戻る

ガムランゴング

この曲は、私の初めてのDTM作品です。メリハリのない曲ですね。(T^T) ううぅ、すみません。もっと勉強します。
「ガムラン」というのは、インドネシアの楽団で、主に打楽器で構成されています。ガムランゴングはその中心となる楽器で、さまざまな大きさの球状の鐘をたたいて音を出します。その音は幻想的で美しいものです。
メロディーは、概して単調で、聴いていると眠くなったりします(^^)b。 ジャンル分けすれば、一種の宗教音楽でしょう。
昔、「アジア民族音楽祭」というのがありまして、その中で初めてこのメロディーを聴き、好きになりました。
で、メロディーが単調なのをいいことに、第1作目はこれに決めました。(^^ゞ
なにせ、キーボードを持っていないので、マウスで音符を打ち込むしかないのです。となると、コピー&ペースト。これしかないでしょう。
そういうわけで、狙いどおりの(?)単調な曲になりました。ただ、ガムランの演奏は終わりがありません。私の持っているCDでも、最後にドラム系の楽器が入ってフェードアウトするか、そのままふっと終わるか、どちらかでした。
しめくくりを考えてみたのですが、やはり収拾がつきそうにないので、そのままにしてしまいました。これではBGM程度にしか使えそうにありません。音をまとめるのは、やはり難しいです。
この曲を聴いてみる
ダウンロードする