戻る

連作・青色廃園

by Woodnote


この作品は、現在も進行中です。
スタートは、もうかなり前に遡ります。
将来、自分の娘が生まれ、成長したとき、
その15歳の誕生日にプレゼントするために書き始めたものです。
残念ながら、私の夢は叶いませんでしたが、
私の心の中で、この主人公は成長してゆきます。
皆さんも是非、彼女と一緒に、「青色廃園」を訪ねて下さい。
「青色廃園」は、誰の心の中にもあるのですから。

この小説は、小説検索サイトNEWVELさんに登録されています。
お気に召しましたら、1票入れて下さると嬉しいです。
Newvelに投票する

 
一括ダウンロード版(HTML)
第1部 高校1年(15歳)   圧縮後 34KB/展開後 63KB
第2部 高校2年(16歳)   圧縮後111KB/展開後214KB
第3部 高校3年(17歳)   圧縮後796KB/展開後1.5MB
第4部 大学1年(18歳)
第5部   大学2年(19歳)
 
青色廃園ボツ原稿コレクション

戻る