前へ   目次   次へ

第八部
第八章 夜 魔(後編)

 
 それから、どのくらいの時間が経ったのだろう。
 「・・・!?」
 ゲルダは、ぎょっとして目を開いた。
 強烈なエネルギーを持った者が、急速に接近しつつあった。それは、魔王の眷属で最強と言われたサグをも、遥かに凌(しの)ぐエネルギーだった。
 身体を起こした彼女の頬に、ポツリと雨滴が当たった。次いでコロネットに、ガウンに、雨粒が飛沫を上げた。雨脚は次第に強くなり、見上げると、上空はすっかり灰色の雨雲に覆われていた。眠っている間に、かなり高度が下がっていたことを、彼女は悟った。
 腹の底に響くような雷鳴が、立て続けに空気を震わせた。電光が雲の下腹を照らし出し、稲光が蜘蛛の巣のように空を走る。その光の中に、彼女は、接近して来る者の姿を見た。
 巨大な龍。
 凄まじい『気』を身にまとった龍が、うねりながら近づいて来る。だが、その全身は、定まった『形』を持っていないように見えた。噴き上げた水流が、そのまま凝固したような、一言で言えば水の柱のような姿である。勿論、頭部と思われるあたりは、龍のような形をしていたが、全身は透き通っていて、絶えず水が循環しているように見える。電光に照らされて、その体は美しい虹色に輝いていたが、ビリビリと伝わって来る波動は、龍の持つ破壊的なエネルギーを、ゲルダにはっきりと認識させた。
 「くっ・・・! シルドラ!」
 真紅の唇を引きつらせて、ゲルダは呻(うめ)いた。
 水龍の力は、水のある所では尽きることがない。全天を覆い尽くす雨雲と、この大陸の水脈と。無尽蔵に近い大量の水を得て、シルドラの体は、これまでの数倍に膨れ上がっていた。
 ・・・逃げなければ。
 頭の中で、警鐘が鳴り響く。
 今のシルドラと互角に戦える者は、この世界に存在しない。レハールとイザン、それに生き残った全ての魔族を束にしても、あの水龍には敵わないだろう。魔王グライフなら、あるいはシルドラを圧倒できるかも知れないが、それも魔王が完全復活を果たしていたらの話だ。半覚醒状態の魔王では、やられてしまうかも知れない。
 ゲルダは、慌てて飛翔呪文を唱え直し、急降下に移った。
 だが、その動きは、たちまち水龍に察知された。

 おおぉ・・・ん。

 雷鳴を圧し、龍の咆哮が響いた。振り返ったゲルダの視界に、こちらへ向けられた薄紫色の双眸が、サーチライトのように輝きを増すのが見えた。
 「ダ=フォーラ!」
 反射的に、ゲルダは防御呪文を唱えた。詠唱と同時に、水の沸騰するような音が響き渡り、彼女の全身を光の泡が包む。間髪を入れず、空気を切り裂く音と共に、無数の雹(ひょう)が飛来した。
 「くっ・・・!」
 第一波の攻撃は、殆ど瞬時に光の泡へと吸い込まれ、消えたかに見えた。しかし、背筋も凍るほどの冷気がゲルダを包んだと見る間に、泡は白い氷に覆われ、ビキビキと音を立てて、その表面に亀裂が走った。

 転瞬。

 キン! と澄んだ音を残し、泡のバリアは粉々に砕け散った。
 「ダ=フォーラ!」
 狼狽して、ゲルダは再度、呪文を唱えた。
 だが、一瞬遅かった。
 呪文が発動する前に、第二波の攻撃が降り注いだ。身を躱(かわ)す暇もなく、彼女の全身が雹に撃ち抜かれた。
 「あうっ!」
 必死に損傷箇所の修復をするものの、さらに第三波の攻撃がゲルダを襲う。体温が急激に低下し、修復の速度は大幅に落ちた。飛翔呪文が破れ、彼女は真っ逆さまに落下して行った。
 そのまま大地に叩きつけられていたら、凍りついたゲルダの身体は、粉々に砕け散っていたことだろう。だが、山麓の樹林帯と小さな沼が、彼女を即死から守った。彼女の身体は、葉の生い茂った枝で何回かバウンドし、落下速度を大幅に減殺された状態で、小さな沼の水面に、しぶきを上げて落下した。
 「はあはあ・・・ううっ! げえっ! ごほっごほっ!・・・はあはあ・・・!」
 苦労して岸に這い上がり、ゲルダは夥(おびただ)しい水を吐いて咳き込んだ。近くの藪に身を隠し、空を見上げると、巨大な水龍が、悠然と上空を通過して行くところだった。

 ・・・戻らなければ。

 まず脳裏に浮かんだのは、そのことだった。
 レハールやイザンのいる、ホーホフート山の山頂にではない。遥か北辺の山中にある、魔族の居城『久遠の塔』へである。
 シルドラの凄まじい攻撃を受け、ゲルダは、身体の修復に殆どのエネルギーを使い果たしてしまった。しかもなお、修復は完全ではない。使える呪文は、せいぜいが一つ二つ程度だろう。
 ・・・とにかく、一旦『久遠の塔』へ帰って、手当てを受けなければ。
 彼女は、木にすがって立ち上がり、よろよろと歩き出した。
 飛翔呪文を使えば、比較的楽に『久遠の塔』へ戻ることができるものの、飛び上がった途端、シルドラに察知されるだろう。そうなったら、もう逃げることはできない。徒歩で、できる限り距離を置くしかなかった。
 平地に出るまでは、かなりの時間がかかった。手当たり次第に、目に付いた小動物を捕らえて食べたお蔭で、幾分か体力は回復したものの、木の根に躓(つまづ)き、棘(とげ)のある植物に無数の掻き傷を作られながらの歩行は、ゲルダを疲労困憊させた。
 一度、たまりかねて飛翔呪文を使おうとしたが、森の中では魔法を使えないことが分かり、彼女は愕然とした。どうやら、何者かが、魔法を封じているらしい。その相手が近くにいるのではと思うと、彼女の背筋に冷たいものが走り抜けた。
 上空と前方からは、間断なく戦いの音が聞こえてきた。水龍の咆哮、魔族の叫び、爆発音や破砕音、さらには人間たちの喚声や悲鳴、そして怒号。風向きによって、それらの音は、遠ざかったり近づいたりした。加えて、樹間を漂ってくる、血の匂いや樹木の燃える匂い。そうした諸々(もろもろ)のものが、紛れもなくここが戦場であることを、ゲルダに意識させた。
 ようやく平地に出た時、陽は既に落ちていた。日中、絶え間なく聞こえていた干戈(かんか)の音も消え果て、虫の声と、時折聞こえる夜鳥の鳴き声だけが、夜の帷(とばり)を満たしていた。雨は止んでいて、開けた空には無数の星が瞬き、月が煌々(こうこう)と輝いていた。眠気と戦いながら歩いて来た彼女は、空を見上げて、ほっと息をついた。

 「おい、そこにいるのは誰だ?!」
 切り株に腰を下ろしかけた時、突然誰何(すいか)されて、ゲルダは全身を強張らせた。
 いつの間に、近づいて来ていたのだろう。前方五十歩ほどの所に、黒い人影が見えた。スピア(長槍)を構えているところを見ると、人間の兵士に違いない。ゲルダは、舌打ちをして、立ち上がった。
 声を聞きつけて、さらに何人かの兵士たちが駆けつけて来た。中の一人が、カチカチと火打石を打ち鳴らす音が聞こえ、程なく蝋燭(ろうそく)の光が、数人の甲冑姿の男たちを照らし出した。『アメリ(龕灯・がんどう)』と呼ばれる、金属製の筒の中に蝋燭を固定し、一方向のみを照らすようにした照明器具である。眩(まぶ)しさに目をしばたたき、ゲルダが手をかざすと、兵士たちの間から叫び声が上がった。
 「魔族だ! 魔族が陣中に忍び込んだぞ!」
 待てと言っても、聞く耳など持たないだろう。見る見る強まっていく殺気を感じ取り、ゲルダはまた舌打ちをした。
 魔法を使えば、人間の五十匹や百匹、いともたやすく消し飛ばせるはずだった。だが、依然として魔法は、何者かにより封じられていた。愛用の多節鞭も、シルドラに攻撃された際に、落としてしまっている。仕方なく彼女は、得意とする『夢送り』を使うことにした。
 「むっ!こやつ・・・!」
 「油断するな! 目が光り出したぞ!」
 兵士たちが口々に叫び、彼女を囲むように散開した。ゲルダは、素早く周囲を見回し、呼子笛を口にした兵士に狙いを付けた。
 「ふっ・・・!」
 息を吐くような音が、彼女の唇を洩れた。同時に、がくんとその身体が揺らぎ、草地に座り込む。何事かと兵士たちが戸惑っているうちに、彼女の思念は、獲物の中に飛び込んだ。
 「うわっ!?」
 「おい、どうしたアレクセイ?!」
 「しっかりしろ!何があった?!」
 呼子笛を取り落し、ヘルム(兜)を脱ぎ捨てて、頭を掻きむしる兵士。仲間たちが狼狽して、駆け寄って来る。
 だが、一瞬の後。
 ゲルダは、アレクセイと呼ばれた兵士の意識を、完全に乗っ取っていた。
 「戦え」
 短い命令を下すと、彼女の思念は、次の兵士へと跳んだ。その兵士も、たちまち意識を乗っ取られ、彼女の命令を受けて、ソードを抜き放った。
 「お、おいアレクセイ!」
 「エウゲニー、どうしたんだ?!」
 ゲルダの『夢送り』は、眷属の中でも彼女だけが使うことのできる、独特の能力だった。意識の一部を、『楔(くさび)』のように相手の中に打ち込み、彼女の思念が抜け出てしまっても、相手に対する支配を継続することができる。
 この能力を使って、ゲルダは、多くの魔族の男を虜(とりこ)にしてきた。彼女が指差したものを、男達は争って取りに走った。望んで得られぬものはなく、望んで叶わぬこともなかった。そうして得たものを部屋に撒き散らし、彼女は美酒と男に溺れた。精を吸い取るたびに、彼女はますます美しくなり、その美しさが次の男を引き寄せた。魔族の中の貴族たる眷属も、それ以外の魔族も、望んだ男は悉(ことごと)く彼女のものになった。
 その『夢送り』が、今は敵の兵士たちに猛威を振るう。意識を乗っ取られた男たちは、次々と味方に斬りかかった。
 「ぎゃっ!」
 「ぐあっ!」
 アメリの火が消えた真っ暗闇の中で、凄惨な同士討ちが始まった。剣や鉾(ほこ)を、打ち合わせる音。悲鳴と怒号。空気の中に、濃密な血の匂いが混じる。自分の身体に戻って来たゲルダは、ほっと息をついて、物憂く立ち上がった。
 とにかく、魔法を封じている結界から出なければ。今のうちに、できるだけここから離れて。
 体力も精神力も、最早限界に近づいていた。一刻でも良いから睡眠を取りたかったが、敵地で眠り込むことなどできない。飛翔呪文が使える所まで、歩いて行くしかなかった。
 だが、彼女の目論見は、百歩と行かないうちに外れた。
 「お待ちなさい!」
 鋭く制止を命ずる声に、ゲルダは立ち止まった。
 声は女のものだったが、先ほどの兵士たちとは比較にならないほどの威圧感と殺気を、漲(みなぎ)らせた声だった。察するところ、兵士たちの上官であろう。斃(たお)しておかなければ、後々面倒なことになる。嫌々ながら、ゲルダは振り返った。

 眼前に立っていたのは、ごく平凡な人間の女だった。年の頃は、四十から五十歳くらいだろう。人間は魔族より寿命が短いから、中年といったところだろうか。小太りの身体を、緑地に金色の縁飾りのついたサーコートに包み、ハルベルト(刀身に小型の斧のついた槍)を小脇に抱えている。アーマー、ヘルムといった防具の類(たぐい)は、一切身に着けていない。一見したところ、その女が強力な殺気を投げつけてきたとは思えなかったが、防具を着用していないことが、その女の実力を、如実に物語っていた。
 アメリの光が、再びゲルダを捉えた。眩しさに目をしばたたき、彼女が一歩下がると、女がハルベルトを構えて、音もなく進み出た。
 「我らが陣中に独りで夜襲をかけるとは、大胆不敵な所業。いずれ高位の魔族でありましょう。わたくしは、エーデルブルクのエステル・デマーゼル。いざ、尋常に立ち会われよ」
 「ふふ・・・魔族とは見くびられたものよ。妾(わらわ)は、『彼(か)の御方』の眷属なりしものを。勝負などとは片腹痛い。この場は見逃してやろうほどに、疾(と)く立ち去れ」
 これ以上、力を消耗したくないゲルダの、精一杯の虚勢だった。
 だが、エステル・デマーゼルと名乗った女は、全く動じる様子もない。瞳に、見る見る殺気が籠(こも)る。その唇から、押し殺した声が洩れた。
 「是非もなし」
 転瞬。
 女の振りかざしたハルベルトが、蛇のようにしなり、襲い掛かって来た。
 「くっ!」
 斜め前方に向かって踏み込み、ゲルダは辛くもハルベルトの矛先を躱(かわ)した。だが、懐(ふところ)に付け入ろうとする暇(いとま)もなく、エステル・デマーゼルはハルベルトを手繰り込んだ。刀身に取り付けられた小型の斧が、アメリの光を散らして煌(きら)めく。間髪を入れず、空気を切り裂いて、ハルベルトが振り下ろされた。
 「むっ!」
 ゲルダは、身体を捻(ひね)って右へ跳んだ。体勢が崩れれば、次の一撃が襲って来る。それを計算して、さらに左へ跳んだ瞬間、寸前までいた場所を、ハルベルトが薙ぎ払った。
 ・・・離れれば、やられる。
 ほんの数歩、距離を取っただけで、槍が襲い掛かって来る。ゲルダは、本能的にそれを悟った。しかし、距離を取らなければ、『夢送り』が使えない。身に寸鉄も帯びておらず、武器もなく、呪文も使えない状態では、『夢送り』以外に勝つ手だてはない。このまま躱(かわ)し続けていれば、いずれは矛先に捉えられてしまう。歯噛みをしながら、彼女は回避を続けた。
 だが、相手の技量は、彼女の想像を上回っていた。
 「・・・つっ!」
 不意に、焼け付くような痛みが、ふくらはぎに走った。ゲルダは、つんのめって横転し、地面に叩きつけられた。起き上がろうとした彼女の眼前に、青い血のついたハルベルトが突きつけられる。最早これまでと観念して、ゲルダは目をつぶった。
 
前へ   目次   次へ