戻る

Novels in the Attic

(屋根裏の小説)


屋根裏を掃除していたら、こんな小説が出てきました。
ここにアップした小説は、全て過去の作品です。
拙い作品ばかりですが、どれも愛着があります。
ある意味で、私の原点となるものを持った作品群。
お読みいただければ、望外の幸せです。

タイトル サイズ 執筆年 ジャンル 作品解説
村人とキツネのセレナーデ TXT26.2KB
LHA12.6KB
1978 コメディ 大学の童話研究会時代に書いた作品です。
原題は「かわいそうなキツネのためのセレナーデ」。
24歳の時、アクの強い部分を改作していますが、それでもギャグがきついです。
一括ダウンロード
世界をボクのポケットに TXT0.9KB
LHA0.7KB
1981 ファンタジー 自選作品集を作った時に、ページが余ったので、穴埋めに書いたものです。
この当時は、日常の中の叙情に興味を持っていました。
一括ダウンロード
ボクとネコの出会い TXT3.2KB
LHA1.8KB
1981 童話 同じく、自選作品集「ファンタジア4」のページ調整用の童話。
友人に書いてもらった挿絵もあるのですが、今回は小説のみです。
一括ダウンロード
プロローグ TXT2.9KB
LHA1.4KB
1985 童話 息子が生まれた時に書き始めた、息子のための童話の第一作です。
ノートで全48ページ。これが私の29冊目の作品集でした。
一括ダウンロード
俊くんのまわりの人たち TXT2.0KB
LHA1.1KB
1985 童話 息子のための童話・その2です。
これも、上に書いた作品集に入っています。
一括ダウンロード
俊くん風邪をひく TXT1.9KB
LHA1.1KB
1985 童話 息子のための童話・その3です。
一括ダウンロード
泣き虫俊くん TXT1.6KB
LHA1.0KB
1985 童話 息子のための童話・その4です。
一括ダウンロード
夢十夜(番外編)
第十一夜:父の白昼夢
TXT5.9KB
LHA3.3KB
2002 ミステリー 2002.10.16から12.11まで連載した「夢十夜」のボツ原稿です。
何故ボツになったかというと、単に全部で10作の予定だったからです(笑)。
白昼夢ということもあり、ちょっとインパクトも薄かったので、削除となりました。
一括ダウンロード
詩集・息子へ HTML9.4KB
LHA7.4KB
1985
〜86
息子のための童話集の中の、詩を集めたものです。
一括ダウンロード
歌う物干台 TXT15.4KB
LHA: 7.1KB
1972 童話 中学時代に書いた作品ですが、日の目を見たのは大学の時(1977年)です。
童話研の合評会に出す作品が間に合わなかったので、これを提出したら、
予想外に反響がありました(汗)。
「水上佑二」というペンネームを使ったのは、この作品が最初です。
後に、某電力会社の懸賞童話に応募した時、最終選考までいってテレカを
もらいました(笑)。
ちょっとメッセージ色がきついのですが、私の現在の作品の原点になる
作品です。
一括ダウンロード
大切なもの TXT45.8KB
LHA19.9KB
2001 童話 ネットでお付き合いしている方との合作のために書き下ろした作品ですが、
先方の方がお忙しいこともあり、現在宙に浮いています。
脱稿から2004年6月でちょうど3年になりましたので、屋根裏部屋に
アップすることにしました。
一括ダウンロード
涙のワンサイデッド・ラブ TXT13.2KB
LHA: 7.1KB
2001 コメディ スランプの時にはこんなものしか書けないという見本のような作品(笑)。
内容がおぞましいので、即・お蔵入りになりました。
一括ダウンロード
同窓会 TXT36.9KB
LHA:18.3KB
2004 中間小説 これも、落ち込んでいた時期の作品です。
負の感情が強く出ているため、お蔵入りとなりました。
一括ダウンロード
ぶす TXT73.7KB
LHA:34.8KB
2004 学園 「勇者の雷鳴」の後に連載する予定で構想した作品です。
内容が女性読者に受け入れられないだろうということで、
お蔵入りとなりました。
一括ダウンロード
愛子 HTML
970KB
2003
〜08
中間小説 通常の連載小説と並行して、気分を変えるために書いていた18禁小説です。
18禁ということから、お蔵入りになっています。
パフ HTML75.9KB
TXT 45.9KB
2000 ファンタジー 大学時代に書いた作品のリメイクです。
メッセージ色が濃すぎるので、一部読者から反発があり、
それも当然と考えて、こちらに移すこととしました。
一括DLは作品トップにあります。
寓話・ソルネス HTML 8.5KB
LHA:なし
2001 寓話 大学時代に書いた作品のリメイクです。
これもメッセージ色がきつ過ぎるので、こちらに移しました。



戻る