戻る

内 海

私の大好きな作家、アーサー・ランサムの小説に「秘密の海」という作品があります。帆船を愛する少年少女たちが、
父親から湖沼地方の白地図をもらい、その空白地域をスクーナー(小型の帆船)で冒険しながら埋めていき、一枚の
地図を完成させるという物語です。
子供の頃にこれを読んだ私は、胸を躍らせて何度も繰り返し読みふけり、イメージを膨らませたものでした。
今回の作品は、そのイメージに着想を得て創り上げたものです。
物語のクライマックス、休みの最後の日に、たった一箇所残った内海を探検する場面。ここが内海なのか、それとも水
路なのか、それを確かめるため、4人の兄弟は、満潮になってボートが通過できるわずかな時間に全てを賭けます。
果たしてここは、内海だったのでしょうか?

戻る