戻る

ふわふわうさぎ

by Woodnote 2001

不破さん、10,000アクセスご達成、おめでとうございます!
不破さんの作品からは、いつもたくさんの感動と
インスピレーションをいただきました。
10,000アクセスのお祝いに、そしてお礼の気持ちを込めて、
ささやかな小品を贈らせていただきます。
これからも素敵な創作活動を続けて下さい。
「幻想庭園」のますますのご発展を、願って止みません。
(2002年1月・Woodnote)

第1章:ふわり

 「わあ!」
 まこちゃんは、窓から外を見て、歓声を上げました。
 お庭もお向かいの家も真っ白です。あたり一面の雪景色は、夢の世界のようでした。空を見上げると、綿のような雪が後から後から舞い降りて来ます。手の平に受けると、ふわりと落ちた雪のひとひらは、ひんやりとした感触を残して消えました。
 道を行く人はまばらで、スノータイヤをつけた車がスローモーションのように走って行きます。いつもは賑やかに鳴いている小鳥たちも、今朝はねぐらの中でまどろんでいるのでしょう。静かな静かな冬の朝でした。

 大急ぎで服を着替えて、階段を駈け下りて行きます。洗面所の蛇口をひねった途端、飛び出してきた水の冷たさに、一瞬ぶるっと震えたまこちゃんですが、思い切ってぱしゃぱしゃと顔を洗い、元気良くダイニングのドアを開けました。
 「おはよう!」
 「おはよう、まこちゃん」キッチンからママが出て来て言います。「もっと寝ていたらいいのに。今日はお休みだって、さっき学校から電話があったわ。」
 「やったー!」
 まこちゃんは、ぴょんぴょん跳ねてしまいます。学校も好きだけど、こんな素敵な日には、やっぱり外で遊びたいもの。うん、休校か。ラッキー。
 「新聞、取って来てくれる?」
 「うんっ!」
 玄関で長靴を履き、外に飛び出すと、冷たい空気が全身を包みます。襟元から雪が舞い込み、まこちゃんは思わず首をすくめました。
 「ひゃあっ!」
 郵便受けまで10メートルダッシュ。3センチぐらい積もった雪を払いのけて取り出し口を開けると、ビニールでパックされた新聞をえいっと引き出します。
 玄関に戻りかけてお庭の方を見ると、まるで白い絨毯を敷き詰めたように見えます。一面に白一色で塗りつぶされた世界を、思いっきり駈け回ってみたくて、まこちゃんはうずうずしました。これは、ご飯など食べている場合じゃありません。その間に溶けてしまったら、後できっと後悔するに決まっています。まこちゃんは、ダッシュで駈け戻ると、ママにお願いして、ちょっとだけ朝食の前に遊ばせてもらうことにしました。


第2章:雪うさぎ

 あったかいオーバーとマフラーを着せてもらい、手にはミトン、足にはお気に入りの長靴を着けて、まこちゃんはお庭に飛び出しました。
 きゅっきゅっと靴の下で雪が歌います。ちょっと歩いて振り向くと、ドアからまこちゃんのところまで、二列に足跡が続いています。よく見ると、雪の上にはいくつかの足跡がついていました。丸く小さな足跡は、ネコでしょうか。雨だれのようにかすかに捺された楓のようなのは、きっとハトかヒヨドリでしょう。みんな、雪のお庭を散歩していたのかも知れません。
 お庭の真ん中まで来ると、まこちゃんはあたりを見回しました。
 まず、何をしましょうか。雪だるまを作るには、まだちょっと雪が足りないようです。一つ作ったら、せっかくの雪がなくなってしまうでしょう。幸い、雪はまだ止みそうな様子はありません。まこちゃんは、雪だるまを午後の楽しみにとっておくことにして、雪うさぎを作ろうと思いました。
 雪の上にぺたんと座り込むと、周りの雪をかき集め、ふわふわの淡雪で小さな山を作っていきます。ちょっと見ると、それは真っ白なオムライスに見えました。思わずお腹がぐうと鳴ります。
 小さなオムライスをしっかりと両手で押し固めると、まこちゃんは立ち上がって膝の雪を払い落とし、傍らの椿の木から葉っぱを2枚ちぎり取りました。それをオムライスの端っこに並べて立て、今度はウメモドキの木まで走って行って、真っ赤に色づいた実を二つ取って来ると、葉っぱのすぐ下に埋め込みます。あっという間に可愛い雪うさぎが出来上がりました。
 まこちゃんは頬を真っ赤に染め、満足そうに頷きます。ポンと手をたたくと、ミトンからぱっと雪が舞い立ち、思わずくしゅんと小さなくしゃみが飛び出しました。
 ママに見せたら、きっと喜ぶでしょう。まこちゃんは、雪うさぎを両手で持ち上げようとしました。けれど、それはしっかりと地面に貼りついていて持ち上がりません。顔を真っ赤にして何度かチャレンジしてみましたが、どうしてもだめでした。ため息をついたまこちゃんは、家の中に雪うさぎを持って行くのを諦めて、ママを呼んで来ることにしました。
 そうなると、これだけではちょっと淋しい感じがします。やっぱり、お友だちがいた方がいいでしょう。雪もまだまだたくさんあります。あたりを見回した時、素晴らしいアイデアがひらめきました。
 お庭いっぱいの雪うさぎ。ママはびっくりするに違いありません。まこちゃんは、にっこりして早速取り掛かることにしました。ずり落ちかけたマフラーを勢い良く後ろに跳ね上げ、ぱたぱたと駈けて行って雪をかき集めます。真っ白な雪だけを選んで、さっきの雪うさぎの周りにいくつもの塊をこしらえ、それに椿の葉っぱとウメモドキの実をつけていきました。
 「まこちゃん、ご飯よ!」
 キッチンからママの声が聞こえた時、そこにはたくさんの雪うさぎが出来上がっていました。きっと、まこちゃんのクラスの人数より多いでしょう。お庭いっぱいの雪うさぎたちは、つやつやした真っ赤な瞳で、まこちゃんを見上げています。まこちゃんは、うさぎたちに手を振ると、「はぁい!」と振り返って返事をしました。白い息がふわっと立ち昇ります。ミトンについた雪を払い落とし、まこちゃんはパタパタとキッチンへ駈けて行きました。


第3章:青い光の下で

 楽しい一日は、瞬く間に過ぎていきます。。
 まこちゃんは、ご飯を大急ぎで食べるとまたお庭に飛び出し、小さな雪だるまをこしらえました。それから、仲良しのあきちゃんを誘って学校に行き、校庭に大きなかまくらを作りました。クラスの子たちも何人か来ていて、みんなで一緒に雪合戦をしたり、かまくらの中でおしゃべりをしたりして楽しく遊んでいるうちに、いつの間にか外は薄暗くなってきました。
 「さようなら、また明日」
 一人、また一人と手を振って、みんな校庭を去って行きます。まこちゃんも、まだまだ遊び足りなかったのですが、あきちゃんと学校を後にしました。
 「あーあ、明日も学校、休みにならないかな」
 まこちゃんが言うと、あきちゃんも頷きます。雪が溶けてしまう前に、近くの公園にも行ってみたかったのですが、今から公園に行ったら、帰りが遅くなってしまいます。もしかしたら、雪は夜のうちに雨に変わって、明日には溶けてしまうかも知れません。そう思うと、ちょっと残念なまこちゃんでした。
 「大丈夫、今夜まで降ってるって、今朝天気予報で言ってたから」あきちゃんが思い出したように言います。「きっと明日にはもっと積もってるよ」
 それを聞いて、ちょっと元気の出たまこちゃんは言いました。
 「そっか。じゃ明日も校庭でいっぱい遊べるね」
 「うん」
 二人は手をつないで、パシャパシャと道路に積もった雪を跳ね返しながら帰りました。
 「バイバイ、また明日、学校でね」
 家の前の道で手を振って別れると、まこちゃんは、しんしんと雪の降り続く空を見上げ、明日も雪が降っていますようにとお祈りして、玄関に駈け込んで行きました。

 その夜、ぐっすりと眠っていたまこちゃんは、窓から差し込む光の眩しさに目を覚ましました。
 目をこすりこすり起き上がると、窓の外が青白く輝いています。それは、心がワクワクするような、不思議な輝きでした。月の光でしょうか。それとも、もう朝になったのでしょうか。時計を見ると、夜中の1時です。一体どうしたのでしょう。
 見つめていると、胸がトクトクと鳴ります。何か、素敵なことが起こりそうな予感。お布団の温もりから離れることを一瞬ためらったまこちゃんですが、むくむくと湧き上がって来る好奇心を抑えることはできません。寒いのを我慢して、勢い良くベッドを飛び降りました。
 レースのカーテンを開けて、曇った窓ガラスを拭きます。雪は、しんしんと降り続いていました。真っ暗な空から、綿の欠片のような雪が、音もなく舞い降りて来ます。お庭の木は雪をかぶって、枝が折れそうなほどしなっていました。朝、一生懸命にこしらえた雪うさぎたちも、みんな埋もれてしまっていることでしょう。

 何気なくお庭を見下ろしたまこちゃんは、思わずあっと声を上げました。
 そこには、たくさんのうさぎたちが集まっていたのです。
 お庭を駈け回っている子、長い耳を立て、空の匂いを嗅いでいる子、仲間と身体を寄せ合っている子、後ろ足で立ち上がり、トントンと地面をたたいている子。雪のように真っ白なうさぎたちで、お庭はいっぱいでした。そして、後から後から降って来る雪は、途中からうさぎの姿に変わり、大きな耳をひらひら動かして、ふんわりと舞い降りていくのでした。
 やがて、うさぎたちは、お庭に降り積もった雪のあちこちを、トントンとたたきます。すると、もこもこと雪が盛り上がって、椿の葉っぱとウメモドキの目をつけた雪うさぎたちが、次々に現れました。まこちゃんが作ったうさぎたちです。
 二組のうさぎたちは、鼻をふんふんとこすり合わせて挨拶をすると、一緒に遊び始めました。まこちゃんのうさぎたちが跳ねると、リン、リンとウメモドキの実が澄んだ音を立てました。

 びっくりしてそれを見つめていたまこちゃんは、大急ぎで服を着替えて階段を駈け降りました。
 マフラーを巻きつけ、ミトンを手にはめてお庭に飛び出すと、うさぎたちは慌てて木の陰や雪の下に隠れようとします。青白い光がすうっと薄れていき、まこちゃんは、思わず声を上げました。
 「待って!何もしないから!」
 長靴の下で、雪がキュッと音を立てます。そうっと、そうっと、足音を立てないように近づくと、まこちゃんはお庭の真ん中でしゃがみ込みました。
 しばらくそうしてじっとしていると、少しずつ青い光が戻ってきました。まこちゃんは、頬を真っ赤にして、ほっと白い息を吐きます。精一杯の笑顔を浮かべて、小さな声で呼びかけてみます。
 「出ておいで。一緒に遊ぼうよ」
 すると、木陰から、雪の下から、可愛い鼻がちょっと覗き、ひくひくと動きました。それから、椿の葉っぱがおずおずと現れ、ウメモドキの瞳がぱちぱちとまばたきします。まこちゃんのうさぎたちでした。
 真っ先に歩み寄って来たうさぎを見て、まこちゃんは、それが最初にこしらえた子であることに気がつきました。手を差し伸べると、うさぎはミトンの匂いをふんふんと嗅ぎ、身体をこすりつけてきます。ぴんと立っていた耳が、ゆっくりと垂れ、まこちゃんがそっと撫でてやると、気持ち良さそうに目を閉じました。
 それを見ていた他のうさぎたちが、少しずつ近寄って来ます。やがて雪うさぎたちは、まこちゃんの周りに集まって来ました。あたりに青い光が満ち、心なしか寒さが薄らいできたようです。
 まこちゃんは、長い耳の雪うさぎを抱き上げて、頬ずりしました。ひげがピクピク動き、思わず肩をすくめて、まこちゃんはクスクス笑います。
 「ふふっ、くすぐったい」
 ミトンを取って背中を撫でると、ふわふわした優しい手触りがします。尻尾の毛は、まるで綿のようでした。雪うさぎは、澄んだ瞳でまこちゃんを見上げ、鼻をヒクヒク動かしました。
 他のうさぎたちが、次々に身体をすり寄せてきます。青い光はますます強くなり、あたりは昼間のように明るくなりました。長い耳のうさぎたちが跳ねると、ぽうっと光が弾けます。椿の耳のうさぎたちが跳ねると、鈴のようなウメモドキの音がしました。うさぎたちは、輪を描いてまこちゃんの周りを回り、ふわふわと浮かび上がります。まこちゃんが最初にこしらえた子は一番活発で、庭の隅々まで走り回ったり、盛んに雪を散らして転げ回ったりしています。そのたびに青い光があちこちで弾け、澄んだ音が鳴り渡りました。まこちゃんは、そのやんちゃぶりにクスクス笑い、時間の経つのも忘れて、いつまでも光の中で雪うさぎたちと遊んでいました。


第4章:夜明けの空に

 やがて、空の向こうがかすかに白くなりました。雪は次第に小止みになり、とうとうすっかり上がって、白い月が雲の陰から現れます。木の枝に降り積もっていた雪が、ばさりと音を立てて落ちました。
 雪うさぎたちは、一斉に耳を立て、後足で立ち上がりました。空を見上げて、しきりに空気の匂いを嗅いでいます。それから、まこちゃんのうさぎたちと空から来たうさぎたちは、鼻面を寄せ合って挨拶を交わしました。
 「どうしたの?」
 まこちゃんが尋ねると、長い耳のうさぎたちは、順番に身体をこすりつけ、お庭のはずれの、開けた方へ歩いて行きます。そして、夜明けの最初の光が一番高い木を照らし出した瞬間、空を見上げて大きく耳を広げました。
 「あっ!」
 名残惜しげに振り返りながら、雪うさぎたちは次々に舞い上がって行きます。ふわり、ふわり。長い耳がゆっくりと翼のようにはばたき、うさぎたちは風に舞う雪のひとひらとなって、空の向こうに消えて行きました。青い光が次第に薄れていき、それにつれて、東の空がうっすらと赤く染まっていきます。そうして、最後の雪うさぎが旅立った時、冬の白い陽射しが、まこちゃんを包み込みました。
 遠くで、車の音が聞こえます。冬枯れの木立で小鳥が囀る声。眠そうな犬の声。そして、新聞配達のバイクの音。次第にいろいろな音があふれ、冬の朝が明けていきます。
 「・・・行っちゃった」
 まこちゃんは、ぽつりと空を見上げてつぶやきます。お庭を見渡すと、雪でこしらえたうさぎたちも、いつの間にかいなくなってしまっています。急に淋しさがこみ上げてきて、まこちゃんは白いため息をつくと、家の中に戻って行きました。


第5章:まこちゃんのうさぎ

 「まこちゃん、まこちゃん」
 遊び疲れてぐっすり眠っていたまこちゃんは、ママに体を揺さぶられて目を覚ましました。
 いつの間にか、外はすっかり明るくなっています。昨日のことは夢だったのでしょうか。目をこすりながら時計を見ると、もう8時でした。まこちゃんは慌てて跳ね起き、その途端、オーバーを着たまま寝ていたことに気がつきました。恐る恐るママの方を見ると、ちょっと怖い顔をしています。
 「まこちゃん、夜中に起きて、どこへ行っていたの?」
 「え、えーと・・・あ、いけない!遅刻しちゃう!」
 「まちなさい、これっ!」
 こういう時は、てきぱき動くに限ります。まこちゃんは、ママの脇をうさぎのようにすり抜けてパタパタと階段を駈け降り、洗面所でさっと洗顔を済ませると、5分で着替えをして、新聞を取りに飛び出して行きました。

 勢い良くドアを開けたまこちゃんは、足元に白い物が置いてあるのを見て、危うく蹴っ飛ばしそうになりました。
 「えっっ?!」
 避けようとしたはずみに足がすべり、つんのめって雪の上にころがります。ずざっという音とともに、雪がぱっと舞い上がりました。
 「あ、あいててて・・・」
 誰かが夜の間に雪だるまでも作っていったのでしょうか。それにしても、ドアの前というのはひどいいたずらです。顔中雪まみれになったまこちゃんは、手の中に雪を握りしめて起き上がろうとしました。
 その頬に、ふっと暖かなものが触れます。
 「うひゃっ!」
 びっくりして頬を押さえ、飛び起きたまこちゃんは、次の瞬間嬉しさで弾けそうになりました。
 ふわふわの白うさぎが、足元にちょこんと座って見上げています。長い耳、赤く澄んだ瞳、ぴくぴく動くひげ。やんちゃそうな口元。それは、生きている本物のうさぎでした。けれど、まこちゃんにはわかったのです。それが、昨日最初にこしらえた、あの雪うさぎであることを。
 うさぎは可愛い鼻をうごめかせて、まこちゃんに体をすり寄せます。白い息がかすかに上がり、手を触れると暖かな体温が感じられました。
 「帰って・・・来てくれたの?」
 まこちゃんが尋ねると、うさぎはふっと目をつぶり、少し体を丸めました。それはまるで、頷いているようでした。
 全身に嬉しさがあふれてきます。まこちゃんは、新聞を取るのも忘れて、うさぎを胸に抱きしめると頬ずりをしました。ふわふわの毛が鼻をくすぐり、ぞくぞくするほどいい気持ちです。
 まこちゃんは、うさぎを抱いたまま立ち上がると、玄関のドアを開けて叫びました。
 「ママ!来て!」
 長靴を脱ぎ捨てる間ももどかしく、キッチンに走って行くまこちゃんの腕の中で、うさぎがちょっと伸びをして目を細めます。
 こうして、この冬最初に舞い降りた雪の子は、まこちゃんの家で暮らすことになりました。

 毎朝起きると、まこちゃんは、うさぎが溶けてしまっていないか確かめます。そして、赤く澄んだ瞳が「大丈夫」というように見上げているのを見ると、幸せな気持ちになって、そのふんわりした体を抱きしめ、元気良く学校に向かうのでした。
 まこちゃんの愛らしい友だち。月のきれいな夜に、ふたりは窓から外を見上げます。ひくひくと鼻を動かして空気の匂いを嗅いでいると、故郷のことが気になるのでしょうか。うさぎは時々、耳をふわっともたげます。一瞬、空に舞い上がって行ってしまいそうな気がして、まこちゃんが慌てて抱きしめると、うさぎはしっかりとその腕にしがみつき、つぶらな瞳で頷きかけるのでした。
 「ずっと、いてくれるよね?」
 まこちゃんは、うさぎに頬ずりします。そしてふたりは、ゆっくりと空を行く青い月の光を浴びて、いつまでもいつまでも窓辺に佇んでいるのでした。
 まこちゃんと、やんちゃな雪うさぎのお話は、まだまだ続きます。けれどそれは、また別の機会にお話ししたいと思います。今はただ、この静かなひとときを、優しく見守ってあげましょう。月の渚に寄り添う二つの影。心躍る物語は、これから始まるのです。


戻る