戻る

TODA氏の優雅な一日

by Woodnote

 
第1章:I feel the dark(7:00AM)

 とある日曜日。今日も気持ちの良い朝が訪れた。
 TODA氏の朝は、フレンチトーストとティーで始まる。BGMにはお気に入りのモツァート。アールグレイの香りを楽しみながら、心静かに傍らのパソコンをたたく。
 賑やかな小鳥の声。出窓から降り注ぐ穏やかな春の日差し。今朝も素晴らしい一日になりそうな予感・・・。TODA氏は、モツァートの交響曲に合わせて鼻歌を口ずさみつつ、メールをチェックしていった。
 「ふんふんふーん」
 「アーオ」
 「ふふふふーん、ははーん」
 「ナーオ、アーオ」
 「ははーん、たたたた」
 「ギャアォゥ!アーゴゥ!」
 「ふふーん、ふ・・・」
 「フギャアォッ!ウニャニャニャッ!」
 「うるさいっっ!!」
 窓をがらりと開けてどなりつけると、ベランダでにらみ合っていた2頭のオスネコが慌てて姿を隠す。TODA氏は、いまいましそうにそれを見やっていたが、ふと電話が鳴っているのに気づくと、二日酔いにふらつく足取りで室内に戻って行った。

 「ハロゥ、ジョージ・TODAですが。」
 テーブルの上の子機を取ってコールすると、受話器の向こうからがんがん声が響いてきた。
 「僕だ、和泉だ!オイ、近くに落ちたの、わかったか?!」
 友人の和泉博士からだった。TODA氏は、受話器を耳元からたっぷり10センチ離してそれを聞くと、左手で額を押さえて不機嫌そうに答えた。
 「何が落ちたって?うう、頭に響く。・・・こっちは何も降ってないぞ。」
 「お天気の話をしてるんじゃない。隕石だ!隕石が落ちたんだ!」
 「隕石ぃ?」TODA氏は、アールグレイをカップからがぶ飲みした。「僕は石なんぞより金属の方が好きだ。」
 「・・・昨日、呑みすぎたな、お前?」
 「二日酔いなのだっっ!」TODA氏は送話口に怒鳴り返した。「朝帰りさまさまなのだっ!・・・うう、目が回る。せっかくティーを飲んだら一眠りしようと思っていたのに。」
 「寝る前に聞け、ばっちり目が覚めるから。」
 「・・・ああ、聞いてるよ。隕石がどうしたって?」
 「今朝、流星雨があったのは知ってるな?」
 「いや。5時まで某電気街で呑んでた。」
 電話の向こうで和泉が絶句した。ややあってため息。
 「・・・ま、いいや。話を端折ると、そのうちの一つがそのあたりに落ちたんだ。」
 「大気圏で燃え尽きなかったのか?」
 「他のは全部燃え尽きた。その一つだけだ。軌道計算してみると、お前の家の庭あたりに落ちてる可能性が高い。近所は騒ぎになっていないか?」
 「騒ぎ?盛りのついたネコの喧嘩以外は静かなもんだ。」
 「・・・おかしいな。あのくらいの質量があると、ツングース隕石並みの爆発があるはずなんだが・・・。」
 「パカモノっ。そうしたらお前のとこだって吹っ飛んでるだろ。質量計算を間違えてるんじゃないのか?」
 「僕に限ってそれはないっ!」
 ぷちっ、ツー。
 「ちっ、切っちまいやんの。まあいいや、寝直し寝直しと。」
 TODA氏は、子機を置き、あくびをかみ殺した。


第2章:A Girl from planet(8:55AM)

 「・・・助けて・・・」
 「うーん・・・」
 「・・・助けて下さい」
 「ん〜、うにゃうにゃ・・・」
 「お願い・・・助けて・・・」
 「ほえっ?」
 ぐっすり眠り込んでいたTODA氏は、女の呼びかける声で目を覚ました。
 時計を見ると、まだ9時前である。さっきベッドに潜り込んでから2時間と経っていない。二日酔いの方はやや収まったようだが、眠いことには変わりない。
 ぶつぶつ言いながら布団をはねのけたTODA氏は、次の瞬間驚きで目を丸くした。
 「な、何だこりゃ?!」
 照明を落とした寝室の暗がりに、ぼうっと白い物が浮かんでいる。それは、とりとめもなく漂いながら、一つの形にまとまろうとしているかに見えた。TODA氏の背中を冷や汗が伝う。目を見開き、かすれた声でTODA氏はつぶやいた。
 「ぷ・・・プラズマだ・・・(ちゃうってば)」

 白い影は、みるみる人の形に凝集していく。それは少女のようだった。しかし、その姿といったら!TODA氏は思わず、よだれを・・・いや、目を丸くした。
 少女は殆ど衣服らしい物を身にまとっていなかった。勿論、最も魅力的な箇所は隠しているのだが、それ以外の箇所はシースルーの薄物をまとっているだけ。プールサイドで見ればごく当たり前の姿なのだが、こういう場所で見るには理性に大きな負担がかかる代物だった。TODA氏は、紳士らしく視線をそらしながらも、世間一般の男性のように、この扇情的な物体をじろじろ見つめたいという欲求を抑えることができなかった。
 白い影は、やがて完全な少女の姿になると、呆然としているTODA氏に語りかけてきた。

 「勇者ランディ様、ミ=トズモのエバンジェリンと申します。どうか・・・どうか私たちをお救い下さい。」
 「はあ?」
 これはホログラムに違いないとTODA氏はぼんやりと理解した。部屋の照明の影が背後にない。そのことに気づくと、少し落ち着いた。しかし、わかっていながら、ひどくリアルなその声に、TODA氏は不覚にもときめいた。息遣いさえ伝わってくるようだ。音源は何を使っているのだろう。それにこの立体感。一体何万ポリゴン・・・(←パカモノ
 「どうか、どうかミ=トズモの住人を、恐ろしいドラゴンから解放して下さいまし!」
 言われてTODA氏は、途方に暮れた。
 「あの・・・ウル○ラマンなら隣の島宇宙なんだけど・・・。」
 我ながらひねりのない答えだ。頭の中で、和泉博士に見せられたメシエ番号対比表を思い浮かべる。・・・M78ってどのへんだっけ?
 「いいえ!いいえ!ランディ様、貴方様こそが選ばれし勇者なのです!」
 「あの・・・宗教の勧誘は断ってるんだけど・・・。」
 少女は、ひたむきな表情で、すがるように言う。
 「予言の書にもはっきり書いてあります。『その者、黒き衣をまといて天国の空より降り立ち邪悪なるリュウを打ち倒すべし』と!貴方様こそ、伝説の勇者に間違いございません!」
 確かにTODA氏は、上下とも黒でコーディネイトしていた。しかし、そんなことで勇者にされてはたまらない。TODA氏は、最後の切り札を口にした。
 「それに僕、ランディじゃなくてジョージなんだけど・・・。」
 それを聞いて、少女が凍りついた。
 「え?」
 「な、何?」
 「あの・・・それ、本当ですか?」
 「う、うむ。」
 少女は、どこかからメモ帳を取り出して慌しくページをめくる。
 「あ、あのっ。ここ、太陽系第3惑星ですよね?」
 「そうだけど。」
 「そこで黒き衣を身にまとっている方と言えば・・・」
 「アラビア半島に行けば、山ほどいるな。」
 「ああっ私ったらっ!」
 少女は、髪の毛をかきむしった。
 「どうして?!ミ=トズモでは、黒は高貴な方のみが着用を許される色なのに!どうして地球じゃそんなにたくさんいるのっ!?」
 「文化の相違だな」TODA氏は、やれやれと胸を撫で下ろし、ベッドに腰掛けてタバコをくわえた。「僕は一介の大学教授にすぎない。残念だけど、キミを救うことはできないよ。」
 少女はそれを聞くと、TODA氏に抱きついて叫んだ。
 「でもっ!もう時間がないんです!この際、些細なことは問題じゃありません。お願いします、来て下さい!」
 「こっ、これこれっ(^^;ゞそれのどこが些細なことなんだっ!」
 言いかけてTODA氏は口ごもった。少女の必死な瞳が、涙を浮かべて見上げている。さらさらの長い栗色の髪が頬にかかり、桜色の可憐な唇が、ふるふる震えている。少女は、フリージアの花のような香りがした。
 『いっ、いかん!』危うく抱きしめてしまいそうになる自分を叱咤し、少女を突き放そうとするTODA氏。「こっ、これは幻。これはプラズマ。これはポリゴン。これは・・・。」
 「お願いっっ!勇者さまっっ!」
 しがみつく少女。その柔らかな胸が、TODA氏の胸板に押しつぶされ、ふっくらと盛り上がる。この質感は、とてもホログラフやプラズマとは思えない。ともすればくじけそうになる理性を励ましながらも、少女のバストサイズをちぇっくしている男としての本能を、TODA氏は呪った。
 「ほ・・・ほえぇぇ」
 TODA氏の身体が、ゆっくりとベッドに仰向けになり、少女のしなやかな肢体がのしかかってきた。吐息が、形の良い唇から洩れる。TODA氏は思わず口走っていた。
 「や・・・優しくしてねっ。(違うってば)」


第3章:Truth(In your eyes)(9:15AM)

 しかし、コトはそううまく運ぶものではない。TODA氏がまさに少女の腰に手をかけ、引き寄せようとした時、勢い良くドアが開いた。
 「おいっ、TODA!・・・おわっ!?」
 飛び込んできたのは、白衣を着た和泉博士だった。息せき切って駆けつけて来た彼は、ドアを開けるなり目の前に展開された光景に、腰を抜かしそうになった。
 淫靡な照明の下で絡み合う半裸の少女とTODA氏のあられもない姿。少女はTODA氏の首に象牙のような腕を巻きつけ、TODA氏にまたがっている。そしてTODA氏の両手は、少女の細い腰を抱き寄せていた(そう見えた)。
 「おっ、お前はぁぁぁっっ!」
 「ほえっっ、和泉っ!どうしてここへ?じゃなかった。違う!違うんだこれはっ!話を、話を聞いてくれっ!」
 「その状態で何をどう説明するっつーんだ?」和泉博士は、ジト目で言った。「二日酔いで朝帰りの相手がこれか?」
 「ち、違うっっ!これはプラズマだっ!」
 TODA氏は、慌てて少女を押しのけ、起き上がった。不意の侵入者に驚いた少女は、ベッドに膝をついて、呆然と二人のやり取りを見詰めている。
 「ほっほー、これがプラズマだっつーのか?」和泉博士は、TODA氏の肩越しに少女をじろじろ眺めて言った。「お前は、これがプラズマだということを、どうやって証明するつもりだ?」
 「い、いやそりはっっ」
 「次はポリゴンだとでも言い出しそうだな。」
 「あおーん(TOT)」
 「遠吠えしたってだめだ。隕石が落下したというこの重大時によくも女の子なんかといちゃいちゃしていられるものだなっ。僕はお前を見損なったぞ。」


第4章:この大海(うみ)を越えて(9:20AM)

 その時、TODA氏の脳裏に電光石火のごとく閃きが走った。
 「それだ!」
 「それ?何がそれだ?いいかTODA、僕は今、猛烈に怒っているんだぞ。」
 「いや、今お前が言ったことさ!隕石だよ!」
 「何?え?隕石が何だって?」
 和泉博士が面食らっているわずかな時間に、TODA氏は素早く態勢を立て直した。彼は、枕元の灰皿でくすぶっているタバコをもみ消すと、新たにシガレットケースから1本抜き取って火をつけ、ゆっくりと煙を吸い込んだ。ニコチンがしみわたり、灰色の脳細胞が目まぐるしく回転を始める。
 「お前の言うとおりだ。隕石はやっぱりこの近くに落ちたに違いない。見ろよ和泉。彼女は実体じゃない。」
 「この期に及んで下手な言い訳を・・・」言いながら少女を見やった和泉博士は、目を大きく見開いた。「・・・影がない!」
 「そうなんだ。ところが彼女には質感もあれば触感も匂いもある。こんなことが考えられるか?」
 「まさか・・・プラズマ・・・?」
 「たわけものっっ!これは地球外の物体だと言いたいのだっ」TODA氏は勝ち誇って叫んだ。「僕はそれをちぇっくちぇっくしようとしていたのだっ。」
 半信半疑の和泉博士に、TODA氏はこれまでのいきさつをかいつまんで話した。2本目のタバコが灰になる頃、和泉博士はすっかり怒りを忘れ、TODA氏の話に引き込まれていた。
 「信じられん」和泉博士は、聞き終えるとつぶやくように言った。「異星人から救いを求められるなんぞ、滅多にあることじゃない。TODA、これはチャンスだぞ。」
 「チャンスって何だ?」TODA氏は、疑い深そうな口調で聞き返した。「僕に死んでこいと言うのか?相手は凶暴なドラゴンだぞ。それに、僕はこのコが言う伝説の勇者じゃない。そもそも救いの手を差し伸べる力も、資格さえないんだ。」
 「しかし、ここで断れば、コトは国際問題に発展するかもしれん」和泉博士はもったいぶって言う。「ここはサークルOSの出番じゃないかと、僕は思う。それがお前の力、且つ資格だ。」
 「OS?OSのチームに動員をかけるのか?」TODA氏は驚いてタバコを落としそうになった。「うあっちっち!」
 「そうだ。『Outer-planet Safeguard』・・・僕たちは、こういう時のためにサークルOSを創ったんじゃないか!」
 和泉博士は、夢見るようにびしぃっと宙を指して言う。それは格好の披検体を見つけた時の科学者の歓喜そのままだった。その浮き立った様子に、TODA氏は思わず身の危険を感じた。
 「ち、ちょっと待て、和泉。ということは、まさかアレを使うつもりじゃ・・・?」
 「そーだ!そのとーりだっっ!」和泉博士は、わが意を得たりというようにこぶしを握りしめ、ガッツポーズを取る。「こんなこともあろうかと僕が密かに開発していた、ムー○ン型モビルスーツ『ノンノン』!こいつの性能を試すには、絶好の機会だぞ。」
 「僕は降りる」TODA氏は身震いして手を振った。「卒論のちぇっくとアルバイトがあるんだ。」
 「引くなTODA!『ノンノン』のパイロットは、お前しかいないんだぞ。」
 「だからやなんだ」うんざりした表情のTODA氏。「前にお前が作ったモビルスーツで、何度もひどい目に遭ってるからな。今度もろくなもんじゃないだろう。」
 「前の失敗?些細なことだ」和泉博士は笑い飛ばした。「科学の発展のためには、少々の犠牲はつきものなんだ。」
 「些細なこと?」TODA氏はわめいた。「スロットルを開いただけで緊急脱出装置が作動して、100メートルもすっ飛ばされたことがあったぞ!」
 「ああ、そんなのもあったな」澄ました顔で和泉博士は言う。「しかしTODA・・・。」
 「ロケットパンチのスイッチを押したら、コクピット自体ががすっ飛んで行ったこともあった!」
 「そ、そんなこともあったっけ(^^;」
 「武器の操作ボタンに混じって、自爆装置の作動ボタンがついてるのもあったぞ(--#」
 「う・・・あれは隠しコマンドだっ」
 「いるか、そんなオプション!はっきり言うぞ和泉。今までは、実験の場所が絶海の孤島とか砂漠の真ん中だったからシャレで済んだ。救援だって期待できたんだ。でもな、今度は宇宙のどこかでモビルスーツを動かすんだぞ。万が一のことがあったらどうすんだ?」TODA氏は慌しくタバコをふかす。「僕にもしものことがあったら、おばあちゃんが悲しむ。大学に内緒でやっている財テクもパーだ。そうしたらお前の研究所だって資金源を失うんだぞ。」
 「う・・・そりゃまずいな」途端に和泉博士のトーンが下がった。最後の一言が効いたようである。「モビルスーツの研究ができなくなるのはちょっと・・・。しかし・・・」
 「だろう?何と言ってもMS研究所はお前のアイデンティティそのものだからな」確かな手ごたえにほくそえみながら、TODA氏は少女に向き直る。「そんなわけだから、僕はパス。ごめんな。」
 「そんなっ、勇者様っ!」少女はベッドの上で身もだえする。「もう私の宇宙船には、燃料がないんです!お願いです!どうか・・・どうか・・・!」
 うるうるした瞳が、TODA氏の胸を締めつける。少女と和泉博士と、二人の潤んだ瞳に見つめられて、TODA氏は自分がとんでもない人でなしのように思えた。
 「ランディ様っ!」
 「TODAぁ!」
 「ランディ様っ!」
 「TODAぁ!」
 「ランディ様っ!」
 「TODAぁ!」
 「ええい、うざったい!行くよ!行けばいいんだろっ!」
 頭痛にがんがん響く連呼に、TODA氏はヤケになってわめいた。口に出した瞬間、しまったと思ったが、もう遅い。二人の表情は明るく輝いている。
 「あ、有難うございます、ランディ様っ!」
 「そーかそーか、行ってくれるか。よーし、今度のメカには、ばっちりお前好みのオプションをつけてやるからな。(^^)b」
 「いらんわっっ(^^;」
 また二日酔いがぶり返してきたようだった。TODA氏は額を押さえ、ベットに力なく座り込む。憔悴したTODA氏をよそに、傍らでは和泉博士と少女が、手を取り合って喜んでいた。

 「そうと決まったら、直ちに決行だ」和泉博士が、満面に笑みを浮かべて言う。「僕はこの人と一緒に、宇宙船を調べてくる。きっと時空転移装置かなんかがあると思うんだ。お前はOSのメンバーに召集をかけてくれ。」
 「いやだ。しばらく僕をそっとしておいてくれ」TODA氏はベッドに潜り込みながら、もごもごつぶやいた。「今日だけはゆっくり寝かせてくれ。」
 「なぁに言ってんだTODA。コトは一刻を争うんだぞ。この人の故郷が灰になってもいいのか?」和泉博士がドアを開けて振り返る。
 「うるさいっっ!」
 TODA氏は、ドアに向かって枕を投げつけた。
 「ほっといてくれっ。とにかく僕を一人にしてくれっ!」
 二人が出て行くと、TODA氏は布団を引っかぶってつぶやいた。
 「うう・・・何て朝だ。」


第5章:明日を信じて(1:30PM)

 「TODA。おいTODA、起きろ。」
 ぐっすりと眠り込んでいたTODA氏は、乱暴に揺すぶられて目を覚ました。嫌々目を開けると、OSのメンバーであり、友人でもある火野が枕元に立っている。
 「ああ・・・火野か。何だ?どうしてお前がここにいるんだ?」
 「和泉から電話があってさ、OSメンバー全員に緊急招集がかかったんだ。知らなかったのか、お前?」
 「あ、いや・・・知ってるよ、嫌というほどにね。」
 慌しく記憶の糸をたぐって、TODA氏はうんざりしたように言う。枕元の時計を見ると、1時を回っている。アルコールもようやく抜けたようだ。
 「・・・他のメンバーはどこにいる?」
 「MS研究所で出発の準備中だ。『ノンノン』の整備とか、時空転移装置のチェックとか、もうてんてこまいさ。2時には出発だっていうんで、迎えに来たんだ。」
 「それはご苦労なこった」TODA氏は、のろのろ服を着替えながら言った。「僕は、3時のお茶を飲んでからじゃないと行かないぞ。」
 何か言おうとする火野を制して、洗面所に向かう。歯を磨きながら窓の外を見ると、ベランダの端にいたオスネコとばったり目が合った。
 「ア〜オ」
 「ふん、この僕を威嚇しようたぁ、身の程知らずめ。」
 「ギャアオ、ウナ〜オ」
 「ウニャニャニャニャニャッッ!!」
 「フギャッ!」
 不意をつかれたオスネコは、足を滑らし、くるくる回りながら落下していく。
 「パカモノっっ!」
 TODA氏は、少し機嫌を直して居間に戻った。コーヒーの馥郁とした香りが漂ってくる。火野が気を利かしてくれたらしい。
 「すまんな火野。ごちそうになるよ。」
 「気にするな。お前の気持ちは良くわかる。」
 カップにコーヒーを注ぎながら、火野がにやりと笑う。
 旅好きな火野は、今度の遠征に大きな期待を寄せているようだった。思い立ったら身体一つで旅立つ火野のことだ。心はもうミ=トズモに飛んでいるのだろう。爽やかな笑顔を浮かべている。その明るさが、TODA氏の気持ちを少しばかり引き立ててくれた。
 「だがなTODA、男なら戦わなきゃならん時がある。聞けば、麗しい異星の女の子から助けてくれってすがられたそうじゃないか。ここで引き受けなければ男がすたるってもんだぞ。」
 TODA氏が席につくと、テーブルに頬杖をついて火野が言う。
 「弱いな、それを言われると」生粋の下町っ子を自認するTODA氏は、苦笑いを浮かべる。「だがな火野、あれはプラズマだ。」
 それを聞いて、火野が笑い出した。
 「何を言う。僕は本人に会って来たんだ。多少コンパクトなのが難点だとしても、あれは間違いなく実体だ。」
 「悪かったな、コンパクトで」TODA氏は、むっとしかけたが、慌てて聞き返した。「会った?本人に?どこにいたんだ?流星は、いや宇宙船は、どこに着陸してたんだ?」
 「お前んとこの駐車場だよ。大した見ものだったぞ。見物人が集まっててさ。」
 「何、駐車場?そんなに小さな物なのか?」
 「だからコンパクトだと言ったろう。」
 「それでよく地球まで来られたもんだ。」
 「うん、あの時空転移装置はすばらしい。ミ=トズモから地球まで3時間程度で到着したそうだ。」
 それを聞いてTODA氏は首をひねった。
 「奇妙だな。そんな科学力があって、何で地球なんかに助けを求めるんだ?ミ=トズモには兵器はないのか?」
 「資源が殆どないんだとさ」火野は、コーヒーのおかわりを注ぎながら言った。「残ってる燃料をかき集めて、やっとここまで来たらしい。」
 「ふーん・・・。」
 TODA氏の脳裏に、少女の必死な表情が浮かんだ。あれは嘘を言っている目ではなかった。そうすると、燃料のことも真実だということになる。ただ一人、救命ボートのような小型艇に乗り込み、広大な宇宙を旅して、地球まで救いを求めに来た少女が哀れに思えた。TODA氏の心に深く根を下ろした下町っ子気質が、むくむくと頭をもたげる。確かに火野の言うとおりだ。ここで引き下がっては男がすたる。行ってやろうじゃないか、宇宙の果てまでだって。ドラゴン相手に死闘も演じて見せよう。そして、危険極まりない和泉のモビルスーツにだって乗ってやろう。(オイ
 そう思い極めると、胸の中がすっとした。うん。この方がずっとTODAらしい。そうさ、男は根性だ。TODA氏は、かつて生徒を母親ごと説教した時のことを思い出してにやりとした。母親の陰に隠れるようにしていたあの子も、ちゃんとした会社に就職しただろうか。あいつに自分の雄姿を見せてやれないのが残念だ。
 TODA氏の腹は決まった。彼はお気に入りの『四季』(夏)をかけて気合を入れると、火野を促して、颯爽と出かけて行った。


第6章:Why don't you know we can fly?(2:30PM)

 東京湾岸。京葉工業地帯の沖合い約1kmの海底にMS研究所のモビルスーツ格納庫がある。今しもハンガーの一つでは、巨大なモビルスーツ『ノンノン』が、出発準備を着々と整えつつあった。傍らには、ミ=トズモからやって来た宇宙船が、これも燃料やバッテリーのチャージを受けている。
 「遅いぞTODA!」
 無反動エレベータから降り立ったTODA氏に、『ノンノン』のコクピットから和泉博士が呼びかける。TODA氏は、軽く手を上げてそれに応えると、まっすぐそちらに歩いて行った。
 「すまんすまん、火野の淹れてくれたコーヒーがうまかったもんで、ついお代わりをしてしまった。」
 「話は後だ。簡単に操作を説明する。後は、このCD−ROMにマニュアルを入れておいたから、飛んでいる最中に読んでくれ。」
 和泉博士は、慌しく操作を説明すると、TODA氏に1枚のCD−ROMを手渡した。TODA氏の頭脳は目まぐるしく回転し、たちまち操作を理解していく。
 「ふん、こないだの『ウォリアー・オブ・アイス』よりはましなようだな。安定性に格段の進歩がある。・・・不恰好なのが玉に瑕だが」
 「そうだろう。外見を犠牲にして絶対に安全な機構を組み込んだんだ。往復の燃料も積み込まなくちゃならなかったしな。不恰好なのは致し方ないさ。・・・『ウォリアー・オブ・アイス』か。あれは設計中のBGMが狂詩曲だったからな。多少の影響はあったかも知れん。僕はメロデイ重視なんだ。」
 「パカモノっ。コクピットがシェイカーみたいに大揺れだったぞ。衝撃吸収に難点があったんじゃないか?」
 「何を言う。お前がしゃかしゃかいうのが好きだと言うから、わざわざそうしてやったんじゃないか。」
 「僕はやりすぎは嫌いだっ」TODA氏はいきまいた。「いいか、僕が言いたいのは・・・。」

 コクピットで議論が始まろうとした時、スピーカから火野の声が響いた。
 「おい、何やってんだ。出発まであと10分だぞ。」
 二人は、その声に弾かれたように、我に返った。
 「・・・ま、そういうことだ。頑張ってこいな」和泉博士が手を差し出して言う。「地球の代表にふさわしく、立派に戦って来い。生きて帰るんだぞ(MS研究所のためにもな)。」
 「ふん。やってやるさ」TODA氏は、ねじれるほどその手を握り締めて、低い声で言った。「邪悪なドラゴンなんぞ、ちゃちゃっと片付けてやる。ついでにあのコも僕のもんだ。後で後悔するな。」
 和泉博士は、思わせぶりに口元をゆるめた。
 「健闘を祈るよ。・・・じゃ、僕は管制センターで詰めているからな。」
 「あ、ちょっと待った」出て行きかける和泉博士にTODA氏が尋ねる。「OSのメンバーは、どこに乗るんだ?」
 和泉博士は、ドアを開けながら振り返って言った。
 「必要な装備と燃料を詰め込んだら、一人分のスペースしか残らなかった。今回の出撃は、お前一人でやってもらう。」
 「なにぃぃぃっっ?!」
 TODA氏はのけぞりそうになった。宇宙の彼方でただ一人、凶暴なドラゴンと孤独な戦いをしている自分の姿が目に浮かぶ。背筋に冷たいものが走り抜けた。
 「火野には気の毒なことをした。あいつもこの旅を楽しみにしていたのにな。」
 「い、和泉、ちょっと待て。そ、そりはっっ!」
 TODA氏が投げつける物を捜す暇もなく、和泉博士は素早い身のこなしでコクピットを出て行った。それと同時に、「発射まであと5分」という火野の落ち着いた声がスピーカから響く。「作業員は退避。繰り返す。作業員は退避。注水開始。」
 「ほえっっ!?」
 TODA氏は、慌ててスクリーンを操作した。遥か下の方を、ぱらぱらと駈けて行く作業員たちが見える。ほどなく、スピーカから水の音が聞こえてきた。
 「和泉ぃぃっ、お前というヤツはあっっ!」
 『ノンノン』の足元に、ひたひたと水が寄せて来る。水位はたちまち上昇し、3分とたたないうちに、モビルスーツの胸元まで水が上がって来た。TODA氏は必死にコントロールパネルのボタンを押し、何とか脱出を図ろうとしたが、どのボタンも全く反応しなかった。そうこうするうちに、『ノンノン』の頭部にあるカメラが水中に没したらしい。スクリーンに大きなエイが泳いで行くのが映った。
 「和泉っっ!ここから出せっ!おい和泉!聞いてるのかっ!」
 コンソールをばんばんたたいていると、スクリーンが切り替わり、大画面いっぱいに和泉博士の端整な顔が映った。
 「TODA、言い忘れてたが、大気圏外までは、こちらでリモートコントロールしてやるからな。お前は座っているだけでいい。どうだ、ユーザーフレンドリーな設計だろう?」
 「大きなお世話だっ!」TODA氏はスクリーンに噛みつきそうな勢いでわめいた。「行くのはやめだ。すぐに注水をやめろ!」
 「発射15秒前」火野の声が割り込む。「TODA、シートベルトを装着した方がいいぞ。」
 「火野っ!秒読みをやめろ!宇宙なんかやめて、一緒に日光に行こう、な?」
 「頑張ってこいTODA。世界中の目がお前に注がれているぞ。」
 「あお〜ん(T^T)」
 「10・9・8・7・・・」
 「うう・・・呪ってやる!お前らみんな地獄落ちだっっ!」
 「6・5・4・3・・・」
 「あわわ、シートベルトっ!」
 「1・点火!」
 「あぎゃぎゃぎゃっ!」
 ずんと衝撃が襲ってくる。TODA氏は、ベランダの手すりで足を踏ん張っていたオスネコのように足を突っ張って身体を支え、かろうじて操縦席に転がり込むと、シートベルトを装着した。

 全長50メートルのモビルスーツ『ノンノン』は、浮力の助けを得て、OSのメンバーが固唾を飲んで見守る中を、静かに上昇して行く。先ほどまで天井であった所には、ぽっかりと巨大な空間が口を開き、その向こうに東京湾のどんよりした海底の起伏が見えた。TODA氏を乗せた『ノンノン』が、その穴に吸い込まれるように消えて行くと、カメラが切り替わり、スクリーンいっぱいに東京港の光景が映し出される。
 数秒の後、穏やかな水面から高々と水しぶきが上がり、その中から巨大な『ノンノン』が現れるのが見えた。コントロールルームに集まったOSのメンバーから喚声が上がる。
 和泉博士の顔は、紅潮していた。『ノンノン』が高度500メートルに達すると、彼は手元のマイクを取り、興奮気味の声で言った。
 「TODA、気分はどうだ?」
 すぐに、スピーカが割れるほどの怒鳴り声が返ってくる。
 「パカモノっ!いいわきゃないだろーがっ!」
 「そーかそーか。お前にゃ物足りないスピードだったな。待ってろ、今ものすごいヤツを見せてやるからな。」
 一瞬、スピーカが沈黙し、それから押し殺した声が聞こえた。
 「・・・和泉、何を企んでる?」
 「ふふふ。なーんだ?」
 「ひょっとして、空力抵抗と航空力学に関する話か?」
 「ビンゴォ!」
 「ち、ちょっと待て和泉!」スピーカの向こうから戦慄が伝わってくる。「まさかそりゃ・・・?」
 「そーだっっ!」和泉博士は、マイクを握りしめて高々と宣言する。「これから『ノンノン』は、究極の高速飛行形態に変化する。成層圏までわずか1分だ。」
 「無茶だ和泉!乗ってる僕のことを考えろ!」
 「心配するなTODA。『ノンノン』の人工関節は、GIジ○ーやリ○ちゃんより複雑にできてるからなっ。」
 「比較すなっ、そんなモンと!」TODA氏の絶叫がコントロールルームに木霊する。「いいか和泉、アニメと現実を一緒にするな!僕は降りる!」
 「諦めろTODA、もう遅い。」
 和泉博士は、コントロールパネルのボタンを押した。途端にスクリーンの中央に映っている『ノンノン』の首ががくんと背中に向かって折れ曲がった。
 「ぎゃおうえいっっ!」
 スピーカからTODA氏の悲鳴が響き渡る。
 折れ曲がった首は、背中にぱっくり開いたギャレーに収納され、続いて両腕と両足が胴体に引き込まれた。さらに、ふさふさした尻尾が背中に倒れこみ、手足のあったあたりに4つの巨大な噴射口が突き出す。一瞬の間をおいて、4つの噴射口からオレンジ色の炎が轟然と噴出した。
 「どーだTODA!僕はアニメなんかに惑わされたりしない。僕が参考にしたのは、ガ○ラだっっ!」
 スクリーンの真ん中で、『ノンノン』が猛烈なスピードで回転を始める。
 「うわわーーーーーーーーーっっ!」
 巨大な大福もちと化した『ノンノン』は、ネズミ花火のように急上昇を始め、見る間に画面の端に消えて行く。
 そして、それきりTODA氏からの送信は途絶えた(オイ


第7章:WHITE SHOES(灰色の景色)(5:40PM)

 「・・・ランデイ様・・・ランディ様・・・大丈夫ですか?」
 気を失っていたTODA氏は、少女の呼びかける声に、ようやく意識を取り戻した。
 うっすらと目を開けると、心配そうに覗き込んでいる少女の顔があった。TODA氏は、まだくらくらする頭を振って上半身を起こすと、書類の散乱しているコクピットを見回し、ほっとため息をつく。
 「・・・どうやら無事だったようだな。くそー和泉のやつ、とんでもないことをしやがって。・・・ここは?」
 「ミ=トズモですわ、ランディ様。王宮の近くに不時着したようです。」
 少女が、ほっとしたように微笑む。その愛らしい表情と肌も露わな衣装に、不覚にもときめいてしまったTODA氏は、慌てて顔を引き締め、立ち上がった。
 「ランディ様、父なる王が、ご挨拶に参っております。お会いいただけますでしょうか?」
 「ほえっ?エバちゃんって、王女様だったの?」
 「はい。申し遅れましたが、西ミ=トズモの第1王女でございます。」
 「へ・・・へえー。すごいんだ。」
 「いいえ、小さな国でございますから。お恥ずかしゅう存じます。・・・さあ勇者様、参りましょう。」
 「う、うみゅっ。」
 少女のホログラムとともに乗降用エレベータに乗り込みながら、TODA氏はなぜか気分が高揚してくるのを感じていた。
 本物の王女!そして、王女を守って邪悪なリュウと戦う自分の雄姿が、まざまざと脳裏に浮かぶ。これはまるで、ドラ○ンクエ○トのノリではないか。
 勇者ランディ!うんうん、なかなか良い響きだ。よし、これからはジョージ・ランディと名乗ろう(違うって)。
 タラップを降りる自分を、歓呼の声で迎えるミ=トズモの人々。何と晴れがましい光景だろう。クライマックスは、リュウとの戦いだ。激闘を繰り広げて帰還した自分の胸に飛び込む愛らしい姫。くうーーーーーっ、凄いぞ。創作意欲がばんばん湧いてくる。TODA氏は、果てしなく想像を広げつつ、モツァートの『ジュピター』を口ずさんでいた。

 エレベータが地上に降り、ドアが開くと、TODA氏はとっておきのポーズを決めながらゆっくりとタラップを降りた。足元から湧き上がる、嵐のような歓声が、ぞくぞくとTODA氏の自尊心をくすぐる。
 え?足元?
 地面に足を下ろそうとした瞬間、少女の鋭い声が響いた。
 「勇者様!父を踏まないでっ!」
 「ほええっ?」
 TODA氏は、危うくタラップに足を戻す。咄嗟に言葉の意味を掴みかねて足元に目を落とすと、小さな生き物がぎっしりとうごめいている。
 「どわっ!何だこりはっっ!」
 身長10センチぐらいだろうか、よく見ると人の形をしている。しかも生きているようだ。
 「こ、こりはっ・・・ちぇっくちぇっく。」
 TODA氏は、腰をかがめて、じっくり覗き込んだ。すると、その中の一つが、いきなり声を張り上げた。
 「ようこそいらせられた、勇者ランディ殿!」
 「どひゃー!」
 思わず後じさりするTODA氏。振り返ると、すぐ後ろにいた少女がにっこりして言った。「父です。」
 「え?あの・・・これ・・・これって?・・・え?」
 わしゃわしゃした小人群れの中から一人が進み出て言う。
 「西ミ=トズモの王、ツカシカ=クーと申します。遠路はるばるのお越し、心より御礼申し上げまする。」
 「は・・・はあ、どうも・・・ジョージ・TODAです。」
 TODA氏は、ポケットから名刺を取り出そうとしたが、相手のサイズを考えると大惨事を引き起こしかねないと思い直し、ぺこりと頭を下げた。最新技術を駆使して作った自慢の名刺なのだが、王に重症を負わせては本末転倒である。
 TODA氏の脳裏に、出発前の会話が蘇った。
 『だからコンパクトだと言ったろう。』それと同時に、口元を緩めた和泉博士の表情が浮かぶ。そうだ、確かにあいつは笑っていた。
 「和泉のヤツめ、このことを知っていたな。」
 TODA氏は事前に本人を確認しなかったことを悔やんだ。あの王の子なら、姫の大きさもほぼ同じサイズだとみてよい。それではGFにしたところで、並んで歩くことさえできないではないか。いや、それよりも、寝返り一つで圧死させてしまうかもしれん。一気に国際問題になるだろう。
 しかし、一度決めたことは、貫き通さなければならぬ。それが男というものである。ここで泣き言を言うのは、彼のプライドが許さない。根性と気風(きっぷ)、それは彼が何より大事にしているものだ。TODA氏は、下町っ子らしく、潔く頭を切り替えると、恭しく王に挨拶をした。
 「王よ、微力ながら、この国の平和のために戦う所存です。必ずや邪悪なリュウを退治してお目にかけましょう。」
 集まった人々がどよめく。
 「おお、力強いお言葉。心より感謝致しますぞ。いざ勇者殿、王宮へご案内致しましょう。」


第8章:I am standing alone on the cliff(5:50PM)

 さすがに王宮は巨大な建物だった。優に2メートル近くはある。しかし、TODA氏が中に入るには小さすぎた。やむを得ずTODA氏は、中庭で接待を受ける羽目になった。
 「遠来の賓客を露天でもてなす失礼をお許し下され。」
 しきりに恐縮するクー王。TODA氏は笑顔で応えたものの、少なからず困り果てていた。心づくしのご馳走も酒も、器が小さいために、空腹と渇きを満たすには程遠かったからである。何しろ杯が1ミリしかないのだ。これでは100杯飲んでもほろ酔いにさえなれない。
 宴半ば、二人の王女がバルコニーに現れ、TODA氏に挨拶した。二人とも驚くほど似ていたが、髪の毛の色が違っている。栗色の方がエバンジェリンであることは分かったが、黒髪の方は姉妹だろうか。
 「勇者様、私の妹でございます。」
 少女が紹介すると、黒髪の少女は長いドレスの裾を広げ、優雅に一礼した。
 「アンジェリンでございます。どうぞお見知りおき下さいませ。」
 「あ、どうも初めまして。ジョージ・ランディです。」
 TODA氏が少し緊張して挨拶すると、王が朗らかに笑う。
 「二人ともわが自慢の娘でしてな。美しく、気立ての良い娘に育ってくれました。心ばかりのもてなしではありますが、娘の酌でなら、酒もまた美味くなろうかと。」
 「ですです」TODA氏は、姉妹が代わる代わる酒盃に注ぐ酒を、片っ端から飲み干しながら頷いた。「確かに・・・ぐびぐび・・・こりはまた格別な・・・ごくごく・・・。」
 瞬く間に、山と積まれた酒樽が空になっていく。周囲の人々は、呆然としてそれを見つめていた。
 「おお、勇者殿は、酒豪でおられる。いや天晴れ天晴れ(^^;」
 心なしか、王の声も震えているようだ。
 地球でも夜を徹して飲み明かすTODA氏である。この程度の酒で酔いつぶれることはなかったが、TODA氏にとっては、格好の迎え酒だった。やがて城中の酒という酒を飲み尽くした後、ほんのりいい気分になったTODA氏は、上機嫌で言った。
 「さてと、それじゃ、ちょっと行ってきますです。」
 集まった人々の間から歓声が湧き起こる。それにはわずかだが、ほっとした響きもあった。
 「おお、頼みましたぞ、勇者ランディ殿。これ、娘たちよ。出陣の歌を歌って、勇者殿の門出をお祝いするのじゃ。」
 「はい、お父様。」
 二人の王女たちは、美しい声で手振りを交えながら歌い出した。南方系の不思議なリズムとメロディ。それは、ほろ酔い気分のTODA氏の全身にしみわたり、アドレナリンの分泌を促した。
 「よぉーーーーし!いくぞ!・・・おっとっと。」
 勢いよく立ち上がった拍子に、ちょっとよろめいたTODA氏は、王宮の尖塔に寄りかかって身体を支え、ほろ酔い加減で鼻歌を歌いながら颯爽と『ノンノン』に向かって歩いて行った。


第9章:the calling of the sorrow(7:00PM)

 コクピットに入って時計を見ると、もう地球時間で午後7時になっていた。さっさと片付けて帰らないと、明日の仕事に差し支える。几帳面なTODA氏は、講義を休講にすることを良しとしなかった。
 心地よい衝撃と共に『ノンノン』が舞い上がると、王からもらった地図を元に、スクリーンに表示された惑星上の一点をロックし、オートパイロットをセットする。これで、放っておいても、自動操縦で目的地に到着できるというわけだ。
 『ノンノン』が水平飛行に移ると、TODA氏はPDAを操作して明日のスケジュールをチェックし、それからコンソールのCD−ROMドライブに和泉博士からもらった操作マニュアルをセットした。
 「ふんふんふーん」
 40倍速のドライブが小気味良い唸りを上げ、モニタに画面が表示される。TODA氏の頭脳は目まぐるしく回転し、マウスを操りながら、たちまち複雑な操作をマスターしていく。
 「ははは〜ん」
 TODA氏は、内心舌打ちをした。。
 さすがは和泉博士、『ノンノン』は、ハリネズミのように重武装していた。その気になれば、このモビルスーツ1機で全世界を相手に戦えるだろう。反陽子ビーム、中性子ミサイル、重力震発生装置。しかし、どれを使っても、この世界を滅亡の淵に追いやるのに十分だった。
 結論。装備している武器の99%は使用できない。
 「うーみゅ」TODA氏は頭を抱えた。「結局使えるのは、ロケットパンチだけか。」
 それとても、核弾頭が仕込んでないと、どうして言えよう。物事には完璧を期する和泉博士のことである。まさか『ただの』ロケットパンチで終わるわけがない。・・・とすると、あとは肉弾攻撃のみとなるが、ボディの耐性はどうなっているのだろうか。燃料と武器を満載した『ノンノン』は、ライターと同じである。装甲が破れれば、大爆発を起こすに違いない。「ちぇっくちぇっく」TODA氏は慌しくマウスをクリックし、基本スペックのページを探した。
 「ほえっ!」
 それはTODA氏の心胆を震え上がらせた。
 『前部装甲・・・1ミリチタン合金』
 これではノートパソコンと大して違わないではないか。リュウに体当たりされたらベコベコになってしまうだろう。和泉博士の軽量化に対するポリシーは徹底していた。
 ぶるっと全身が震える。いや、誤解してはいけない。TODA氏は決して怖気づいたわけではなかった。飲みすぎて尿意を催したのである。シートベルトをはずし、コクピットの中をうろついたTODA氏は、さらに完膚なきまでの衝撃に打ちのめされた。
 「・・・トイレがない(^^;」
 和泉博士の軽量化に対するポリシーは、完璧であった。


第10章:見渡す限り 全てが消えて(7:10PM)

 その時、コクピットにアラームが鳴り渡った。TODA氏は尿意を我慢し、シートに戻ってレーダーを覗き込む。そこには、赤く点滅する光点が映っていた。100km/h以上のスピードでこちらに向かって近づいて来る。どうやら邪悪なリュウのお迎えである。
 TODA氏は、操縦桿を倒して急降下に移った。体当たりでもされたら、『ノンノン』はべこべこになるだろう。なんとしても地上戦にもちこまなければならない。
 着陸と同時に、頭部カメラが怪物の姿を捉えた。スクリーンに拡大表示されたその邪悪な容貌に、TODA氏は表情を引き締める。褐色の身体は全身ウロコに覆われ、手足の先には鋭い鉤爪がついている。頭部には捻じ曲がった2本の長い角。ルビー色に燃える目の下には、4本の牙が突き出した口がぱっくり開いている。背中の2枚の羽は、巨大なコウモリを連想させた。
 相手が地上に降りたのを見て、リュウもまた急降下してきた。スクリーンいっぱいにリュウの獰猛な顔が広がり、次の瞬間、口がくわっと開いて炎を吐き出す。
 「うわっ!」
 TODA氏は思わず顔を覆った。スクリーンが白熱し、一瞬何も見えなくなる。もしこの戦いを近くで見ている者がいたら、『ノンノン』の頭部が紅蓮の炎に包まれるのが見えたことだろう。
 しかし、『ノンノン』の装甲はびくともしなかった。少なくともこのような攻撃を、和泉博士は想定していたに違いない。外部温度計は摂氏5千度を記録していたが、表面のコーティングは、いささかの損傷も受けていない。TODA氏の脳裏に、得意そうな和泉博士の顔が浮かぶ。
 「やるな、和泉」TODA氏は友に呼びかける。「図体はファンキーだけど、ちょっぴり見直したぞ。」
 軽量化の影響で、断熱は完全ではないらしい。室内温度が摂氏35度まで上昇している。TODA氏は、エアコンの出力を目一杯に上げた。

 スクリーンは、依然として白熱したまま、何の映像も送ってこない。レーダーは、お互いの距離が極めて近接していることを表示していた。TODA氏は、最後にリュウを確認した際の距離とスピードに、予想される加速度を考慮して、素早く相手の現在位置を割り出すと、ぐいと操縦桿を引いた。『ノンノン』は敏感に反応し、こぶしを固めてパンチを繰り出す。
 「おたっ!」
 べしっ。
 鈍い音がスピーカから聞こえ、確かな手ごたえがコクピットに伝わってくる。それが、考えていたより軽いものだったことに、TODA氏はおやっと思った。
 リュウは苦悶のうめきを上げ、数メートル離れた所に落下する。ずんという音がいかにも軽い。不審に思ったTODA氏は、スペクトル分析装置を動作させ、分析結果を見て唖然とした。
 『体長約5メートル。質量500キログラム。』
 これではゾウと大した違いはない。何度も数値をチェックしたが、ミスはなかった。全長50メートル、重量40トンの『ノンノン』とは比べ物にならない。確かにミ=トズモの住人には巨大に見えるかもしれないが、TODA氏からみれば大人と子犬以下である。
 スクリーンが生き返った時、TODA氏は表示倍率をチェックした。50倍にセットされている。1倍に戻して見ると、邪悪なリュウは子犬よりも小さく見えた。
 「ははは、なーんだ。こんな奴ならぺぺいのぺいだ。」
 楽勝の予感にTODA氏は胸を撫で下ろした。これなら10分で片付けてさっさと地球に帰れる。10時過ぎには着くから、一杯飲んでも、明日の2限からの講義まで8時間は眠れるだろう。朝食は何にしようかな。BGMはビバルディにしよう。いや、それともやっぱりモツァートにするか。TODA氏の鼻腔にコーヒーの香ばしい香りが漂ってきた。

 突っ立ったままの『ノンノン』を見て、リュウは素早く起き上がり、飛び掛ってきた。
 「ぎゃーす!」
 「どわっ!」
 ハッピーエンドの余韻に浸っていたTODA氏は、慌てて操縦桿を倒し、からくもその攻撃をかわすと、リュウの横面を平手で張り飛ばす。
 「パカモノっ!」
 べしっ。
 リュウの牙が折れて飛び、もんどりうった体が地面にたたきつけられる。しかし、リュウはタフだった。飽くことのない闘争心で起き上がると、口から炎を吐き出す。TODA氏は、ジャンプしてそれをかわし、飛び上がってきたリュウに両側からパンチを叩き込んだ。
 「おたっ!おたたたたたっ!おたぁっっ!」
 ぼすぼすぼすぼす。
 「しゃぎゃーっ!」
 「おたっ!おたたたたたっ!おたぁっっ!」
 ぼすぼすぼすぼす。
 「あんぎゃーす!」
 「ええいっ!くどいヤツは嫌いだっっ!」
 ぼすぼすぼすぼす。
 「ぐええええっっ!!」
 巨大なボディとはうらはらに、『ノンノン』の動きは速い。毎分100発のパンチが繰り出され、リュウの全身に炸裂する。いくらタフなリュウでも、これではたまらない。みるみる顔がボールのように膨れ上がり、ついに尻尾を巻いて逃げ出した。トカゲのようにじたばたと駆け出しながら、翼を煽って舞い上がる。
 「させるかよっ!」
 TODA氏は、よたよたと逃げて行くリュウにフォーカスをロックし、コンソールにずらりと並んだボタンを素早く操作する。『ノンノン』の右腕が上がり、リュウに向かって突き出された。
 「ロケットパーーーンチ!」
 ずんっ。
 コクピットに衝撃が伝わり、10メートルはあろうかという『ノンノン』の腕が肘から離れ、炎の尾を引いて飛んで行く。TODA氏は、閃光を防ぐため、発射と同時にスクリーンのフィルタをかける。
 数秒の後、凄まじい爆発音と閃光が巻き起こり、爆風が『ノンノン』に吹きつけた。白熱した光球が膨張し、キノコのような原子雲がむくむくと昇って行く。
 「・・・やっぱりな(^^;」
 TODA氏はぽつりとつぶやいた。


第11章:僕は何も要らない(7:30PM)

 「いや、天晴れ天晴れ。さすがは伝説の勇者殿じゃ!」
 ミ=トズモに凱旋したTODA氏は、クー王をはじめとする国中の人々の歓呼の声に迎えられた。
 着陸した『ノンノン』の足元から王宮に真っ赤な絨毯が敷き詰められ、軍楽隊が勇壮な曲を演奏している。紙ふぶきとテープが舞い、国旗が無数に打ち振られている。TODA氏はしかし、慌しくその間を駆け抜け、あっけにとられる人々を尻目に、一直線に城のトイレに駆け込んで行った。

 勲章の授与と祝賀の式典を、TODA氏は丁寧に辞退した。
 「勲章などいただくような仕事をしたつもりもありませんし、それに私は帰国を急いでおります。生徒たちが待っていますので。」
 「おお、はや行かれるか。勇者殿はお忙しいことよ」王がにこやかに言う。やはり自分と較べて巨大なTODA氏を内心恐れているのだろう。TODA氏の申し出に、ほっとしている様子が窺えた。「そなたのご活躍、決して忘れませぬぞ。末代までミ=トズモの伝説として語り継いで参りましょう。・・・そうそう、勇者の像も建立せねばならん。勇者ランディ殿、銅像に刻む碑文をいただけますまいか?」
 「いや、そんな派手なことは・・・」TODA氏は辞退したが、さすがにこれだけは辞退を認められなかった。やむなくTODA氏は、思いつくままに、ぐっとVサインを突き出し、重々しく言った。
 「『愛は宇宙を救う』・・・とでもお願いしましょうか。」
 集まった住民たちの間から、感嘆のため息が洩れる。
 「愛は・・・」王は、感激したように繰り返す。「宇宙を救う・・・。うむうむ、含蓄のある素晴らしいお言葉じゃ。さすがは勇者殿。しかと承りましたぞ。」
 「それじゃ、僕はこれで。」
 TODA氏は、見送る人々に手を振り、ゆっくりと『ノンノン』の昇降エレベータに向かって歩いて行った。


第12章:I feel through the night(7:40PM)

 使命は果たした。相手のサイズがどうであれ、邪悪なリュウを退治し、ミ=トズモに平和を取り戻したことは間違いない。解放感がTODA氏をウキウキした気持ちにさせていた。
 『ノンノン』が惑星の成層圏を抜けると、TODA氏はオートパイロットに切り替え、ハイバック椅子の上で伸びをした。
 目的地は地球にセットしてある。このままでもいずれ地球には着くだろうが、11時までに帰るには、またあのガ○ラのような飛行形態に変形しなければならない。あらかじめ心の準備が必要だった。
 気を落ち着けて、おもむろにボタンに手を伸ばそうとした時、コンソールの陰から声がした。
 「ランディ様っ」
 「どわっ?!」
 TODA氏は思わずのけぞりそうになった。嫌な予感が脳裏をよぎる。震える手でコンソールボックスをオープンすると、10センチほどの人影が立ち上がって手を上げた。
 「え、エバンジェリン!」
 「ランディ様っ、私、来てしまいましたっ」
 「い、一体いつの間に・・・?」
 うろたえるTODA氏に、少女はにっこり微笑みかける。
 「私、決心したんです。どこまでもお供します。ランディ様のお妃として、末永くお傍に置いて下さいませ。」
 「ほ、ほえっ?!」
 TODA氏は、口をぱくぱくさせた。言葉が出てこない。手がじたばたと宙をさまよう。

 「ち、ちょっと待った(^^;」
 確かに、こういうシチュエーションを期待してはいた。しかしそれは、彼女がノーマルなサイズということを前提にしている。愛は、年齢の差を越え、種族の差を越え、身長の差をも越えるかも知れない。だが、それも程度の問題である。この場合は、明らかにその『程度』を越えていた。
 「エバンジェリン、あ、あのさ・・・」
 「いやっ、『エバ』って呼んで下さい!」
 「あぅ・・・エバ、あのね・・・」少女の目に浮かぶ強い光に、TODA氏はたじろぎながら言う。「僕らは・・・その・・・あまりに違いすぎると思わないかい?」
 傷つけぬように、婉曲な言い回しで尋ねたのが良くなかった。こういう場合は、心を鬼にして、きっぱり言うべきだったのだ。少女は、ためらいもせず、即座に言い放った。
 「些細なことですっ!」
 「こ、これこれっ(^^;」
 「愛があれば身長の差なんて越えられます!」
 「い、いや、そういうけどね・・・」
 「ランディ様は、私がお嫌いですか?」
 「そ、そういうわけじゃないけど・・・でもね・・・」
 「じゃあ、何も問題はありませんよねっ!」
 「う・・・あの・・・お父上は何と?」
 「はいっ!父も祝福してくれました。幾久しく添い遂げるようにと。」
 「う、うーみゅ・・・」
 TODA氏は絶句した。とんでもない厄介を背負い込んだものである。このまま引き返して、少女をミ=トズモに送り返すべきだろうか。しかし、もしクー王が認めているとすると、姫を突っ返すということは、国際問題になるのではないか。TODA氏は悩んだ。だが、答えは出てこなかった。
 「・・・なんてこった」
 「・・・ランディ様?」
 TODA氏の表情に不安を感じたのか、少女は一歩踏み出した。ボタンに体重がかかり、カチリと音がする。
 「うあ!そ、そのボタンはぁっっ!」
 慌てて立ち上がろうとするTODA氏を、シートベルトが無情に引き戻す。
 「は?」
 次の瞬間、『ノンノン』の首が、不気味な振動とともにがくんと背中に向かって折れ曲がった。
 「ぎゃおうえいっっ!」
 「きゃあっっ!」
 折れ曲がった首は、背中にぱっくり開いたギャレーに収納され、続いて両腕と両足が胴体に引き込まれた。さらに、ふさふさした尻尾が背中に倒れこみ、手足のあったあたりに4つの巨大な噴射口が突き出す。一瞬の間をおいて、4つの噴射口からオレンジ色の炎が轟然と噴出した。究極の高速飛行形態である。『ノンノン』は、目にも止まらぬ速さで回転しながら、地球に向かってスピードを上げていく。

 『ノンノン』が首を折り曲げた時、TODA氏はコクピットの中でひっくり返りそうになった。4点支持のシートベルトが、容赦なく全身に食い込む。
 悲鳴を上げかけたTODA氏は、しかしそれを途中で飲み込んだ。目の隅をよぎった光景が、危ういところで恐怖を押さえ込んだのだ。
 「あーーーーーーーーっ!」
 少女が、立っていた場所から投げ出されて、弾丸のような速さでこちらに『落ちて』来る。壁にたたきつけられれば、その華奢な肢体はばらばらになってしまうだろう。咄嗟にTODA氏は右手を少女に向かって差し伸べた。しかし、わずかに届かない。
 下町っ子気質が全身に力を与え、TODA氏は躊躇なくシートベルトをむしり取ると、落ちて行く少女に飛びついた。しなやかなその身体を胸に抱き止めた時、目の前いっぱいに壁が迫っていた。
 「ほ、ほええ〜っっ!」
 「ら、ランディ様っ!」
 どかっ!
 全身に激しい衝撃を感じ、TODA氏はそのまま気が遠くなっていった。


第13章:promised love(10:40PM)

 「ランディ様、ランディ様!」
 どのくらい時間が経ったのだろう。TODA氏は、少女の声で意識を取り戻した。
 うっすらと目を開けると、心配そうな少女の顔が覗き込んでいる。頭を起こそうとすると、くらくらしてひどく痛む。TODA氏は、かすれた声で尋ねた。
 「どこも・・・怪我はないかい?」
 少女はにっこりして言う。
 「はい!かすり傷一つありません!」
 「・・・そうか・・・そりゃ・・・良かった・・・」
 起き上がって首と腕を回してみる。骨折などはしていないようだ。どうやら脳震盪を起こしただけのようである。
 「やれやれ、ひどい目にあったな。」
 「ホント。凄かったですねー。私、死ぬかと思いました。」
 TODA氏は、危うくわめきだしそうになった。誰のせいでこんなことになったと思っているのか。まったく、シートベルトさえちゃんとしていれば。しかし、少女の屈託のない笑顔を見ると、言う気も失せてしまう。どうもこの子は、根っからの王女様らしい。

 「身を挺して私を守って下さったのですね。」
 少女は胸元で指を組み合わせ、瞳をうるうるさせている。TODA氏の脳裏に不吉な予感が走った。
 「い、いや、そりは・・・」
 「ああっ、ランディ様っ!」
 次の瞬間、少女が声を上げて抱きついてきた。咄嗟に身体を引こうとしたが、間に合わない。TODA氏の首筋に顔を埋めた少女は、夢見るようにつぶやいた。
 「このご恩は一生忘れません。私、素晴らしい愛を見つけました。」
 「あ、いや、男として当たり前のことをしただけだから(^^;」
 「ランディ様っっ!」
 「は、はいっ!」
 「好きです!貴方に初めてお会いした時からお慕いしておりました!・・・ああ、ランディ様!心から愛しております!」
 「あ、あの、気持ちはわかるけど・・・」
 「ずっと、ずーーっと、お傍に置いて下さいねっ!」
 「ち、ちょっと・・・(^^;」
 「ああっ、嬉しいっっ!」
 「ま、待てっ!は、話を聞けっ!」
 「ランディ様ぁっっっ!」
 「話を聞けっつーのに(^^;」


第14章:the madness in the justice(10:45PM)

 その時、コクピットのドアが開く音がした。
 「と、TODAっっ!何やってんだお前!」
 「・・・ほ、ほえっ?」
 聞き覚えのある声に、TODA氏はぎょっとして顔を上げた。目の前に、OSのメンバーたちが立っている。 
 「い、和泉?!ここは地球か?」
 「TODA!お、お前ってやつは・・・!」
 「わあっ!待て!ちょっと待て!こ、これには海より深い事情がっ・・・!」
 わなわなとこぶしを震わせている和泉博士に、TODA氏は慌てて事情を説明しようと試みる。が、そんなことに耳を貸す和泉博士ではない。
 「聞く耳持たんわっ。とにかく降りろっ。言い訳は後でたっぷり聞いてやる。みんな外で待ってるぞ。」
 そう言うと、くるりと踵を返してコクピットを出て行く。OSのメンバーが、その後に続いた。ドアのところで、火野が振り返って、片目をつぶってみせる。

 TODA氏は、それを見送って、がっくりと肩を落とした。
 「もうだめだ。あいつら、僕のことを変態だと思ったに違いない。・・・傍から見れば、○カちゃんを抱いているようにしか見えないものな・・・うう、明日から僕は、人形フェチ扱いだ(T^T)」
 「そんなっ、ランディ様っ!」少女がすがるように言う。「真実の愛は、人目など気にしないものですわ!」
 「どこが真実の愛だ、どこがっ(^^;」
 「愛とは決して後悔しないこと。私、どこまでもついて参ります。例え貴方が人形フェチの変態であっても!」
 「こ、これこれっっ(^^;」
 「ランディ様っ、愛しております!」
 「うう・・・ほっといてくれ(T^T)」
 「ランディ様っ!・・・『愛は宇宙を救う』ですよねっ(^^)b」
 「くそー・・・もうヤケだ。とにかく降りるぞっ!」
 「そうですっ、その意気です!それでこそ私の愛する方!」
 「あぅ・・・全然フォローになってない(TOT)。」
 TODA氏は覚悟を決め、少女を胸に抱いて、とぼとぼとエレベータの方に歩いて行った。


第15章:ALL MY FAMILY and FRIENDS(10:50PM)

 エレベータのドアが開いた瞬間、TODA氏は大歓声に包まれ、目をぱちくりさせた。
OSのメンバーだけでなく、何百人もの人々が集まっている。その殆どが外人のようだった。しかもみんな軍人らしい。彼らの背後に高々と聳え立つ艦橋と、マストに掲げられた星条旗を見たTODA氏は、自分がアメリカ海軍の巨大なアイランド型空母の甲板にいることを知った。
 「和泉、大そうな宣伝をしてくれたようだな。」
 こちらに向かって親指を上げて見せた和泉博士に、TODA氏は苦笑いした。少女を左肩に座らせると、右手を大きく上げてポーズを決める。さらに大きな歓声と拍手が巻き起こる中、TODA氏は、やや強張った笑みを浮かべてタラップを降りる。
 純白の礼装に身を包んだ初老の軍人が進み出て、手を差し出す。
 「艦長のキャラウェイだ。アメリカ海軍第7艦隊『カール=ロビンソン』にようこそ。」
 「は、はあ」
 TODA氏は、名刺入れから自慢のレーザー名刺を取り出して、艦長に差し出した。
 「ジョージ・TODAです。」
 艦長は、名刺をひっくり返して眺めていたが、にやりと笑って言う。
 「人類始まって以来の快挙を成し遂げた英雄のサインをもらいたいな。実は娘に頼まれてね。」
 TODA氏が名刺の裏にサインをすると、艦長は大事そうにそれを胸のポケットにしまい、がっちりとTODA氏の手を握った。それを待っていたかのように、軍楽隊が華やかなマーチを吹奏し、カメラマンがずらっと二人の周りを取り囲む。まばゆいフラッシュに目を細めながら、TODA氏は遥か彼方に横須賀の灯火を見ていた。大統領のメッセージが読み上げられ、日米両国の国家が吹奏される中、『カール=ロビンソン』はゆっくりと入港し、投錨した。

 TODA氏を乗せたランチが港に着くと、ここでも大歓迎が待っていた。TODA氏は、げんなりして、危うくキレそうになる。既に時計は11時を回ろうとしている。このままでは、ストレスと睡眠不足を明日の講義に持ち込むことになってしまう。次々と突き出されるマイクを掻き分けながら、TODA氏はOSの車に向かった。
 「MHKです。TODAさんに国民栄誉賞を授与しようという意見がありますが、ご感想をひとつ。」
 「喜んで辞退します」
 「日刊キンダイです。今のご心境は?」
 「息苦しくて窮屈です」
 「週刊ポテトです。彼女とのご関係を。」
 「ノーコメント(--#」
 「エフティーンです。異星人との恋愛は長続きすると思いますか?」
 「余計なお世話だ(--#」
 「PR教団です。貴方の幸せを祈らせて下さい。」
 「宗教の勧誘はお断りしてます(--#」
 「西映動画です。ご活躍をアニメにしたいのですが。」
 「勝手にして下さい」
 「中田貴金属です。メタルに投資しませんか?」
 「うるさいっっ!」TODA氏はわめいた。「僕を放っておいてくれ。明日も講義があるんだ。ゆっくり眠らせてくれっ。」
 「さ、最後に、テレビをご覧の皆さんに一言お願いします。」
 「愛は宇宙を救う。これに尽きます。じゃ、これで。」
 TODA氏は、カメラに向かってVサインを突き出すと、OSのメンバーが用意した車に乗り込んだ。


第16章:Goodbye(Lost Truth)(11:50PM)

 群集にもみくちゃにされたTODA氏がようやく自宅に戻ったのは、午後12時10分前だった。
 ドアを厳重にロックし、チェーンをかける。インターホンのコードを引き抜き、電話のモジュラーケーブルを取り外すと、TODA氏はふーっとため息をついた。
 「・・・長い一日だった。」
 疲れが、重くのしかかってくる。まぶたがくっつきそうだ。もう1分だって起きてはいられない。
 「ホント、疲れましたねー。ランディ様、もう寝ましょう。」
 少女がテーブルの上で、はにかむように言う。その表情は、どきっとするほど色っぽかった。背筋にぞくっと戦慄が走り、TODA氏は慌てて目をそらす。
 「こ、コーヒーでも淹れよう。」
 キッチンに立って、コーヒーメーカーをセットし、スイッチを入れる。本格派のTODA氏としては、やはりサイフォンで淹れたかったが、今日は何をするのも億劫だった。明日の講義の内容をチェックしなければならなかったが、それすらできそうもない。コーヒーを飲んだら、シャワーを浴びて寝よう。TODA氏は着替えを取りに寝室へ入って行った。

 ドアを開けた途端、TODA氏の身体は硬直した。
 真っ暗な寝室の奥まった所に、ぼうっと白い物が浮かんでいる。それは、とりとめもなく漂いながら、一つの形にまとまろうとしているかに見えた。TODA氏の背中を冷や汗が伝う。目を見開き、かすれた声でTODA氏はつぶやいた。
 「・・・またかよ。」
 TODA氏はぴしゃりとドアを閉めた。振り返ると、テーブルの上で少女が不思議そうに首をかしげている。
 「どうかなさいまして、ランディ様?」
 「あ、いや、何でもない。ちょっとプラズマが・・・」
 額の汗を拭って、TODA氏は無理に笑って見せた。

 不意に、寝室のドアが内側からバンバンたたかれる。TODA氏の笑顔が強張り、顔から血の気が引いた。ドアの向こうから、しわがれた声が聞こえてくる。
 「勇者イングヴェイ様、フジ城のウッド・ノートですじゃ。どうか・・・どうかわしらを邪悪なリュウからお救い下されっ。」
 TODA氏はげんなりして天を仰いだ。くそっ、今日は仏滅か。
 驚きで目を丸くしている少女に指を立てて見せると、TODA氏は寝室にいるモノに大声で言う。
 「パカモノっ、人違いも甚だしいっ。僕は勇者ランディだ!イングヴェイなら海の向こうだぞっ。」
 寝室の物音がしんとなり、やがてすすり泣きが聞こえ出す。
 「・・・あぅぅ・・・そんなぁ・・・もう一滴の燃料も残っていませんのですじゃ。わしはどうしたら・・・あおーん(TOT)」
 くそー、どうしてどいつもこいつも十分な燃料を積んで来んのだ?TODA氏は歯軋りをした。

 老人の切なる懇願を聞いて、少女がうるうるした瞳でTODA氏を見上げる。
 「ランディ様、ここは是非、救いの手を差し伸べてあげなくてはっ」
 「じ、冗談を言うなっ。今、帰って来たばかりだぞ(^^;」TODA氏は、狼狽してわめく。「第一、人違いじゃないかっ」
 「でも、ランディ様」少女はめげない。博愛精神の塊のようである。「愛は宇宙を救う、とランディ様もおっしゃったじゃありませんか」
 「あうっ、痛いところをっっ(^^;」
 「お願いです、ランディ様っ」
 「お願いですじゃ、イングヴェイ様!」
 ドアの向こうで、ジイさんも声を合わせる。
 「ランディ様っ」
 「イングヴェイ様ぁぁぁぁっ」

 「あーーーーーっ、もうっ!うるさいっっ!!」
 TODA氏は、テーブルの上の子機を取り上げて、乱暴にボタンをプッシュする。短いコール音の後、「アロゥ、和泉です」という声が聞こえた。TODA氏は、挨拶を省略して、いきなり用件をまくし立てる。
 「もしもし、和泉か。僕だ、ジョージ・TODAだ。モビルスーツ、まだあるか?ちゃんとしたヤツだぞ。これから行くから、用意しといてくれ。」
 受話器を置くと、TODA氏は傍らではしゃいでいる老人と少女を見て、ふーっとため息をついた。
 「・・・何て一日だ(T^T)」
 時計は、今まさに12時を告げようとしていた。
 明日も、多難な日になりそうである。TODA氏が優雅な一日を過ごせるようになるのは、一体いつのことであろうか。当分そんな日は来ないであろうと、かく言う私は思うのである。

EOF


戻る