生まれそうだで、お湯を沸かしてけれ。」
 たぬきの仔は、ガタガタ震えながらうなずくと、すぐに土間の隅にある水がめから鍋いっぱいに水を汲んできて、うんうん唸りながら、囲炉裏の鉤に引っ掛けました。それから薪を2〜3本足して、火を勢い良く掻き起こしました。
 えみの陣痛は、だんだん強くなってくるようです。額には、汗が玉になっています。息遣いはせわしなく、見ているのもつらいほどでした。たぬきの仔は、何とかして、その苦しみを少しでも和らげてあげたいと思いました。
 「そうだ、与平さんに化けてみよう。」
 それが一番です。たぬきの仔は、蓑と笠を身に着けて、外へ駆け出して行きました。

8.
 外は、ものすごい吹雪です。刺すように冷たい風が、唸りを立てて吹きつけてきます。たぬきの仔は、木の葉のように吹き飛ばされました。雪が全身にこびりついて、まるで石を背負っているようです。足がずぶずぶと新雪に沈みこみます。
 「とりゃーーーーっ!」
 たぬきの仔は、ぶるっと身体を震わせると、全身の毛を逆立てて、山の斜面を駆け上って行きました。
 「ただ今っ!」
 雪まみれになって家に駆け込んで来たたぬきの仔を見て、お母さんたぬきは驚きました。てっきり今夜は森の家に泊まってくると思っていたのです。
 「お帰り。なしただ、そんたら息を切らして?」
 「えみさんにややが生まれそうなの。とっても苦しそうなんだ。それでおいら、与平さんに化けて、えみさんを励ましてあげようと思って。おっ母さん、木の葉を貸しておくれ。」
 お母さんたぬきは、それを聞くと、奥の部屋の引き出しから人間に化ける時に使う木の葉を急いで持って来て、たぬきの仔の頭の上でさっさっと振りました。
 「なむなむ。どうかこの子を与平さんに変えて下され。」
 すると、どうでしょう。白い煙がもくもくと湧いて、たぬきの仔は、あっという間に与平の姿になったではありませんか。
 「おっ母さん、ありがと!」
 飛び出して行こうとするたぬきの仔を押しとどめ、お母さんたぬきは、自分の頭の上で木の葉を振りました。
 「どれ、もひとつ。なむなむ。」
 白い煙がまた立ち昇り、たちまちおかあさんたぬきは、産婆さんの姿になりました。
 「これでよし。さ、いぐべ」
 2匹のたぬきは、身づくろいをすると、吹きすさぶ吹雪の中へ飛び出して行きました。

9.
 囲炉裏の傍では、差し迫った陣痛に、えみがもがき苦しんでいます。顔色は青ざめ、唇が引きつるように動いて、うわごとのように一つのことを繰り返しつぶやいています。
 「与平・・・与平・・・ややが生まれそう・・・早く・・・早く戻って来て・・・。」
 囲炉裏の鉤に掛かった鍋のお湯は、ぼこぼこと煮え立っています。時間が、残酷なほどゆっくりと過ぎていきます。吹雪はいっこうに弱まる様子もなく、びゅうびゅうという音が家全体を包み、戸ががたがたと鳴ります。不安と苦痛で、えみは息も絶え絶えでした。
 その時、引き戸が勢い良く開いて、与平と産婆さんに化けたたぬきの親子が駆け込んできました。
 「えみ、おら、帰ってきただよ!」
 たぬきの仔は、えみの傍らに駆け寄ると、励ますように言いました。その間にお母さんたぬきは、てきぱきと布団を敷き、お湯をたらいに移し変えています。
 「あ・・・与平・・・」えみは、うっすらと目を開けました。「いつ・・・帰って来た・・・だ?」
 「たった今だ。産婆さんも来たでな、安心して良い子を産んでけれ。」
 たぬきの仔は、えみを布団に寝かせると、しっかりとその手を握り締めました。

10.
 吹雪の吹きすさぶ中で、えみとたぬきの親子は、一晩中戦い続けました。えみは、口にくわえた手拭を、ちぎれるほど噛み締め、たぬきの親子は、汗ばむえみの手を握り締めて、声を嗄らして励まし続けたのです。
 長い、長い夜でした。そして翌朝、吹雪は嘘のように鎮まり、すがすがしい日の出とともに、赤ちゃんは元気な産声をあげました。
 えみと、与平に化けたたぬきの仔と、産婆さんに化けたお母さんたぬきは、真っ赤になった目を見合わせて、にっこりしました。
 「えみさん、よぐ頑張っただな。玉のようなわらし子だど。」
 ちっちゃな赤ちゃんは、お母さんたぬきの腕の中で、すやすやと眠っています。えみは、それを見て、ほっとしたように微笑むと、疲れて眠ってしまいました。
 「ややこが目を覚まして泣いたら、えみさんを起こして、おっぱいを飲ませてもらうだぞ。」
 お母さんたぬきは、前掛けを着けて、朝ごはんのしたくにかかります。たぬきの仔は、うなずいて、紡ぎ車の前に座ると、えみのやっていたのを思い出しながら、からからと上手に車を回して糸を紡ぎ始めました。

 とんとんとん
 からからから

 ネギを刻む音と、紡ぎ車の回る音が、えみの夢の中に流れ込んできます。えみは、眠りながら、にっこり微笑みました。

11.
 春の訪れを告げる、ほこほことした日差しと小鳥のさえずりが、窓から入ってきます。
 「坊、雪割草さ掘ってきてけれ。可愛いややが生まれた日にゃ、可愛い花を飾るのが一番だでな。」
 お母さんたぬきは、食卓に朝ごはんを並べながら言いました。
 「はい、おっ母さん。」
 たぬきの仔は、紡ぎ車から飛び降りると、雪靴を履いて、降り積もった雪に可愛い足跡を残しながら走って行きました。お母さんたぬきは、たぬきの仔の代わりに、紡ぎ車に腰掛けて、からからと、ものすごい早さで糸を紡ぎ始めました。みるみるうちに、糸の玉が床に積み上げられていきます。
 そうして、200個目の糸玉ができあがった頃、たぬきの仔が息を切らして駆け込んで来ました。
 「なしただ、坊、そったら慌てて?雪割草は掘ってきただか?」
 「う、うん。」
 たぬきの仔は、可憐な花をつけた雪割草を二株、食卓に乗せました。
 「おっ母さん、それどころじゃないよ。本物の与平が帰って来た。もうすぐにここへ来るよ!」
 「おや、そうけ。」
 お母さんたぬきは、慌てた様子もなく紡ぎ車から降りて、前掛けをはずすと、すやすや眠っているえみと赤ちゃんに、ちょっとほおずりしました。
 「したら、坊、ぼちぼち帰るべか。」
 たぬきの親子は、そうっと裏口の引き戸を開け、去って行きました。

12.
 柔らかな日差しが、幸せそうな寝顔のえみと赤ちゃんの上で踊っています。おいしそうなお味噌汁の匂いが漂っています。時間がゆっくりと過ぎて行って、やがて遠くの方から、ざっく、ざっくと雪を踏みしめる音が聞こえてきました。
 足音は、次第に近づいて来て、とうとう家の前で止まりました。そして、引き戸ががらっと開いて、長い冬の間、えみが待ちに待ったあの声が聞こえたのです。
 「えみ、今帰っただよ!」

おわり

戻る