戻る

ドリーム

by Woodnote




  それは、かりんがまだ幼い頃―――。

近所の神社の縁日でのことだった。

色とりどりの照明に照らされた狭い境内を、かりんは人の波にもまれながら歩いていた。石畳の参道を歩くたびに、買って貰ったばかりのピンクの下駄がカラコロと音をたて、赤い花をあしらった浴衣の袂で、財布の中の小遣いがチャリンと鳴った。

参道の両側には、さまざまな露台がずらりと並んでいて、賑やかな声が上がり、沢山の人たちがその前に群がっていた。

風船釣り、金魚すくい、お面、べっ甲アメ、焼きモロコシ、ラムネ、ハッカパイプ、ヤキソバ、お好み焼き―――どれもこれも、かりんの目には、素晴らしい物に見えた。けれども、財布の中のお金は、ほんの少ししかなくて、3つも4つも買うことはできない。そこでかりんは、さんざん迷った結果買った綿菓子を少しずつ食べながら、水草の間をゆらゆら泳ぐ金魚のように、あちこちの露台を覗いて歩いていた。

そうして、本宮の前までやって来ると、参道からちょっとはずれた薄暗い場所に、ぽつんと離れて露台が一つあるのが目に入った。それは、境内のざわめきと照明の届かない所にひっそりとあって、その露台にだけはお客の姿がなかった。

何故だかわからないけれど、かりんはひどく好奇心をそそられて、引き寄せられるようにふらふらと歩いて行った。

「いらっしゃい。」

どこから現われたのか、ふと気がつくと、目の前にひょろっと背の高い男の人が立っていた。麦藁帽子を目深に被っているので、顔はよくわからなかったが、優しい声を聞いて、かりんは少し安心した。

「おじさん、何を売っているの?」露台を見回して、何もないのに気づいたかりんが尋ねると、男の人は微笑んで、小さな缶を取り出して見せた。

「ネコさ。ネコを売っているんだ。」

「ネコなんて、どこにも売っていないじゃない。」

「この中にいるよ。」

男の人は、缶を開けて、スプーンに中身をすくって見せた。

「これにお湯をかけると、ネコになるんだ。」

「やだー、嘘ばっかり。」

かりんは吹き出してしまった。『そんな幼稚な冗談じゃ、いまどき赤ん坊だって騙されやしない。からかっているんだわ。変なおじさん。』

でも、男の人は笑わなかった。スプーン一杯の粉末を露台の上に撒くと、ポットを出してお湯をちょっぴりかけた。

湯気が消えた時、そこには一匹の小さな三毛ネコがちょこんと座って、かりんを見上げていた。

『手品よ。手品に決まってる。』そう自分を納得させようとしたけれど、かりんの胸はドキドキ波うち、綿菓子を持った手は、細かく震えていた。

仔ネコは、青白い光を放ちながらかりんに体を摺り寄せ、「ミャウ」と鳴いた。

「どうだいお嬢ちゃん、欲しくないかい?」

男の人は、にっこりして言った。かりんは思わず頷いて、浴衣の袂から財布を取り出し、残っていたお金を全部差し出した。男の人は、金額を数えることもせずに、ズボンのポケットにしまった。

「有難う。大切にしておくれ。」

缶と綿菓子を抱えたかりんが、本宮の前に戻って振り返ると、男の人も露台も消えうせていて、そこにはポットが一つ置いてあるだけだった。

家に帰るとすぐ、かりんは缶を自分の部屋に隠し、両親が寝静まるのを待って、ポットとスプーンを部屋に運び込んだ。

内側から鍵をかけて、押入れに隠しておいた缶を取り出し、机の上に置いてそっと開けてみる。中には、虹色に輝く粉末が、半分ほど詰まっていた。

まず、ひとさじ。下敷きの上に乗せ、ポットのお湯を注ぐ。

「ミャウウ。」

湯気とともに、かりんの手の平に載るほどの小さな白ネコが現われ、銀色の瞳でかりんを見上げた。

「かわいいー!」

かりんは思わずネコを抱き上げ、頬ずりした。仔猫はふんわりして、陽だまりのような匂いがした。喉がゴロゴロ鳴っている。撫でてやると、仔猫はピンク色の舌で、かりんの頬をペロペロ舐めた。

今度は、粉末の量を少し多めにしてみる。

お湯を注ぐと、さっきの白ネコより少し大きな赤茶色のネコが現われた。

「あはっ!」

かりんは、すっかり嬉しくなって、次々と缶の中の粉末を部屋のあちこちに撒いては、かたっぱしからお湯をかけた。

こうして、夜が更ける頃、かりんの部屋はネコでいっぱいになった。

大きいのがいる。小さいのがいる。尻尾の長いのも、短いのも、ふさふさしたのも、すらっと美しいのも、ずんぐりしているのも、黒いのも、赤いのもいる。金目、銀目、トラジマ、ブチ、三毛、ジンジャー。それこそあらゆる種類のネコが、椅子の上に、本棚の上に、スタンドのそばに、ベッドの脇に、ずらっと並んで、優しい瞳でかりんを見つめている。それはもう、なんとも言えない不思議な光景だった。

時計が12時を指した。

ネコたちの体が、ぽうっと青白く輝きだした。

一番美しい銀色のネコを先頭にして、ゆっくりと踊りながら歩き出す。ゆっくり、ゆっくり、輪を描いて、驚いて見つめているかりんの周りを、しなやかに踊りながら、ときどき青い火花を散らして、ネコたちは回り出す。部屋中が、ネコたちの発する光で、美しく輝き出した。かりんはうっとりして、それを見つめていた。

窓が音もなく開いて、月の光が部屋いっぱいに流れ込んできた。

ネコたちは一層輝きを増し、踊りは次第に早くなった。部屋中に光が散乱し、まばゆい光の洪水に、かりんは目を細めた。

光のヴェールがかりんを包み、穏やかで暖かなものが、心の中に溢れる。波間に漂っているように、心が優しく揺り動かされ、満月のように満ちていく。

やがて、光は少しずつ薄れていき、それにつれてネコたちの踊りも、次第にゆっくりになっていった。

静かに踊りの輪が止まる。

美しいネコたちは、一匹一匹、かりんの前に来て、優雅にお辞儀をすると、ふわふわと窓から漂い出て行った。青白い輝きが、月に向かって次々に舞い上がって行く。その最後の一匹の姿が、明るい満月の輝きの中に隠れてしまうまで、かりんは窓辺で魅入られたようにそれを見つめていた。

おわり


戻る