戻る

眠りたい眠れない

by Woodnote


<1>

 ある6月の、気持ちの良い朝のことです。

 私が、町はずれの公園を散歩しておりますと、何やら、茂みの向こうで声がするのです。

私は、思わず立ち止まり、耳の後ろに手を当てて、じっと聞き入りました。

 どうやら子供の声のようです。数をかぞえているのでしょうか、どうもそんな調子の声です。そうして、それに合わせて、ぽてっ、ぽてっと、何かがとびはねているような音がします。

 それを聞いているうちに、私は、もうどうにも好奇心を抑えられなくなって、薄紫色のアジサイの花の蔭から、そうっとそちらの方をのぞいて見ました。

 次の瞬間、私は、危うく胸の中の空気を全部吐き出してしまいそうになりました。

 私は、眼鏡をはずして、目をごしごしこすり、ポケットから洗いたての真っ赤なハンカチを取り出して、眼鏡のレンズを注意深く拭き、それからもう一度、今見た光景の方へ目をやりました。そうして私は、口をぽかんと開け、目を皿のように見開いて、まるで石になったみたいに、そこに立ちすくんでしまいました。


<2>

 「ひつじがせんひゃくにじゅうごひーき。」

 その声ではっと我に帰った私は、もう自分の目を疑うわけにはいきませんでした。

 「ひつじがせんひゃくにじゅうろっぴーき。」

 広場のまん中に小さな柵があって、その柵を、1匹の仔羊が一生懸命に跳び越しているのです。

 「ひつじがせんひゃくにじゅうななひーき。」

 仔羊はそう言うと、またぴょんと柵を跳び越えて、小さなあくびをひとつしました。それからまた、今の柵の方へ向き直ると、「ひつじがせんひゃくにじゅうはっぴーき」と言って、それを跳び越すのです。

 私は、こんな突拍子もないことに関わるのはごめんでしたから、早々にその場を立ち去ろうとしました。ところが何と運の悪いことでしょう。腕時計のアラームが突然鳴りだしたのです。

 私は、あわててその音を止めましたが、仔羊は、びっくりして立ち止まり、私の姿を見つけると、ぱっとそばの木の蔭に隠れました。でも、その木はとても小さくて、可愛らしい仔羊の姿をすっかり隠すことはできません。青々とした葉の蔭から、真っ白な尻尾が突き出して、ふるふると震えています。

<3>

 そこで私は、気を落ちつけて、アジサイの花の蔭から歩み出ると、そのそばに行って、こう話しかけました。

 「おはよう、可愛い仔羊くん。尻尾がひらひら見えてるよ。」

 すると、下生えの中から、仔羊が恐る恐る顔をのぞかせて言いました。

 「おねがい、ボクをたべないで。ボクは、やせててちっちゃいから、たべたってきっとおなかはいっぱいにならないよ。ね、だからボクをたべないで。」

 私は、あっけにとられて、ちょっとの間、何も言えませんでした。それから、思わず吹き出してしまいました。

 「私は、君のことを食べようなんて思っちゃいないよ。ただね、君があんまり変わった事をしていたものだから、わけが聞きたかっただけさ。」

 「ほんとう?」

 「本当さ。」

 「ほんとうにほんとう?」

 「本当に本当だよ!」

 「ああ、よかった!」

 仔羊は、ほっとしたようにため息をつきました。

<4>

 「ねえ、仔羊くん、どうして柵なんかを跳んでいたんだい?」

 仔羊の回答は、意外なものでした。

 「だって、ねむれないんだもの。」

 「え?」

 「ママがいったの。ねない子は、こわいおおかみにたべられちゃうんだって。だからボク、いっしょけんめいねむろうとしたのに、どうしてもねられないの。あくびはでるのに、あとからあとからいろんなことが目のまえにうかんできて、ちっともねむくならないの。」

 仔羊は、小さなあくびを一つして、続けました。

 「そしたら、おばあちゃんが、『そういうときはひつじをかぞえたらいい』っておしえてくれたんだけど、だれもさくをとんでくれないの。だって、さくをとぶのはつかれるし、ほかのみんなだってねなくちゃならないんだもの。

 「しかたがないから、じぶんでとぶことにしたの。でも、いくらがんばってとんでも、ちっともねむれないの。ボク、どうしたらいいの?」

 仔羊の目には、涙がいっぱいたまっています。

<5>

 そこで、私は言いました。

 「よし、それじゃおじさんが代わりに柵を跳んであげるから、君は、それを数えなさい。」

 仔羊は、大喜びで叫びました。

 「ほんとう?ほんとうにほんとう?!うわあ、ばんざい!おじちゃん、ありがとう!!」

<6>

 私は、一生懸命に柵を跳びました。そのたびに、仔羊は、可愛らしい声で数えます。

 「おおかみが1ぴーき、おおかみが2ひーき、おおかみが3びーき、おおかみが…よん…ひーき、…おおかみ…が…。」

 数えているうちに、仔羊のまぶたは、だんだん重くなってきたようです。そうして、私が33回柵を跳んだとき、仔羊は、薄紫色のアジサイの花の下で、ぐっすりと眠り込んでいました。

きっと楽しい夢を見ているのでしょう、時々にっこりしています。

 私は、汗で曇った眼鏡をはずして、赤いハンカチで拭くと、そっとその場を離れました。

 公園の裏門を出る頃には、お日様はすっかり頭の上に来ていて、まぶしいほどのお天気です。何だかとっても眠くなってきて、私は、大きなあくびを一つすると、いつもの道を、いつものように歩いて行きました。

おしまい

戻る