前へ   目次   次へ

第八部
第十章 秘 密

 
 ゲルダの探索は、容易にはかどらなかった。自分の居る陣営をくまなく調べ、人間たちの意識を探ってみたが、王女テレジアと思われる思念は、全く探知できなかった。それではと、探索範囲を広げ、平野部に展開している全ての部隊を当たってみたが、探索は空振りに終わった。少なくとも王女テレジアは、山麓まで押し詰めて来ている人間たちの中には、いないということになる。

 ・・・妙だ・・・。

 ゲルダは、首を捻(ひね)った。
 エステルの意識を探ったところでは、王女テレジアは、自ら全軍を率いて、この戦いに参加していた。つまり、魔族の軍制で言えば、王女が総帥ということになる。にも関わらず、その総帥が、どの陣中にもいない。これは不自然ではないか。王女は一体、どこにいるのだろう。
 ゲルダは、身分の高そうな人間の意識を、探ってみることにした。『将軍』クラスの人間なら、王女テレジアの居場所を知っているはずだ。彼女は、幕舎に一人で寝ている人間の意識を、次々に調べていった。

 「陽動・・・?」
 何人かの将軍の意識を探って、ゲルダは小さく呟(つぶや)いた。
 アラゴン王国の国王、カシム六世。イスマイリア公国のハイヤ・ハラリート公、バラビア連邦のユーリ・ソロコフ、バルキス王国宰相ソ・チェシー、トランピオ共和国副統領ジョルジオ・マランツァーノ。『第一軍』と彼らが呼称している部隊の、指揮を執っている人間たち。その心の中を順々に調べていったところ、どの将の意識からも同じ語句が得られた。
 『陽動』とは、要するに『囮(おとり)』のことであろう。つかの間、王女テレジア自身が『囮』になっているのかと思ったが、探って行くうちに、それは逆であることが分かった。『第一軍』が『囮』となり、魔族を引き付けている間に、王女が数名の臣下を率いて、山中深く分け入っているのだ。

 ・・・これは、なかなか。

 ゲルダは、感心した。
 自らが後方に陣を張り、前線の将兵たちを戦わせる指揮官は、ごく当たり前にいる。しかし、自ら進んで最終決戦の陣頭に立とうとする指揮官は、滅多に見当たらない。誰しも、自分が可愛いのだ。それは、魔族でも変わらない。
 だが王女テレジアは、わずかな臣下を引き連れて、戦いの先頭に立った。それどころか、眷属ですら恐れる魔王に、自ら正面切って決戦を挑もうというのだ。仮に、王女が賢者アガーテに匹敵する強力な術者であるとしても、敵の数さえ分からないにも関わらず、その本陣に乗り込んで行こうとするのは、並大抵の胆力ではない。ゲルダは、テレジアという王女に、少なからず好意的な好奇心を抱いた。

 しかし、将たちの意識をさらに深く調べていった時、驚愕の呻(うめ)きがゲルダの唇を洩れた。
 「まさか・・・そんな!」

 『あの御方』を封じている最後の封印、『メトセラの封印』が、王女の体内に埋め込まれている。
 あまりのことに、ゲルダは顔から血の気が引くのを覚えた。

 ・・・王女テレジアは、自らの命を懸けて、最後の決戦に赴いたのだ。

 『あの御方』に近づけば近づくほど、『魔』の力は強くなる。当然のことながら、封印に加わる圧力は増大する。『あの御方』は、封印の桎梏(しっこく)から逃れるため、持てる力の全てを、封印破壊に注ぎ込むだろう。その凄まじい圧迫は、死にも匹敵する激痛を、王女にもたらすに違いない。
 それだけではない。レハールたちは、躍り上がって喜ぶことだろう。『あの御方』復活の、最大の障害となっている封印が、自分からやって来るのだ。しかも、か弱い少女の体内に埋め込まれて。
 王女テレジアを殺すことは、さほど難しくないだろう。いかなる術者といえども、『あの御方』の『間合い』に入ってしまえば、その力は著しく減殺(げんさい)される。しかも、供(とも)回りの者は、わずかに4名。それでは、王女一行の勝ち目はない。レハールの思う壺である。

 ・・・にも関わらず、彼女は行くのか。

 何故、そのような危険に、わが身を晒(さら)す必要があるのだろう?
 ゲルダの心に、疑問が兆(きざ)した。

 ・・・もし、王女テレジアが、賢者アガーテに匹敵する術者であったら。

 魔力を大幅に減殺されても、一撃で『あの御方』を倒すことのできる、必殺の呪文を持っているとしたら。

 そうでなければ、王女が死地に向かったことの説明がつかない。戦線の後方で、二万の軍勢を戦わせていれば済むことなのだ。王女テレジアの行動には、必ず理由がある。
 ゲルダは、最後に残った秘密を解き明かすため、再度、思念を四方に飛ばした。

 「・・・やはり、そうであったか」

 数刻の後、ゲルダは小さく呟いた。
 彼女の推測は、正しかった。『あの御方』を滅することのできる呪文を、王女テレジアは持っていたのだ。それがどのような魔法か、知っている者は、陣中に皆無(かいむ)だったが、ゲルダは、その情報を信じた。

 ・・・だからこそ王女テレジアは、『あの御方』の待ち構える山頂へ向かったのだ。

 しかし。

 『メトセラの封印』が壊れれば、王女は死ぬ。
 たとえ封印が持ちこたえたとしても、レハールたちに王女が殺されてしまえば、封印は解ける。
 いずれにしても、『あの御方』は復活するだろう。
 ひとたび『あの御方』が復活すれば、一万や二万の軍勢など、あって無きが如し。ひと吹きで、消し飛ばされてしまうに違いない。
 そのような勝算のない試みに、自分の命を賭ける。それは、無謀以外の何ものでもない。

 ・・・王女テレジアは、『あの御方』と刺し違えるつもりなのだ。

 覚えず、ゲルダの瞳に涙があふれた。自分より遥かに年若いであろう少女が、それほどまでの決意を固めていることに、ゲルダは戦慄し、圧倒された。
 自分の命と引き換えに、人間たちの世界を守る。
 何という壮絶な覚悟だろう。そこまで彼女を駆り立てるものは、一体何なのだろうか。

 ・・・会って、みようか。

 ゲルダの心に、そんな気持ちが芽生えた。
 
前へ   目次   次へ