目次 戻る 次へ

序に代えて:時代背景とハンニバル


 歴史の狭間に埋もれたカルタゴ・・・。強大なローマと3度にわたるポエニ戦役を戦い、滅亡していったフェニキア人の植民市。そこには一体、どのようなドラマがあったのでしょうか。長い歴史に思いを馳せる時、カルタゴほど私の興味を惹くものはありません。

 私達が今日目にすることができるのは、勝者であるローマが作り上げた歴史のみです。その中では、カルタゴは野蛮なアフリカの一国家であり、バール神に人身御供を捧げ、地中海で海賊行為を働き、ローマに討伐されたことになっています。また、第2ポエニ戦役で活躍したカルタゴの名将ハンニバルについても、酷薄な野心家として描写され、第2ポエニ戦役勃発の責任を、全て彼の条約破棄による独断専行が原因であると決めつけています。しかし、本当にそうだったのでしょうか?

 敗者カルタゴの歴史は抹消され、検証すべくもありません。ローマは、第3ポエニ戦役の後、カルタゴの城邑を破壊し尽くし、民を殺し、その地に塩を撒いて、人の住めない荒地にしてしまいました。何故そこまでする必要があったのでしょう?私はここに、勝者ローマの作為を強く感じます。

 カルタゴ人の祖先、フェニキア人は、私達が世界史で最初に習ったように、アルファベットを考案した民族でした。彼らは、ローマがまだ未開の地であった頃に、高い文明を打ち立て、交易相手を求めて、勇敢に地中海へと乗り出していったのです。そして、今のチュニジアに建国した中継都市がカルタゴでした。

 従って、カルタゴは、純粋な商業都市国家であり、王というものは存在しません。元老院・百人会・民会という3つの議会により全てを決定し、対外的な代表としてスフェスと呼ばれる執政官を選出していました。軍隊は自衛用にわずかを保有するだけであり、ギリシア等と争いが起こった時には、隣国ヌミディア(今のスーダン)を初めとする外国の傭兵を雇い入れていたのです。これは、日本の戦国時代の「堺」に良く似ています。
 地中海世界の殆どの国が、未開か、原始的な王制であった、紀元前700年という時代に、カルタゴは既に貴族主導とはいえ民主制を導入していたのです。

 このような文化国家が、ローマでさえやっていなかった人身御供を行い、たった一人の人間の独走により、戦力的に強大な軍事国家に戦争をしかける・・・これは、常識的に考えにくいことです。当時の世界情勢の中におけるカルタゴの位置付けは、現代の日本とほぼ同じものですが、例えば日本がロシアがアメリカに宣戦布告する状況を考えてみて下さい。昭和16年のではなく、現在の日本ですよ。商業国家である日本の自衛隊が、首相の一言でロシアやアメリカにミサイルを打ち込み、攻勢をかける。相手の戦力についての情報は、国民のほぼ全部が知っている。勝てる戦いではない。すぐに報復のミサイルが何百発と飛来し、日本中が焦土と化すでしょう。誰でもそんなことはわかります。
 当時のカルタゴは、海洋貿易を通じて、世界情勢にはもっとも明るい国家であったはずです。民主制のもとで、このようなことは、恐らく誰もが知っていたでしょう。このような状況下で、果たして戦争ができるものでしょうか?答えは「否」です。カルタゴは、自ら宣戦できる状況にはありませんでした。

 逆に、ローマにとって見れば、膨大な商業利権と富を持ちながら軍事力を持たないカルタゴは、自国の権益を拡張する上で、目の上の瘤であると同時に、絶好のターゲットであったはずです。カルタゴが作り上げていた貿易ネットワークに新規参入してきたローマは、最も簡便で効果的な方法を採りました。「相手を叩き潰して、根こそぎ奪い取る」です。
 ローマは、軍事力を盾に、次々とカルタゴの交易相手を屈服させていき、ここに両国の利害は真正面から衝突することになりました。商船は撃沈され、商業権益を奪われて、貿易立国のカルタゴは、国家存亡の危機に陥ります。

 ついにカルタゴは、国家の存立を賭けて、ローマとの戦争に踏み切り、おびただしい傭兵を雇い入れます。これが第1ポエニ戦役でした。
 しかし、ローマの正規軍に対して、金で雇われた寄せ集めの傭兵は歯が立たず、民兵は訓練不足で役に立ちません。商船を改造した軍船は、ローマのガレー船に近づくこともできず、次々に沈められていきます。カルタゴは、23年間持ちこたえましたが、ついに敗れ、ローマは、地中海の制海権と権益を奪い取ります。敗れたカルタゴには、膨大な賠償金が課され、報酬を受け取ることができなくなった傭兵たちの反乱も加わって、国内は大混乱に陥ります。

 この事態を収拾したのが、ハンニバルの父、ハミルカルでした。
 「稲妻」と呼ばれ、優れた将軍であった彼は、各地に点在するフェニキアの植民市のうち、殆ど未開であったスペインの「カルタゴ・ノヴァ(カルタヘナ)」に目をつけ、一族を率いて移住します。そして、現地の民族を味方に引き入れ、カルタゴのアキレス腱であった軍事力を充実させて、ローマの脅威に備える一方、現地の金銀をカルタゴ本国に送り、財政の建て直しを図ります。ハミルカルのこの行動と、本国の政治家たちの奔走により、ようやくカルタゴは復興していくのです。

 しかし、復興しつつあるカルタゴは、ローマにとって邪魔な存在でした。カルタゴから奪取した権益をもとに、急拡大を続けるローマは、カルタゴを中心とした旧勢力の結集を恐れ、一気にカルタゴ本国の殲滅を図ります。外交で、海上で、ローマは挑発を繰り返し、圧迫を加え、カルタゴに戦端を開かせようとします。このあたり、大阪冬・夏の陣の時の徳川家康に酷似しています。
 追い詰められたカルタゴは、名将ハンニバルの下、国の命運を賭けて、ローマに戦いを挑みます。ハンニバルは、後世に語り継がれる、伝説的なアルプス越えにより、背後からローマを急襲し、一時はローマの城門にまで迫るのですが、40倍の戦力を誇るローマ軍の前に、補給の続かないカルタゴ軍は、援軍もなく、孤立してしまいます。

 ローマは、この機をとらえ、名将スキピオに別働隊を預け、無防備なカルタゴ本国を突きます。急報に接し、包囲を突破して本国に戻ったハンニバルは、寄せ集めの傭兵や民兵を組織して、ローマの大軍に立ち向かいますが、ついにザマの平原で大敗を喫してしまうのでした。

 敗れたカルタゴに、ローマは更に過酷な賠償金と圧迫を加え、民衆は塗炭の苦しみを味わうことになります。カルタゴは、海外の植民市の全てを奪われ、ついにアフリカの一小国家に転落してしまいます。もはやカルタゴは、貿易で国を立てることができず、市民は飢えと重税に喘ぐばかりでした。

 しかし、ローマは、その追及の手を緩めません。ローマの意図は、あくまでカルタゴの殲滅にあったのです。
 海外に亡命していたハンニバルを追い詰めて自殺に追いやったローマは、完全に無力なカルタゴに挑発を繰り返し、略奪や殺人をほしいままにします。ここに至り、逃げ場を失ったカルタゴの人々は、ついに絶望的な最後の戦いを挑むのです。ローマの思う壺でした。
 3年間にわたる激烈な戦争の末、カルタゴは炎に包まれ、7世紀余りの歴史を閉じます。実に延べ100年にわたる戦いでした。勝者ローマは、カルタゴの地を廃墟とし、帝政への歩みを着実に歩んでいきます。シーザーの登場までは、まだしばらく待たなければなりませんが、まさにこの時、ローマは帝政への歩みを踏み出したと言っても過言ではありません。

 敗れたカルタゴの人々は、海上に逃れ、海賊となって、その後もローマに抵抗を続けます。それは、一つの民族の怨念と言えるでしょう。後に三頭政治の一角を形成するポンペイウスが鎮圧した海賊とは、このカルタゴの遺民たちのことです。

 こうして、カルタゴは、歴史の中に消えてゆきました。ローマはその後、千年の繁栄を謳歌し、敗者たちを貶め、嘘の歴史を作り上げました。しかし、わずかに残る断片的な文献は、これらの歴史が作為的なものであることを、如実に伝えてくれます。後世の史家や文学者達は、それらを渉猟し、真実に迫ろうとして努力を続け、最近では、カルタゴに対する評価は、依然とは全く違ったものになろうとしています。歪められた歴史の是正には、実に2千年余りの月日を要したのです。

 この物語は、そうした文献から得た知識をもとに、私がイメージを膨らませて創り上げたものです。フィクションではありませんが、ノンフィクションでもないことを、この場でお断りしておきます。もっとも、ローマのやったことに較べれば、ノンフィクションだと言っても可愛いものでしょうが。
 文中の地名・人名は、全て実在の人物です。創作したものはありません。ハンニバルの進路や戦いは、全て実際のルート・戦いであり、虚構や創作は交えていません。それ以外の会話などは、全て私の創作です。

 強大な軍事力を背景とした大国ローマの暴虐。それに立ち向かうカルタゴの将軍ハンニバルの勇気と英知。私達はここに、多くの示唆を得ることができます。
 私の拙い筆力で、どこまでそれに迫れるか。これは私にとっての戦いでもあります。一人の将軍の姿を通して、平和の意味を今一度問い直してみたい・・・それがこの作品のテーマです。

 最後になりましたが、この物語の参考文献として、以下の書物のお世話になったことを、明記しておきます。

「ハンニバル」(長谷川博隆著/清水書院・1983)
「ローマ人の物語U・ハンニバル戦記」(塩野七生著/新潮社・1993)
「ハンニバルのゾウ」(ハンス・バウマン著/岩波書店・1966)
「カルタゴの興亡」(アズディンヌ・ベシャウシュ著/創元社・1994)
「カルタゴ興亡史〜ある国家の一生〜」(松谷健二著/白水社・1991)

目次 戻る 次へ