戻る

SF(サイエンス・フィクション)

空想科学小説・・・昔はそう呼ばれていたジャンルです。
1950年代から1960年代にかけて、最盛期を迎え、
その後は、ファンタジーに取って代わられ、ゆるやかに衰退しつつある分野です。
当然のことながら、書くためには科学の知識を要求されるため、
知識のない作家や設定の面倒さを嫌う作家が、ファンタジーに流れ込んでいます。
本当に力量のある作家の作品は、文学的にも価値のあるものが多く、
ヒューゴー賞・ネビュラ賞受賞作は、是非ご一読いただくことをお勧めします。

人形つかい
夏への扉
新幻魔大戦
銀河帝国興亡史シリーズ
スポンサーから一言
星を継ぐもの
渚にて〜人類最後の日〜
2001年宇宙の旅

戻る