前へ   目次   次へ

第八部
第九章 捕 虜

 
 「口惜しや、妾(わらわ)の負けじゃ。首を刎(は)ねるなり何なり、好きにするが良い」
 魔王の眷属を名乗った女は、静かに目を開けて言った。
 「・・・」
 エステル・デマーゼルは、相手の喉元にハルベルトを突きつけたまま、油断なくその全身に視線を走らせた。
 見たところ、人間の女と何ら変わりがない、細身の女である。腰まで届く黒い髪に、長い角のような突起のついたコロネット。切れ長の黒い目。高い鼻梁。濡れ光る真っ赤な唇。顔色は、抜けるほど白い。ぼろぼろになった漆黒のガウンと、伝わって来る弱々しい『気』は、激しい戦いに疲れ果てていることを、如実に物語っている。しかし、こちらを見上げている顔は、やつれてはいたが、気品と誇りを失ってはいなかった。
 「まず、名乗られよ」
 エステルは、ハルベルトを引いて問い掛けた。左右の兵士に指図し、アメリの光を下向きにさせる。眷属の女が、ほっとしたように目をしばたたいた。
 「・・・ゲルダ」
 「ゲルダ? それだけか?」
 「一族の名は、申すわけにはいかぬ。人間どもの捕虜になるなど、一族の恥辱以外の何ものでもなきゆえ」
 「・・・」
 「それに、妾の一族は、既に悉(ことごと)く死に絶えておる。有難くない二つ名なれば、いくつも付けられておるが、それも口にしたくない。ただ、『ゲルダ』と呼べば良かろう」
 「承知した。私は、エーデルブルクのエステル・デマーゼル。この部隊を任せられておる者だ」
 「・・・覚えておこう」
 「ではゲルダ殿、答えられよ。何故(なにゆえ)我らが陣中に潜入しようとしたのか?」
 「潜入など、考えておらぬ。シルドラに攻撃を受け、山を下ったところ、そなた達の陣中に迷い込んだだけじゃ」
 「・・・左様であったか」
 それだけで、エステルは経緯のあらましを了解した。
 魔王の眷属の力は、一軍にも匹敵すると言われる。だが、いかに強力な術者であろうとも、嵐を身に纏(まと)ったシルドラには、抗するべくもない。かつて、地上最強の生物と言われた龍。シルドラは、その最後の生き残りなのだ。ゲルダにとって、シルドラに敗れたことはさておき、戦いで力を使い果たして、彼女から見れば下等動物である人間にも敗れ、捕虜となったことは、死にも勝る屈辱であるに違いない。エステルは、ゲルダの目をひたと見据えて言った。
 「ゲルダ殿、戦いの勝敗は時の運。ご心中、お察し申し上げる。なれど、我らに仇なす敵を、このまま放逐(ほうちく)するわけにも参らぬ。潔(いさぎよ)く自刃するか、捕虜として我が陣中に留まるか、いずれかを選ばれよ」
 「・・・」
 エステルの言葉に、ゲルダは顔を上げた。
 「何故、殺さぬ?」
 「是非もなきこと。たとえ魔王の眷属と言えど、満足に戦えぬほどの傷を負った女子(おなご)を殺す剣など、持ち合わせてはおらぬ。我が家門にも、武人としての誇りがあるゆえ」
 「・・・」
 甘い奴だと思う一方で、ゲルダは相手の態度に、すがすがしいほどの清廉さを覚えた。レハールとのやり取りが思い起こされ、彼女は、自分の中で何かが揺れ動くのを感じた。『何故、争わねばならぬのか』という疑問が、再び心の中で膨れ上がり、気が付くと、彼女は小さく頷(うなづ)いていた。
 「承知した。捕虜となることを、受け入れよう」

 その夜。
 幕舎の中で、ゲルダは、まんじりともせず、天幕を見つめていた。
 逃げるのは、たやすいことだった。周囲に思念を巡らせてみたところでは、監視の兵士は三人しかいなかった。体力が衰えているとはいえ、三人の意識を乗っ取るなど、造作もないことだ。
 しかし。
 ゲルダは、半身を起こして、ふくらはぎに目をやった。
 消毒され、真新しい包帯が巻かれた、ふくらはぎ。視線を転ずれば、傍らの小机に、食物らしいものが盛られた皿と、水の入った甕(かめ)。見つめているうちに、彼女の唇から、ふっと吐息が洩れた。

 ・・・一体、これは・・・。

 少なからぬ戸惑いを、ゲルダは感じていた。
 何故、敵である自分に、ここまでできるのか。傷が癒え、体力が回復すれば、陣中に大きな禍(わざわい)をもたらすとは、思わないのだろうか。彼女には、そのことが不思議だった。

 ・・・調べて、みるか。

 ゲルダは、目を閉じて、意識を集中した。エステル・デマーゼルらしき思念が、さほど遠くない所に見つかった。
 「ふっ・・・!」
 息を吐くような音が、彼女の唇を洩れた。同時に、がくんとその身体が揺らぎ、敷き延べてある寝具に横たわった。彼女の思念は、一瞬のうちに天幕を通り抜け、エステルの波長を手繰り寄せるようにして飛んだ。

 「・・・カロライン・・・」
 思念を寄り添わせると、エステルの意識が流れ込んできた。
 初めて母となった日の喜び。我が子を両腕に抱き、乳を含ませる幸せ。夢中で乳を飲み、泣いてばかりいた愛娘が、やがて這い這いをし、掴まり立ちをし、とうとう独りで歩けるようになる。「ははうえ」と、初めて呼ばれた時に感じた、無上の喜び。よちよち歩きをする娘を、優しい眼差しで見守る、たくましい夫。
 そうした様々な光景が、ゲルダの思念の中で映像となり、彩りも鮮やかに展開されていく。自分の幼い頃を思い出し、彼女の心が和(なご)んだ。この武将も、祖国へ帰れば、一人の母親に戻るのだろう。もしかしたら、娘は成長していて、孫たちと共に、母親の帰還を出迎えるのかも知れない。平和で、幸せな光景。それが、ゲルダの胸を疼(うず)かせた。
 エステルの意識の中で、『カロライン』と呼ばれた娘は、みるみる成長していく。やんちゃで悪戯好きな幼児期から、両親に剣の手ほどきを受けた少女期、そして、『ロハウゼンの白百合』と讃(たた)えられるようになった、青年期。ゲルダの思念に流れ込んでくる『カロライン』の姿は、輝くばかりに美しい、二十歳の乙女となった。
 しかし。
 ゲルダが思念を引き戻そうとした時、平和な光景は急転した。

 落城。

 居城を幾重にも取り囲んだ、夥(おびただ)しい敵の軍勢。城主不在の城を任された、甲冑姿のエステル。『カロライン』は、エーデルブルクの王太子妃を守って、密かに城を脱出する。喚声と怒号、悲鳴が交錯する中、敵中に最後の突撃を敢行するエステル。彼女を慕って、その後に続く民衆。開かれた城門の前で展開される、壮絶な戦い。次々と倒れて行く味方の兵士たち。
 それはまさに、ゲルダ自身が経験した、激しい内紛の時代の光景だった。
 魔王が、賢者アガーテによって封じられてから、二百年。北の大陸の奥深く逼塞(ひっそく)した眷属や魔族の生き残りにとって、周囲の環境は苛酷なものだった。多くの仲間が離反・分裂し、互いに争った。打ち続く内紛の中で、多くの同胞たちが死に、ゲルダの母親も命を落とした。父親をアガーテに殺されていたゲルダは、まだ十五にもならぬうちに、天涯孤独の身の上になってしまった。もし、サグが彼女を引き取り、育ててくれなかったら、彼女もまた、冷たい骸(むくろ)を大地に晒(さら)していたことだろう。
 だが、ゲルダが目を見張ったのは、その後の光景だった。

 ・・・地下牢。

 薄暗い地下室の、石の台に横たわった『カロライン』。
 綺麗に化粧を施されたその顔は、眠っているように見えた。身に纏った戦装束の胸に、どす黒い染みと破孔(はこう)がなければ、娘がこの世の者ではないなど、信じられなかったことだろう。それほど穏やかな、死に顔だった。
 「・・・エルンスト・クッツァー・・・」
 エステルの意識が、憎しみを込めて呟く。
 母として、最良の相手と信じ、夫と話し合って整えた縁談だった。その、愛娘の伴侶にと選んだ男が、こともあろうに祖国を裏切り、敵に寝返った。許婚者(いいなづけ)が敵に内通していたと知った時、娘がどれほどの衝撃を受けたか、察して余りある。そんな男に、自分を娶(めあ)わせようとした両親を、さぞや恨んだことだろう。殊(こと)に、子爵の許(もと)へ行けと言って送り出した、この母を。
 悔やんでも悔やみきれない、エステルの思い。悔恨の情は、後から後からあふれ出し、炎となって彼女の胸を焦がした。
 そうして、「妃殿下をお守りせよ」という、母親から与えられた使命を守るため、カロラインは王太子妃・ヨアンナの服を身に纏い、敵を引き付けて討死したのだ。
 絶望の呻(うめ)きが、エステルの唇を洩れた。
 「う・・・うう・・・!」

 ・・・ああ、もう見たくない。

 ゲルダは、思わず顔を背けた。
 愛する者に裏切られて死んだ娘。
 そうとは知らず、娘を死地へ送り出した母親。
 戦(いくさ)のもたらした残酷な結末が、ここにもあった。
 勝っても、負けても、悲しみは残る。いや、そもそも勝者などあるのだろうか。絶望と慟哭の上に築かれた勝利に、何の意味があるだろう。両親に、育て親のサグ。愛する者を戦の中で失ったゲルダには、エステルの悲しみが、痛いほど分かった。
 既に、好奇心も、ここから脱出しようとする気持ちも、すっかり失せていた。エステルの心の傷を癒す術は、ゲルダにはなかった。ただ、夜が明けたら、エステルと話し合ってみたい。しんとした気持ちの中で、彼女はそう思った。

 ・・・『あの御方』の復活を止めれば、戦をしなくても良いのではないか。

 ふと、そんな考えが、ゲルダの脳裏をよぎった。

 ・・・何を言う。『あの御方』の復活なくして、魔族の復興はない。

 一旦は否定してみたものの、その考えは消えなかった。
 魔王グライフを復活させ、人間どもを滅ぼして、この世界を魔族の手に取り戻す。それは、サグやレハールから、聞き飽きるほど聞かされてきたことだった。彼女も、一時はその考えに共鳴し、サグと行動を共にした。
 だが、その結果は。
 賢者アガーテさえ亡き者にすれば、人間どもは容易(たやす)く分裂し、復活した魔王によって、木っ端微塵(みじん)にされるだろう。魔族の誰もが、そう考えていた。
 しかし、彼らが侮(あなど)っていた人間は、意外にも手強かった。異世界から『跳躍』して来た者と心を一つにした、エーデルブルクの王女・テレジア=コンスタンツ・ローゼンベルガーが中心となり、魔族が支配下に組み込んだ大国・ホーエンフリーセンとシュヴァルツモイゼを撃破した。さらに王女は、中央大陸の諸国家をまとめ、その軍勢を率いて、北の大陸まで攻め寄せて来た。傀儡(かいらい)としていたローデル一世とゴール四世は殺され、あまつさえサグまでも、瀕死のローデルと相打ちになってしまった。レハールは、眷属(けんぞく)や高位の魔族たちを生贄(いけにえ)にして、なおも魔王を復活させようとしているが、もはや完全復活を望むことはできない。

 ・・・ならば、『あの御方』さえいなくなれば、戦は終わるのではないか。

 魔王を復活させることができなければ、魔族は滅ぶ。そうサグは言った。けれども、このままレハールに好き勝手をさせておけば、魔王を復活させたとしても、魔族は滅んでしまう。
 もし、魔王の復活を阻止したら、人間はこの戦に勝つだろう。勝利した人間は、敗残の魔族を、どのように扱うだろうか。

 ・・・処刑するのか、それとも。

 ゲルダの思考は、そこで大きな疑問の壁に突き当たった。
 戦闘力を失った彼女を、殺さずに捕虜とした、エステル・デマーゼル。
 人間のすべてが、エステルと同じであるとは思えない。勝敗が決すれば、人間たちの多くが、魔族を滅ぼせと叫ぶだろう。それは、逆の場合を考えてみれば、容易に想像がつく。
 しかし、人間の『王』たちが、魔族の存続を許容すれば。
 いや、それは甘すぎる期待というものだ。第一、親兄弟を魔族に殺された民が、魔族との共存などを受け入れるはずがない。
 ならば、魔族と人間とは、どちらかが最後の一人になるまで、戦い続けなければならないのだろうか。

 ・・・テレジア=コンスタンツ・ローゼンベルガーは、どう考えているのだろう。

 人間たちのリーダーである王女が、この戦いをどのように考えているのか。そこに思い当たった時、ゲルダの興味は、王女テレジアに移っていた。
 賢者アガーテの後を継ぎ、諸国の意思を一つにまとめて、魔王グライフに挑もうとしている『王女テレジア』とは、一体何者なのか。エステルの意識から伝わって来る王女の姿は、若干十七歳の少女に過ぎず、とても中央大陸の諸国をまとめられるようには見えなかった。
 ゲルダは、王女のことをさらに調べてみようとした。しかし、エステルの意識は、王女テレジアに関する箇所だけ、強い抑制が働いていて、全く読むことができなかなった。確かに、一軍の総帥である王女に関する情報が、固くブロックされているのは当然というものの、そこには得体の知れない恐怖感と、憐憫にも似たエステルの感情が、まとわりついていた。

 ・・・何かある・・・。

 ゲルダは、そう直感した。王女テレジアには、口にすることすら憚(はばか)られるような秘密がある。その秘密とは、一体何なのか。そのことに、彼女は興味をそそられた。

 ・・・調べて、みようか。

 直接、王女テレジアの意識を捉えることができたら、この謎が解けるかも知れない。ゲルダは、慎重に思念を引き戻し、目をつぶったまま、全ての意識を開放した。
 
前へ   目次   次へ