戻る

ファンタジー

現実にはあり得ないし、起こるはずもないこと。
けれどもそれを、あたかも起こったかのように表現すること。
ロバート・ネイサンは、ファンタジーを、こう定義しています。
想像の翼を広げ、空想の世界に遊ぶ物語・・・。
いかにして、起こるはずのないことに現実性を与え、読者を引き込むか。
どんな設定も思うがまま。そこは、作者の力量が試される場でもあります。
またそれゆえに、当たり外れの大きい分野でもあるのです。
これは、私の最も好きな分野です。

マリアンヌの夢
ゲド戦記
まぼろしの白馬
いやいやえん
はてしない物語
コロボックル・シリーズ
エルマーのぼうけん
エルマーとりゅう
エルマーと16ひきのりゅう
ナルニア国ものがたり
ハリー・ポッターと賢者の石
指輪物語
妖精たち
ジェニーの肖像
フォーチュン・クエストシリーズ
12月のベロニカ
楽 園
還ってきた娘
砂の妖精
時の旅人クレア
総理大臣のえる!
彼女がもってる核ボタン
洞窟の女王
時の旅人
白い犬とワルツを

戻る