戻る

かりんと豆の木

by Woodnote


 いつも元気一杯で明るいかりんさん。
でも、その正体は謎に包まれています(^^;
メールアドレスとBBSへの書き込みから、
ちょっと想像を膨らましてみました。
10歳の頃のかりんさんは、こんな女の子
だったのではないかと・・・(これこれっ・汗
どうぞ笑って許して下さい(^^;
かりんさんの絵と詩をこよなく愛するファンより。


   だんな様の名前は『ダーリン』。
 奥様の名前は『ハニー』。
 ごく普通の二人は、ごく普通の出会いをし、ごく普通の結婚をしました。
 しかし、唯一つ違っていたのは・・・

 二人とも魔法使いだったのです(オイ

 当然のことながら、生まれた赤ちゃんは、魔法使いでした(^^;
 二人はこの子に『かりん』と名前をつけました。
 そして赤ちゃんは、すくすくと育ち、10年の月日が流れましたとさ。
 
 2
  それは、いつものようによく晴れた春の夕方のことでした。
 かりんは、愛犬マロンとともに、川の土手を散歩していました。
 うららかな春の素敵な夕暮れ。頬を撫でていく気持ちの良いそよ風。かりんは、心も軽く、散歩に疲れたマロンを抱いて歩いていきます。大きな赤いお日様が、河の向こうのビルの陰にかかり、ねぐらへ帰るカラスの家族が、ゆっくりと羽ばたきながら、西へと向かっています。
 「あ、ご覧。カラスがお家に帰って行くよ。」
 かりんは、そう言って指差しました。マロンは、一つ大きなあくびをすると、かりんの胸に顔をこすりつけ、「もう帰ろ」というように、ぐいぐい押します。
 「そっか。マロンもお家に帰りたいのね」かりんは微笑んで、今来た道を引き返そうとしました。

 その時です。
 頭の上の、ずっと高い所から、「ひゅーーーっ」というかすかな音が聞こえました。それは、小鳥の鳴き声とは違った、風を切って何かが落ちてくるような音でした。かりんは思わず足を留めて、空を見上げました。
 最初、それはケシ粒のように見えました。それが、見る見るウズラの卵ほどになり、ニワトリの卵ぐらいになって、こちらへ落ちて来ます。「ひゅるるる」という音は、はっきりと聞こえるようになり、夕暮れの弱い日差しでも、落ちて来るのが人の形をしていることがわかるほど近づいて来ると、かりんはマロンを小脇に抱きかかえ、慌てて走り出しました。

 走りながら見上げると、それはもう子馬ほどの大きさに見えました。真っ直ぐにこっちへ落ちて来ます。「あわわわわっ!」かりんは、死に物狂いでダッシュしました。興奮したマロンが、キャンキャン叫びます。そのつぶらな瞳は大きく見開かれ、尻尾はハリネズミのようにささくれ立っています。
 「はあはあはあはあ」
 土手を200メートルも走ったでしょうか。かりんはまた空を見上げ、跳び上がって、前より速く走り出しました。それは今や、目と鼻の先ほどの所まで落ちて来ていて、その大きさといったらゾウほどもあるのです。
 「ぜーぜーぜーぜー」
 頭のすぐ上の方で「ひゅううう」という音が聞こえます。このままいくと、きっとかりんの上に落ちて来るでしょう。それなら最初から走らなければ良かったのにと思うのですが、そんなことを考えている余裕はありません。
 「ふうふうふうふう」
 もうダメ。そう思った時、かりんの膝から力が抜け、一人と一匹は、真っさかさまに土手を転がり落ちました。
 「うあ!」
 「キャイン!」
 かりんとマロンが下の道で土煙を上げたのと同時に、それはものすごい音を立ててすぐ上の土手に落ちました。もうもうと煙が上がり、地面が激しく揺れ動きます。マロンは素早くかりんの腕の下に潜り込み、ぱっと丸くなりました。
 うつ伏せになったかりんの頭と背中に、ばらばらと土や石が落ちて来ます。かりんは頭を抱えながら、道端のポストの陰に駈け込みました。身を守るものが急になくなったマロンは、慌てて主人の後を追い、ポストの陰でかりんに文句を言いました。
 
 3
  「ふう、注意1秒危機一髪(^^;A」
 ようやく土煙が収まると、かりんは全身のほこりを払いながら立ち上がりました。マロンも全身をブルブル震わせてほこりを落とすと、大急ぎで毛づくろいを始めます。遠くの方で、サイレンの音がいくつも鳴っています。救急車でしょうか。それともパトカー?音が混ざり合ってよくわかりませんが、とにかくこっちに向かっているようです。胸のドキドキが収まると、かりんは傍らのマロンを振り返りました。
 「マロン、けがはない?」
 「アンッ!アンアンッ!」
 「何よ、何か文句でもあるの?」
 「アンアンアンアンッ!」
 「何言ってんのよ。自分だってあたしの下に隠れようとしてたくせに(--#」
 「・・・アウ〜ン」
 「主人を守るのがあんたの役目でしょーがっ」
 「スキューン・・・」
 「ちゃんと反省してる?」
 「くう〜んm(_ _)m」
 かりんは、マロンの頭を一つ撫でて立ち上がりました。一体何が落ちて来たのか、確かめなければなりません。隕石や宇宙船でないことは、人の形をしていたことからわかりますが、そうすると巨人かロボットなのでしょうか。とにかく、かりんの好奇心は、強くかき立てられていました。マロンは、まだ体中の毛を逆立て、尻込みしていましたが、かりんが土手を登り始めると、いやいやついて行きます。

 上の方から、キーンという音が聞こえたのは、かりんが土手を半分ほど登りかけた時でした。見上げたかりんの目の前に、いきなりぬっと巨大な黒い顔が現れました。
 「どわっ!」
 思わずのけぞりそうになるかりん。慌てて坂を駈け下るマロン。
 それは、映画館の大画面より迫力のある光景でした。写真で見た奈良の大仏より、たっぷり一回りは大きな顔。顔の真ん中に、目のようなものが一つついていますが、あとは何もありません。まったくのノッペラボーです。その目が、固まっているかりんを見つけて、ピンク色に光りました。
 「ギ・・・ギ・・・」
 顔のすぐ右側に、これも巨大な手が現れました。とっさに危険を感じたかりんは、口の中で素早く呪文を唱えると、自分の顔より大きなロボットの目に向かって、両手を突き出しました。
 「ふぁいあーぼーる!」
 声と同時に、白熱した光球がかりんの手のひらから飛び出し、まばゆい光を放ってロボットを襲います。
 ちゅどーん。
 目もくらむような閃光が弾け、ロボットの頭が炎を吹き上げました。爆風で土手の下まで跳ね飛ばされたかりんは、ぱっと起き直ると、再び坂を駈け上がって行きます。
 土手の上に立つと、ロボットは10メートルぐらい下の川原にころがって、黒い煙を上げていました。手足はまだ動いているようですが、どうやらもう危険はないようです。
 「やたっ!」
 かりんはぴょんと跳び上がると、ロボットに向かって駈けて行きました。
 
 4
 近づいていくと、ロボットはもう動いていませんでした。用心のために、拾った棒でつんつんしてみたのですが、完全に壊れてしまったようで、ぴくりともしません。かりんはようやく安心して、ロボットの前に立ちました。
 それにしても、何という巨大なロボットでしょう。全長は15メートルぐらいもあるでしょうか。こんなロボットは見たこともありません。どこの国のものかわかりませんが、全身真っ黒の、気味の悪いロボットでした。

 まじまじとそれが燃えているのを見つめていたかりんは、ふとロボットが右手に何か持っているのに気づきました。身をかがめて覗き込むと、小さな包みのようです。笹の葉でくるんで、龍のひげでしばってあります。巨大なロボットに不釣合いなほど小さな包みでした。かりんはそれを手に取り、龍のひげをほどいてみました。
 包みの中身は落花生でした。
 「ら、らっきぃ。」
 かりんの瞳が輝きます。それもそのはず、落花生はかりんの大好物でした。しかもこれは、粒の大きさといい色艶といい、いかにもおいしそうです。かりんはあたりを素早く見回すと、一つだけ残して包みをスカートのポケットにねじ込みました。
 「拾い食いをしちゃいけませんよ」ママがいつも言っていることを思い出しましたが、ネコにマタタビ、かりんに落花生。この状況でそのいいつけを守れというのはとても無理です。かりんはたちまち誘惑に負けて、いそいそと殻を割り、口に放り込みました。
 「こっ、こりはっ(^^)b」
 ポリッと噛み砕くと、口の中に香ばしさが広がります。そのおいしいことといったら、八街(やちまた)産の落花生も遠く及びません。まったりとしてコクがあり、しかもくどくない。テイスティ&クリスピー。まさに絶品でした。
 「う・・・うまいっ(T^T)q」
 かりんはポケットに手を突っ込み、もう一つ取り出して殻を割ります。それを見ていたマロンが、後足で立ち上がって、舌なめずりをしました。
 「だぁめっ。あんたには後でドッグフードをたっぷり上げるわさっ。」
 「アンアンアンアン。」
 「だめっつったらダメ!」
 「あおーん」
 がっかりするマロンに構わず、二つ目の落花生を口に放り込んだかりんは、こちらに向かって走ってくるパトカーと救急車に気がつきました。
 「いけね、お巡りさんがきちゃった。まろすけ、帰ろ。」
 かりんはマロンを抱き上げると、さっさと土手を降りて、走って行きました。
 
 「次のニュースです。今日午後5時頃、大江戸区森山の河川敷に、巨大なロボットが落下し、爆発炎上しました。このロボットは全長約15メートル。全身黒塗りで、国籍や製造元を証明する標識をつけておらず、警察と消防では・・・」
 「ただ今っ。」
 リビングでテレビを見ていたかりんの両親は、上気した顔で帰って来たかりんを見て、ほっとしたように表情をゆるめました。
 「おかえりなさい、かりん。心配していたのよ。」
 「へ?」
 ママに抱きしめられて、かりんはきょとんとしました。
 「だってほら、変なロボットが落ちたって・・・。あれ、あなたが散歩に行ったあたりでしょう?」
 「う、うん・・・」
 テレビを見ると、大きなロボットの残骸が映し出され、周りにたくさんの人が群がっています。警察官にまじって、ものものしい服装をした自衛隊の隊員が、ロボットを調べているところでした。
 「落ちて来るところ、見たんでしょ?どんな感じだった?」
 「そ・・・そりが〜(汗)」
 かりんがもじもじしていると、敏感なママは、美しい眉をきゅっと引き上げました。
 「かりん、あなた何か知ってるのね?」
 「えっ?いやその・・・」
 「おっしゃい!ママをごまかそうとしてもだめよ!」
 「い、いや〜んで笑っ☆」
 「かりんっっ!」
 ママに肩を揺さぶられて、かりんの頭ががくがく揺れ動きます。こ、このシチュエーションを何とか逃れる方法は・・・。かりんは必死に言い訳を考えました。
 「ハニー、そんなにきつく言ったら、かりんが怯えてしまうじゃないか。」
 見かねたパパが助け舟を出してくれます。かりんはすかさず、それに便乗しました。ママが向こうを向いたすきに、つばで目元を濡らし、いそいで泣きまねを始めます。
 「ダーリン、あなたはいつもかりんに甘いんだから。」
 「でもご覧よ。怖がって泣いてるじゃないか。」
 「うう・・・えぐしっ。ママ、怖いよぉ・・・」
 ママは、きっと振り返って、かりんをにらみつけました。
 「あんたって子は、ウソ泣きなんかしてっ!」」
 あぅ、ばれてーら(^^;
 かりんは思わず後じさりします。こんな時のママは、あのロボットなんかと比較にならないくらい危険。いつ雷が落ちるかわかりません。怒られるだけならいいけど、ママの場合、本物の雷を落とすことがあるのです。かりんは、幼稚園の頃、落雷でチリチリになった髪の毛を、みんなに笑われたことを思い出しました。今度は黒焦げになるかもしれません。そうしたら、クラス中の笑いものになることでしょう。大好きな宮本くんの前で恥をかくことだけは避けたいかりんでした。でも・・・でも、この落花生は・・・。

 色気より食い気のかりんです。ついポケットの方に視線が行ってしまいます。かりんのかすかな動作と膨らんだポケットを、しかしママは見逃しませんでした。
 「かりん!何をポケットに入れているの?出しなさい!」
 「こ、こりはっ・・・(^^;」
 ママは、手のひらを上にして両手を差し出しました。一見ポケットの中のものを受け取ろうとしているように見えますが、かりんは知っています。これは稲妻の呪文のポーズなのです。それが証拠に、ほら、口の中で何かつぶやいているではありませんか。
 「ご、ごめんしてたもれっ!」
 かりんは観念して、ポケットから落花生をざらざらと出しました。
 
「何これ?落花生?こんなもの、どこで拾ってきたの?」
 ママは、あっけにとられたように尋ねます。ちょっと表情が和らぎ、声にも安心したような響きがあります。
 「じ、実は〜」
 かりんが説明しようとすると、ママはぴしゃりと言いました。
 「拾い食いをしちゃだめって、いつも言ってるでしょ?」
 「いやその、拾ったんじゃなくて・・・」
 「じゃ、どこで買ってきたの?そんなお金、持っていないでしょう。まさかあなた、万引き・・・」
 ママの声が震えています。あまりの論理の飛躍に、かりんは憤慨して叫びました。
 「どてかぼちゃっ!」
 「何ですって?!」
 「こりはあのロボットが持ってたんだわさっ!」
 言ってしまってから、かりんはしまったと思いました。事態はもっと悪い方に急展開していきます。ママは一瞬目を見張り、恐る恐る尋ねます。

 「ロボットって・・・テレビに出ていたあの化け物のこと?あなた、あのロボットの傍にいたの?」
 「あう〜(^^;」
 「あう〜、じゃわからないでしょ!はっきりおっしゃい!」
 かりんは、しぶしぶ頷きました。
 「マロンとぉ、お散歩してたらぁ、空から落っこちてきて〜」
 パパも思わず立ち上がり、かりんの傍にしゃがみます。二つの顔に見つめられて、かりんは口ごもりながら話し出しました。
 「で」
 「で?」
 「どんって、すぐ傍に落ちてぇ」
 「落ちて?」
 「土手を登って見ようとしたらぁ」
 「したら?」
 「大きな顔がにゅって・・・」
 「え?」
 「・・・それが持ってた」
 「何を?」
 「落花生」
 パパとママは、顔を見合わせます。
 「あのロボットが、落花生?」
 「だって、持ってたんだわさっ」かりんは、明らかに信じられないという表情を浮かべている両親に、むきになって言いました。「笹の葉でくるんで、龍のひげでしばってあったんだもん。ほんとだもん。」
 「ちょっと待った」パパがかりんの言葉を遮ります。「ということは、かりんが見た時、ロボットは動いていたんだね?」
 「そりゃもう・・・いけね(^^;」
 「・・・かりん」パパの顔が、ぐっとかりんの目の前に近づいてきます。「動いているロボットから、どうやって落花生の入った包みを取ったんだ?」
 「そ、そりはぁ・・・」
 「・・・かりん、まさか・・・」
 「あ・・・あぅ〜(^^;」
 「何を使った?」
 「え・・・えーと、『ふぁいあーぼーる』などをちょっぴり・・・」
 「ファイアーボール!?」
 両親は、のけぞるほど驚きました。
 「あ、あんな危険な呪文を使ったのか!」
 「あれは使っちゃいけないって言ったでしょう!」
 「いや〜んで笑っ☆」
 「笑い事ぢゃないっっ!」
 それでパパにもママにもわかりました。なぜテレビに映ったロボットが黒焦げになっていたかを。でももし、かりんがけがでもしていたら。二人は思わずぞっとしたのでした。
 「あなたって子は・・・ああっ」ママは、頭を押さえてうめきます。「ひとつ間違えていたら、大変なことになっていたかも知れないのよ!」
 「パパとママが、どんなにかりんのことを愛してるか、わかっているだろう?」パパも言います。「無茶なことをするんじゃない。」
 「う・・・うん」
 かりんは、テーブルの上の落花生にそっと手を伸ばしながら答えました。
 「ごめんね、パパ、ママ」
 目ざとくそれを見つけたママが、かりんの手をぴしゃりとたたいて厳しく言います。
 「これは没収します!お部屋で反省していなさいっ!」
 「あ、あぅ〜(^^;」
 かりんは、未練たっぷりに落花生を眺めながら、階段を上がって行きました。
 
「ちぇっ、つまんないの」ベッドにひっくり返ると、かりんはぶつぶつ言いました。「ママのケチ。落花生まで取っちゃうことないじゃない。あそこで全部食べちゃえばよかった。」
 マロンがベッドに這い上がってきて、ぺろっとかりんの頬を舐めます。
 「慰めてくれるのはあんただけよ。ありがとね、マロン。」
 頭を撫でられて、マロンは嬉しそうに尻尾をぱたぱた振り、舌を出しました。
 「それにしても参ったなあ。今夜は晩御飯抜きになっちゃうかも。何か食べるもの、隠してなかったっけ。」
 お腹がグーッと鳴ります。かりんはベッドから降りて、机の引き出しをごそごそ捜し始めました。
 見つかったのは、昨日学校の帰りに買ってきた裂きイカの残りがちょっぴり。これではお腹はいっぱいにならないけれど、まあ何もないよりはましでしょう。かりんは袋に手を突っ込むと、裂きイカをつかみ出しました。
 足元でマロンがフンフン言いながら、鼻をこすりつけてきます。マロンもお腹が空いているのでしょう。
 「だぁめ。あんたは後でドッグフードをいっぱい食べられるでしょ。」
 「アンアン」
 「だめっつーたらダメっ」
 「アンッ。アンアンッ」
 しきりに抗議するマロンをしりめに、かりんはたちまち袋を空っぽにしてしまいます。
 「うーん、もうなくなっちゃった。あと何かなかったかなぁ。」
 本棚やランドセルの中も捜してみましたが、もう何もないようです。かりんは諦めて、宿題をすることにしました。
 「あ、雨戸も閉めなくちゃ。」
 ランドセルから出した教科書とノートを机の上に置くと、かりんは伸び上がって窓を開けました。外はすっかり薄暗くなっていて、風もひんやりしています。かりんは思わずぶるっと震え、くしゃみをしました。
 「あぅ、ティッシュティッシュ。」
 スカートのポケットを探ると、指先に固いものが当たります。
 「あり?」
 何だろうとポケットティッシュを引っぱり出すと、一緒に落花生が一つ出てきました。
 「ら、らっきぃ!」
 ママに全部取り上げられたはずの落花生です。ポケットの中に残っていたのでしょう。口の中につばが湧いてきます。かりんはいそいそと殻を割って中身を取り出しました。

 その時です、マロンが弾丸のようにかりんの足に飛びついてきたのは。
 マロンは不満でした。今日は二度もお預けを食らっているのです。いくら大好きなかりんちゃんでも、これは許せません。それなのにまた、あんなおいしそうなものを!これは絶対に分けてもらわなくちゃ!
 『かりんちゃん!』
 「あわわっ!」
 背伸びしていたところへ飛びつかれて、かりんはぐらりとよろめきました。あわててサッシにしがみつこうとした途端、落花生は指の間からつるりとすべって、窓から落ちて行きます。
 「ああっ!」
 「アンアンッ!」
 「ばかっ!落っこっちゃったじゃないのさっっ!」
 「アン?」
 「あんたのせいよっっ!」
 「すきゅーん」
 「ううっ・・・もう一度食べられると思ったのに・・・」
 「くぅーん」
 「ばかばかっ。ケージの中で反省してなさいっ!」
 「あぉーん(T^T)」
 マロンがしょんぼりと出て行った後も、かりんはしばらく呆然と窓にしがみついていました。
 取りに行こうとしても、1階にはパパとママがいます。怒られるのを承知で魔法を使ってここから降りたとしても、外は真っ暗。小さな落花生なんて見つかりっこありません。残っていた最後の一個なのに・・・。ああ・・・あたしって、何て不幸な女の子なの。
 やがてかりんは、のろのろと雨戸を閉めると、布団をかぶって泣きながら眠ってしまいました。
 
 翌朝、かりんはまだ真っ暗なうちに目覚めました。
 夕べ早く寝すぎたのと空腹のせいです。時計を見ると、まだ3時でした。
 「うう、お腹が減ったなぁ・・・。」
 春とはいえ、まだ肌寒い季節です。かりんはぶるっと身震いしました。
 「このままでいったら、家の中で凍え死にか飢え死にしちゃうかも・・・『遭難です』なんちゃって・・・ひえぇ、よけい寒くなってきた(^^;」
 オヤジギャグを飛ばしている場合ではありません。お腹がグーグー鳴り続けています。かりんはそっと起き上がると、足音を殺して階段を降りて行きました。

 リビングは真っ暗で、しんとしています。マロンがケージの中で眠っているはずなのですが、息遣いさえも聞こえません。マロンが起きて騒ぎ出したら、大変なことになります。かりんは忍び足で素早くそこを通り抜けると、キッチンに入って行きました。
 手探りで冷蔵庫の取っ手をつかんで引くと、さあっと明かりがあふれます。かりんは、そのまぶしさに、目をぱちぱちさせました。
 あるある。ママ特製のフルーツサンドイッチとチーズケーキ。その横にはチョコムースのカップ。ごちそうがてんこ盛りです。おまけに、パパのおつまみでしょうか。真空パック入りの『世界の木の実』まで!
 「どひゃー♪」
 ごくりと喉が鳴ります。かりんはサンドイッチを口にくわえると、チーズケーキのお皿とチョコムースのカップを腕に抱え、『世界の木の実』をあごにはさんで、足で扉を閉めました。

 テーブルを足で探って戦利品を載せると、つばが湧いてきます。
 「で、ではっ、これからぱーてぃーなどをっ !(^^)!」
 改めてサンドイッチにかぶりつこうとしたとき、かりんのふくらはぎに、何かがまとわりついてきました。
 「くぅーん」
 「まっ、マロンっ!起きてきちゃだめで笑っ☆」
 「はっはっはっ」
 真っ暗な中で、マロンの目がきらりと光ります。それは、断固として権利を主張しているようでした。かりんはとっさに危険を悟り、素早くサンドイッチを半分にすると、マロンに差し出しました。
 「あぅ、しょうがないな。これ、口止め料よっ」
 「はふっ。はぐはぐはぐ」
 「うう・・・そちもなかなかのワルよのう(^^;」
 マロンが猛烈な勢いでサンドイッチにかぶりついている音が聞こえます。かりんは、残ったサンドイッチを一気に口に押し込みました。もたもたしていると、全部マロンに食べられてしまいます。パーティどころではありません。

 ところが、慌てて飲み込んだので、パンが喉につかえてしまいました。
 「んぐっ・・・(酸素酸素・・・)」
 かりんは胸をどんどんたたきました。ミルクを取りに行こうと立ち上がって歩き出した途端、腹ばいになってサンドイッチを食べていたマロンにつまづき、大きな音を立てて床に投げ出されます。
 「キャンキャンキャンッ!」
 マロンの悲鳴がキッチン中に響き渡ります。
 「ば、ばかたれっっ!」
 弾かれたようにかりんが起き上がった時、2階の寝室のドアが開く音が聞こえました。パパかママが起きたのでしょう。万事休すです。ここで見つかったら、雷ぐらいじゃ済まないかもしれません。かりんは家出をすることに決めました(オイ

 テーブルの上から『世界の木の実』のパックを取り、口にくわえると、お勝手口のドアを開け、サンダルをつっかけて外に飛び出します。忠実なマロンも、遅れてはならじと、キャンキャン叫びながらその後を追って、飛び出して行きました。
 
「あわわっっ?!」
 裏庭に出たかりんは、外の光景にぎょっとして立ちすくみました。
 庭の真ん中に、見慣れない巨大な木が生えているのです。それは、かりんが5人手をつないでも足りないほど太い木でした。いつの間にこんなものが生えたのでしょう。見上げると、その幹が、どこまでも空に向かって伸びているのがわかりました。
 かりんは、ちょっとの間、呆然としてそれを見上げていましたが、キッチンの明かりがついたのを見て、とっさにサンダルを脱ぎ捨てました。尻尾を巻いているマロンを背中につかまらせ、幹にとびつくと、するするとよじ登り始めます。『大きな木には雷が落ちやすい』ということはわかっていたのですが、かりんは夢中でした。とりあえず木の上に避難するしかありません。まさかママも、この木に雷を落とすことはないでしょう。

 30メートルほど登ったところで、かりんは木のてっぺん近くの、枝の密集しているところにたどり着きました。ここなら横になっても大丈夫です。かりんはマロンを下ろすと、くわえていた『世界の木の実』のパックを開けました。
 家出をしたからには、ほとぼりがさめるまで、家に帰るわけにはいきません。少なくとも今日一日は、ここに隠れている必要があるでしょう。食料は大事にしなければなりません。すまなそうに見上げているマロンに微笑みかけると、かりんは、自分に5つ、マロンに2つだけナッツを取り出し、袋の口を折り曲げてパジャマのポケットにしまいました。
 「さて、これからどうしようか?」
 ナッツを食べ終え、これからのことを考えようとしたかりんですが、名案が浮かばないままに、いつしかぐっすり眠り込んでしまいました。
 夜はゆっくりと明けていきます。そして、かりんが寝ている間に、不思議な木は、どんどん成長を続けていました。それは、ちょっと信じられないようなスピードでした。かりんの寝ている木の枝が、みるみる地上から遠ざかっていきます。でも、ぐっすりと眠り込んでいるかりんとマロンは目を覚ましません。楽しい夢でも見ているのでしょうか。二人とも時々ぺろりと舌なめずりしています。
 そうして、朝がやってきました。
 
10
 ぐっすりと眠っていたかりんは、マロンのけたたましいほえ声で目を覚ましました。周囲で人が騒いでいる声も聞こえます。
 「うにゃ・・・あふ・・・どしたのマロン?」
 あたりを見回したかりんは、ぎょっとして跳ね起きました。
 「どこっっ!?ここどこっ!!」
 「アン!アンアンッ!」
 「アンアンじゃわかんないでしょっ!」
 「アンアンアンッ!」
 マロンもひどく興奮しています。それもそのはず、たった一晩の間に、二人は全く見知らぬ世界に来てしまったのですから。
 頭上には、巨大なドームが、覆い被さるように広がっています。どんな金属でできているのでしょうか、半透明の表面はぽうっと輝き、やわらかな光を投げかけています。周りは薄暗く、数え切れないほどの明かりが、チカチカとまたたいています。下を見ると、生い茂った葉の間から、不思議な服装をした人たちが慌しく駈け回っているのが見えました。
 「・・・こ、ここは・・・」かりんはつぶやきました。「東京ディ○ニーランドかしら?」(違うって)

 かりんは、しばらくの間、誰かが気づいて助けに来てくれるのを待っていました。でも、誰一人上を見上げようとする人はいません。誰もがひどく慌てて、わけのわからない言葉で叫びながら、右往左往しています。どうやら、下では大変なことが起こっているようです。
 とうとう助けを待つのをあきらめたかりんは、自分で降りていくことにしました。魔法を使うのはママに禁じられていたのですが、この際そんなことは言っていられません。
 「とにかくっ!」かりんは枝の上に立ち上がって言いました。「ここにいるよりゃ、ましだわさっ!」
 かりんは、口の中で呪文を唱えると、両手を翼のように広げました。
 「れびてーしょん!」
 ヴンッという音とともに、かりんの身体がふわりと宙に浮き上がります。飛びついてきたマロンをしっかり抱きかかえ、かりんは枝から身を躍らせました。その全身は、うっすら輝くオーラに包まれ、羽毛のように軽やかに、舞い降りて行きます。
 「どう、マロンっ?大江戸区ソーサラーコンテスト、ジュニアの部優勝の実力は、こんなもんよ!」
 でも、物事はそううまくいくものじゃありません。
 かりんの勝ち誇った声に、恐る恐る顔を上げたマロンは、はるか下の地面を見て、パニックにおそわれました。
 「キャウーーーーン!」
 思わずかりんにしがみつき、じたばた暴れるマロン。
 「こっ、これっ!暴れちゃだめで笑っ!」
 一瞬、集中を失ったかりんの身体がぐらりと傾き、真っさかさまに落ちて行きます。
 「あきゃきゃきゃきゃーーーーーーっっ!」
 かりんは必死で呪文を唱え直しました。「れ、れびてーしょんっっ!」
 地上まであと10メートル。危ういところで落下が止まると、かりんは大きくため息をつき、空中で仰向けになりました。どっと全身に冷や汗が噴き出します。
 「どてかぼちゃっ!死んじゃうとこだったじゃない!」
 「すきゅーん」
 マロンは、ぶるぶる震えながら、下をだらんと出して、かりんにしがみついています。
 「しょうがないなあ。このまま載せてってあげるから、もう暴れるんじゃないよ。」
 かりんは、お腹の上にマロンを載せて、仰向けのままゆっくりと降りて行きました。
 
11
 慌しく走り回っていた人たちは思わず立ち止まり、今やこの不思議な光景に見とれています。うっすらと目を閉じて、空から子犬とともに舞い降りて来る眠り姫。周囲の人たちにはそう見えたのでしょう。いつしか騒ぎは収まり、誰もが固唾を飲んでかりんとマロンを見つめていました。
 「・・・あ、あり?」
 背中が地面に着いたのを感じて目を開けたかりんは、自分を取り巻いて見下ろしている人たちに気づいて、声を上げました。
 「み、皆さんおそろいで・・・なんちゃって、違うで笑っ☆」
 マロンがひらりと飛び降り、きょろきょろとあたりを見回します。胸を押さえていたものがなくなり、ほっと一息ついたかりんは、自分がパジャマに裸足という格好だったのに気づき、ちょっと照れながら立ち上がりました。
 「こ、こっぱずかしい〜(^^;」

 その時、周囲の輪の中から一人の男が進み出ました。黒いスーツに黒い帽子、それにサングラス。見るからに怪しげな雰囲気です。男は、わけのわからない言葉でかりんに話しかけましたが、かりんがきょとんとしているのを見ると、ポケットからヘッドセットのようなものを取り出し、耳につけなさいというような身振りをしました。どうやらこれは翻訳機のようです。
 「名乗りたまえ。君は何者で、どこから来たのかね?」
 ヘッドセットを着けると、男の言葉が日本語で聞こえてきます。
 「ふーん、すごいんだこれ。ね、もらっていい?」
 男のこめかみがピクリと動きました。
 「それは官給品だ。くれてやるわけにはいかん。」
 「けちっ」
 「君は何者かと聞いているのだ。質問に答えたまえ(--#」
 「ここ、どこ?」
 「聞いているのは私だっ」
 「わらわも聞いてるでしょーがっ」
 周囲から笑い声が起こります。男はきまり悪そうに咳払いをすると、かりんの問に答えました。
 「『アーク』のレベル・1、コントロール・ディビジョンだ。」
 「なにそれ?」
 「う・・・つまり、この宇宙船を動かしている所だ。」
 「うちゅう・・・せん?」
 「私は、『アーク』コントロール・ディビジョンのチーフ・オフィサー、ロムスカ・パロ・・・」
 「うちゅうじん!!」かりんは、すっとんきょうな声を上げました。「するとあたしは、宇宙人にさらわれたのだわっ!」
 「誰が宇宙人だ、誰がっ(^^;」
 「地球征服を企む悪の宇宙人に捉われた超絶美少女!あたしの運命やいかにっっ!」
 「こ、これこれっ(^^;・・・誰が超絶美少女だって?」
 「そ、そりとも・・・悪の宇宙人に生体解剖されてしまうのかもっ!」
 「しないって、そんなこと(^^;」
 「そりとも・・・あたしをば人質にして、身代金を取ろうとかっ」
 「あ、あのなー(汗)」
 一人で盛り上がるかりん。途方に暮れるチーフ・オフィサー、ロムスカ。集まった群衆は大ウケです。
 「で」かりんは尋ねます。「あたしをどこに連れて行こうとしてるのかにゃ?」
 「だーかーらー(--#」ロムスカは汗びっしょりになって説明します。「君は元々宇宙船の中にいたんだってば。」
 「へ?」きょとんとするかりん。「あたしはちゃんと地球の大江戸区に住んでるよ。」
 それを聞いて、ロムスカがぱむと手を打ちました。
 「わかった!下の居住区から来たんだな。大江戸区というと、レベル12、一般人の居住セクションだ。さあ、言いなさい。どうやってこのフロアまで上がって来たんだね?」
 「え?え?・・・あのーーーー」
 「しかも、傷一つ負わずに、あの木のてっぺんからここまで降りて来た。・・・君は一体何者だ?」
 わけがわからず、言葉に詰まるかりん。その時、一人の老婆が飛び出して来て叫びました。
 「みんなご覧!飛行石の力だよっっ!」
 どよめく群集。「飛行石」「飛行石だって?」というざわめきが、さざなみのように広がっていきます。ロムスカは舌打ちをすると、指を鳴らして警備兵を呼びました。
 「この気のふれたばーさんを、別室にお連れしろ。」
 「は、放せよっ!」両脇をがっちりと警備兵に捉えられ、老婆はじたばた暴れます。「あたしゃ正気だよっ!こらっ、放せったら!」
 引きずられていく老婆を見て、かりんはやっと我に返りました。優しかったばあちゃんの姿が目に浮かびます(注:かりんのばあちゃんは勿論元気です・汗)。
 「ばーちゃんをいぢめるでないっ!」
 かりんは、口の中で呪文を唱えると、両手を上にして突き出しました。ママ得意の落雷の呪文です。
 「しゅーくりーむ・さんだーっ!」
 ちゅどーん。
 「うげ」
 目の前にささやかな稲妻が落ち、ぱっと閃光が走ります。
 「見たかっ!大江戸区ソーサラーコンテスト、ジュニアの部優勝、月島かりんの実力をっ!・・・ありっ?」
 自慢気に宣言したかりんでしたが、閃光が消えた瞬間、思わず頭を抱えてしゃがみ込みました。「あぅ〜今いちコントロールが甘かったみたいにゃ・・・(^^;」
 警備兵と一緒になって、老婆がお尻からぶすぶすと煙を上げながら跳び上がっています。どうも、ママのようにピンポイントで雷を落とすのは、相当な熟練がいるみたいです。
 
12
 かりんは、立ちすくんでいるマロンを抱き上げ、そうっと逃げ出そうとしました。でも、当然のことですが、それは無理でした。目の前に立ちふさがったロムスカが、興奮気味にわめき立てています。
 「何ということだ!この子はエスパーだ!」彼は、背広のポケットから黒い表紙の手帳を取り出すと、震える手でパラパラとページをめくります。「・・・伝承の通りだ。この子は、制御を失った『アーク』を救えるかも知れん。」
 「へ?」
 「月島かりん君・・・だったね。おじさんの部屋で、ゆっくりお話しをしないか?」
 かりんは思わず後ずさりしました。
 「やだ。あたしを戦闘員に改造しようったって、そうはいかないわさっ!」
 「かりん君、私は君の味方だっ(^^;」
 「ばいらすぷりんっ!その黒眼鏡が悪者の証拠よっっ!」
 「ちゃうってば(^^;」ロムスカは、眼鏡をはずして無理に笑顔をこしらえます。「ほら、これなら怖くないだろ?おじさんの話を聞いてくれないか?」
 「笑い方が怖いっ!」
 「う・・・そう言われても・・・(^^;」
 「名前が怪しいっ!」
 「む、無茶言うなっ!おじさんの話を聞いてくれっ!」
 「どてかぼちゃっ!」
 「聞けってば(^^;」
 かりんは、思いっきりあかんべをして、呪文を唱え始めました。
 「ごにょごにょごにょごにょ」
 「うあっ、やめろっ!おじさんは悪者ぢゃないっっ!」
 ひるむロムスカ。呪文の詠唱を終えたかりんは、手を突き出そうとして、抱いていたマロンを床に降ろしました。その拍子に、パジャマのポケットから、『世界の木の実』のパックがポトリと床に落ちます。
 「あわっ、あたしの木の実がっ!いやーんで笑っ☆」
 慌ててパックを拾おうとかがみ込んだのですが、あっという間にマロンがパックをくわえて、人ごみの中に走り去って行きます。
 「こっ、こらっまろすけっ!」
 呆然と立ち尽くすかりん。ああ、こんなことなら、さっさと全部食べてしまえば良かったのに。かりんの控えめな胸は、落胆と後悔でチクチク痛みました。
 目ざとくそれに気づいたロムスカが、かりんにそっと近づいて耳うちします。
 「かりん君、おじさんの話を聞いてくれたら、世界の木の実をいくらでもあげよう。」
 「え゛?」
 かりんはびっくりして、ロムスカを見上げました。
 「ほ、ホント?」
 「本当だとも。私の部屋に置いてあるから、好きなだけ食べるといい。」
 「ら・・・落花生もある?」
 「勿論だ。落花生は私の大好物でね。」
 「どひゃー(^O^)d」かりんの表情が、ぱっと明るくなります。これはたまらない誘惑でした。良く見ると、この人も悪人には見えません。話ぐらいなら聞いてあげてもいいかなと、かりんは思いました。(オイ
 「行く行くっ!おじさん、落花生はどこの?」
 「勿論、地葉(ちば)産だよ。」
 「うわぁ、おじさん、通だねえ(^^)」
 かりんはスキップしながら、ロムスカの後について行きました。
 
13
 ぽりぽりぽりぽり。
 「こ、こりは何とも・・・」
 ぽりぽりぽりぽり。
 「歯ざわりといい味といい・・・」
 ぽりぽりぽりぽり。
 「お、おいちい〜♪」
 案内されたのは、大きな部屋でした。かりんの家のリビングよりずっと大きくて、高そうな応接セットが置いてあります。壁には何だかわからないけど豪華な絵が掛けてあって、天井全体がぽうっと明るく輝いています。かりんはふかふかのソファに腰掛けて、息もつかずに落花生を食べていました。その傍には、いつの間について来たのか、マロンがちゃっかり座って、木の実をぱくついています。ロムスカは根気良くかりんが一息つくのを待っていましたが、とうとう待ちきれなくなって言いました。
 「あの・・・もういいかな?」
 「んあ?」
 「そろそろおじさんの話を聞いてくれないか?」
 「んっ、いいで笑っ」
 かりんはポンポンとお腹をたたくと、ソファの背に寄りかかりました。それでもまだ、視線はテーブルの上の器に釘付けです。ロムスカは、残りは帰りに持って行っていいからとなだめ、ようやくかりんの関心を落花生から引き離すと、咳払いをして話し始めました。
 
14
 「かりん君、君に来てもらったのは他でもない・・・」
 「へ?他に何かあるの?」
 「う・・・いや、話は一つだけだ。」
 「じゃ、そう言えばいいのに。」
 「う、うむ、まあな・・・。君も知っての通り・・・」
 「え?何のこと?あたし何も知らないけど。」
 「ううっ・・・そ、そうだったね。」
 「おじさん、あたし、忙しいんだからね。やらなきゃならないことがてんこ盛りなんだから。」
 「わ、わかった。手みぢかに話そう。この『アーク』を救ってほしいのだ。」
 「へ?」
 ロムスカは、ぐっと身を乗り出して続けます。
 「君が地球だと思っているこの世界は、実は巨大な宇宙船なのだ。」
 「嘘で笑っ☆」
 「この非常時に、嘘を言っている暇はないっ(--#」
 「・・・じゃ、冗談?そりともびっくりTV?」
 「ちゃうってば(^^;」
 「とゆーことは、あたしはやっぱり誘拐されたのねっ」
 「話を聞けって(^^;」
 「だから聞いてるで笑っ☆あたしの海馬は特別製なのっ」
 「う・・・うむ。コホン。・・・この宇宙船は『アーク』といってね、地球からアルファ・ケンタウリという星に向かう移民船なのだ。あまりに巨大なので、乗っている人たちにはわからないのだが。」
 「へ、へえーーー」
 「地球を旅立って100年。私たちレベル・1のスタッフは、ひたすらアルファ・ケンタウリ目指して『アーク』を航行させてきた。だが、ここへきて、とんでもないアクシデントに見舞われたのだっ。」
 「するとおじさんは、100歳のじーさん?」
 「ちがうっっ!何代にもわたってこの宇宙船を飛ばしてきたのだっ!」
 「ほほー」
 「・・・かりん君、ちゃんと聞いているね?ここから盛り上がるところだから。」
 かりんは落花生の入った器に手を伸ばしかけていましたが、慌てて手を引っ込めると、ぶんぶん頷きます。
 「で?」
 「そのアクシデントとゆーのがっ!」ロムスカは、かりんに向けてぐっと指を突き出し、声をひそめて言いました。「暴走したいじきたない戦闘用ロボットが、バイオ技術の粋をつくして完成したばかりのスーパー落花生『農林1号』を試験場から盗み出して、下の居住区に逃げたのだ。」
 「ら、落花生をっ?」
 かりんは、驚いて跳び上がりそうになりました。
 川原に落ちた黒いロボット。笹の葉でくるみ、リュウのひげで縛った包み。まったりとしてコクのある、大粒の落花生。昨日の夕方の光景が、アニメのようにかりんの頭の中を駈け巡ります。
 「そーだっ!『農林1号』は大粒で味も良く、病気にも強いという、優れた品種なのだが、たった一つ欠点がある。それは、成長が異常に早いということなのだ」ロムスカは、胸のところでこぶしを握り締め、痛恨の表情で続けます。「戦闘機隊が後を追いかけ、ロボットに致命的な損傷を与えたのだが、残念ながら奴の行方を見失ってしまった。そして・・・」
 「芽が出て膨らんで〜♪」
 「歌うなっ!(^^;」
 「ここまでずんずん伸びてきたわけでちねっ」
 「・・・そうなのだ。このままでは、『アーク』の船体がぼろぼろになってしまう。コントロール・ルームはめちゃくちゃだ。目的地にたどり着くことさえできないだろう。君の能力が必要なのだ。力を貸してくれないか?」
 「えー、でもー」
 「お礼は君の望むだけあげよう。落花生1年分でどうだ?」
 「そっ、そりはホントかやっ?」
 「もちろんだ。それだけじゃない・・・」
 
15
 ロムスカがそこまで話したときです。バリバリッという音とともにドアが破れ、するすると落花生の茎が伸びてきました。
 「うわっ!こんなところまで木の枝がっ!くぬっくぬっ!」
 ロムスカは、わしゃわしゃ動く無数の葉の中に飛び込むと、必死になって茎を折り、葉をちぎり取りました。しかし、そんなことでは『農林1号』の勢いを止めることはできません。たちまち枝葉に囲まれて、身動きもできなくなってしまいます。
 「た、助けてくれぇっっ!」
 「おじさん、下がって!」
 かりんはソファから素早く立ち上がると、呪文を唱え始めます。
 「ごにょごにょごにょごにょ」
 「ち、ちょっと待て!この状態で、どうやって下がれると言うのだっ(^^;」
 「ふぁいあーぼーる!」
 「どわっ!」
 ぼんっっ。
 突き出したかりんの手のひらから、灼熱した光球が飛び出し、あたりを焼き尽くします。
 「あちっ!あちあちあちあちっ!!」
 「アンッ!アンアンアンアンッ!!」
 バタバタ逃げ回るおじさんとマロン。炎は次々と生い茂った葉に燃え移り、かりんの方まで熱風が吹きつけてきます。天井からスプリンクラーが水をまいていますが、火力は一向に治まりません。
 「あぅ、こりはまずいっ(^^;」
 かりんは慌てて別の呪文を唱えます。
 「あくあぷらすっっ!」
 ごぼごぼごぼ。
 たちまち部屋中に水があふれ、火は消し止められました。
 「よしっ(^^)v」
 「げほげほげほ・・・よし、じゃないっ!」
 水が引くと、みじめなほどずぶ濡れになったロムスカが、咳き込みながらわめきます。
 「そんな危険な力は、部屋の外で使ってくれっ!」
 「ご、ごめんしてたもれっ(^^;」
 かりんはマロンを抱き上げると、もう一方の手で落花生の入った器を抱え、一目散に部屋を飛び出して行きました。
 
16
 廊下に出ると、そこはもうジャングルのようになっています。人の声が全くしないところをみると、みんな安全な場所に逃げてしまったのでしょう。
 「こりは早くなんとかせねばっ」
 マロンと器を床におろすと、かりんはマロンに言います。
 「まろすけっ。つまみ食いなんかしたら、もう一緒に寝てあげないからねっ」
 マロンが舌なめずりしながらうなづくと、かりんは呪文を唱え始めました。
 「ごしょごしょごしょごしょ」そして、両手の平を豆の木に向けて叫びます。「ふぁいあーうぉーるっ!」
 ごうっ。
 かりんの前に、高さ5メートルほどの炎の壁が出現し、たちまち周辺の枝葉を焼き払います。かりんが前進すると、炎の壁もまた前進し、次々とはびこった茎や葉を飲み込んで行きます。
 「うう〜アイスがほちい(^^;」
 かりんは、器を小脇に抱えて歩き出しながらつぶやきました。
 
17
 炎の照り返しで顔を真っ赤に染め、かりんは歩いて行きます。そこかしこで豆の木が燃え上がり、焦げる臭いが鼻をつきます。かりんの歩いたあとには、焼け焦げた植物の残骸が煙を上げており、スプリンクラーがそれに水をかけています。
 『農林1号』の繁殖力は恐るべきものでした。焼き払っても焼き払っても、かりんの前には相変わらず豆の木が生い茂っています。30分もすると、かりんはくたくたに疲れて、廊下に座り込んでしまいました。
 「ふい〜、ちかれた。ちょっと一休みをば(^^;」
 器を開けて、落花生を取り出し、いそいそと殻をむきます。
 「おいちぃ(^^)v」
 マロンにも殻をむいてやりながら、かりんは、これからどうしようかと考えました。自分ひとりでは、とてもこの広い宇宙船全体にはびこった豆の木を退治できそうもありません。パパやママに助けてもらえればいいのですが、あいにくと今、かりんは家出中です。のこのこ家に帰れば、うんと怒られるでしょう。
 「そりはまずいっ」
 かりんは、落花生を飲み込みながらつぶやきました。この騒動の原因が、2階から落とした落花生だとわかったら・・・おお、身震いします。何とかしてうやむやにしてしまわなければなりません。(オイオイ

 考えていると、傍で落花生を食べていたマロンが、突然吠え出しました。尻尾を丸め、じりじり後じさりしながら吠えています。ちょっと情けない姿ですが、マロンとしては精一杯の威嚇をしているようでした。
 危険を感じたかりんが立ち上がるのと、炎の壁の向こうから巨大なロボットが姿を現わすのとが一緒でした。そう、あの真っ黒いロボットです。『アーク』を守る戦闘用ロボットでした。
 「危にゃいっ!」
 かりんは慌しく呪文を唱えようとして、おやっと思いました。
 ロボットには戦う意志はないようです。そっと手を伸ばしてくるではありませんか。かりんは、呪文の詠唱を中断して、じっとそれを見つめていましたが、ロボットの手が落花生のはいった器に伸びていくのがわかると、ためらわず呪文を完成させました。
 「ふぁいあーぼーるっ!」
 どごぉぉぉん。
 「いじきたなしっ!」
 ロボットは、たちまち全身を炎に包まれ、バラバラになって崩れ落ちます。
 がっしゃーん。
 「ふんっ!」
 かりんは、手をパンパンとたたいて火の粉を払い落とすと、器を取り上げようとしましたが、いつの間にかたくさんのロボットたちに取り巻かれているのに気づきました。
 「あ・・・あり?」
 ロボットたちは、たった一つの目で、かりんをじっと見つめています。当然のことですが、そこには何の表情も浮かんでいませんでした。でも、その視線はかりんの足元に置かれた器に注がれています。彼らの目的は明らかでした。
 普通の女の子なら、ここで怖がって泣き出したかもしれません。けれども、かりんは普通の子ではありません。(オイ
 かりんの大好物、落花生。色気より食い気のかりんにとって、それに手を出す者がいることは、許しがたいことでした。ロボットたちは、触れてはならないものに触れたのです。
 「こいつらはぁぁぁぁっっっ!」
 かりんは、口の中で呪文を唱え始めました。
 「うにょうにょうにょうにょ」
 
18
 すると、どうでしょう。ロボットたちが、ざざっと後ずさりしたではありませんか。中には、顔を覆ってしゃがみ込んでしまうのもいます。戦闘用ロボットにとっても、かりんは恐ろしいのでしょうか。そうです。そうに決まってます。(これこれっ
 かりんは、呪文の詠唱をやめると、ロボットたちに言いました。
 「あたしが怖いのっ?」
 ロボットたちは、こくこくと頷きます。ほら、やっぱり(^^;
 「落花生、食べたいんでしょっ!」
 ぶんぶん頷くロボットたち。その傍らでは、マロンが一緒になって首と尻尾を振っています。いじきたないけれど、何か憎めない連中です。
 その時、かりんの頭に、素晴らしいアイデアがひらめきました。
 「みんな!あたしの子分になるなら、落花生をあげるよっ!」
 かりんが、器から落花生をつかみ出して叫ぶと、ロボットたちはまた頭をぶんぶん振りました。商談成立です。
 「やたっ!」かりんは大喜びで、次々に差し出される黒い大きな手に、落花生を一粒ずつのせてやりました。「よーし、みんな聞いて。」
 びしいっ。
 うにょうにょ伸びていく豆の木を指差して、命令を下します。
 「あれをバラバラにしてたもれっ!」
 ロボットたちは、こくりと頷くと、ガシャガシャと走って行きます。手当たり次第に枝葉をちぎり取り、投げ捨てます。見る間にかりんの前が、大きく開けました。
 「これよこれっ。こうじゃなくっちゃ(^^)v」
 かりんは、後から後からやって来るロボットたちに落花生を手渡して命令しながら、にっこりしました。
 
19
 そうして、1時間も経った頃でしょうか。
 突然、豆の木に異変が起こりました。
 「こ、こりはっっ?」
 驚くかりんの目の前で、あっという間に葉や茎が枯れていきます。それはまるで、除草剤をかけられたみたいでした。青々としていた葉が、汚い茶色に変色し、パラパラと床に落ちていきます。これは一体どうしたことでしょう。

 「寿命だ。収穫の時がきたのだ。」
 不意に後ろで声が聞こえました。振り返ると、さっぱりとした服にちゃっかり着替えたロムスカが、きりっとポーズをつけて立っています。
 「しゅう・・・かく?」
 かれんが首をかしげると、ロムスカは得意そうに言いました。
 「そーだっ。言い忘れてていたが、『農林1号』は、都市の旺盛な需要に応えるため、成長が早いだけではなく、実をつけて枯れるのもまた早いのだ。」
 どげしっ。
 「うげっ!」
 ロムスカの顔面に、かりんの蹴りがヒットします。
 「どてかぼちゃっ!んじゃ、枯れるのを待ってりゃよかったじゃにゃいかぁぁぁっ!」
 「・・・あ」
 今、気がついたといった表情のロムスカ。かりんは危うくまた呪文を唱えそうになるのを、懸命にこらえました。
 「あ、あんたって人は・・・」
 「いや、これは君に教えられたな。はっはっはっ」
 「笑ってごまかすにゃっ!」
 ロムスカは、汗を拭き拭きかりんをなだめます。
 「そ、それにしても、見事な活躍だったよ。まさか戦闘用ロボットに草むしりができるとは思わなかったからね。それに、あの超能力は素晴らしい。みんな驚いていたよ。」
 「そ、そうかな・・・(^^;」
 ちょっぴり得意になるかりん。ここぞとまくし立てるロムスカ。
 「そうだとも!君は一躍英雄だ。『アーク』中の人々が賞賛を惜しまないだろう。君の大活躍は、『アーク』の全てのレベルに生中継されたからね!」
 「ち、ちょっと待った」慌ててロムスカの話をさえぎるかりん。「それってもしかして、テレビに映ったってこと?」
 「勿論だ!全てのニュースチャネルで君の姿が放送されているよ!」
 「ま・・・まじぃ(^^;」
 かりんの背中に冷や汗が流れます。ということは、パパもママも、かりんが家を抜け出して魔法を使いまくっていたのを見ていたのではないでしょうか。まさに最悪のパターンと言えるでしょう。もしかすると、ウェルダンにこんがり焼き上げられてしまうかも・・・ああっ、神さまっ(汗)。
 「おおっ、マスコミの人たちがやって来た。さあ、かりん君、記者会見に出席してくれたまえ。」
 ロムスカに言われて顔を上げると、カメラを持った人がパラパラと走って来るのが見えました。
 「やばっ☆おじさんっ、あたし帰るから、後は適当にやっといて!」
 「ち、ちょっと待った!」走り出そうとしたかりんの腕を捉えて、ロムスカが言います。「何も逃げることはないじゃないか。みんな世紀のヒロインからコメントがほしいのだよ。」
 「あたしは困るんだってば(^^;」
 「大丈夫。・・・ほら、怖くない(^^)v」
 「どてかぼちゃっ!」
 かりんは素早く呪文を唱えると、人差し指をロムスカに向かって突き出しました。
 「ばるすっっ!」
 ちんっ。
 かりんの指先から水がほとばしり、ロムスカのサングラスを弾き飛ばします。
 「わああっっ!目がっ!目がぁぁぁっっ!」
 「大げさねっ、水が入っただけでしょーがっ。」
 顔を押さえてうめいているロムスカの手を振りほどいて、かりんはさっさと逃げ出しました。
 
20
 「れびてーしょん!」
 かりんは、豆の木が突き破った大きな穴に飛び込むと、呪文を唱えてゆっくりと降りて行きます。ラッコのように仰向けになって、お腹の上にマロンと落花生の入った器を載せ、時々落花生をむいてはポリポリ食べていました。何しろ、立て続けに大きな呪文を使ったので、とてもお腹が空いていたのです。マロンも分け前をもらって、大喜びでクチャクチャやっています。

 ゆらゆらと降下して行きながら、かりんはこれからのことを考えました。
 テレビに映ってしまった以上、どんな言い訳もムダでしょう。そうなると、あとはひたすら謝るしかありません。でも、果たしてママが許してくれるかどうか。雷の1発や2発ではきかないに違いありません。かりんは、思わずぞっとして身震いしました。
 取り合えず、地上に降りたら、どこかに身を隠して、ほとぼりが冷めるのを待つしかないだろう。それがかりんの出した結論でした。(オイ

 そうして、いつしかそのまま眠ってしまったのでしょう。かりんは夢を見ました。
 それは、フルカラー24ビット、640×480ドットの、臨場感にあふれた夢でした。その中でかりんは、うず高く積み上げられた落花生とスルメの間で、どっちを食べようか一生懸命迷っているのでした。
 どちらも、色といい艶といい、よだれが出そうなほどおいしそうに見えます。何ともいえない香りが、かりんの鼻をくすぐり、「私を食べて!」と言っているようでした。
 「うう・・・どっちも捨てがたいっっ(^^;」
 かりんは、まず落花生の方に手を伸ばします。すると、反対側からスルメたちのブーイングが巻き起こります。それではとスルメの方に手を伸ばすと、今度は落花生たちがブイブイ言うのです。同時に食べられれば良いのですが、あいにくそれはムリでした。かりんはすっかり困ってしまって、腕組みをしたまま座り込んでしまいました。

 「ずるいぞ、かりんちゃん。ボクたちから先に食べてくれなくちゃ。」
 左側で落花生たちが叫びます。
 「何いってんのよ。ねえ、かりんちゃん、私たちが先よねっ!」
 右側のスルメたちが叫び返します。
 「ま、まあまあ、ここはあたしに任せてもらうっつーことで(^^;」
 かりんは必死になだめますが、落花生もスルメも承知しません。
 とうとう、しびれをきらした落花生たちが、かりんに飛びかかってきました。それを見たスルメたちも、負けじとダッシュをかけます。かりんは、山ほどの落花生とスルメにのしかかられて、息が詰まりそうになりました。
 「こ、これこれっ!うぷっ!」
 かりんは、懸命にはねのけようとしますが、どうしたことでしょう?手も足も動きません。もがいているうちに、落花生とスルメが、どんどんかりんの口に飛び込んできます。かりんは思わず叫びました。
 「だっ、ダメッ!もう食べられにゃいよぉぉっっ!」
 
21
 そこでかりんは目を醒ましました。パジャマが汗でびっしょりです。お腹の上では、マロンがせっせと器から落花生を食べています。
 「ふぃ〜、ひどい夢だった・・・こ、これっ、まろすけっっ!」
 「アン?」
 マロンは、口いっぱいに落花生をほおばって答えます。
 「アンじゃないで笑っ☆あたしが寝てる間につまみ食いなんかしてっ(--#」
 「げぷっ」
 「げっぷなんかしてる場合じゃ・・・ありりっっ!?」
 器をのぞいたかりんは、思わず声を上げました。
 「どてかぼちゃっ!みんな食べちゃったの、あんたっ?!」
 「スキューン」
 「食いしんぼっ!あたしの落花生、どうしてくれんのよっ☆」
 マロンは、一生懸命かりんにすり寄ってきます。でも、今度ばかりは許してもらえそうにありません。かりんの目が釣りあがって、呪文をぶつぶつと唱えています。こういうところはママそっくりなのですが、かりんはどうも気づいていないようです。

 「まろすけっ、許さないからねっ!」
 「アォッッ!」
 かりんがまさに呪文を解き放とうとした時、誰かが降下していたかりんの身体を抱きとめました。緩やかな衝撃が伝わり、弾かれたようにマロンが飛び降ります。その拍子に、器がころがり落ちて、からんと音を立てました。
 「あ、あり?」
 慌てて起き上がろうとしたかりんの目の前に、ママの怖い顔が現れます。・・・するとこりは・・・ママの腕?
 「か〜り〜ん〜(--#」
 「どわわっっ!マ、ママっっ!」
 かりんは、焼けたフライパンに腰掛けたみたいに跳ね上がり、地面に飛び降りました。
 「誰が誰を許さないって〜?」
 「あ・・・あの・・・これには深〜いわけが・・・(^^;」
 「言い訳は聞きませんっ!こっちにいらっしゃいっっ!」
 「マ、ママ。暴力は娘を非行に走らせる一つのきっかけに・・・」
 「来ないと庭に埋めるわよっっ(--#」
 「ひえ〜(TOT)」
 ママは、暴れるかりんの腕をしっかりとつかまえて、家の中にひきずって行きます。それからしばらくして、耳を覆うような雷の音が立て続けに家の中から聞こえ、あたりは放電で真昼のように明るくなりました。(オイ
 
22
 その後、かりんはどうなったでしょう?
 生きているかって?当然のことてす。かりんはいつだって元気いっぱいです(^^)v
 今日もほら、マロンを連れて、土手を散歩しています。ちょっと髪の毛は焦げていましたけど(^^;

 あれから、かりんは町中の人気者になりました。登校する時も、道を行く人たちが声をかけてくれますし、お店ではいつも、お菓子をおまけしてくれます。町からも表彰されるし、新聞社の人がやって来るしで、かりんはしばらく大忙しでした。
 ロムスカからは、賞状と約束の落花生1年分が届きました。パパもママも、さすがにこうなると娘をしかるわけにもいかず、お仕置きは思ったよりも軽く済みました(^^)v
 そんなわけで、かりんは毎日を元気に、とっても元気に過ごしているのでした。

 晴れた夕暮れ。心地よい風に誘われて、かりんはゆっくり土手を歩いて行きます。今日もまた、穏やかな春の一日が暮れていこうとしています。
 あれ以来、すっかり冒険のとりこになってしまったかりんは、また新しい冒険のネタを探して、時折空を見上げます。
 「また何か落っこってこないかなー」
 ママが聞いたら卒倒しそうなセリフです。でも、かりんは全然こりていませんでした。また面白いことがあったら、絶対に逃さない。かりんの瞳は、キラキラと輝いています。
 
23
 かりんのそんな想いが通じたのでしょうか。(これこれっ・汗
 その時、頭の上の、ずっと高い所から、「ひゅーーーっ」というかすかな音が聞こえました。それは、小鳥の鳴き声とは違った、風を切って何かが落ちてくるような音でした。かりんは思わず足を留めて、空を見上げました。
 最初、それはケシ粒のように見えました。それが、見る見るウズラの卵ほどになり、ニワトリの卵ぐらいになって、こちらへ落ちて来ます。「ひゅるるる」という音は、はっきりと聞こえるようになり、夕暮れの弱い日差しでも、落ちて来るのが人の形をしていることがわかるほど近づいて来ると、かりんはマロンを小脇に抱きかかえ、落ち着いて次の瞬間を待ち受けました。

 やがてそれは、ものすごい音を立ててすぐ下の河川敷に落ちました。もうもうと煙が上がり、地面が激しく揺れ動きます。
 「来たっ!来た来たっっ!」
 土煙が収まるのももどかしく、かりんは土手を駈け降りて行きます。マロンは、露骨に迷惑そうな顔をしましたが、置いていかれるのも怖いので、いやいやついて行きます。

 それは、巨大なロボットでした。あの黒い戦闘用ロボットです。
 「ギ・・・ギ・・・」
 「やたっ!」
 かりんはバタバタもがいているロボットに近づくと、身をかがめて覗き込み、何か持っていないか確かめました。
 「うひょー♪」
 ロボットは、やっぱり持っていました。そう、笹の葉でくるんで、龍のひげでしばってある、あの包みです。ロムスカもやっぱり、ちっともこりていないみたいです(笑)。
 「ら、らっきぃ(^^)v」
 かりんはそれを手に取り、龍のひげをほどいてみました。
 包みの中身は落花生でした。
 かりんは素早くあたりを見回すと、そっとそれをスカートのポケットに入れました(^^;。
 ・・・くわばらくわばら。

 ・・・続く(←パカモノ
 じゃなかった
 終わり(^^)v



戻る