戻る

近況とか

前年の「近況とか」はこちらです。 2017年1月1日〜2017年12月31日

2018年4月10日(火)
休暇を取って、心臓の定期検査を受けてきました。
数値は、今回も異常なしでしたが、いつの間にか担当医が代わっていたのには、驚きました。
しかも、新しい担当医は、強い薬を勧めるのが好きなようでした。中性脂肪の数値が、基準値よりかなり低くなっているというのに、自分の決めた基準値より少し高いということで、薬を強いものに変えられてしまいました。
この担当医には、これから悩まされそうな気がします。
2018年4月4日(水)
退社後、神宮球場へ、カープ対ヤクルトの試合を観戦に行って来ました。
試合は、残念ながら、5−8で敗れました。
今年最初の観戦は、黒星スタートでした。
2018年3月17日(土)
かかりつけの診療所で、血圧を検査してもらい、薬を処方してもらってきました。
今回も、数値は正常値の範囲内で、ひと安心でした。
2018年3月6日(火)
休暇を取って、県北へ一泊二日のドライブ旅行をしました。行く先は、西山荘です。
西山荘は、時代劇「水戸黄門」で有名な、水戸光圀の隠居所です。諸国漫遊は講談の世界ですが、助さんのモデルである佐々介三郎の住まい跡などもあり、ゆったりと見て回れば、1〜2時間ほど楽しむことができます。まだ菖蒲の季節ではありませんでしたが、庭園には紅白の梅が咲き乱れていて、質素でありながら美しい佇まいでした。
ここを訪れたのは、3度目になります。
最初は、6歳の頃。日立市に住んでいた友人を訪ねた父に連れられて、初めてここを訪れました。庭園に咲き乱れていた菖蒲の花が、かなり強い印象となって、記憶に残っています。
2度目は、母と共に訪れました。私は、22歳か23歳でした。母が水戸黄門が好きでしたので、西山荘と袋田の滝を観光する旅を計画し、私が運転して、母を連れてきました。袋田で宿泊した宿の温泉に、母がとても喜んでくれたのが、嬉しい記憶として残っています。
それから、37・8年。母の死から21年経って、私はここを訪れました。今回は、過去2度の訪問より時期が早く、菖蒲の花を見られなかったのが残念でしたが、それでも当時のことを思い出しながら散策したひとときは、良い思い出になりました。
もう一度、ここを訪れることができるでしょうか。体の具合を考えると、多分無理だと思いますが、思い出を温め直すために、もう一度訪ねてみたいものだと思っています。
2018年2月17日(土)
愛車を、定期点検に持って行きました。
今回は、交換する部品も全くなく、前もって契約した定期点検パックの範囲内で収まりました。
追加の出費がなかったことに、ほっとしました。
2018年2月5日(月)
休暇を取って、税理士事務所へ、確定申告の書類を持ち込みました。
年々歳々、阿佐ヶ谷まで出かけて行くのが億劫になり、老いを感じました。いつもの古本屋で古書を買い、煎餅屋で定番の手土産を買い求めて、税理士を訪ねました。
先方も、昨年までいた事務の女性が退職し、お一人で事務所を切り盛りしているとのことでした。彼女とも長い付き合いでしたが、時の流れというのは寂しいものです。
書類を預けた後、先生に誘われて、駅前の中華料理屋に入り、昼食をご馳走になりました。お互いの近況などを、食べながら小一時間ほど話し合い、しんみりした気分で、店を出ました。
我が家は、母から私、先方は、先代から現在の先生と、お互い二代34年間にわたる付き合いです。私が死んだら、真っ先にこの先生に相談するようにと、息子には伝えてありますが、果たして彼に、その意味が分かっているかどうか。心配の種は、尽きません。
2018年1月22日(月)
関東は、大雪でした。通勤の足が乱れ、帰宅時も混乱しました。
こんな天気でしたが、豊橋の友の都合で、毎年恒例となっている学生時代の仲間の会が、予定通り開催されました。会場は、神田駅南口の日本酒と粕漬けが売りの居酒屋です。
悪天候のせいで、私を含めて3人しか集まりませんでしたが、それでも美味しい酒を飲み、料理を食べ、学生時代の思い出話等をして、楽しく盛り上がりました。
天気が悪くなるという予報でしたので、神田のビジネスホテルを予約しておいたのですが、結果として正解でした。21時半過ぎに店を出ると、積雪で、歩くのも苦労するほど。川口へ帰る友人を神田駅まで見送り、くたくたになって、ホテルへ引き揚げました。
2018年1月13日(土)
かかりつけの医院へ、血圧の定期検査に行って来ました。
結果は、正常値でした。年頭の検査が二つとも無事に終わり、ほっとしました。
2018年1月9日(火)
休暇を取って、心臓の定期検査を受けてきました。
結果は今回も良好でしたが、担当医が、また手術をやりたがっていたのには、些(いささ)か辟易(へきえき)しました。一昨年も、検査入院をさせられて、出血が止まらず、難儀をしたことがあります。
血液凝固抑制剤の分量を間違えるような医者に、このまま通っていて良いものだろうか。
最近、検査のたびに、そう考えいしまいます。
2018年1月4日(木)〜5日(金)
初出勤早々、システム障害。私の職場がデータの配信を受けている独立行政法人のシステムが故障し、二日間対応に追われました。
前年の年末に、基盤の更改作業をしていたはずですので、それが障害の原因であることは、ほぼ間違いありません。
わずか二日間で、疲労困憊。
今年はどうやら、前途多難な年になりそうです。
2018年1月3日(水・祝)
11時頃に修理業者が来て、修理をしてくれました。
水漏れの原因は、水量調節用ノブ(取っ手)の破損でした。水を出すのに、どういう操作をしたのか分かりませんが、結果として取っ手は破損し、水漏れを引き起こしたことになります。取り換え費用は、41,060円でした。とでもないことをしてくれたものです。
息子からは、前夜、帰郷すると体調が悪くなるなどとLINEで言ってきたので、来る必要はないと返信しておきました。
正月早々、予期せぬ出費。やれやれという感じの三が日でした。
2018年1月2日(火・祝)
今年は、年明け早々、水回りの修理というアクシデントがありました。
1日に息子が帰郷して来たので、「びっくりドンキー」で食事をし、ゲームセンターで遊んで帰宅。家でビデオを見ながら少し息子と話をして、3時過ぎに寝たのですが、この日の昼近くに起きてみると、キッチンが水浸しでした。リビングのテーブルには、いろいろと食べた形跡。キッチンシンクの傍らには、ペットボトルが6本。どうやら息子が、先に起きたらしいのですが、その後何があったのかが分かりません。当の本人は、2階の自分の部屋でぐっすり。これには参りました。
取り合えず、タオルを総動員して水を吸い取り、タウンページで年中無休・24時間営業の業者を見つけ、電話を掛けました。当日は予約がいっぱいとのことでしたが、3日に来てくれることになり、ほっと一息。
再び階下に降りて行くと、息子が起きていましたので、「水もれのようだ」と言うと、他人事のように「水漏れだったのか」という返事。これには呆れました。
水が漏れていたことに気づきながら、親を起こすことなく、自分は寝てしまう。水漏れが大規模なものだったら、どうするつもりだったのでしょう。神経を疑いたくなります。
駅伝を観た後、竜ケ崎の「はま寿司」で食事をして、駅まで送って行きましたが、ひどく疲れました。
2018年1月1日(月・祝)
新年あけましておめでとうございます。
今年は、戌年。
私は、年男になります。
私が、この世に生を受けてから、暦がちょうど一巡りしました。つまり、「還暦」。
身体が弱く、しょっちゅう熱を出していた私を、ここまで生きられるように育て上げてくれた、亡き母に感謝。
2月には定年を控えて、感無量の元旦です。

今年は、干支の犬のように愚直に、一生懸命に、生きて行こうと思います。
持病となった心臓病と穏やかに付き合い、
日々を大切に、
知人・友人との付き合いを大切に、
これまで同様、カープを応援し、
昨年より執筆に時間を使い、
今日からの一年間を過ごそうと思います。
今年も、「森の家」を、よろしくお願い致します。

戻る