戻る

飛 翔

by Woodnote

この小説は、小説検索サイトNEWVELさんに登録されています。
お気に召しましたら、一票入れて下さると、嬉しいです。

一括ダウンロード版 
HTML(圧縮後105KB/展開後120KB)
TEXT(圧縮後13KB/展開後27KB)
(1)
 夜が、明けた。
 彼女は物憂く目を開け、しんと静まり返ったケージの中を見回した。
 視力を失った左目。明暗をかすかに判別できるだけの右目。しかしそれでも、彼女には周囲のことが手に取るように分かった。
 誰もいない。ここにはもう、自分しかいない。
 そうなってから、一体いくつの秋を、彼女は迎えたことだろう。連れて来られてから三十五回目の秋、連れ合いをなくしてから八回目の秋を、彼女はここで迎えていた。
 いつもと変わらぬ夜明け。数え切れないほど繰り返された、決まりきった日課の始まり。日が昇り、やや離れた所にあるクロトキのケージから、騒がしい声が聞こえて来る。やがて、飼育係の人間が、バケツを持ってやって来るだろう。自分は、一日に二度与えられるものを食べ、そうしてまた一日が終わる。春が来て、夏が行き、秋が訪れ、冬が去っても、彼女の生活には全く変化がなかった。日々の明け暮れに倦(う)み、時折、自分が木になったのではないかと思う彼女だった。

 うっすらと目を閉じ、彼女は羽づくろいを始めた。かつては「朱鷺(とき)色」と言われる美しい淡紅色をしていた羽毛も、今は色褪せて、くすんだ白色になっている。胸から腹、翼の付け根へと、湾曲した黒く長い嘴で、彼女は丹念にそれを撫でつけていった。ゆっくりと過ぎていく、自分だけの時間。頭の羽冠や頬の羽毛を、優しくささやきながら整えてくれた連れ合いのことを、彼女は一抹の寂しさとともに思い出していた。訪れては消えて行った、何羽かの仲間たち。連れ合いと過ごした、束の間の穏やかな日々。記憶は衰え、面影はおぼろになっても、彼女は決してそれを忘れることはなかった。
 嘴(くちばし)を上げ、格子の向こうに向かって、彼女は低く呼びかけた。耳を澄まし、首をかしげて、呼びかけに応える声を待ち受ける。静まり返ったケージの中で、彼女の発した声はかすかな反響を残して消え、いつものように静寂が戻ってきた。やがて、諦めたように俯き、鮮やかな赤い足で頬の羽毛を掻くと、彼女は再び羽づくろいを始めた。


(2)
 あれは、いつのことだったろう。彼女は、片翼を曲げたまま開き、羽毛を撫でつけながら思う。
 まだ、巣立って間もない頃だった。陽射しのきつい夏の昼下がり、はぐれた親鳥を捜して、彼女は飛び回っていた。眼下に広がる、一面の水田。そこに、ぽうっと白く煙るように浮かび上がる姿はないかと、彼女はゆっくり旋回しながら、まだ幼さの抜けきらない声で親鳥に呼びかけた。水田はどこまでも青く、それを取り巻く森は、さらに青々と生い茂り、どこにも仲間の姿はなかった。時折、セッカの硬質な囀(さえず)りと、オオヨシキリのだみ声のような囀りが断続して聞こえ、見渡す限り動くものの影は見えなかった。
 やがて、捜し疲れた彼女は、空腹を覚えて、近くの水田に降り立った。満々とたたえられた水の冷たさが、太陽に照りつけられ、熱した足に心地良かった。彼女は、泥の中を爪先で探りながら、慎重に歩を進め、あぜ道からかなり離れた所まで進むと、長い嘴(くちばし)を水に差し入れて、泥の中をかき回した。ほどなく、その先がこつんと固いものに当たり、生き物の気配が伝わってくる。ザリガニだった。彼女は、ハサミを振り立ててもがくそれを、嘴で挟んで摘み上げ、少し首を振って泥を漱(すす)ぐと、ぐっと首をのけぞらして呑み込んだ。空っぽの胃袋に食べ物が落ちると、さらに空腹が加速され、彼女は夢中になって、しばし食べることに専念した。
 腹が満たされると、彼女は、ゆったりと羽ばたいて近くの木の枝に止まり、満足気に喉を鳴らした。親鳥のいない心細さも、仲間たちとはぐれた寂しさも、しばし頭の隅に追いやられ、彼女はブルッと身体を震わせて濡れた下腹の水滴を払うと、いつものように胸元から羽づくろいを始めた。
 豊かな水田であった。おかしな臭いのするものはなく、水は澄みわたって、豊富な生き物が、その中で息づいていた。見晴らしも良く、危険な敵が近づいて来るのも、すぐに分かる。彼女は、しばしここで翼を休め、親鳥や仲間たちを捜すことにした。


(3)
 それから毎日、彼女はここから飛び立って、周囲を捜し回った。夜は、近くの木で塒(ねぐら)を取り、日が昇ると水田に出て食事をする。穏やかだが何もない日々が繰り返された。彼女は根気良く飛び回り、周囲を隈なく捜したが、親鳥も兄弟も、仲間たちの姿も見出すことはできなかった。そうして日々は過ぎ、いつの間にか夏は去って、秋が訪れた。
 取り入れが始まり、次々と水田の水は落とされた。人間たちが、黄金色に波打つ水田の中に入り、重く首(こうべ)を垂れた稲を刈り取っていく。塒(ねぐら)の木の枝からそれを眺めながら、彼女はそろそろ近くの沼か渓流に移動しなくてはと考えていた。

 そんなある日、水を落としたばかりの水田に下りて泥の中をかき回していた彼女は、遠くからこちらに向かって近づいて来る人間の姿を認めた。野良着を着たその男は、しかし彼女がそれまで見知っていた人間とは、どこか違っていた。収穫用の鎌の代わりに、両手にバケツを持ち、まっすぐ自分の方に向かって歩いて来る。彼女は食事を中断し、首を上げて男を見つめた。
 男が、何をしようとしているのかは分からなかったが、本能が彼女に警戒を促した。頬の脇の羽毛を逆立て、翼を何回か開いたり閉じたりして、いつでも飛び立てるように準備を整えながら、彼女は低く警戒の声を上げた。
 その声が聞こえたのか、男は歩みを止めた。一方のバケツを泥の上に下ろし、もう一方のバケツを両手に持って、中身をばらばらとあたりに撒(ま)き始めた。バケツが空になると、今度はもう一方のバケツを取り上げ、同じように中身をばら撒く。それが終わると、男は彼女に向かって何か一声かけ、くるりと背を向けて去って行った。
 男の行動の意味が理解できず、彼女は首をかしげた。男は、随分離れたあぜ道まで戻ると、バケツを傍らに下ろして、じっとこちらを見つめている。危害を加えるつもりはなさそうだが、そのまま立ち去るつもりもなさそうだった。警戒を解いて良いものかどうか、彼女はしばし戸惑ったが、若さゆえの好奇心が、すぐにそれを上回った。男が撒いていったものが何か、興味を持った彼女は、男との間に十分な距離があるのを確認して、ゆっくりとそれに近づいて行った。
 男がバケツの中身を撒いたあたりから、いくつもの小さな影が分かれて、濡れた泥の上を泳いでいくのが見えた。それは夥(おびただ)しいドジョウだった。彼女は歓喜の声を上げ、嘴を泥の中に突っ込んだ。敏捷に逃げ回るその細長い体を捉え、顎をのけぞらして飲み込む。ドジョウが暴れながら喉を滑り落ちて行く感触が、彼女の食欲を刺激した。彼女は、男が見ているのも忘れて、ドジョウを追いまわすことに夢中になった。


(4)
 男は、毎日バケツを持ってやって来た。それは、ドジョウであったりカエルであったり、時にフナやザリガニや水生昆虫のこともあった。中身をあたりにばら撒くと、男は必ず彼女に一声呼びかけて、かなり離れたあぜ道まで戻り、そこでしばらく立って見ているのが常だった。最初の頃こそ、それが気になっていた彼女だが、一週間も経つと、まったく気にならなくなった。男が自分に危害を加えるつもりのないことが、はっきりと分かったこともあるが、何より次々と水を落とされていく水田で、食べ物を探すことに困難を感じ始めていた彼女にとって、テンやカラスに襲われることのないこの地に留まることができるのは嬉しいことだった。秋が深まり、男の持って来てくれる物の他に食物がなくなると、彼女は男の来訪を心待ちにするようになった。
 彼女は次第に警戒を解き、男との距離を詰めていった。それを知ってか知らずか、男の方も、バケツの中身を空けた後、さほど遠くに離れなくなった。近づいて行く彼女に、かける言葉も多くなり、盛んに何事か話し掛けてくる。何を言っているのか、勿論彼女にはさっぱり分からなかったが、声の調子には彼女を安心させるような響きがあった。冬が訪れる頃には、男の声が聞こえると、彼女はそれに応えて声を上げ、歩み寄って行くようになった。男に対する信頼が芽生え、それは長い北国の冬の間に、少しずつ、しかし着実に大きくなっていった。空の色が変わり、春が再びやって来た時、彼女の心には、仲間に対するような男への感情が育っていた。


(5)
 だが、その信頼は裏切られた。
 春まだ浅いある日、いつものようにバケツを持ってやって来た男は、手の届く距離まで近づいた彼女の嘴(くちばし)を、いきなり掴んで引き寄せた。
 咄嗟に、何が起こったのか分からなかった。彼女は狼狽して激しく暴れたが、男の力は強い。右手で彼女の嘴を握り締めたまま、左手で首筋を押さえつける。男は彼女を抱え上げ、細引きの紐で嘴と両足を縛ると、あぜ道に止めていた車に運んで行った。車の中には、大きな袋が置いてあった。男は、彼女の両足を掴んで逆さ吊りにし、袋の中に無理やり押し込んだ。ほどなく唸るような音とともに振動が伝わり、彼女は車が動き出したことを知った。
 彼女は袋の中で必死にもがいた。巣立つ前、親たちが人間の姿を見かけるたびに、警告の声を発していたのを思い出す。自分は殺されるのだと思った。男に向かって怒りの声を上げ、翼と足を突っ張って、何とか袋を破ろうとしたが、分厚い布地には傷もつかない。やがて彼女は疲れ切って、ぐったりと横たわった。
 どこまで連れて行かれたのか分からない。随分長い時間が経ったようだった。不意に振動と音が止まり、彼女は自分の体が抱え上げられたのを感じた。袋の口が開き、彼女は足を掴まれて、乱暴に引き出された。翼を広げて暴れようとする間もなく、いくつもの手が彼女を押さえつけ、周囲で閃光が閃いた。まぶしさに目がくらんだ彼女の周りで、何人もの人間の声がする。彼女は激しく首を振り、絶望的な声を上げた。
 こうして、彼女はここで暮らすことになった。生まれてから、ちょうど一年が経過していた。


(6)
 彼女が押し込められたのは、殺伐としたケージの中だった。鉄格子で囲まれた内部には、曲がりなりにも羽を休めるための止まり木が設(しつら)えられ、水場らしいものも作られていたが、それまで広々とした空間を飛び回っていた彼女には、あまりにも狭すぎた。頻繁に人間達が出入りするのも、彼女の神経を逆撫でするものだった。彼女は何回か脱出を試み、自分を閉じ込めている鉄格子が与える痛みと冷たさを、嫌というほど味わった。ほどなく、衝突により彼女が傷つくのを恐れたのか、人間達はケージの内側にネットを張った。
 男は、毎日二回、バケツを下げて現われた。そのたびに彼女は怒りの声を上げ、身体中の羽毛を逆立てたが、男は気にする様子もなく、以前と変わらぬ調子で彼女に声をかけた。興奮して飛び回る彼女をよそに、さっさとバケツの中身を水場に空け、ケージから出ると、しばらく外に立って、こちらを眺めている。男がそこにいる間は、絶対に与えられたものに口をつけないことが、彼女にできるただ一つの抵抗だった。

 彼女が、ようやく自分の置かれた境遇を、受け入れざるを得ないものと悟った頃、さまざまな人間達がケージを訪れるようになった。彼らは一様に、彼女がこれまで見たことのない服装をしていた。ケージの向こう側に立って、男に何事か話し掛ける者もいれば、男に案内されて、中にまで入って来る者もいた。最初のうち、そのたびに恐怖と興奮で、ケージの中を飛び回っていた彼女だったが、やがて人間達が自分に危害を加えるつもりがないことが分かってくると、逃げ回ろうという気もなくなった。彼女は、人間達の手の届かない止まり木に止まり、こちらを見上げて互いに言葉を交し合っている彼らが立ち去るまで、無感動に見下ろしていた。
 時折、ケージから引き出され、そのたびに身体中を弄(いじ)り回されることも、最初のうちこそ激しい狼狽と怒りを呼び起こしたが、彼女は程なくそれにも慣れた。自由を失い、親鳥や仲間たちと会うことも、これで永久にできなくなったという思いが、彼女の心を空虚なものにしていた。
 夜が明け、日が暮れ、そうして単調な繰り返しのうちに、日々は過ぎ去って行った。夏が来て、秋が去り、冬が過ぎて、また春となった。


(7)
 その年の冬の半ば頃から、彼女は自分の身体に奇妙なことが起きているのに気づいた。頭と首あたりから、時折黒い物がパラパラと剥がれ落ちてくる。それは、痛みや掻痒(そうよう)感を伴うものではなかったが、生まれて数ヶ月で親鳥から離れた彼女には、どうしてそんなことが起こるのか分からなかった。最初のうちは、気にも留めなかった彼女だったが、剥落(はくらく)が頻繁になるにつれ、足の爪で苛々と掻き落としたり、翼を羽ばたいて払い落とそうとした。
 しかし、冬の終わり頃になると、身体の中に脈打つ先祖の血が、それをどうすれば良いか教えてくれた。彼女は水場に歩み寄ると、膝を折って浅い水に身体を浸し、盛んにしぶきを上げて水浴びをした。そうして、全身びしょ濡れになって戻って来ると、彼女は剥がれ落ちた物を咥えて、丁寧に身体中にこすりつけた。黒い細片は、羽に塗り込められると、くすんだグレーに変色し、美しい朱鷺色だった羽を全身灰色に彩った。丸一日をかけて、丹念にその作業を終えた彼女は、満足そうに喉を鳴らし、止まり木に戻って羽づくろいを始めた。

 ケージの外の木々が芽吹き、下生えの中にちらほらと花が咲き揃う頃になると、彼女は落ち着かなくなった。胸の中に芽生えたものが、彼女の気を高ぶらせ、居ても立ってもいられないような気持ちにさせる。彼女には、それが何故なのか分からなかった。ケージの中をそわそわと歩き回り、時折外に向かって呼びかける。そうして、格子の前にいつまでも佇んで、彼女は自分の呼びかけに応える声を待ち受けた。
 彼女は春の間中、毎日のようにその日課を繰り返したが、その呼びかけに応えるものはなかった。空気が蒸し暑くなり、しとしとと雨が降り続くようになって、二度目の夏が訪れた頃、高ぶっていた気持ちは嘘のように鎮まり、彼女は仲間に呼びかけることをやめた。程なく、次々に全身の羽毛が抜け替わり、その身体は再び美しい朱鷺色を取り戻した。
 生まれて初めて迎えた恋の季節が、こうして過ぎ去っていった。


(8)
 最初に仲間の声を聞いたのは、もう一回四季が巡った頃だった。遠くから聞こえてくる、差し迫ったような恐怖と怒りの声に、彼女は驚いて枝から舞い降りた。
 声の主は、自分より年長の同性だった。それが親鳥でないことは、声を聞いた瞬間に分かったが、久しぶりに聞く仲間の声は、彼女を興奮させた。彼女は格子のすぐ傍まで駆け寄ると、声を張り上げて呼びかけた。それに応えて、短く鋭い声が聞こえ、彼女は歓喜に身体を震わせた。何回か鳴き声が交換され、やがてどこかに押し込められたのか、返事は途絶えた。しかし、彼女の興奮は容易に去らなかった。自分が独りではなくなったということが、萎縮しかけていた彼女の心に希望の火を灯していた。
 それからしばらくの間、彼女は仲間が自分の居るケージに送り込まれてくるのを、一日千秋の思いで待ち受けた。人間の足音がするたびに、彼女は枝の上で声を上げ、入口の方を注視した。懐かしいあの声が聞こえ、自分と同じ姿をした仲間が、人間に抱えられて入って来るのを、彼女は心待ちにしていた。
 だが、いつまで待っても、その時は訪れなかった。日々は無情に過ぎ去り、やがて彼女は待つことを諦めて、再び孤独の中へと戻っていった。また四季が一巡りし、さらに次の四季が行き、その次の四季も過ぎ去った。そうして、淡々とした明け暮れのうちに、十三年の月日が彼女の傍らを流れて行った。


(9)
 ここへ連れて来られてから十二回目の冬、彼女はまた仲間の声を聞いた。今度は一羽ではなく、その中には異性の声も混じっていた。ちょうど羽を灰色に染めていた彼女は、興奮して翼をばたつかせ、何度も声を上げて呼びかけた。呼びかけに応えていくつかの声が聞こえ、その数は五羽を数えた。仲間たちは他のケージに入れられたらしく、その姿を見ることはできなかったが、毎日のように彼女たちは声を交し合った。

 その中の一羽が、彼女のケージに送り込まれてきたのは、それから二年ほど経ったある日のことだった。
 それは、彼女よりかなり年上の雄だった。人間達が彼をケージに押し込んで立ち去ると、彼女は止まり木から舞い降りて、ぎこちなく彼と挨拶を交わした。久しぶりに間近で見る仲間の姿。長い月日を、ただ独りで過ごしてきた彼女には、それは本当に嬉しいことだった。見知らぬ雌の姿に戸惑っていた彼も、ほどなく打ち解け、二羽は互いの羽毛を繕い合った。
 その日から、単調な毎日に張りが生まれた。もう独りではないのだという思いが、沈んでいた彼女の心に、明るい光をもたらした。身体の奥底に眠っていたものが目覚め、春の訪れと共に生き生きと頭をもたげる。狭いケージの中を、二羽は連れ添って、飽くこともなく歩き回り、彼の優しい呼びかけに、彼女は胸をときめかせて応えた。木々が彩りを増し、空の色が明るくなっていく。それに呼応するように、彼女は装いを改め、やがて美しいグレーの繁殖羽で彼の前に立った。
 人間達がケージの隅に枯れ枝を積み上げていった。その山の中から、彼は手ごろな一本の小枝を咥(くわ)えて来て、彼女にうやうやしく差し出した。生まれて初めての異性からの求愛を、彼女は祖先の血が教えた作法に従って受け入れた。二羽は、止まり木の上で愛を交わし、満ち足りた想いで鳴き交わした。
 やがて彼らは、ケージの隅に設(しつら)えられた横板の上に、枝を運んで産座(うぶざ)を拵(こしら)えた。ざっとした下地が出来上がると、彼女はその中に腰を下ろし、夫となった彼が運んで来る巣材を、次々に周囲に積み上げていく。それは、心躍る楽しい作業だった。一本の枝を持って来るたびに、連れ合いは優しく彼女に呼びかけ、彼女は感謝の声を上げてそれに応える。そうして、彼女の首筋の羽毛を、ついばむように撫でつけると、彼はまた次の小枝を取りに飛んで行くのだった。
 巣が完成すると、彼女はそこに籠(こも)り、『その時』を待ち受けた。連れ合いは、その傍を片時も離れず、励ますようにささやきかける。それに応えて、彼女は雛鳥のような、甘えた声を上げた。食欲が旺盛になり、連れ合いは寝食を忘れて頻繁に餌場と巣の間を往復し、食べ物を運んで来た。彼女はそれを口移しでもらい、翼を羽ばたかせて喜びを表した。
 穏やかな季節が、ゆっくりと過ぎて行った。日々身体の中で、何かが育っていくのを、彼女は感じた。やがて生まれてくるものへの想いに、今彼女は、目くるめくような幸せを味わっていた。


(10)
 最初の卵が産まれた時、彼女は誇らしげに声を上げた。それに気づいて、連れ合いが傍らに飛んで来る。彼女は、巣の中で立ち上がって、産み落としたばかりの卵を彼に見せた。淡青色地に褐色の斑点のある三個の卵。連れ合いは、優しい声で彼女をねぎらうように鳴くと、いたわりを込めて、彼女の羽毛を撫でつけてくれた。
 下腹に触れる、卵の感触が心地良かった。羽毛でそっと包み込んでやると、胸の奥底から、いとおしい気持ちが湧き上がってくる。時折、嘴で卵を転がして、均等に熱が伝わるようにしながら、彼女は優しい声で、まだ見ぬ我が子に語りかけた。身体の中に、脈々と受け継がれてきた、祖先からの記憶。それが彼女に、雛が殻を破って生まれ出る日のことを、的確に告げ知らせていた。卵の中から、弱々しい声が自分の呼びかけに応える日のことを思いながら、彼女は幸せな気持ちで眠りに就いた。
 しかし、その夢は無残に打ち砕かれた。
 翌朝、まだまどろんでいる彼女の許へ、人間達はやって来た。傍らで連れ合いが上げた警戒の声に、驚いて目を覚ました彼女は、近づいて来た人間の姿に、身を硬くしてうずくまった。目の前に伸ばされた手に、彼女は激しく突きかかったが、人間たちは痛痒(つうよう)を感じていないようだった。必死に卵を守ろうとする彼女を押しのけて、人間は無造作に手を突っ込むと、卵を掴み上げた。
 彼女は、身を切られるような叫びを上げた。連れ合いが怒りの叫び声を上げ、人間たちに飛び掛る。それを邪険に打ち払うと、彼らはあっという間に扉の向こうへ消えた。がちゃりと無情の音を立てて扉が閉まるのを、彼女は茫然として見つめていた。

 卵は二度と戻って来なかった。それは、繁殖期ごとに繰り返され、彼女はそのたびに苦痛と悲しみを味わった。それは、彼女の胸に深々と傷を穿(うが)ち、次第に彼女は連れ合いの求愛に応えることもしなくなった。
 それを見た人間たちは、やがて連れ合いの代わりに、別の雄を立て続けに二羽連れて来た。グレーの繁殖羽を誇示して求愛する雄たちに、しかし彼女はもう胸をときめかせることはなかった。交尾をし、卵が産まれても、それは悉(ことごと)く人間たちに持ち去られた。そうして、いつしかそれに対して無反応になってしまった頃、彼女は自分がもう子供を産めないほど年齢を重ねたことを知った。


(11)
 月日は、淡々と過ぎて行った。それから十八年の歳月が、静かに彼女の傍らを流れ、飽くこともなく繰り返される日々の明け暮れを、彼女は無感動に過ごした。
 忍び寄る老いの影は、彼女の健康と活力を着実に奪っていった。左目は視力を失い、右目は明暗をかすかに判別できるだけになった。食欲もなくなり、水場に降りて行くのさえ億劫になった彼女にとって、唯一の楽しみは、ケージの隅で暖かな陽射しを浴びることだけだった。昨日と同じ今日が過ぎ去り、一夜明ければ今日と同じ明日がある。その先に何があるのか、彼女は考えてみようともしなかった。
 ケージの外で何が起こっているのか、彼女にはもう全く気にならなかった。朝になれば目を覚まし、羽づくろいをして食事をとり、日なたでうつらうつらする。それが彼女の生活の全てであり、最早彼女は、それに何の疑問も抱かなかった。希望は消え果てて久しく、外の世界の記憶も、次第におぼろなものになっている。ただそれでも彼女は、毎朝の呼びかけだけは欠かさなかった。何のために呼びかけるのか、それすらもう定かではなかったが、彼女は飽くことなくその習慣を続けた。そうすることで彼女は、自分がここにいることを、誰かに知らせたかったのかも知れない。そうして彼女は、ただひたすらに待ち続け、また一日が淡々と過ぎて行った。


(12)
 夜が、明けた。
 彼女は羽づくろいを終え、物憂くケージの中を見回した。
 狭い空間は、いつものようにしんと静まり返っていた。
 誰もいない。ここにはもう、自分しかいない。それは分かり過ぎるほど分かっていることだった。滲むように、夜明けの曙光(しょこう)が差し込んでくる。昨日と変わらぬ一日が、また始まろうとしていた。
 しかし、その日の彼女は、いつもと違っていた。老い衰えた彼女が、夜明け前に目覚めたこと自体、最近ではついぞないことだった。胸の中にかすかに萌(きざ)した想いが、夜明けと共に大きくなり、彼女は落ち着きなく翼を羽ばたいた。

 かすみかけた頭の中で、彼女は久しぶりに見た夢の続きを反芻(はんすう)していた。
 忘れて久しい親鳥の声が彼女に呼びかけ、巣立ちを促す。それに応えて、彼女と兄弟たちは懸命に翼を煽(あお)り、大空に舞い上がろうとする。見上げた春の空は、どこまでも澄みわたり、無数の朱鷺色が、ゆったりと乱舞していた。懐かしい声が大気を満たし、野の鳥たちの声がそれに混じる。水田に流れ込む水の音。木々のざわめきと梢を渡る風。彼女はその全てを、はっきりと肌で感じることができた。
 濁った彼女の目に、うっすらと光が宿る。冷え切った血が沸き立ち、胸の鼓動が高まった。
 帰って来たのだ。
 彼女は思った。喜びの叫びが口をつき、彼女は羽冠を逆立てた。目の前が明るくなり、故郷の風景が視野いっぱいにあふれる。その中を、呼びかけに応えて、次々と兄弟たちが飛び立って行く。その翼が陽射しを浴びて、美しい朱鷺色に輝いた。

 自分が、なかなか飛べなかったことを彼女は思い出した。兄弟たちの中で、一番身体の小さかった彼女は、巣立ちも一番遅かった。親鳥の声に応じて飛び立とうとしても、生え揃っていない羽毛は、身体を浮き上がらせてくれない。置き去りにされるような寂しさに、幼い彼女は必死に羽ばたくが、結果はいつも同じだった。そんな彼女に、親鳥や兄弟たちは優しく呼びかけ、辛抱強く飛翔を促した。
 もう一度。
 もう一度。
 その声に励まされて、彼女は毎日懸命に枝の上で羽ばたいた。

 光が膨らみ、広がっていく。
 彼女の脳裏に、懐かしい声が呼びかけてくる。繰り返し、繰り返し、巣立ちを促す両親の声。それは彼女に勇気と希望を与え、甘やかな幸せに彼女の心は躍った。
 もう一度。もう一度だけ。
 彼女は翼を広げ、ケージの格子から外の光景を透かし見た。
 かすんだ目に映る、懐かしい空の青。ゆったりと編隊を組み、飛んで行く仲間たち。呼び交わす声は、彼女を招いているようだった。衰えた身体の奥から、熱い血潮が湧き上がる。一声、それに応えると、彼女は力いっぱい羽ばたいた。
 刹那。
 彼女の目の中で光が弾け、激しい衝撃が全身を突き抜けた。
 彼女の身体は、ケージの扉に激突し、目の前に真っ赤なものが見る見る広がる。口の中に、鉄の味のする苦いものがあふれた。それは、裂けた嘴(くちばし)の縁からあふれ出し、色褪せた胸の羽毛に赤い染みを作った。
 束の間、両足が虚しく空を掴み、翼が喘ぐように澱んだ空気を掻く。
 次の瞬間、その身体はぐらりと傾き、ゆっくりとケージの床に落ちた。
 白い膜がかかっていく目で、彼女はぼんやりと空を見上げた。自分の身体から何かが抜け出し、舞い上がって行こうとしているのを感じる。上空を舞う仲間たちが、迎えるように近づいて来た。それを見て、彼女はかすかに微笑んだ。それが、彼女の見た最後のものだった。
 まぶたが静かに閉じ、首が床に落ちる。心臓の音が次第に間遠くなり、やがて息が途絶えた。冷たいケージの空間は静けさを取り戻し、穏やかな秋の陽射しが、あたりを暖かく包み込んでいった。

 ニッポニア・ニッポン。
 かつては、薄紅色の翼で空を覆い尽くした、「朱鷺(とき)」と呼ばれる美しい鳥。
 こうして、限りなく貴重な宝石が、また一つこの世から消えた。

 完

「飛翔」補遺・関係年譜・参考文献

戻る