戻る

近況とか

前年の「近況とか」はこちらです。 2015年1月1日〜2015年12月31日

2016年12月31日(土)
長くて短かった一年間が、終わろうとしています。
今年は、広島東洋カープの25年ぶりの優勝という、私にとって最高に嬉しい出来事がありました。25年は、本当に長い歳月です。信じて待ち続けた多くのファンたちのことを思うと、胸に迫るものがあります。カープを心の支えとして、この長い月日を乗り切って来た人たちに、心からの祝福を贈りたいと思います。
今年は、幸い大きな病気をすることもなく、一年を楽しく過ごすことができました。良いことも、悪いこともありましたが、それも今は、全て楽しい思い出。「楽しかった」の一言で、2016年という年を総括して、締めくくりましょう。年寄にとって、忘却は最高の友です。
来年は、どんな年になるでしょうか。どんな年になっても、一日一日を大切に、人生を楽しむ気持ちで、生きていこうと思います。
2016年12月24日(土)
「森の家」が、17周年を迎えました。
この小さな家を、17年もの間続けて来られたことに、私自身、驚いています。1999年のこの日にサイトを開設した時、交流のあった方々のうち、現在もサイトの運営を続けていらっしゃる方は、もう一人もいません。理由は様々だと思いますが、それぞれのサイトを運営する目的を終えられたのでしょう。次々にサイトを閉鎖されました。ウエストサイドさんの「お楽しみCD」で出会ったご縁が、途切れてしまったような感じがして、寂しい気持ちになります。
今は、ブログで気軽に文章を綴ることができますし、画像もアップすることができます。サイトのコンテンツを編集するためのツールを使わなくても、簡単に更新することができますから、「ホームページ」から「ブログ」に乗り換える方がいても、不思議ではありません。また、ミクシィやツイッター、フェイスブック、インスタグラム、755など、情報を発信できるツールも、数多く登場していますから、運営に手間のかかるサイトは、次第に減っていっているのではないかと思います。私は、「森の家」の他に、2005年7月からミクシィを、2013年1月からブログを運営していますが、やはりサイトより便利だと、使ってみて感じます。

それでも、「森の家」に拘(こだわ)る理由は何か、と尋ねられれば、私はこう答えるでしょう。「妻と娘の思いを伝え続けるためです」と。
「森の家」を開設した動機は、1997年に亡くなった娘を主人公とした小説「青色廃園」をネットにアップし、ネットで娘に「第二の人生」を送らせてやりたいという気持ちでした。娘はこのサイトの存在を知らずに亡くなったのですが、ネットにアップされた「青色廃園」のうち、ノートに書かれていた第一部と第二部の約半分の存在は知っていました。彼女は、自分が主人公である「青色廃園」の新作を楽しみにしていて、出来上がるとすぐに、次をせがみました。つまり、この小説の最初の読者は、娘だったのです。
亡き妻は、「森の家」が開設された時から、アップされた小説を読み、一緒に娘の成長を見守ってくれました。彼女がくれた多くの助言は、「青色廃園」の主人公に女性の考え方と視点を与えてくれました。いただいた感想の中に、「男性が書いているとは思わなかった」とか、「真理絵の考え方がリアル」という、お褒めの言葉がいくつもありましたが、それは、妻のお蔭です。
私の愛した、かけがえのない家族。
妻と娘の思いなくして、このサイトを語ることはできません。彼女たちがいたからこそ、「森の家」は生まれ、ここまで月日を重ねることができました。ゆえにこそ私は、「ここ」で書き続けようと思うのです。

今年は、ニフティの事情により、サイトの引っ越しを余儀なくされ、16年間親しんだアットニフティ・ホームページサービスから移転しなければならなくなりました。幸い、サイトの移転は無事に済みましたが、アクセスカウンターも消えてしまい、新しいカウンターをつけたものの、訪れて下さった方々の数が、実際の数値より数百ほど少なく表示されることになってしまいました。また、私が小説を登録していた「Newvel」が閉鎖され、更新情報を発信することができなくなってしまいました。これは、少なからぬ痛手でした。
そんな風に、サイトの運営という観点から見ると、大きな変化のあった年でしたが、幸い私も愛機も、まだ書き続けることができそうです。訪れて下さる方が、一人でもいらっしゃる限り、私は「森の家」の運営を続けていきます。
これからも、「森の家」を、どうぞよろしく、お願いいたします。
2016年12月13日(火)
休暇を取って、病院へ検査に行って来ました。
結果は、今回も良好でした。「良好」とは言っても、良くなることはなく、悪くなっていないというだけの状態ですから、手放しで喜ぶわけにはいきませんが、それでも、安心したのは事実です。これでまたしばらくは、穏やかに日々を送ることができるでしょう。
毎日を、より充実したものにしなければいけないと、改めて肝に銘じた一日でした。
2016年11月25日(金)
亡き娘・真理絵の、29回目の誕生日でした。娘の好きだったお菓子を買ってきて、御霊代の前に供えました。
9歳で亡くなった娘が、生きていれば結婚して、子供のいる年齢。何と長い月日が、あの日から経過してしまったことでしょう。過去を振り返ることしかできない自分に、老いを感じます。常に努力を怠らず、前へ進もうとしていた娘が、今の私の体たらくを見たら、何と言うでしょう。しかし、何と言われても、私にはもう、走ることはできません。
娘の誕生日を祝うと、次はクリスマス、そしてお正月。2月には、息子、私、妻と、3人の誕生日が、ちょうど6日の間隔で続きます。かつては、一年中で最も楽しい時期が、11月から2月までの3ヶ月間でした。誕生祝いの食事会をする店や、プレゼントを選ぶ楽しみ。当日のわくわく感。これこそが幸せだと、当時しみじみ思ったものです。
しかし、その思い出も、もう20年の彼方。
この世にいない子の歳を数え、昔の思い出に浸り・・・。これはやはり、年寄の繰り言なのだと自覚しつつも、そうせずにはいられない。前ではなく、後ろばかりを見ていることに、疲労すら覚えます。もう一年、もう一年と自分を励まして、ここまで来たものの、さてこの先に何があるかと言えば、何もない。これが老いなのだと、年を取って初めて分かりました。
間近に迫る冬。一人で迎えるこの時期は、重苦しく、寂しいものです。何とか、少しづつでも「青色廃園」の執筆を続けて、この冬を乗り切ろうと思います。
2016年11月2日(水)
担当しているシステムで故障が発生し、早出で対応しました。
相変わらず、金を掛けた割には、故障の多いシステムです。年間の早出日数は、平均7〜8日になります。4時に起きて、始発電車に乗れば良いだけですので、早出自体は負担になりませんが、故障原因の特定とシステムの復旧に時間がかかり、結果として残業になってしまうので、とにかく疲れます。
この日は、職場の同僚の送別会があり、残業をするわけにいかなかったので、上司に事情を話して、定時に退社させてもらいましたが、送別会は二次会まで参加しましたので、帰りが終電ぎりぎりになり、帰宅したらくたくたでした。
2016年10月22日(土)
マツダスタジアムへ、カープ対日本ハムの試合を観戦に行って来ました。日本シリーズの第1戦です。
試合は、5−1でカープが勝ち、幸先の良い滑り出しとなりました。試合後は、マイミクのXa@がんばれカープさんと祝勝会に繰り出し、同じくマイミクのあっくんさんの家に泊めていただいて、楽しいひとときを過ごしました。
この試合については、「思うこと」にエッセイをアップしてありますので、お時間がおありの方は、ご一読下さい。
2016年10月15日(土)
マツダスタジアムへ、カープ対DeNAの試合を観戦に行って来ました。クライマックスシリーズ、ファイナルステージの第4戦です。
試合はカープが勝ちましたが、序盤の楽勝ムードが、DeNAの猛追で、一転してハラハラ、ドキドキの展開に。試合後は、地元のファン仲間の方々と祝勝会に繰り出し、スリル満点の試合を肴に盛り上がりました。
この試合については、「思うこと」にエッセイをアップしてありますので、お時間がおありの方は、ご一読下さい。
2016年10月8日(土) 
館山へ、墓参に行って来ました。
愛車を飛ばして、渋滞込みで、片道5時間半。150kmという距離の割には、長い道のりです。私が愛し、私を愛してくれた人たちの眠る、4基の墓。小雨のぱらつく、あいにくのお天気でしたが、両親や妻、娘の好物を墓前に供えて、家族や叔父・叔母たちと、時間を掛けて、たくさんのことを話してきました。
昼過ぎに叔母と従弟夫婦の家へ着き、その晩はおいしい料理をごちそうになって、夜中まで話し込みました。静かな、それでいて落ち着く、穏やかな時間でした。
2016年9月24日(土)
マツダスタジアムへ、カープ対ヤクルトの試合を観に行って来ました。
前の週とは打って変わり、この日のカープは、きっちりと引き締まった試合を見せてくれました。5−0の完勝です。気が緩んだままCSに突入することになったら、DeNAに敗退するかも知れないと危惧していただけに、この勝利は嬉しいものでした。
この試合については、「思うこと」にエッセイをアップしてありますので、お時間がおありの方は、ご一読下さい。
2016年9月18日(土)
横浜スタジアムへ、カープ対DeNAの試合を観戦に行って来ました。
9月10日に、25年ぶりの優勝を決めた影響でしょうか。選手もファンも、どこかしら気が緩んでいるような印象でした。
試合は、延長10回3−6で、DeNAにサヨナラ負けを喫してしまいました。ロペスの打球が、すぐ目の前へ飛んで来て、しばらくその場を動くことができませんでした。
鶴見で、一人きりの残念会を打ち上げ、したたかに酔って、ホテルへ引き上げました。
2016年9月6日(火)
休暇を取って、病院で検査を受けて来ました。
結果は、順調ということでした。時々、息苦しく感じるということを伝えたのですが、特に問題はないだろうということでしたので、やはり年齢のせいかと納得し、帰って来ました。
検査代と薬代で、2万円以上もかかるのですが、生きている以上、通院は続けなければなりません。無駄な出費だと思いつつも、病院へ通う。私もやはり命が惜しいのかと、いささか皮肉な気分になります。
2016年9月4日(日)
徳島の友人から、梨が届きました。毎年、美味しい梨を送ってくれるのですが、昨年は心臓病のため、受け取ることができませんでした。今年は、有難く頂戴することにし、送られてきた梨を、美味しくいただきました。
5年前に死んだ愛犬メグは、この梨が大好物で、私が梨を剥いていると、足元にすり寄って来て、変な声で催促したものです。愛犬と差し向かいで、甘い果汁たっぷりの梨を食べながら、テレビを観る。それが、当時の私にとっては、最も幸せなひとときでした。
愛犬のことを思い浮かべながら梨を食べ、いくつかをご近所におすそ分けして、残りを冷蔵庫にしまい、この日は満ち足りた気分で、布団に入ることができました。
2016年9月2日(金)
職場の帰りに、神宮球場へ行って来ました。カープ対ヤクルトの試合観戦です。
試合は、ヤクルトに先制を許したカープが、直後の5回表二死から猛反撃をして逆転し、7回にも追加点を奪って、突き放しました。
この試合については、「思うこと」にエッセイをアップしてありますので、お時間がおありの方は、ご一読下さい。
2016年8月27日(土)
名古屋へ行って来ました。ナゴヤドームで行われた、カープ対中日の試合観戦です。
試合は、激しい打ち合いの好ゲームでした。4−4のまま延長戦に突入し、延長10回表、二死満塁から、菊池のタイムリーヒット、丸の押し出し四球、新井の満塁ホームラン、そして鈴木のソロホームランという怒涛の連続攻撃で、一気に試合が決まりました。11−4の快勝です。
昨年から続いていた、ナゴヤドームでの観戦4連敗がストップし、実に愉快な夜でした。
2016年8月20日(土)
2ヶ月ぶりに、広島へ行って来ました。カープ対ヤクルトの試合観戦です。試合は、2−0でカープが勝ち、地元のファン仲間の人たちと、広島駅北口の居酒屋で祝勝会をしました。翌日は、そのうちのお一人に、「にしき堂」の本店へ案内していただき、本場のもみじ饅頭や限定品のお菓子を、お土産に沢山買い込みました。
この試合については、「思うこと」にエッセイをアップしてありますので、お時間がおありの方は、ご一読下さい。
2016年8月13日(土)
妻の11回目の命日でした。妻の好きだったお菓子を買って来て、御霊代の前に供えました。
毎年のことですが、この日は気分が落ち込みます。妻の生前の思い出が、次から次へと蘇って来て、寂寥感で胸が一杯になり、何をするのも嫌になります。
今年は、特に落ち込みがひどかったので、酒を飲んで、早々に休みました。朝を迎えることがないというのは、どういうものなのか。眠りにつくまで、ずっとそればかりを考えていました。
2016年8月11日(木)
広島からファン仲間の友人が、遠征してきました。試合の翌日、「上野を見たい」とのことでしたので、ぐるっと一回り、上野の杜を案内しました。
寛永寺、輪王殿、国立西洋美術館、彰義隊の墓、西郷さんの銅像、不忍池、上野東照宮。一周約2時間半の行程です。さすがに疲れました。神田の「肉の万世」で食事をし、「ルノアール」でコーヒーを飲みながらカープの話題に花を咲かせ、夕刻、駅まで見送りましたが、殊の外喜んでくれましたので、私もほっとしました。
2016年7月25日(月)
母の、19回目の命日でした。母の好きだったお菓子を買って来て、御霊代の前に供えました。
月日の過ぎるのは、何と早いものでしょう。娘を失い、その翌月に母を亡くした、あの辛い日々から、もう19年もの歳月が経過しました。しかし、月日が過ぎ去っても、記憶は色褪せることはありません。悲しみと、悔恨と。こういう記憶ほど、消えることはないものなのでしょう。亡くなる前の晩に、母と交わした言葉は、決して忘れることはできません。
「明日は起こしてやれないから、あんた一人で起きて、会社へ行きなさい」
その言葉の通り、私はこの10年間、一人で起きて、出勤しています。
命がけで私を産んでくれた母の願いは、私が生きること。だから私は、命の続く限り、精いっぱい生きようと思います。
2016年7月2日(土)
横浜スタジアムで、対DeNAの試合を観戦してきました。
試合は、1−4で、カープの負けでした。試合前、ドリンクホルダーに置いたお茶が、4回に入る頃には、お湯になっていたほどの暑さの中で、ルーキー・岡田は懸命に投げ、私たちもまた懸命に応援しましたが、打線の雑なバッティングのせいで点が入らず、カープは敗北を喫しました。
試合後、関内のパブに繰り込み、一人で残念会を打ち上げましたが、疲れ果てた割には、得るところのない試合でした。
2016年6月25日(土)
2ヶ月ぶりに、広島へ行って来ました。カープ対阪神の試合観戦です。試合は、4−2でカープが勝利し、地元のファンの方々3人と、八丁堀の居酒屋で祝勝会をしました。二次会は、流川のカラオケで盛り上がり、実に楽しい一日でした。
この試合については、「思うこと」にエッセイをアップしてありますので、お時間がおありの方は、ご一読下さい。
2016年6月22日(水)
退社後、同僚3人と一緒に、島根料理を食べに行きました。名物の「ノドグロ」と地酒です。病院での検査の結果が良好でしたので、少し酒を過ごして、大いに楽しむことができました。こういう会は、また折に触れて、企画したいと思います。
2016年6月21日(火)
休暇を取り、病院で検査を受けました。
心エコーの医師が、私の病気について連絡を受けておらず、「心臓の動きがおかしい」と何度も検査をやり直して、1時間以上も過ぎてしまい、トータルで2時間半もかかりました。まさに、やれやれです。
幸い、経過は良好ということで、薬を1種類減らしてもらいました。まだもうしばらく、頑張ることができそうです。
2016年6月15日(水)
スワローズファンである同僚のお供をして、神宮球場へヤクルト対ソフトバンクの試合を観に行ってきました。
試合は、4−6でスワローズの敗戦でしたが、同僚たち4人とカンフーバットを叩き、応援歌を歌って応援したひとときは、新鮮で楽しいものでした。カープを応援する時は、試合を見ている余裕もないのですが、今回はじっくりゲームを観戦することができて、試合を満喫することができました。
2016年6月10日(金)
娘、真理絵の、19回目の命日でした。娘の好きだったお菓子を買って来て、御霊代の前に供えました。
生きていれば、真理絵は28歳になります。もう結婚して、子供が生まれているでしょうか。毎年、愚かなことと知りながら、亡くなった娘の年齢を数え、「生きていたら」と思いを巡らしてしまう。これが親ゆえの闇というものでしょうか。あれこれと想像をしながら、迎えた19回目の21時34分。今年も、一人で過ごしたその時は、静かに過ぎていきました。
2016年5月23日(月)
システムのトラブルがあり、早出出勤をして対応しました。
先般、修正パッチを導入したことにより、トラブルは根絶されたと思ったのですが、どうやら完全には直っていなかったようです。これまで、年間6〜12回、早出対応をしてきましたので、今回もすぐに対応することができましたが、願わくば、私が定年でいなくなるまでに、こういうことはなくなって欲しいものです。
2016年5月18日(水)〜20日(金)
休暇を取り、検査入院をしました。
初日が、エックス線・心電図・採血。二日目が、カテーテル挿入による、冠状動脈及び心臓内の検査でした。担当医が交代ということで、術後1年の検査が前倒しになったらしいのですが、後任の医師は、人当たりは良いものの、カテーテル操作の腕が悪く、ひやりとしました。
局部麻酔だったので、モニターを見ていたのですが、映像が殆ど動かず、しばらくしたら、「えっ」という声。すると、担当医の隣にいた指導医らしき人が、小さな声で、「そうじゃない。押して捻るんだよ」と一言。その後も、造影剤の注入順序を間違えて、スタッフに注意をされたり、指導医にたびたび指示を受けたりしたものですから、これは下手をすると、血管損傷であの世行きかもしれないと、生きた心地がしませんでした。
結局、1時間の予定は、2時間半になりました。その後も、手首に開けたカテーテルの挿入口からの出血が、翌日10時近くまで止まらず、私の後に検査を受けた同部屋の人ともども、金曜日に退院できないかと、随分気を揉みました。
ともあれ、結果は良好で、ほっとしました。薬も1種類減らしてもらい、気分も軽く、私は三日ぶりに帰宅したのでした。
次の検査は、6月21日。毎月のように休暇を取るのは、うまくないのですが、致し方ありません。来月また病院へ行って、心エコーや採血などの検査を受けようと思います。
2016年5月14日(土)
ナゴヤドームへ、行って来ました。
この日も、カープは逆転で敗戦。せっかく名古屋まで行ったのに、昨年からのナゴヤドーム観戦連敗が、4に伸びてしまいました。
試合後、ライトスタンドへ来ていた同僚と、錦の居酒屋へ繰り込み、祝勝会兼残念会をやりました。
この試合に関しては、「思うこと」にエッセイをアップ致しましたので、お時間がおありの方は、ご一読下さい。
2016年5月10日(火)、12日(木)
神田のホテルに宿を取り、仕事の後、神宮球場へ応援に行きました。
10日は、6−3で逆転勝利。12日は、3−4で、延長10回サヨナラ負け。1勝1敗は、まずまずだと思いますが、10日がまた雨。風邪がよけいにひどくなってしまい、参りました。
2016年5月5日(木・祝)
亡き妻との、32回目の結婚記念日でした。妻の好きだったお菓子を買ってきて、御霊代の前に供えました。
一人で迎える記念日も、これで11回目になります。妻の面影は、今なお色あせることはありませんが、体調が良くないので、思い出の糸をたぐっても、気持ちは塞いだままでした。夕方から、起きていられないほどの疲労を感じましたので、16時過ぎから20時頃まで、ぐっすりと眠りました。
咳と鼻水が、28日以来止まりません。これ以上、医者の世話になりたくないので、市販薬で我慢していますが、息が苦しいのは、困ったものです。
2016年4月26日(火)、28日(木)
ホテルに宿を取り、仕事の後、神宮球場へ応援に行きました。
26日は、11−3の大勝。試合後に、神田駅西口にあるカープファンの店「Big Pig」へ繰り込んで、関東のファンの方々と祝杯を挙げました。
28日は、19時過ぎまで残業で、駆けつけた時には8回表。4−6と配色濃厚でした。懸命に応援したのですが、結局劣勢は覆らず、そのまま敗戦。したたかに濡れて、風邪を引いてしまい、踏んだり蹴ったりでした。
2016年4月23日(土)
ほぼ半年ぶりに、広島へ行きました。カードは、カープ対阪神です。
あいにくのお天気で、したたかに濡れましたが、試合は勝利、試合後には、地元のファン仲間の方々が4人集まって下さり、祝勝会で盛り上がりました。実に楽しい一日でした。
2016年4月16日(土)
入院のための保証書にサインをもらうため、息子と神田で会食をしました。
場所は、神田駅西口から徒歩10分ほどの所にある、うなぎ料理の店「いづもや」です。退院するまで、多分息子と顔を合わせることはないと思い、「幻のうなぎ」と言われる「坂東太郎」のうな重を食べ、ふぐのヒレ酒を飲んで、語り合いました。息子も忙しい身ですので、21時過ぎには分かれましたが、親子水入らずの、楽しいひとときでした。
2016年4月12日(火)
休暇を取って、病院へ、検査を受けに行って来ました。
担当医が交代したことから、術後1年目に行われる入院検査を、前倒しで実施することになりました。
入院は、5月18日〜20日の予定です。
2016年3月23日(水)
2度目のシステム更新作業でした。
今回は、幸いエラーも出ることなく、スムースに作業が進み、20時前に完了することができました。帰宅できないことを覚悟して、ビジネスホテルを予約しておいたのですが、予定より早く終わり、ほっとしました。
2016年3月19日(土)
愛車を、ディーラーの定期点検に持って行きました。
基本的なパーツの交換は、点検パックに加入していましたので、無料でしたが、何とタイヤにひびが入っていて、4本全部の交換となりました。6万円の出費です。
安全には代えられませんので、交換作業をしてもらい、代金を払いましたが、これまで35年間、そのようなことはなかっただけに、少々割り切れない感じがしました。
2016年3月11日(金)
職場のシステムの一部更新作業で、20時まで残業でした。
これまでなら大した作業ではなかったのですが、薬の副作用で倦怠感と疲労感がひどく、予定していた8台の作業が終わった時は、くたくたでした。
この日の作業時にエラーが発生した端末1台について、16日に再度作業を行い、23日に残りの端末13台の作業を行います。結構きつい状況ですが、何とか乗り切りたいと思います。
2016年2月27日(土)
妻の55回目の誕生日でした。妻の好きだったお菓子を買って来て、御霊代の前に供えました。
結婚した時、3歳しか離れていなかった年齢が、もう14歳も離れてしまいました。写真に中の妻は、44歳のままです。あれから11年もの日々が過ぎ去ったということが、今でも信じられません。
この日は、妻の思い出に浸りながら、一日を静かに過ごしました。
2016年2月21日(日)
誕生日が来て、私は58歳になりました。
昨年、手術を受けた時には、この日を迎えられると思っていませんでした。あれから半年、また一つ年を取ることができて、感慨無量です。
薬の副作用で、執筆の気力も低下してしまっているのですが、書ける時に少しずつでも、小説を書き続けて行きたいと思います。月日の大切さを噛みしめつつも、日々をできうる限り楽しく、生きていくつもりです。
2016年2月15日(月)
息子の、31回目の誕生日でした。既に、プレゼントも渡し、お祝いのお金も送ってありましたので、この日はお祝いのメールだけを送りました。
2016年2月13日(土)
息子夫婦と、結婚後初めて、食事をしました。場所は、新宿駅西口のドイツ料理の店「シュタインハウス」です。
美味しいワインを飲み、アイスバインやソーセージに舌鼓を打ち、3時間ほどを、楽しく過ごしました。息子からは、21日が私の誕生日ということで、プレゼントにオーガニックのケーキとトマトジュース、それに梅肉エキスをひと瓶、もらいました。私からは、15日が息子の誕生日ということで、西荻窪にあるジブリファンゆかりの店「ササユリカフェ」の会員券を2枚、プレゼントしました。
二人とも、いかにも新婚さんといった感じで、仲睦まじく、見ていて微笑ましい感じでした。これから、二人の人生航路には、さまざまなことがあると思いますが、それが、幸多いものとなることを、願わずにはいられません。二人の更なる幸せを願いつつ、楽しいひとときを打ち上げ、私は二人に別れを告げたのでした。
 2016年2月12日(金)
休暇を取って、確定申告事務を依頼するため、阿佐ヶ谷の税理士を訪ねました。
昨年、手術を受けたお蔭で、駅から事務所までの道のりも、さほど苦しいとは感じませんでした。事務的なことが済んだ後、先生にお誘いを受けて、駅前のうなぎ屋で、うな重をごちそうになりました。
2016年2月2日(火)
休暇を取って、病院へ、検査を受けに行って来ました。
結果は、まずまずでした。ただ、中性脂肪値が高いため、心臓疾患を悪化させる危険性があるということで、薬が1種類増えました。
2016年1月19日(火)
「森の家」が、通算100,000アクセスを記録致しました。
1999年12月24日の開設以来、足掛け16年。95,000アクセスからは、約3年。よくぞここまで到達できたと、感無量です。これも、訪れて下さる皆さんのお蔭。心から、お礼を申し上げます。
100,000アクセスは、当初「森の家」を開設した時の目標でした。アクセスカウンターを付ける際に、何桁表示にするか迷ったのですが、非力なこのサイトが10万人もの人に訪れていただけたら、最高に幸せな気持ちになれるだろうと考え、6桁表示にしたのです。開設から16年と、随分年月は過ぎてしまいましたが、それでも当初の目標に到達できたことは、この上ない幸せです。これまで、「森の家」を訪れて下さった皆さん、本当に、ありがとうございます。
最近は、薬の副作用もあって、執筆意欲がすっかり衰えてしまいましたが、それでも、書くことが私の喜びであることに、変わりはありません。これからも、書くことのできる限り、小説を書き続けようと思います。
皆さん、これからも「森の家」を、よろしくお願いいたします。
2016年1月2日(土・祝)
朝から息子と、箱根駅伝を観ました。
大方の予想通り青山学院大学の独走で、2位に3分以上の大差をつけてゴールイン。対抗馬と見られていた、東洋大学・駒澤大学が振るわず、少々残念でした。母校は、13位と失速した2区のビハインドを取り返して5位。よく頑張ってくれたと、選手たちを褒めてやりたい気持ちです。
往路の放送終了後、「元気寿司」へ行って食事。いろいろなことを息子と語り合い、名残は尽きませんでしたが、15時半頃に店を出て、駅まで彼を送って行きました。慌ただしい帰郷でしたが、短いお正月の最後は、やはり夫婦水入らずで過ごすのが一番。次は、息子夫婦と3人で食事をしようと約束して、帰って行く彼を見送りました。
2016年1月1日(金・祝)
新しい年が、明けました。
珍しく快晴の、穏やかなお正月です。このような日が、毎日続いて欲しいと、心から思いました。
配達された年賀状を読んで、お正月のテレビを観て、1階・2階のトイレ掃除に、階段掃除。それだけで、あっという間に一日が過ぎました。

夜20時過ぎに、息子が帰郷しました。
駅まで迎えに行き、近くのファミリーレストラン「どん亭」で食事をして、隣町のゲームセンターへ行きました。2ゲームほど付き合ったのですが、もう息子には到底敵いませんでしたので、彼がプレイしている間、私はロビーでコーヒーを飲んでいました。
帰宅後は、録画しておいたビデオを3本ほど観て、少しお喋りをし、就寝。かなり疲れましたが、楽しいひとときでした。

戻る