BGM・天使の塔

by Woodnote

ネットでおつき合いさせていただいている不破たつみさんのサイト「幻想庭園」の、
20,000アクセスのお祝いにプレゼントさせていただいた、デジタル・ノヴェル
「天使の塔」のBGMとして作曲した作品です。
原画として使用させていただいた不破さんの物語も、素晴らしいものです。
是非、一度ご覧になることをお勧め致します。

<ストーリー>
 人里離れた土地に聳え立つ、古めかしい塔。その最上階には、一人の美しい少女が幽閉されていた。扉の向こうには、仮面をつけた番人が見張っている。不気味なその男は、決して口を開くことはなく、ただ彼女の食事を運んで来るだけである。
 ある日、一人の少年がやって来る。ここから救い出して欲しいという少女の願いを受け入れ、彼は何とか塔の中に入ろうとするが、どうすることもできない。やむなく少年は、少女に一振りの短剣を手渡して言う、「自由になりたければ、これであの番人を刺し殺し、鍵を奪いなさい」と。恐ろしさに躊躇する少女を、少年は諭して続ける、「しかし、中には自由はないが、安全があるのだ」と。
 その時、階下から番人の足音が聞こえてきた。彼女に食事を運んで来たのだ。自由か、安全か。選択を迫られた少女は、苦しい葛藤の末、ついに決意する。
 そして、ゆっくりと扉が開き、番人が入って来た・・・。


曲名 サイズ 演奏時間 規格 コメント
間 奏 31.9KB 3'05" GM 番人の意外な正体に驚く少女。
番人と少女の会話のバックに流れる間奏曲です。
埋 葬 7.5KB 2'14" GM 塔を脱出した少女は、少年とともに番人を埋葬します。
少女が少年の優しさに触れるシーンで使われる曲です。
未 来 6.1KB 1'04" GM 少女は、少年と手を取り合い、未知の世界へ旅立って
行きます。希望にあふれた旅立ちのエンディング曲です。