戻る

ガラスのうさぎ

by Woodnote/2004

一括ダウンロード(HTML/TEXT)
圧縮後サイズ 展開後サイズ
38.3KB 78.1KB
1.
 「ママ・・・ママ、どこ?」
 美姫は、一生懸命に声を上げて、あたりを見回します。
 右手に、水の入ったヨーヨー。左手に、溶け始めているアイスクリーム。人ごみに押されて、あっちへ、またこっちへとよろめくたびに、白地に金魚の描かれた浴衣が、まるで水の中を泳いでいるように、ヒラヒラと揺れ動きます。にぎやかな音楽や太鼓の音に誘われて、境内の奥へと向かう人の流れは、ますます増えてくるようです。美姫の声は、行き来する人たちのざわめきや履物の音に吸い込まれて、たちまち消えてしまいます。カラコロと下駄を鳴らして本殿の階段を上り、お賽銭箱の前で背伸びして見ると、さっきまでいた赤い鳥居が、随分小さく見えました。
 「あ・・・!」
 不意に、溶けたアイスクリームが手に滴り、美姫は思わず声を上げました。まだ一口も舐めていないのに、大好きなアイスは見る間に溶け出して、手からボタボタと落ちていきます。それを見たとたん、もう我慢できなくなって、美姫の目に涙があふれました。
 「ママ・・・うぇ・・・ええぇ・・・」
 頬を伝う涙を拭くこともできず、美姫は泣きながら回廊を歩き出しました。悲しくて、気持ち悪くて、恥ずかしくて、美姫の小さな胸は、今にも張り裂けそうです。涙と鼻水でぐしゃぐしゃになった顔を俯けて、下駄を引きずるように、美姫は歩いて行きました。

 そうして、本殿の角を曲がった時です。
 「どうしたの?なんで泣いてるの?」
 突然聞こえた声に、美姫はびくっと立ち止まりました。
 涙でにじんだ目に、一足の運動靴が見えます。恐る恐る顔を上げた美姫は、目の前に立っている男の子をを見て、ヒクッとのどを鳴らしました。
 五歳の美姫より一つか二つ年上でしょうか。背は頭一つ分大きく、日に焼けた手足が、グレーのTシャツと半ズボンから、すらっと伸びています。眼鏡の奥から、切れ長の優しい瞳が、じっとこちらを見つめていました。それを見ていると、不思議に安心な気持ちになるのは何故でしょう。美姫は何回かしゃくり上げて、それから小さく言いました。
 「ママが・・・いないの」
 「はぐれちゃったんだね?」
 こくりと頷くと、男の子は微笑んで言いました。
 「よし、それじゃ僕が一緒に探してあげる。だからもう泣かないで」
 「・・・うん」
 男の子は、美姫を手水に連れて行って、綺麗にその手を洗うと、ハンカチを差し出して尋ねました。
 「君、名前は?」
 「・・・美姫」
 「みきちゃんだね。僕は俊光っていうんだ」
 「としみつ・・・おにいちゃん?」
 ポケットに手を突っ込んで、取り出したものを美姫の手の平に載せると、男の子はにっこり笑って頷きます。
 「泣き止んだご褒美に、これあげる」
 それはガラスのうさぎでした。透き通った身体の中に、小さな赤いガラスの玉が入っています。握り締めて軽く振ると、チリンと澄んだ音がしました。耳元で何回か振ってみて、美姫は思わずにっこり笑いました。
 「もらってもいいの?」
 「うん。二つあるから、ひとつ君にあげる」
 「ありがとう、おにいちゃん」
 男の子が手を差し出します。ヨーヨーを右手の中指につけ替えて、美姫はその手を握り返しました。二人は微笑を交わし、ゆっくりと本殿の階段を降りて行きました。
2.
 お風呂に入ってご飯を食べると、もうまぶたがくっつきそうでした。ママが絵本を読んでいるうちに、小さなあくびがその口を洩れ、ほどなく美姫は、すやすやと寝息を立てていました。長いまつげが少し震え、頬にえくぼが浮かんでいます。きっと、楽しい夢を見ているのでしょう。枕元に座って、しばらくそれを見つめていたママは、美姫の髪を優しく撫でて、そっと部屋を出て行きました。明かりが消え、静まり返った部屋の中で、美姫の規則正しい寝息だけが聞こえています。
 そうして、どのくらい経ったのでしょう。

 チリン。
 枕の上で、かすかな音がしました。

 気がつくと、美姫はどこかの原っぱに立っていました。あたりには一面にヒメジョオンやハルジョオンが咲き乱れ、白やピンクにけむって見えます。その所々に、名も知らない紫色の花が、浮島のように咲いていました。周りを見回しても、目に入るのはただそればかりで、一軒の家も見当たりません。いつもうるさいほど聞こえる自動車の音も全く聞こえず、ミツバチが花から花へ忙しく飛び回る音と、ヒバリが空の高い所でさえずっている声が、穏やかな風に乗って聞こえてくるだけでした。
 不思議に、迷子になった時のような寂しさは感じませんでした。ママと一緒に、ちょっと遊びに来たような、そんな感じなのです。草の上に寝転んで見上げると、抜けるような青い空に、綿菓子のような雲がいくつも浮かび、ゆったりと流れて行きます。花の香りが優しく鼻をくすぐり、美姫は大きく息を吸い込んで、うっとりと目を閉じました。

 チリン。

 うとうととしていた美姫は、その音にぱっちりと目を開けました。どこかで聞いたような音です。そう、あれは・・・。
 縁日の境内。
 賑やかな音楽と太鼓の音。
 揺れていた色とりどりの提灯。
 微笑んでいた男の子。
 光を散らして輝く眼鏡。
 そして、ガラスのうさぎ。

 その時、すぐ近くで声がしました。
 「みきちゃん、みきちゃん」

 「はぁい」
 美姫は、目をこすって身体を起こしました。きょろきょろとあたりを見回しましたが、誰もいません。立ち上がって、背伸びしてみたのですが、やっぱり一面の花が風に揺れているだけです。
 「だぁれ?」
 声のした方へ呼びかけると、

 チリン。

 また音がしました。すぐ後ろのようです。
 振り返った美姫は、思わず目を丸くして声を上げました。
 「うさぎさん?!」
 そこに立っていたのは、男の子にもらったガラスのうさぎでした。透き通った身体の中に、小さな赤いガラス玉がひとつ見えています。けれどもうさぎは、いつの間にこんなに大きくなったのでしょう。後足で立つと、美姫よりもちょっと背が高いのです。そうしてうさぎは、透き通ったシルクハットと燕尾服を身に着けて、腕にはステッキを下げているのでした。
 「こんにちは、みきちゃん」戸惑っている美姫に、うさぎは丁寧に頭を下げて言いました。「お友達になってくれて、ありがとう。僕はパルっていうんだ」
 「パル・・・?」
 「君のこと、ずっと待っていたんだよ。さあ、遊びに行こう」
 「遊びにって、どこへ?」
 「そうだな。まずは、このあたりを案内してあげる」
 うさぎはそう言って手を差し出します。握り返すと、その手はふんわりとして、とても暖かいのです。不思議に思って撫で回すと、まるで本物のうさぎのような手触りなのでした。くすぐったがってモジモジする仕草が、とても可愛くて、思わず頬ずりしたくなってしまいます。美姫は、にっこりと頷きました。
 「うん!」

 チリン。チリン。チリン。

 うさぎが地面を踏み鳴らすと、澄んだ音が響きます。鼻を上げて空気の匂いを嗅ぐと、うさぎは長い耳を立てて、ちょっと耳を澄ましていましたが、ほどなく「ほら来た」とささやきました。
 「え?来たって何が?」
 「しっかりつかまっているんだよ」
 うさぎは美姫の手をしっかり握ると、トンと地面を蹴りました。
 「あっ?!」
 気持ちの良い風が吹いて来たと思った瞬間、身体がふわっと浮き上がり、美姫は慌ててうさぎにしがみつきました。
 恐る恐る目を開けて見ると、足の下には何もありません。それどころか地面は、ずっとずっと下の方にあって、白やピンクの花が、一面の海のように見えます。ゾッとして目をきつく閉じると、「怖がらなくても大丈夫」という声がしました。
 「ほら、この子たちがいるから」
 うさぎの指差した方には、羽のある生き物が、たくさん飛んでいます。ちょっと見ると鳥か虫のようでしたが、目をこらしてよく見ると、それは人間の恰好をしているのでした。ぽかんとして美姫が見つめていると、その中のひとりがやって来て、ぴょこんと頭をさげました。
 「みきちゃん、こんにちは。王子さま、呼んで下さってありがとう」
 「風の精たちだよ」
 うさぎが手の平に乗った小さな女の子を紹介します。若草色のミニドレスに、すみれ色の長い髪。その背中には、虹色に光る透明な二枚の羽がついています。絵本で見た妖精にそっくりでした。どぎまぎして挨拶をした美姫は、うさぎを振り返って尋ねました。
 「あの・・・王子さまって?」
 うさぎは、長い髭をちょっと動かして答えました。
 「ここじゃ、みんな僕のことをそう呼ぶんだ」
 「そうなんです」風の精が美姫の肩に飛び移って、得意そうに説明を始めます。「あの凶悪な雲のドラゴンを、一撃でやっつけちゃったんですから。そりゃもう、みんな大騒ぎでした。王さまが『我が後継ぎに是非迎えたい』っておっしゃって、それで」
 「へえ・・・」
 美姫が感心したように見つめると、うさぎは照れたように手を振って言いました。
 「大したことじゃないよ。みんなが困ってたから、当然のことをしただけなんだ」
 「でも、ドラゴンって、すごく強いんでしょ?」
 「そうなんです!」風の精は、身を乗り出して力説します。「お日様を隠したり、雨を降らしたり、そりゃもうやり放題。ゴロゴロって音がすると、みんな首をすくめて葉っぱの影に逃げ込むんです。王子さまがこらしめて下さらなかったら、今頃あたしたちはずぶ濡れになってたと思います」
 「僕も、その、雨は好きじゃないから」
 「それをですね、前から来るのを叩き伏せ、後ろからのは蹴っ飛ばし、ちぎっては投げ、ちぎっては投げ・・・」
 「おいおい、そりゃオーバーだよ」
 「いえっ、これでも控えめに話してるつもりなんですけど」
 「ふーん、パルってすごいんだ」
 美姫に尊敬の眼差しで見つめられて、うさぎは苦笑しながらも、ちょっと嬉しそうです。なおも大げさな身振り手振りでまくし立てている風の精を、コホンと咳払いして黙らせると、うさぎは、どこからか大きな時計を取り出して言いました。
 「おしゃべりはそのくらいにして、そろそろ出発しないと、日が暮れてしまうよ。今日は、みきちゃんを案内することになっているんだ」
 「あ、そうでしたそうでした」風の精は、ぺろっと舌を出して笑います。「では、空の旅をたっぷりとお楽しみ下さい」
 パタパタと飛び去った風の精を見送って、うさぎがぽつりと言いました。
 「あのおしゃべりさえなきゃ、いい子なんだけど」
 美姫は思わず吹き出してしまいました。

 爽やかな風がさっとひと吹きすると、二人の身体は、それに乗って飛び始めました。どこまでも広がる野原が、ビュンビュンと飛び過ぎて行きます。その速いこと速いこと。野原は一面の草原になり、森や小川が現われては消え、山を飛び越えて、二人は飛び続けます。高く、低く、雲の上を走り、森のてっぺんをかすめて行くと、まるで風になったようでした。絵のようなパノラマが、次々に目の前に現われ、美姫はその美しさに、手を叩いて歓声を上げました。
 時間は飛ぶように過ぎ、日が落ちて星がまたたき出すと、二人はどんどん空高く舞い上がりました。赤や青、色とりどりに輝く星座の間を、美姫とうさぎは、縫うように飛び続けます。棍棒を持って勇ましい歌を歌う狩人。竪琴をかき鳴らす綺麗な女の人。のんびりと散歩をする熊の親子。並んで笛を吹く双子の男の子。天をよぎって、まばゆく輝く銀色の流れ。その流れに沿って、ゆったりと白鳥が飛んで行きます。それは目に沁みるほど美しい光景でした。いつまでも飛び続けていたい。もっともっと素敵なものを見たい。美姫はうっとりとそれに見とれながら思いました。

 「いけない。そろそろ帰る時間だ」
 うさぎが時計を取り出して言ったのは、もうお月様も随分傾いた頃でした。
 「えー?もう?帰るの、やだな・・・」
 つまらなそうに美姫が言うと、うさぎは微笑んで首を振りました。
 「この続きは、また明日。今日はもう帰らないと、お母さんが心配するよ」
 「でも・・・」
 「また明日、あの場所で待ってるから。ね?」
 「・・・うん」
 しぶしぶ美姫が頷くと、うさぎはウィンクして言います。
 「それじゃ、このことは僕とみきちゃんだけの秘密。ね、指きりしよう」
 『秘密』という言葉は素敵な響きを持っていましたので、美姫はちょっと気分を直して、小指を差し出しました。二人は厳かに指切りをして、誓いの言葉を交わしました。
 「ゆびきりげんまんうそついたらハリセンボンのーます」
 「約束よ」
 「うん、約束だ」
 二人は微笑み交わし、それからうさぎは、トントントンと足を踏み鳴らしました。

 チリン。チリン。チリン。

 澄んだ音が鳴り響き、周りの風景が急にぼやけて、消えていきます。最後にうさぎが手を振って消えると、あたりは真っ暗になりました。
 「パル!」
 心細くなって声を上げた美姫の耳元を、そよ風が笑いながらくすぐって行きました。

 美姫は目を開きました。
 カーテンの隙間から、明るい陽射しが差し込んでいます。ぼんやりと見回すと、壁に貼られたアニメのポスターや、本棚の上に置かれたうさぎのぬいぐるみが目に入りました。
 いつもと変わらない部屋の様子に、美姫はため息をつきました。
 あれは、やっぱり夢だったのかな。ちょっぴり残念。でも、素敵な夢だったな。今晩もまた、夢の続きを見られるかしら。夢で見た光景を思い出しながら、美姫はゆっくりと起き上がりました。

 チリン。

 枕を滑り落ちて、ガラスのうさぎが澄んだ音を立てます。
 美姫は、それを手に取って、そっと頬に押し当てました。
3.
その日、美姫は幼稚園から帰って来ると、すぐにパジャマに着替えました。早く寝れば、それだけ早くパルに会えると思ったのです。「おかしな子ね」とママは笑いましたが、美姫は平気でした。昨日見た夢の続きを見たい。美姫の頭の中は、そのことでいっぱいだったのです。
 ところが、タオルケットをかぶってはみたものの、そう簡単に眠れるわけがありません。いつもは、起きていたくても、いつの間にか眠ってしまうのに、さあ寝ようと思うと、逆に目が冴えてしまうのです。目をつぶって、力んでみたり、寝返りを打ってみたり、羊を数えてみたりしましたが、どんなことをやってみても全然だめでした。それどころか、もっと大事なことを忘れていたことに、美姫は気づきました。タオルケットを跳ね除け、モソモソと起き上がって一階へ下りて行くと、美姫はママに言いました。
 「ママ、お腹すいた」

 おやつはバウムクーヘンでした。冷たいミルクを飲みながら、ママとおしゃべりをしている間中、美姫は時計をちらちら見上げていました。それに気づいたママに、「どうしたの?」と聞かれたのですが、美姫はちょっと得意そうに、こう答えただけでした。
 「ひみつなの」
 勿論、ママは知りたがりました。けれども秘密というのは、人に話してはいけないものなのです。ほんとは話したくて話したくてたまらなかったのですが、パルとの約束を破るわけにはいきません。美姫はその気持ちをグッとこらえ、何だかちょっぴりお姉ちゃんになったような気持ちになりました。

 「ごちそうさまー」
 お腹がいっぱいになって部屋に戻ると、美姫はまたタオルケットを引っ被りました。枕元には、ガラスのうさぎもちゃんと置いてあります。今度こそ寝るんだと力いっぱい決心をして、美姫は目をつぶりました。
 ところが、今度はインターホンが鳴ったのです。
 「みーきちゃーん、あっそっぼーっ」
 お友達のかずちゃんでした。そういえば、この間生まれたうさぎの赤ちゃんを見せてもらう約束をしていたのです。夢の続きを見ることも大事でしたが、美姫は何よりうさぎが大好きでした。しかも、見たくてたまらなかったうさぎの赤ちゃんを、やっと見せてもらえるのです。このチャンスを逃すわけにはいきません。
 「はぁい!」
 美姫は、がばっと起き上がりました。三分で着替えをして、なだれのように階段を駆け下り、五分後には、かずちゃんと手をつないで、ばたばたと玄関を飛び出して行きました。玄関に立って、それを見送ったママは、さっきまでの美姫の様子を思い出して、思わずクスッと笑いました。

 結局その日、美姫がベッドに入ったのは、いつもと同じ時刻でした。なぜって、うさぎの赤ちゃんはとても可愛かったし、かずちゃんとのおしゃべりも楽しかったし、その上お家に帰って来たら、大好きな『テニスの好きなお姫さま』をやっていたからです。テレビを見ながらご飯を食べ、それからお風呂に入ったら、時計はもう八時半を指していました。明日こそは、もっと早く寝よう。美姫はベッドにもぐり込みながら思いました。
 「おやすみ、うさぎさん」
 小さなあくびをすると、美姫は目をつぶりました。そうして、あっという間に眠りに引き込まれていきました。
4.
 チリン。

 音がした途端、美姫は勢い良く跳ね起きました。
 「ごめんっ、待った?!」
 ぴょこんと立ち上がると、すぐ傍にいたうさぎが、にっこりと微笑みました。
 「ううん、全然。今日も来てくれたんだね、ありがとう」
 「今日は、どこへ連れてってくれるの?」
 言いながら見回した美姫は、思わず叫びました。
 「あれっ?昨日と違う!」
 本当にそうでした。
 昨日見た一面のお花畑は、影も形もありません。見渡す限り、青々と背の高い草が生い茂っています。空には大きな入道雲がムクムクと膨れ上がり、まぶしい日差しの中で、随分遠くに陽炎が踊っていました。降るようなアブラゼミの声と、草の上をかすめて行くツバメの影。すぐ近くの草には、シオカラトンボがとまっています。まるで、春からいきなり夏になったようでした。
 ぽかんとして見ている美姫に、うさぎは笑って言いました。
 「暑いね。今日は、かき氷を食べに行こうよ」

 チリン。チリン。チリン。

 うさぎが地面を踏み鳴らすと、澄んだ音が響きます。鼻を上げて空気の匂いを嗅ぐと、うさぎは長い耳を立てて、ちょっと耳を澄ましていましたが、ほどなく「ほら来た」とささやきました。
 「さあ行くよ、しっかりつかまって!」
 美姫が差し出された手を取ると、うさぎはトンと地面を蹴りました。
 ふわりと身体が浮き、風に乗って舞い上がります。耳元でクスクス笑う声が聞こえ、気がつくと美姫は、小さな風の精たちに取り巻かれていました。
 「みきちゃん、こんにちは。王子さま、呼んで下さってありがとう」
 挨拶を返した美姫は、あれっと思いました。
 風の精たちの服装が、昨日と違っているのです。昨日は若草色のミニドレスでしたが、今日はみんな濃い水色のドレスを着ています。長い髪の毛も、すみれ色ではなく深い海の色をしていました。美姫が尋ねると、風の精たちは口々に言いました。
 「妹なの」「あの子たちは妹なの」「あたしたちはお姉さん」
 「それで髪も服の色も違うのね?」
 「そうよ」「そうなの」「だって、そうでしょう?」
 にぎやかに笑いさざめきながら、風の精たちは口を揃えます。
 「今は夏なんだもの!」

 二人は、風に乗って飛び続けました。山を、谷を、川を飛び越え、どんどんスピードを上げて行きます。風はビュンビュンうなり、景色が目まぐるしく移り変わって、いつしか二人は海の上を飛んでいました。どこまでも広がる青い海。その向こうには、さっきより大きく入道雲が盛り上がっています。風の精たちは、その中の一番大きな雲に向かっているようでした。
 一体どこまで行ったら、かき氷を食べられるのかしら。美姫がそう思い始めた頃です。
 「さあ、着いた」
 うさぎはそう言って、ステッキを上げました。指し示した方向に、小さな島が浮いています。二人はそこに、ふんわりと着地しました。
 降りて、すぐに美姫が気づいたのは、島の殆どが雲で覆われているということでした。森も湖も、むくむくと盛り上がる入道雲に、半分ほど隠されています。そして、島の真ん中にある山のてっぺんから、雲が後から後から湧き出ているのです。
 「雲が・・・あそこから・・・」
 びっくりしてそれを見つめていると、うさぎは言いました。
 「ここは、世界中の雲を作ってる所なんだ。今は夏だから入道雲を作ってるけど、秋になると、いわし雲とかうろこ雲とかも作るんだよ」
 ステッキであちこちを叩いていたうさぎは、コンと音がした所で立ち止まりました。
 「あったあった、ここだ」そうして、美姫の手を取って「ほら、ここに足を乗せてごらん」
 言われた通りに足を出すと、そこが階段のように堅くなっています。二人が足を乗せると、それは動き出しました。
 「エレベーターだよ。これで頂上まで行けるんだ」
 「頂上って、山のてっぺん?」
 「ううん。雲のてっぺんだよ」
 そう言って、うさぎが指差したのは、ムクムクと盛り上がっている入道雲の頂上でした。

 二人の乗った雲のエレベーターは、どんどんスピードを上げて、昇って行きます。見る間に雲の頂が近づき、目の前に抜けるような青空が広がりました。雲の上は、ひんやりと涼しくて、心地良い風が吹いています。その風をはらんで、入道雲は、どこまでも大きく膨れ上がっていくようでした。
 頂上に着くと、二人はピョンと飛び降りて、あたりを見回しました。遥か向こうの水平線まで、深い青色の海が続いています。ずっと遠くの空を、とても長い生き物が、くねりながら飛んで行くのが見えます。美姫が尋ねると、「雲のドラゴンだよ」とうさぎが言いました。
 近くの、ちょっと固くなった所に腰掛けると、うさぎはどこからかガラスの器とスプーンを取り出しました。
 「その辺がいいかな。このスプーンで取ってごらん」
 「取るって何を?」
 きょとんとして美姫が首をかしげると、うさぎは自分のスプーンで、傍らに盛り上がっている雲を少しすくい上げて見せました。それはキラキラ光る氷の粒で、本物のかき氷のように見えます。まねして近くの雲からひとすくいした美姫は、口の中に入れたとたんに、頬を押さえて声を上げました。
 「冷たぁい!ほんと、かき氷みたい!」
 ガラスの器いっぱいにそれを入れると、うさぎは尋ねます。
 「シロップは何がいい?」
 「うーんとね、イチゴ!」
 すると、うさぎは燕尾服のポケットから小さな赤い壜を取り出して、美姫の氷にかけました。見る見る氷が赤く染まり、イチゴフラッペの出来上がりです。
 「美味しい!」
 ひと口食べると、口の中に甘い香りとイチゴの味が広がります。美姫が勢い込んでサクサクと食べ始めると、うさぎはにっこりしました。

 真っ青な空と海を眺めながら真っ白いかき氷を食べるのは、何て素敵なことでしょう。しかもかき氷は、食べても食べても食べきれないほどあるのです。うさぎは、水がちょっぴり苦手だと言って、一杯しか食べなかったのですが、美姫はもう夢中で食べまくりました。
 美姫のリクエストに応えて、うさぎはポケットから次々と色とりどりのシロップを取り出しました。メロン、バナナ、オレンジ、ミルク、それにブルーハワイ。仕上げは、ちょっと大人っぽく抹茶でしめくくって、美姫は大満足でお腹をさすりました。
 「ふぅ、もうダメ。これ以上食べらんない!」
 「やっぱり、夏はかき氷だよね」
 「うん、とっても美味しかった!暑いのが、どっかへ飛んでっちゃったみたい。あ、でも・・・」
 「どうしたの?」
 「お腹、こわさないかな。縁日の時でも、お腹が冷えちゃうからって、ママは一杯しか食べさせてくれないの」
 「大丈夫。雲のかき氷は、身体にとてもいいんだ。僕が保証するよ、お腹が冷えることもないし、勿論おねしょをすることもないってね」
 「ひっどーい、パルったら!あたしはもうお姉ちゃんなんだから、おねしょなんか絶対、ぜーったいにしないの!」
 美姫が憤慨して抗議すると、うさぎは耳をぴょこんと折り曲げて言いました。
 「ごめんごめん。みきちゃんはもう五歳だもんね」
 「そうよ。来年は小学校なんだから。字だって、ひらがなもカタカナも書けるんだよ」
 「へえ、すごいんだ」
 「そうよ。絵本だって、ほんとは自分で読めるんだから」
 感心するうさぎに、美姫は得意そうにいくつかのお話をしてみせました。きかんしゃトーマスとか、アンパンマンとか、クマのプーさんとか、小公子セディとかです。話しているうちに、美姫はどんどん盛り上がって、幼稚園のお絵かきのこととか、好きなアニメのこととかを、時間を忘れて熱く物語りました。将来は漫画家になりたいという美姫の夢を聞いて、うさぎは優しく励ましてくれました。
 「みきちゃんの夢、必ず叶うよ。その夢を追いかけていけば、みきちゃんはきっと、素敵な女の人になれる。僕はそれを信じてるから」
 「うん!あたし、頑張る!」
 美姫は笑顔を浮かべて、大きく頷きました。
5.
 チリン。チリン。チリン。
 澄んだガラス玉の音色とともに、心躍る毎日が過ぎていきます。毎晩のように、美姫はうさぎと、不思議な世界で遊びました。
 星たちの歌を聞いたり、雲からジャンプしてみたり、イルカたちと競争してみたり。秋には木の葉に乗って、木の実や果物を食べ歩き、冬になると、雪うさぎたちと雪合戦をしたり、渡り鳥たちとおしゃべりしたりしました。夢の世界で、季節はいくつも巡り、うさぎと過ごす時間はとても楽しくて、目が覚めるたびに美姫は、今がまだ夏休み中なのが信じられないような気がしました。そうして、心ときめく夏の日々は、瞬く間に過ぎ去っていきました。

 あれから、縁日や盆踊り大会があるたびに、美姫はあの男の子を探しました。ガラスのうさぎのお礼が言いたくて、ママの手を引っ張りながら、何度も境内を歩き回ったのです。けれども、男の子の姿は、どこにもありませんでした。
 では、あの男の子と出会ったのは夢だったのでしょうか。ふと心に浮かんだ思いを、美姫は首を振って打ち消します。いつも大切に持ち歩いているガラスのうさぎ。そのひんやりとした手触りは、あの時のことが決して夢ではなかったことを教えてくれます。
 もしかしたら、男の子はパルなのかも知れない。美姫はそう思いました。あの優しい眼差し。それは、毎晩パルから感じるものと同じでした。
 「パルは、としみつおにいちゃんなの?」
 思い切って、そう尋ねたこともあります。けれども、うさぎはただ微笑んで、こう答えるだけでした。
 「ひ・み・つ」
6.
 そうして、秋がやって来ました。幼稚園がまた始まり、美姫は制服のスモックのポケットにガラスのうさぎを入れて、お迎えのバスに乗りました。
 「おはよう、美姫ちゃん」
 笑顔で迎えてくれた島野先生に、美姫はとびきりの笑顔で答えます。
 「おはようございます、先生!」
 「夏休み、どうだった?」
 「毎日楽しかったよ!いろんなとこへ行ったの!」
 「どこへ行ったのかしら?先生に教えて?」
 「ふふっ、ヒ・ミ・ツ」
 座席に腰掛けると、かずちゃんが話し掛けてきます。夏休みに、好きなアニメのイベントに行ったというかずちゃんは、話題をどっさりと抱えていました。バスが走り出すと、二人は賑やかにおしゃべりを始め、幼稚園に着くまで、ずっとしゃべり通しでした。後ろの席から、いじめっ子の風見亮介が「女ってウルセー」と言っていましたが、こんなのは無視、無視です。何といっても女の子同士、話すことは山ほどあるのですし、それは男の子なんかが割り込めない世界なのです。
 「うるさいっ、邪魔っ」
 かずちゃんが眼鏡を光らせて、ぴしゃりと言います。亮介はムッとして、座席の背もたれに身を乗り出すと、かずちゃんの髪の毛をグイと引っ張りました。
 「お前、生意気だぞ」
 「痛いじゃないのっ!」
 お返しに、かずちゃんがドンと突き飛ばすと、亮介は向こう側に引っくり返って、派手な音を立てました。周りから一斉に笑い声が起こり、先生が慌てて飛んで来ます。助け起こされた亮介は、泣きまねをしながらわめきました。
 「ひでー女だ。ワニ噛み屋っ!」
 「何よっ、胴長おじさんっ!」
 美姫がプッと吹き出すと、他の子たちもどっと笑い転げます。
 「かずちゃん、男の子をいじめちゃダメよ」
 苦笑している島野先生に、美姫は言いました。
 「先生、悪いのは亮介の方です。先にかずちゃんの髪を引っ張ったんですから」
 「まあ、そうなの?」
 「だってセンセ、こいつが・・・」
 言いかけた亮介に、かずちゃんがまたぴしゃりと言います。
 「一人前の男は言い訳なんかしないものだって、パパが言ってたわ。ふんっ、あんた、まだまだだねっ!」
 「なっ・・・!」
 何か呑み込んだような顔で、グッと詰まる亮介。またまた笑いがバスの中に弾けます。
 やっと騒ぎが収まると、美姫はかずちゃんにささやきました。
 「亮介って、もしかしたらかずちゃんのこと、好きなんじゃない?」
 「やめてよあんなの」かずちゃんは、とんでもないと言うように髪をひと振りします。「あたしが好きなのはね、すがすがしいスポーツマンタイプの人。あんなの全然お呼びじゃないって」

 久しぶりの幼稚園は、お勉強もお遊戯も、そしてお話の時間も、楽しいことばかりでした。新しい歌を習い、折鶴を折ったりお絵かきをしたりしているうちに、午前の時間はあっという間に過ぎました。
 みんなでウィンナーや唐揚を取っかえっこしながら、にぎやかにおしゃべりをしたお弁当の時間が過ぎると、美姫はかずちゃんと一緒に園庭へ飛び出しました。藤棚の下の小さな机とベンチが、二人のお気に入りの場所です。春には藤の花が咲き乱れて、それは美しい場所なのですけれど、今は傍らの花壇にコスモスが少し咲いているだけでした。
 いつものように、美姫はお絵かき帳を広げ、かずちゃんはその隣で本を読みます。園庭で鬼ごっこをしたり、ブランコや棒登りをしたりしている子たちから離れて、静かに過ごすこのひとときが、二人は大好きでした。
 「何を読んでるの?」
 美姫が尋ねると、かずちゃんは表紙を見せて言います。
 「『テニスの好きなお姫さま』の二十三巻」
 「最新巻ね。後で貸してくれる?」
 「うん、いいよ」
 しばらく言葉が途切れ、美姫がクレヨンを走らせる音だけが聞こえていましたが、そのうちに今度はかずちゃんが横から覗き込むようにして尋ねました。
 「何描いてるの?」
 「リョーコ」
 美姫も大好きな『テニスの好きなお姫さま』の主人公です。お絵かき帳を見せると、かずちゃんは感心したように言いました。
 「そっくりじゃない。美姫ちゃんって、ほんっと絵が上手だよね。将来、絶対漫画家になれるよ」
 「そ、そうかな」
 褒められて、美姫ははにかんだように顔をほころばせます。頑張れば、きっと夢は叶う。パルにそう励まされて以来、何だか夢が叶いそうに思えてきて、美姫は今までより絵を描くことに熱中するようになりました。小学校に上がったら、ママにお願いして、絵を習いに行こうかな。この頃、そんな意欲を感じるようになってきている美姫でした。
 夢が叶ったら、どんなに素晴らしいことでしょう。描きたいものはいっぱいあります。それを、たくさんの人たちに読んでもらえるのです。好きなことをして、みんなに褒められる。それはとても幸せなことに思えました。
 楽しい想像にふけりながら、美姫はクレヨンを走らせます。その瞳は夢見るように輝き、口元にはうっすらと優しい笑みが浮かんでいました。

 そうして、どのくらい時間が経ったのでしょう。島野先生がやって来て、絵を褒めてくれて、それからしばらく経った頃でした。
 「おい、何やってんだよ、そんなとこで?」
 突然声をかけられて、二人はハッと顔を上げました。
 腰に手を当てた風見亮介が立っています。ボサボサの髪の毛。あちこちに染みと泥のついたスモック。まん丸で平べったいその顔には、からかうような表情が浮かんでいます。一瞬固まった二人の前に、つかつかと歩み寄って来ると、亮介はかずちゃんの本を取り上げて言いました。
 「ヘッ、またこんなもん読んでんのかよ?ガキだな、おめーも」
 「何すんのよ!返してったら!」
 かずちゃんが取り返そうと手を伸ばしますが、亮介は本を持った手を高く上げて、へらへらと笑います。
 「なーにが『お姫さま』だよ。すかしてんじゃねーよ、ブス」
 「うっさいわねデーブ!ほっといてよ!」
 「で、デブとは何だっ!」
 「あんた、大人になっても絶対女の子にもてないわよっ!」
 「うっせぇ!おめーに言われたかねーよ!」
 「返せったら!」
 「やーだよ」
 「このっ!」
 「いてっ!何すんだよっ!」
 かずちゃんに引っかかれて、亮介はのけぞります。一回り大きい亮介を相手に、かずちゃんは一歩も引きません。亮介が髪の毛を引っ張ると、かずちゃんは相手の腕にガブリと噛みつきます。つかみ合いになった二人を止めようと、美姫は思わず立ち上がりました。
 「やめなさいよ二人とも!先生を呼ぶわよ!」
 「うっせぇ!引っ込んでろチビ!」
 振り向きざまに亮介が手を振り払います。美姫は突き飛ばされて、コスモスの上に倒れました。その時です。
 パリン。
 ポケットの中で音がして、美姫はぎくりと顔を強張らせました。咄嗟に跳ね起き、ポケットに手を入れた美姫は、取り出したものを見て泣き出しました。

 ガラスのうさぎは、粉々に割れていました。

 「お、俺、知らねーぜ!おめーが悪いんだからな!」
 捨て台詞を残して、バタバタと亮介が逃げて行くと、美姫は地面にへたり込みました。
 今頃になって、すりむいた膝がズキズキと痛みます。けれど、そんな傷よりも、もっとずっと激しい痛みがありました。深く傷ついた美姫の心は、悲しみに身をよじり、血を流していたのです。駆け寄って来たかずちゃんに声をかけられると、涙がどっとあふれ出しました。ガラスの破片が手を傷つけ、血がしたたるのも構わず、砕けたうさぎを握り締めて、美姫は泣き続けました。

 そうしてその夜、パルは現われませんでした。
7.
 それから十年の時が過ぎ去りました。
 あの日以来、美姫はもう、ガラスのうさぎを夢に見ることはありません。悲しみに胸をとざされ、一度は死んでしまおうかと思った美姫でしたが、かずちゃんに慰められて、徐々に心の傷も癒えていきました。そうして小学校、中学校と、何人もの友達ができ、絵の勉強に打ち込んでいるうちに、いつしかガラスのうさぎのことは、記憶の奥へと消えていったのです。

 春、四月。
 美姫は、真新しい制服に身を包み、元気に家を出ました。
 高校生活の最初の日。今日から始まる三年間への期待に、胸が膨らみます。頬を撫でていくそよ風に、電線にとまっておしゃべりをしているスズメたちに、うきうきするような春の気配が感じられ、自然に足取りも軽くなります。アニメソングをハミングしながら、美姫は弾むように歩いて行きました。
 公園の前に、同じチェックのブレザーを着た少女が立っています。美姫が手を上げると、その子も手を上げて、パタパタと駆け寄って来ました。
 「おはよっ、美姫」
 「おはよう、和美。ごめん、待たせちゃった?」
 「ううん、今来たとこ」かずちゃんはニコリと微笑んで、それからしかめっつらをして言います。「それよりあいつ、まだ来ないんだよ。置いて行っちゃおうか?」
 「なに言ってるの。大切な彼を置き去りにするなんて、そんな気もないくせに」
 美姫が笑うと、かずちゃんは肩をすくめて、ペロッと舌を出しました。
 「やだもう、彼なんて。腐れ縁よ、ただの腐れ縁」
 「そうかなー、とてもそうは見えないけど」
 「ホントだって!高校で素敵な男性を見つけたら、あいつなんかすぐにポイしてやるんだから」
 むきになるかずちゃんの顔は、かすかに赤くなっています。その様子がとても可愛く見えて、美姫はクスクス笑いました。
 その時、公園の反対側から「おーい!」と声がして、同じブレザーとグレーのズボン姿の少年が走って来ました。二人の前までダッシュして来ると、彼はハアハアと息を弾ませて頭を掻きます。すらっとした背丈は、百七十五センチぐらいもあるでしょうか。さわやかな笑顔を浮かべると、口元から八重歯がこぼれました。
 「おはよう、風見くん」
 「おっそいじゃん、亮介。もう置いてこうかって、美姫と話してたんだよ」
 美姫とかずちゃんが言うと、亮介は悪びれた様子もなく笑います。
 「わりーわりー、夕べ二時までビデオ見てたもんだからさ」
 「また『キューティメグ』?いい加減ヘンタイだと思われるから、やめた方がいいわよ、その趣味」
 かずちゃんが突っ込むと、彼はすかさず切り返します。
 「へーへー、どうせ俺の趣味は悪いよ。お前と付き合ってるぐらいだからな」
 「なっ・・・!誰があんたと付き合ってるって?」
 「何だよ、そーだろ?」
 「あんたとはただの腐れ縁!やんなっちゃうわ、もう。十一年よ十一年。幼稚園から高校までずーっとこんなのと一緒だなんて」
 「それはこっちの台詞だ。お前と付き合える男なんて、世界広しといえども俺しかいないだろ。ボランティアだよ、ボランティア」
 「なに言ってんのよ。あんたみたいなマンボウ顔の男を野放しにしといたら、世界中の女性が迷惑するじゃない。あたしの犠牲的精神、わっかんないかなー」
 「ひでー女だ。ワニ噛み屋っ!」
 「何よっ、胴長おじさんっ!」
 美姫が思わず吹き出すと、二人は彼女を見つめ、ばつが悪そうに顔を赤らめました。
 「な、何だよ黒川」
 「変わってないわね、二人とも」
 「ちょっと、やめてよ美姫。こいつは幼稚園児のまんまだけど、あたしは・・・」
 「ごちそうさま♪」
 もごもご言っている二人にぺこりと頭を下げて、美姫はすたすたと歩き出します。後ろで、「お前が悪いんだろ」とか「何よ、あんたこそ」とか言い合っている声がしましたが、しばらく行って振り返ると、二人はいつの間にか手をつないで歩いています。美姫は、その微笑ましい様子にクスッと笑い、また弾むように歩き出しました。

 「ねえねえ、部活、どこに入る?」
 始業式が終わると、かずちゃんが美姫の席に来て尋ねました。
 「そうね、あたしはやっぱり漫研かな。和美は?やっぱりテニス?」
 「うん、そうするつもり。変わらないね、中学の時から」
 「お互いにね」
 二人が微笑み交わしていると、そこへ亮介がやって来て、ぶっきらぼうに宣言しました。
 「お、俺も高校からテニス部に入ることにしたっ!」
 「へ?あんたが?」かずちゃんが驚いて、まじまじと見つめます。「だってあんた、テニスなんてやったことないじゃない。何でそんな気になったのよ?」
 「そりゃ・・・」
 口ごもる亮介を見て、美姫はピンときました。かずちゃんにも、すぐに分かったようです。悪戯っぽい笑みを浮かべて、からかうように言いました。
 「気になる?」
 「ぶ、ぶぁかっ。誰が・・・」
 「そうよねー。青雲学園のテニス部って、カッコいい人、多いから」
 「そ、そんなんじゃねいっ!」
 真赤になって地団太を踏む亮介の顔には、はっきり「好きだ」と書いてあります。美姫は、かずちゃんを羨ましく思いました。
 幼稚園の頃いじめっ子だった面影は、今はもう影も形もありません。憎まれ口を叩きながらも、彼のかずちゃんを見つめる眼差しには、暖かなものがあふれています。あの時、壊されてしまったガラスのうさぎのことは、今でも心の片隅に引っ掛かっていましたが、頼もしい少年に成長した亮介と、彼に見守られているかずちゃんのことを、美姫は素直に祝福してあげたい気持ちになっていました。
 自分にも、いつかはそんな人が現われるだろうか。夢に向かって歩き続けている自分を励まし、勇気づけてくれるような人が。ふと、そう思った時、パルの姿が頭に浮かび、美姫は慌ててパチパチと瞬きをしました。
8.
 仲良く言い合いをしている二人を残して、美姫は教室を出ました。これから三年間を過ごす高校の中を、一通り見て回ろうと思ったのです。
 本館から二号館、三号館と、美姫はゆっくり時間をかけ、一階から屋上まで歩きました。
 思っていたよりも校舎はずっと広く、設備も中学校より整っているようでした。三号館の屋上からグラウンドを眺めると、野球部とサッカー部の部員たちが走り回っています。新入部員勧誘のデモンストレーションでしょうか。ホームベースとゴールの近くに、ひとかたまりの生徒たちが見えます。その向こうには、バレーコートとテニスコートが二面ずつあって、そこでも同じような光景が見えました。グラウンドの左手に、二階建ての、横に長い建物が立っています。ここからではよく分かりませんが、どうやら部室のようでした。漫研の部室も、そこにあるのでしょうか。美姫は、そこへ行ってみようと思いました。
 そうして、昇降口の扉に手をかけた時です。

 チリン。

 美姫はハッとして立ち止まりました。
 あたりを見回しましたが、屋上には誰もいません。しばらく耳を澄まし、空耳かと吐息をついて、美姫はまた扉に手をかけました。

 チリン。

 今度は空耳などではありません。音は、間違いなく扉の向こうから聞こえました。
 胸の奥にしまっていた、あの懐かしい音。二つの音が共鳴し、記憶が鮮やかに蘇ってきます。
 優しい眼差し。穏やかな声。そして不思議な世界の思い出。
 心が激しく震え、美姫は力いっぱい扉を開けました。

 チリン。

 階段の下の方で、また音がします。それは、下へ下へと降りて行くようでした。追いかけて階段を駈け下り、踊り場に立って美姫は叫びました。
 「待って!」

 チリン。

 音は、次第に遠ざかって行きます。美姫は夢中になって、それを追いました。すれ違う生徒たちが驚いて見つめる中、一気に一階まで駆け下りて、美姫はあたりを見回しました。

 チリン。

 校舎の反対側から、それは聞こえてきます。廊下の突き当たりに、理科棟へと続く渡り廊下が見えました。美姫は、息もつかずに廊下を駆け抜けると、三段の石段を飛び降りました。

 どんっ。
 「あっ?!」

 やみくもに飛び出した美姫は、誰かにぶつかって弾き飛ばされました。転がって尻餅をつき、慌てて跳ね起きて謝ろうとした美姫は、手を差し伸べている相手を見て、思わず目を見開きました。
 テニスウェアから伸びている、日に焼けた手足。
 眼鏡の奥から見つめている、切れ長の優しい瞳。
 今にも語りかけてきそうな、唇に浮かんだ笑み。
 何かが喉元にこみ上げ、息を詰まらせます。唇が震え、目をせわしなく瞬き、美姫はかすれた声で言いました。
 「としみつ・・・お兄ちゃん?」

 チリン。

 手を引かれて立ち上がると、涼やかな音が響きました。少年はにっこりと微笑み、後ろのポケットに手をやります。差し出された手の平がゆっくりと開き、美姫の瞳から涙があふれました。

 ガラスのうさぎ。

 美姫の手にそれを載せると、彼は言いました。
 「また、会えたね」
 美姫は胸がいっぱいになって、目をこすりながら、こくりと頷きました。

 「怪我はない?」
 「は、はい」
 その声に我に返って、美姫はスカートをはたき、髪に手をやりました。彼がポケットからハンカチを取り出し、手渡してくれます。目元を拭いながら、ちらりと見た途端に目が合ってしまい、首筋に血が昇ってくるのを感じて、美姫は慌てて目を伏せました。
 胸の鼓動が、どんどん早くなっていきます。十年前と変わらないまま、彼はもっと素敵になっていました。
 優しい眼差し。
 広い肩幅。
 たくましい腕。
 思い出すと、頬が熱く燃えるようでした。そして、彼が自分を覚えていてくれたことが、美姫の心に幸せな想いをもたらし、勇気を与えてくれました。再び顔を上げたその瞳は、きらきらと美しく輝き、ふっとほころんだ桜色の唇に、彼はハッと胸を衝かれました。
 「・・・ずっと、会いたかった・・・」
 ささやいた美姫の耳元で、涼やかな音が鳴り響きました。

 チリン。チリン。チリン。

 ふっ、と吐息のように、同じ言葉が彼の唇を洩れ、どちらからともなく、二人は手を差し出しました。つないだ手は、あの時のように暖かく、見交わす眼差しには、十年前と変わらない光が宿っています。束の間、時が一気に巻き戻されたような錯覚を感じて、美姫は言いました。
 「・・・ごめんなさい。うさぎ、割れてしまったの」
 彼が頷いて答えます。
 「そうだと思った。急に来なく・・・?!」
 「えっ?!」
 二人は、思わず顔を見合わせました。びっくりしたような顔に、見る見る血が昇っていきます。
 「・・・星めぐり・・・」
 美姫がつぶやくと、彼が続けます。
 「・・・かき氷」
 「・・・雲からジャンプ」
 「イルカと競争」
 二人はまた顔を見合わせ、同時に叫びました。
 「雪うさぎと雪合戦!」
 「パル!」
 美姫は思わず、泣き笑いをして飛びつきました。

 「おーい、手島・・・どわっ!?」
 突然、背後で聞こえた声に、二人はぎょっとして身体を離しました。
 テニスウェアを着た、ちょっと怖そうな男子が立っています。美姫が狼狽して背を向けると、彼が落ち着いた声で答えるのが聞こえました。
 「何だ跡見?」
 「何だって、お前・・・新入部員がもう集まって・・・」
 「僕は忙しい。お前に任せた」
 「任せたって、何すれば・・・」
 「取り合えず十周も走らせとけばいいだろう」
 「わ、分かった」
 跡見と呼ばれた男子は、行きかけて振り返り、ちらっと美姫に視線を投げて言いました。
 「手島、俺にだけは、後でちゃんと説明しろよ」
 「跡見」
 「な、何だ?」
 「お前だけは百周だ」
 「なっ・・・?!」
 彼は、のけぞっている跡見に背を向けると、呆然としている美姫に言いました。
 「さあ、行こうか?」
 「行こうって、あの、どこへ・・・?」
 「そうだな。まずは、このあたりを案内してあげる」
 彼は、目に見えないステッキを振る仕草をすると、にっこりと微笑みかけます。差し出された手を握り返し、美姫は頬を染めてつぶやきました。
 「王子さま・・・呼んで下さってありがとう」
 
終わり

戻る