戻る

トムくんの初恋

by Woodnote

ある男の子の、お話をしましょう。
それは、とても切ない恋のお話です。
とある村の、春の夕暮れ。
物語は、ここから始まります。

一括ダウンロード(LHA形式)
HTML版(圧縮後13.1KB/展開後26.8KB)
TEXT版(圧縮後11.4KB/展開後25.0KB)

(1)
 トムくんは、待っています。
 そよ風が優しく頬を撫でていく春の夕暮れ。道端の草むらに佇んで、道がずっと遠くの丘の向こうに消えているあたりを、トムくんはじっと見つめています。丘の向こうの空は、夕焼けで真っ赤でした。鳥たちが鳴き交わしながら、大きな夕日のこちら側を横切り、ゆったりと南の方へ飛んで行きます。それを見つめるトムくんの顔もまた真っ赤に染まり、草の上に長い長い影が落ちていました。
 サクサクと草を踏む軽い足音が聞こえ、後ろから声をかけられて、トムくんは振り向きました。
 「お兄ちゃん、もうそろそろ帰っておいでって、お母さんが」
 トムくんは何も言わずに、こくりと頷きました。長い髭がかすかに震え、それはまるで、うなだれているように見えました。足音が遠ざかり、夕日がすっかり丘の向こうに隠れてしまうまで、トムくんはそのまま立ち尽くしていましたが、やがてあたりが暗くなり、空気が冷たくなってくると、ため息をついて、とぼとぼと家に帰って行きました。


(2)
 あれは一ヵ月ほど前のことでした。
 野山をすっぽりと雪で覆い尽くした、辛い冬がやっと過ぎ去り、雪解け直後の地面に見つけた春の便りに誘われて、のそのそと家をさまよい出たトムくんは、途中で友達のジェフくんに声をかけられたのです。
 「よう、トムじゃないか。随分眠そうだな。もう春だぜ」
 「やあジェフくん、おはよう。ほこほこして、いいお天気だねえ」
 「おうよ。こんないい日は滅多にねえな。どうだい、眠気覚ましにちょいとそこまで遊びに行かねえか?」
 「そこって、どこ?」
 「まあ、ついて来いってば。うんと面白い所があるんだ」
 そう言うと、ジェフくんは先に立って歩き出しました。森を抜け、小川に沿って北へしばらく行くと、小さな石の橋がかけられていて、道が東から西へ走っています。ふたりはそれを渡り、さらにもう一つの森に入りました。
 「ねえジェフくん、まだ歩くの?」
 そろそろ疲れてきたトムくんが尋ねると、ジェフくんはヒクヒクと鼻を動かし、尖った耳をピンと立てて、あたりを窺(うかが)っていましたが、「よし、風下だ」とつぶやくと、トムくんを振り返って言いました。
 「大丈夫だ。行くぞ」
 「あの、ジェフくん、大丈夫って?風下って何が?」
 「いいから早く!」
 「えっ?あの、でも」
 言うが早いか、ジェフくんは風のように飛び出して行きます。仕方なくトムくんは、ぽってりした体を揺すりながら、懸命にその後を追いました。
 森を出ると、少し離れた所に木の柵があり、そこまでは緩い上り坂になっていました。小川に沿って、一気に坂を駆け上ったジェフくんは、フウフウ言いながらトムくんが追いついて来ると、柵の方へ鼻をしゃくって言いました。
 「ここだよ」
 「ここって・・・ここどこ?」
 「マグレガーのとっつぁんの農場だよ」
 「マグレガーさんって、そんな!」トムくんは、びっくりして叫びました。「あの、ピーターのお父さんをパイにして食べちゃったマグレガーさんだろ?!だめだよ、帰ろうよジェフくん!殺されちゃうよ!」
 「大丈夫だって」ジェフくんは、柵をくぐり抜けながら言いました。「おっさんの鉄砲が当たったのは、あん時だけじゃねえか。犬もいるけど、ひでえ老いぼれだし。来いよトム、一緒にめんどりを追っかけて遊ぼうぜ」
 そう言うと、ジェフくんは柵をくぐって行ってしまいました。
 どうしよう。追いかけて行った方が良いんだろうか。それとも、ここで待っているべきだろうか。トムくんは頭を抱えて悩みました。そりゃ、めんどりを追っかければ楽しいかも知れない。産みたての卵は、きっと頬が落ちるほど美味しいだろう。けれど、自分がパイにされて、食べられちゃうのは嫌だ。いや、僕は太ってるから、パイじゃなくてバーベキューにされちゃうかも知れない。そんなのもっと嫌だ。でも、行かないと後でジェフくんにいじめられるかも知れないし。うーん、困った。どうしたら良いんだろう。腕組みをし、髭を撫でつけ、しまいには尻尾を抱えて、トムくんはウンウンうなりましたが、いくら悩んでも答えは出てきませんでした。

 とうとう考えるのを諦めて、取り合えず近くまで行ってみようと、柵の下をくぐりかけた時です。トムくんは、突然響き渡った銃声に、びっくりして飛び上がりました。
 ダーン!ダダーン!!
 「この性悪ギツネめが、悪さばかりしおって!今日こそは襟巻きにしてやるわいっ!」
 「じ、ジェフくん!」
 慌てて立ち上がったトムくんの頬を、チュイーンと音を立てて銃弾がかすめました。思わず尻餅をつくと、バタバタと足音がして、ジェフくんが姿を現わしました。桃色の舌をだらんと出して、少しばかり息を切らせていますが、その目には得意そうな表情が浮かんでいます。
 「何だトム、まだここにいたのか。一緒に来れば良かったのに。面白かったぞ、卵もうまかったし」
 「それよりジェフくん、大丈夫?怪我はない?」
 「あったり前さ。あんな腕前じゃ、相手が牛だってかすりもしねえよ」
 クスクスと思い出し笑いをしているジェフくんの手を取って、トムくんは言いました。
 「ねえジェフくん、帰ろうよ。捕まったら殺されちゃうよ」
 「なに言ってんだい、これからが面白いとこじゃないか。どうだい、今度はあっちで羊をからかってみねえか?」
 「そんな、ジェフくん、マグレガーさんがすぐそこまで来てるのに」
 言っているそばから、弾丸が近くの地面に当たって土煙を上げました。それでもジェフくんは平気な顔をしています。そのうちに、弾を撃ち尽くしたのでしょうか、ほんのちょっと銃声が途絶えて、それから苛立ったような野太い怒鳴り声が聞こえました。
 「キーパー!あの小憎らしいキツネの喉を噛み切ってこい!」
 それに応えて、ちょっと冴えない遠吠えが聞こえ、ぎょっとして立ち上がったトムくんは、一頭の真っ黒なテリアが猛然とこちらへ突進して来るのを見て、気絶しそうになりました。
 「ジェフくん、犬だ!犬が来るよ!ものすごく大きくて、うんと恐ろしそうだよ!ねえ、逃げようったら!」
 するとジェフくんは、トムくんの手を邪険に振り離して、馬鹿にしたように言うのです。
 「うるさいなあ、せっかく連れて来てやったのに。そんなら先に帰れよ、弱虫。おいら、もうしばらく遊んでいくから」
 犬の吼え声が、すぐ近くに聞こえます。もう説得している暇はありません。仕方なくトムくんは、くるりとジェフくんに背を向けて、一目散にスロープを駆け下りて行きました。足をもつれさせて途中で躓(つまづ)き、ゴムまりのように弾みながら斜面を転がり落ちたトムくんは、森の中を息もつかずに駆け抜け、勢い余って道へ飛び出しました。


(3)
 その時何が起こったのか、トムくんには今でもよく分かりません。馬車の車輪が軋(きし)る、悲鳴のような音。前足を高々と上げて、断崖のようにそそり立っていた二頭の馬。懸命に手綱を引き、「どうどう!」と叫んでいた御者。その全てがいっぺんに目の前に押し寄せ、トムくんはその場に目を回して、へたり込んでしまったのです。
 「パーカーさん、どうしたの?」
 その時、馬車の中から声がして、誰かが降りて来ました。羽飾りのついたボンネットを被って、白いドレスを着た少女です。このあたりではちょっと見かけない服装でした。時々トムくんの家の近くで見かける、マクガバンのおかみさんや、森へキイチゴを摘みに来るブランティの娘さんとは、全然違っていました。それは、ウエストをキュッと締めつけ、ふわっと裾の広がっている、レースをふんだんにあしらったドレスでした。
 少女の姿形もまた、このあたりの人とは全く違っていました。ピンクのリボンで束ねた長い髪は金色に輝いていましたし、大きな澄んだ瞳はライトブルー。その上、色が白くて、体つきがほっそりしていて、腕も足も華奢なのです。あれじゃ多分、ライ麦の袋ひとつ担げないだろうと、トムくんはぼんやり思いました。
 彼女は、道の真ん中で腰を抜かしているトムくんを見つけると、駆け寄って来て、傍らにしゃがみました。
 「まあ、可愛い!」
 いきなり抱きしめられ、頬ずりされて、トムくんは目をまん丸くしました。甘酸っぱい匂いが鼻をくすぐり、思わず小さなくしゃみをして、それで我に返ったのでしょう、トムくんは彼女の腕から逃れようとして、じたばたもがき始めました。すると御者のパーカーが、馬車の上から身を乗り出して叫んだのです。
 「お嬢さま、いけましねえだ!噛まれますだよ!」
 「あら、噛むなんてそんな」少女はくすくす笑いました。「こんなに可愛いのに。ねえお母さま、この子を飼っちゃいけない?」
 とんでもない話だとトムくんは思いました。人間に捕まったら、何をされるか分かりません。パイ。シチュー。バーベキュー。それとも、以前ジェフくんが教えてくれたように、襟巻きとか帽子にされてしまうかも知れないのです。こうなったら戦うしかありません。トムくんは決死の覚悟を決め、全身の毛を逆立てました。

 その時、馬車の中から甲高い声が聞こえました。
 「おおいやだ、そんなケダモノ。第一、ひどく臭いじゃないの。許しません、すぐに捨てておしまいなさい、シャーリー」
 少女は不服そうな顔をしましたが、母親には逆らえないようでした。ひとつ吐息をつくと、少女はファィティングポーズをとっているトムくんを放し、ポケットから小さな紙の箱を取り出して言いました。
 「ごめんなさいね。あなたを飼ってあげたかったけれど、ママが駄目だって言うの。代わりにこれ、あなたにあげるわ」
 箱からは、甘く美味しそうな匂いがしました。トムくんが両手でそれを受け取ると、彼女は長い髪をまとめていたピンクのリボンを解いて、優しくトムくんの首に結びつけました。そうして、もう一度抱きしめ、チュッと鼻の頭にキスをすると、彼女はスカートを翻して馬車へ戻って行きました。
 ドアが閉じると、パーカーが馬に鞭を当て、馬車は走り出しました。土埃を立てて、見る見る遠ざかって行く馬車を、トムくんは呆然と突っ立ったまま、いつまでも見送っていました。


(4)
 それがつまり、トムくんの初恋だったのです。その日の夕方、口の周りをチョコレートでベトベトにし、首にピンクのリボンを巻いたトムくんが、フラフラと帰って来ると、家中が大騒ぎになりました。お父さんは怒り嘆き、お母さんはショックで卒倒し、弟妹たちはトムくんを取り巻いて、口についたチョコを舐め回しながら、「どうやって凶悪な人間から逃れて来たか」を聞きたがりました。
 けれどもトムくんは、何を聞かれてもボーッとしたままでした。とうとう家族が、尋ねることに疲れてしまうと、トムくんは顔も洗わずに寝床に潜り込み、丸くなって寝てしまいました。

 それからというもの、トムくんの頭の中は、あの少女のことばかりでした。寝てもシャーリー、起きてもシャーリー。とにかく、それ以外のことはもう考えられないのです。彼女の優しい微笑み、抱きしめてくれた腕の感触、鼻をくすぐる甘い香り。思い出すと、トムくんは胸がときめくのを感じました。もし、このことをお父さんやお母さんが知ったら、ふたりとも寝込んでしまったことでしょう。
 何とかして、もう一度彼女に会いたいとトムくんは思いました。会えたらどうしようとか、そういうことは全く考えていませんでした。ただ、彼女に会って、もう一度その声を聞きたかったのです。
 毎朝、トムくんは首にピンクのリボンを巻き、お弁当を持って家を出ました。森を抜け、小川に沿って北へしばらく行くと、小さな石の橋がかけられていて、道が東から西へ走っています。トムくんは、そこにずっと立って、日が暮れるまで東の方を見つめているのでした。西から走って来た馬車は、いつか必ず東から戻って来ると、トムくんは信じていました。


(5)
 そうして、一週間ほど過ぎた頃のことです。
 その日も、トムくんは道端に立って、馬車が通りかかるのを待っていました。それは、いつもと変わらない陽射しのやわらかな日で、ヒバリは空高く歌い、草むらでは野ウサギたちが恋を語り、ウズラの親子が下生えの中を一列になって走って行くような、そんなのどかな一日でした。
 その日も朝からずっと立ち尽くしていたトムくんは、いつの間にかお日さまが頭の上に来ているのに気づき、小川の方へ下りて行きました。さらさらと涼しげな音を立てて流れる小川の岸辺に座り込み、手を水に浸して丁寧に洗ったトムくんは、背中に背負って来た包みを広げて、思わずごくんと生唾を飲み込みました。
 「うわぁ、今日は大ごちそうだ!」
 きっと妹のスゥが作ってくれたのでしょう。いつもだと木の実が入っているだけなのですが、今日はザリガニとカエルが一匹ずつ入っています。トムくんは、早速ザリガニを水で洗ってほおばりました。バリバリと殻を噛み砕くと、甘い汁が口の中にあふれて、香ばしい香りが鼻をくすぐります。その味と香りを楽しみながら、トムくんは頭のてっぺんから尻尾の先まで、ゆっくり時間をかけてザリガニを食べました。ザリガニの次はカエルです。これも、逃げないようにしっかりと持って丁寧に洗い、少しずつ楽しみながら食べ終えると、トムくんはぺたんと尻餅をつき、満足気に口の周りを拭いました。
 お腹はいっぱいになったし、お日さまは優しいし、本当に素晴らしい一日です。これで、あの馬車がまた来てくれさえすれば、言うことなしなのですけれど。そう思って立ち上がり、背伸びして見てみたのですが、見えたのは、ウィルキンソンさんのとこの荷馬車をラバが引いていく姿だけでした。
 水辺に下りて行って水を飲み、手を洗って戻って来ると、トムくんは丁寧に顔と口の周りを撫でつけました。ごちそうを食べた後は、身だしなみを整える。これが、トムくんの習慣なのでした。

 「おい、トム」
 夢中になって顔をこすっていると、誰かが話し掛けてきました。トムくんは、手を止めて顔を上げました。
 「あ、ジェフくん。いいお天気だねえ。木の実、食べる?」
 「いらねえよ、そんなもん」ジェフくんは、ぺっと川に唾を吐くと尋ねました。「それよりお前、こんな所で何をやってんだよ?」
 「えっ?・・・ううん、何でもないよ」
 「ウソつけ。スージーに聞いたら、ここんとこ毎日だって言うじゃないかよ。朝から日が暮れるまで、橋んとこに突っ立ってボーッとしてるって。一体どうしちまったんだよ?」
 「な、何でもないったら」
 一生懸命にごまかそうとしたのですが、しつこいジェフくんには敵いません。とうとうトムくんは、すっかり白状させられてしまいました。
 「ププッ、こいつぁお笑いだ!」聞き終えると、ジェフくんはお腹を抱えて笑い出しました。「恋?お前が恋?!おまけに相手は人間の女じゃねえか!これが笑わずにいられるかって!ダハ、ダハ、ダハハハハハ!」
 「ひ、ひどいやジェフくん!僕、真面目なんだよ!」
 「真面目ったってお前・・・ププッ」
 ムキになって抗議するトムくんを前に、ジェフくんは散々笑い転げていましたが、そのうちに相手の真剣さがやっと分かったのでしょう。急に真顔になって言いました。
 「お前・・・本気なのか?」
 「だからそう言ってるじゃない。ねえ、お願いだから、父さんや母さんには言わないでよ」
 「言えるわきゃないだろ、こんなこと!・・・それで、会ってどうすんだ?」
 「どうするって?」
 きょとんとしたトムくんに、ジェフくんはコホンと咳払いをして言います。
 「決まってるじゃねえか。その、何だ、け、結婚とか」
 「結婚?!」
 トムくんは、のけぞりそうになりました。
 あの可愛い女の子と僕が結婚? ああ、もしそうなったら、どんなにかいいだろう。胸がドキドキして、うっすらと目を閉じると、夢のような情景がまぶたの裏に浮かんできます。
 体中の毛をつやつやと撫でつけて、照れながら取っておきのウシガエルを差し出すトムくん。はにかみながらそれを受け取って、優しくほっぺにキスをしてくれる女の子。ふたりは微笑み合い、じゃれ合いながら、野原をどこまでも駆けていきます。って、ちょっと待てよ。あの子の方が僕より大きいから、そうじゃなくてこんな感じかな。僕があの子に抱っこされて、あの子が野原を駆けて行く。うん、そうそう、そうだよ。何て心躍る、素敵な光景だろう。
 目を閉じてジーンとしているトムくんを、気味悪そうに眺めていたジェフくんは、答えを待ちきれなくなって言いました。
 「ま、まあいいや。お前の気持ちは良く分かった。そういうことなら、おいらも協力してやってもいい。だけど、相手の気持ちはどうなんだ?いくら何でも、ひとりで結婚なんてできっこないぞ」
 「そりゃ・・・分かってるけど」
 楽しい空想にふけっていたトムくんは、それを聞いて、しょんぼりとうなだれました。我に返ってみれば、少女はあのお日さまより高い所にいて、どんなに背伸びしてみても手が届きません。けれども、恋とはこういう状況で一層燃え上がるもの。無理だと分かれば、なおさら会いたくなります。ジェフくんも、その様子を見て気の毒に思ったのでしょう。ポンと胸を叩いて言いました。
 「よし。それじゃ、おいらに任せとけ」
 「任せとけって、ジェフくん、どうするのさ?」
 「おいらが書き方を教えてやるから、お前、彼女に手紙を書いて渡せ。そしたら、お前の気持ちもきっと伝わるさ」


(6)
 こうして、ふたりは少女に手紙を書くことになりました。
 ジェフくんがマグレガーさんの農場へひとっ走りして、ペンと紙を失敬して来ると、トムくんは彼に教わりながら、一生懸命に手紙を書きました。それは、こんな手紙でした。

 「しゃーりーへ
  すきです
  おともだちになてください
  とむより」

 ペンを舐め舐め、トムくんが長い時間をかけて手紙を書き終えると、ジェフくんはそれを丁寧に四つ折りにして、封筒に入れました。
 「さあ、これでいい。馬車が来たら、おいらが何とかして止めてやるから、お前は走って行って手紙を渡すんだぞ。いいな?」
 ジェフくんに背中を叩かれて、トムくんは胸がいっぱいになりました。やっぱり、持つべきものは友達です。長い髭を震わせ、うるうる涙目になってお礼を言うトムくんに、ジェフくんは照れたように笑いました。
 ふたりは、それぞれに持ち場を決め、馬車を待ち受けることにしました。ジェフくんは橋の近くの森の中、トムくんは道から小川の方へ少し下った土手の窪みです。あの子を乗せた馬車がやって来たら、まずジェフくんが飛び出して行って馬車を止め、御者の注意を引き付ける。その間にトムくんが走り寄って、彼女に手紙を渡すという段取りです。ジェフくんは、何回もトムくんに手順を教え、念押しをして、何度も振り返りながら土手の向こうに走って行きました。
 土手の窪みに座って、トムくんは何回も何回も、教えてもらった手順をおさらいしました。言葉は通じないかも知れないけれど、挨拶も一生懸命に練習したのです。そうするうちに、穏やかな春の陽射しは徐々に傾き、やがて空は澄んだ青からブドウ色、目の醒めるような茜色へと変わっていきました。


(7)
 そうして、今日もそろそろお家に帰ろうかと、トムくんが思い始めた頃です。突然、土手の向こうから、ジェフくんの叫び声が聞こえました。
 「おいトム!来たぞ!」
 「き、来たって誰が?」
 気が動転してしまって、トムくんはとんちんかんな返事をしてしまい、慌てて土手を駆け上りながら叫びました。
 「い、今行くよ!」
 気の早いジェフくんは、もう馬車の前に飛び出したようです。馬の鋭いいななき声と、地面を蹴る蹄鉄の音、それに続いて御者のパーカーが「どうどう!おいっ、暴れるでねえ!」と叫び、口汚なく罵(ののし)る声が聞こえました。タイミングが遅れたら、せっかくの計画が台無しになってしまいます。四本足をフルに使って、トムくんはできる限りのスピードで斜面を駆け上りました。
 ところがその途中で、トムくんは大変なことに気がつきました。肝心の手紙を、あそこに置いて来てしまったのです。
 「いけない!取って来なくちゃ!」
 慌ててくるりと向きを変え、今来た道を駆け下りたのですが、ぽってりしていて足の短いトムくんは、加速がついたら止まりません。見る見るスピードが上がり、それでも何とか手紙を拾い上げた途端、つんのめったトムくんの体は、まるでボールのように回転しながら、ものすごい勢いで小川に転げ落ちて行きました。
 「ああああああーーーーーっっ!!」
 そしてきっかり五秒後、岸辺近くで小さな水柱が上がりました。

 ばしゃっ!
 「た、助けてぇっ!ゴボゴボゴボ・・・」
 水が、鼻と口と耳から一斉に入って来ます。全身びしょ濡れになって、トムくんはじたばたもがきました。
 あああ、死んじゃう。僕はこんなとこで死んじゃうんだ。あの子に気持ちを伝えられないうちに。父さん、母さん、先立つ不孝をお許し下さい。スージー、チャールズ、メアリー、ローラ、キャリー。もう遊んでやれなくてごめんね。お兄ちゃんは・・・お兄ちゃんは・・・ゴボゴボゴボゴボ。
 「あ、あれ?」
 必死になってバチャバチャやっていたトムくんは、不意にもがくのをやめて立ち上がりました。
 水はトムくんのお腹あたりまでしかありませんでした。

 ほっとして、ぺたんと尻餅をついたトムくんでしたが、土手の向こうから聞こえて来た声に、はっと我に返りました。
 「シッシッ!どけっちゅうに!なんとまあ、しつこいキツネだべっ!」
 パーカーの怒鳴り声です。ジェフくんはきっと、馬車の前に座り込んで、引き止めてくれているのでしょう。早くしないと、あの子が行ってしまいます。トムくんは慌てて岸に上がると、体中の毛をブルブルと震わせて、沁み込んだ水をはじき飛ばしました。
 その時です。
 急いで坂道を登ろうとしたトムくんは、思わず泣きそうな声を上げました。
 「ああっ!手紙がっ!」
 河原に落ちていた封筒。それは泥だらけになっていたのです。

 拾い上げて見ると、転げ落ちて来る途中で、石か何かに擦れたのでしょう。封筒は所々破れ、こびりついた泥であちこち汚れています。それを見た時、トムくんの鼻にツンと痛みが走りました。
 こんな手紙をもらって、あの子が喜んでくれるわけがありません。それどころか、彼女はきっと顔をしかめて言うでしょう。「おお、嫌!そんな汚い物、どこかへ捨てて来て頂戴!」
 やっとあの子に会えるというのに。そのために、毎日ここに立って、待っていたというのに。せっかく書いた手紙を、こんなにしちゃって。ああ、僕は何てドジなんだろう。そう思うと、頭の中が真っ白になりました。
 その時。ああ、その時なのです。
 トムくんは、無意識に封筒を持ったまま、川の中にフラフラと入って行きました。そして、泥だらけの封筒を、水に突っ込んで洗い始めたのです。それは、いつもザリガニやカエルを食べる前に洗うのと同じでした。ボーッとしたまま、トムくんはひたすら封筒を洗い続けました。

 ハッと気がついた時、封筒はもっとひどいことになっていました。ぐちゃぐちゃでボロボロで、その上びしょびしょ。もう、字なんか読めません。いいえ、それどころか、紙だということすら分からないでしょう。
 「あ・・・あああっ!」
 あまりのことに、トムくんはのけぞりました。何てことをしてしまったのだろう。せっかくの手紙が・・・手紙が・・・。涙があふれ、長い髭を伝って、ぽたりと落ちました。ぐちゃぐちゃになった封筒を握り締めて、トムくんは呆然と水の中に突っ立っていました。


(8)
 「トム!おいトムっっ!」
 土手の向こうから、ジェフくんのせっぱ詰まった声が聞こえます。それにおっ被せるように、怒り狂ったパーカーが喚いています。ぼんやりと顔を上げてそれを聞いたトムくんは、フラフラと土手を登り始めました。
 道の真ん中では、ジェフくんが懸命に逃げ回りながら、馬車を引き止めていました。とうとう鉄砲を持ち出したパーカーに対して、あっちへ跳ね、こっちへ跳ねして、ジェフくんは的を絞らせません。足元を駆け抜けられて馬たちが騒ぎ出し、苛立ったパーカーは半狂乱になって、ジェフくんを追い回していました。トムくんが土手を上がって姿を現わしたのは、ちょうどそんな大騒ぎが最高潮に達した時でした。
 「ぜーっ、ぜーっ、ぜーっ」
 「はーっ、はーっ、はーっ」
 パーカーとジェフくんは、にらみ合ったまま肩で息をしていましたが、トムくんが泣きながらふたりの間を歩いて行くのを、ぽかんとして見つめました。トムくんは、びしょ濡れの封筒を握り締めたまま、フラフラと馬車に歩み寄ると、閉ざされたままの扉をコンコンとノックしました。
 「誰・・・?」
 中から声がして、窓からあの懐かしい少女の顔が覗きました。怪訝そうにあたりを見回していた彼女は、そこにぽつんと立って泣いているトムくんを見つけると、嬉しそうに声を上げました。
 「まあ!いつかのアライグマさんじゃないの!」
 トムくんは、こくりと頷きました。馬車の奥から「おお嫌だ!またあのタヌキだよ!」という声が聞こえ、ちょっと言い争う声がした後、扉が開いて、シャーリーが馬車から降りて来ました。
 「また、会いに来てくれたの?」
 優しく頭を撫でられて、トムくんは涙のいっぱい溜まった目で彼女を見上げました。

 ああ、シャーリー。
 好きです。
 お友達になって下さい。

 頭の中で、何度も何度もその言葉を繰り返し、トムくんは少女を見つめます。封筒を握った手が細かく震え、何度もそれを渡そうとしかけては思いとどまり、ただ黙ったまま、トムくんは瞳に全ての想いを込めました。

 その気持ちが通じたのでしょうか。彼女の瞳に一瞬驚いたような表情が浮かび、それからにっこり微笑んだのです。それは、両手に抱えた花が一斉に咲いたような、輝くばかりに美しい微笑みでした。トムくんはもう、胸がいっぱいになってしまって、少女を見上げたまま、せわしなく瞬きをしました。
 そうして彼女は、トムくんの頬を優しく撫でて言ったのです。
 「分かったわ、何か食べる物が欲しいのね?それじゃほら、これをあげる」
 そう言って差し出したのは、小さなピンク色のあめ玉でした。

 トムくんは、プルプルと首を振りました。
 ちがう。そうじゃなくて僕は・・・僕は・・・
 トムくんが、勇気を奮い起こして口を開きかけた時、馬車の中から苛立った声が聞こえました。
 「およしなさい、シャーリー。餌なんかやると癖になるわよ」
 ああ、それは何て思いやりのない言葉だったことでしょう。トムくんの勇気は見る見るしぼんでしまい、胸は張り裂けそうになりました。少女は、「はーい」と返事をして、トムくんの片手にあめ玉を握らせると、ふんわりしたスカートを翻して、馬車の中に入ってしまいました。
 ほどなく、さっきの声が、汗だくになって戻って来たパーカーに言いました。
 「パーカー、行ってちょうだい」
 「はい、奥様」
 パーカーは、ポケットから真っ赤なハンカチを取り出して汗を拭くと、御者台によじ登り、ブツブツ言いながら馬にムチを当てました。馬たちがいななき、あめ玉を持ったまま呆然と立ちすくんでいるトムくんの前を、馬車はガラガラと通り過ぎて行きました。
 その姿が、丘の向こうに見えなくなってしまうまで見送っていたトムくんに、駆け寄って来たジェフくんが尋ねました。
 「おいトム、どうだった?うまくいったか?」
 ぴちゃりと音を立てて、封筒が手から落ちました。それを見て、ジェフくんの顔が歪み、何か言いたそうに口を開きます。トムくんは、そんなジェフくんをぼんやりと見つめ、かすかに首を振ると言いました。
 「・・・ありがと、ジェフくん」
 「って、だってお前・・・?!」
 「これ・・・もらっちゃった」トムくんは、あめ玉をジェフくんに差し出して言いました。「・・・お礼に、あげるよ」
 「あげるって、それはお前の・・・」
 「ううん、いいんだ」
 そう言うと、トムくんはお家の方へとぼとぼ歩き出しました。ジェフくんは、引き止めて何か言ってやろうとしましたが、ひと回り小さくなったようなその背中を見ていると、もう何も言えなくなってしまって、もらったあめ玉を口に放り込みました。あめ玉は、舌がとろけるほど甘かったのですが、しゃぶっているうちに何だかとても苦く思えてきて、ジェフくんは顔をしかめながら、ボリボリとそれを噛み砕きました。


(9)
 それから毎日、トムくんは橋の傍に立って、馬車がまたやって来るのを待ち続けました。もう一度あの子に会えたら、今度こそはちゃんと想いを伝えるのです。そのために、綺麗に書き直した手紙を、トムくんは大事に握り締めていました。
 トムくんは、待っています。
 そよ風が優しく頬を撫でていく春の夕暮れ。道端の草むらに佇んで、道がずっと遠くの丘の向こうに消えているあたりを、トムくんはじっと見つめています。丘の向こうの空は、夕焼けで真っ赤でした。鳥たちが鳴き交わしながら、大きな夕日のこちら側を横切り、ゆったりと南の方へ飛んで行きます。それを見つめるトムくんの顔もまた真っ赤に染まり、草の上に長い長い影が落ちていました。
 サクサクと草を踏む軽い足音が聞こえ、後ろから声をかけられて、トムくんは振り向きました。
 「お兄ちゃん、もうそろそろ帰っておいでって、お母さんが」
 トムくんは何も言わずに、こくりと頷きました。長い髭がかすかに震え、それはまるで、うなだれているように見えました。足音が遠ざかり、夕日がすっかり丘の向こうに隠れてしまうまで、トムくんはそのまま立ち尽くしていましたが、やがてあたりが暗くなり、空気が冷たくなってくると、ため息をついて、とぼとぼと家に帰って行きました。

 トムくんの想いは、いつかあの少女に届くのでしょうか。私は心から、そうあってほしいと思います。いつか、あの丘の向こうに、きっとあの馬車は現われるでしょう。そうしたら、トムくんは全力で走って行って、大事に握り締めた手紙を、女の子に渡すのです。

 「しゃーりーへ
  すきです
  おともだちになてください
  とむより」

 明日こそ。明日こそきっと。
 私は、よちよちと尻尾を振りながら歩いて行く、ふっくらしたアライグマの仔に呼びかけます。明日こそ、きっとあの子はやって来るよと。
 私の手が触れると、トムくんは顔を上げて、くすぐったそうに微笑みます。私がさやさやとささやくと、トムくんは目を閉じて、じっと耳を澄まします。
 そうして私は、もう一回優しいそよ風を送ると、高く高く舞い上がり、春の恵みと季節の便りを届けるために、北へと向かったのでした。

おわり

戻る